« ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー | トップページ | 007/慰めの報酬 »

K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝

K20

観る予定には入れてなかったんだけど。
どうしても観たい!というダンナ殿に付き添って観てみたら・・・なかなかどうして面白いじゃん♪

<あらすじ>

第二次世界大戦を回避した日本の都市・帝都。華族制度により極端な貧富の差が生まれ、特権階級が富を独占する社会となっていた。巷ではそんな富裕層だけを狙い、鮮やかな手口で窃盗を繰り返す怪人二十面相、通称“K-20”が出現し世間を騒がせていた。ある日、サーカス団の天才曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、見知らぬ紳士から羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(中村トオル)の結納の儀を写真に撮ってほしいとの依頼を受けるが・・・K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝 公式サイト

怪人二十面相と言えば、子どものころ読みまくった江戸川乱歩の明智小五郎シリーズ。
兄のお古だったのですがほぼ全巻揃ってて、飽きもせず何度も、繰り返し読んだ記憶があります。
特にお気に入りで今でもすぐにタイトルが浮かぶのは、『蜘蛛男』『赤い妖虫』『一寸法師』・・・とここまで書いたところで、ほんとにそんなタイトルだったかね?とウィキってみましたところ、なんでもかつての『江戸川乱歩・少年探偵シリーズ』全46巻のうち、20巻はゴーストライターによるものだったらしく、私が好きだったやつはほとんどがゴーストライター作であったことが判明いたしました。
知らなかった。子どもの頃の良き思い出を軽く汚された気分sweat02
ちなみにゴーストライターさんのお名前は氷川瓏。
わたし乱歩ではなくて・・・氷川さん。あなたのファンだったみたいです。

いや、そうとも言い切れないか。
それぞれ乱歩が大人読者向けに書いた『蜘蛛男』『妖虫』『一寸法師』を“少年向けにリライトした”ものらしいから、単に子どもの頃からオドロオドロしいものが好きだったってだけなんじゃないの。

・・・本編に関係ありそうで全くない、どうでもいい前置きが長くなっちゃいましたが。
映画『K−20』の原作は、乱歩でも氷川さんでもなくて、北村想氏の『怪人二十面相・伝』。
そっちは読んでいないから原作と比べてどうとか言えないけれど、日本製のアクション娯楽映画としてじゅうぶん楽しかったです。

なんと言っても、パルクールで頑張る、金城武がカッコイイ!!
特別ファンというわけでもないのに、映画などで彼の姿を見るたび、その男前ぶりにホレボレしてしまう率高しheart
金城君の演じる怪人二十面相(に、間違われる平吉くん)ってば、ほとんど王子様ですよ。
軽やか且つ爽やかで、ちょっととぼけたところもあったりしてカワイイのshine
映画全体の印象としてはかなりマンガチックで、見世物小屋的グロテスクな妖しさ・・・なんて皆無だけれど、その分ファミリーでも安心して楽しめるし、これはこれでアリだなぁと思いました。
松たか子さんのコメディエンヌっぷりもけっこう好き。

ラストにそんなドンデン返しが待っているとは思いもよらず。。。
挙動不審な小林少年に、まんまと騙されました。                                      

|

« ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー | トップページ | 007/慰めの報酬 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ええ!?ゴーストライターさんだったのですか、私も小学校の図書室で食い入るように読んでましたねえこれとホームズとルパンを(^◇^)

投稿: コン猿君 | 2009年1月17日 (土) 10時04分

こんばんは!

>子どものころ読みまくった江戸川乱歩の明智小五郎シリーズ。

わたしも読んでましたよ! もっぱら図書館から借りてきて
でも

>『蜘蛛男』『赤い幼虫』『一寸法師』

この辺はとても怖かったですshock もう小林少年や少年探偵団も出てこないし・・・
大体猟奇の帝王たる乱歩の一般向け小説を、子供向けにリライトするなんて無理があると思いませんか? でもkenkoさんはその辺りがお好きだったんですね・・・ 幼少のころから非凡な方だったんだなー

>金城君の演じる怪人二十面相(に、間違われる平吉くん)ってば、ほとんど王子様ですよ。

あはは。ずいぶん貧乏臭い王子様もあったもので。顔立ちだけなら確かに王子さまですけど

原作はもっとしみじみしたお話なんですけど、そこがいいんですよね。まあkenkoさんも気が向いたらぜひ読んでみてください~

投稿: SGA屋伍一 | 2009年1月17日 (土) 21時22分

コン猿君様

ゴーストライターだったらしいです(;ω;)
猟奇的連続殺人系のやつはほとんどsweat02
一瞬ショックだったけど、もう立ち直りました。。。

そうそう!ホームズとルパンもうちにあって、何度も読んでました。
少年探偵シリーズと同じサイズで似たような装丁のやつですよね。
懐かしいなぁ〜

投稿: kenko | 2009年1月18日 (日) 01時04分

SGA屋伍一様

こちらからお邪魔しようと思いつつ・・・ありがとうございます♪

SGAさんも読んでた?少年探偵シリーズ。
今思えば、乱歩の少年探偵シリーズこそが、ミステリ小説とかを好んで読むようになった
入り口だったのかなぁーなんて思いました。
この映画をきっかけとして、思いがけずノスタルジーに浸っております。

しかし実は・・・小林少年や少年探偵団や二十面相が活躍する
乱歩さんがちゃんと執筆した方のにはさほど興味がなくて、
猟奇殺人系のばっか好んで読んでたんですよねsweat02
バラバラにされた美女の死体が石膏像に・・・とかcoldsweats01
だからこんなんなっちゃったのかもです。
だってうちにあったんだもーん。

平吉くんは確かにビンボーだけど(笑)
黒いマントのあんなイケメンがさっそうと現れたら・・・惚れてまうやろー!!
二十面相ってもっとオッサンのイメージだったから新鮮でした。

原作も読んでみたいです!
この映画観たあと無償に江戸川乱歩が読みたくなって、今読んでます。一般向けのを。

投稿: kenko | 2009年1月18日 (日) 01時37分

こちらにもお邪魔します♪
『金城武がカッコイイ!!
特別ファンというわけでもないのに、映画などで彼の姿を見るたび、その男前ぶりにホレボレしてしまう率高し』
私も!私も~heart04
イマイチ好みでないはずなのに、、、今回の金城君には惚れちゃったわ~
カッコ可愛い!!と言いたいです(笑)
そして、楽しい映画でしたよね~こういう映画なら続編も期待したいです!

投稿: 由香 | 2009年1月22日 (木) 10時55分

kenkoさん,わーい,ご覧になったのね
旦那さまに誘われて正解だったね!
>特別ファンというわけでもないのに、映画などで彼の姿を見るたび、その男前ぶりにホレボレしてしまう率高し・・・
そうそう,金城さんねぇ~~,私もファンではないのだけど
彼の作品を観ると,数日「にわかファン」になっちゃうのよね~

>挙動不審な小林少年に、まんまと騙されました。
そうよね~,あの挙動不審ぶりは何か意味があったのでしょうか?
怪しいったらありゃしなかったわ。

ところで,私も「少年探偵団」シリーズはちょっとダークでグロ系のお話が好みでした。
一番好きなのは「道化師」とかいう題のやつだったけど
あれもゴーストライターさんの作なのかしら? 

投稿: なな | 2009年1月22日 (木) 20時19分

由香様

こちらにもありがとうございます♪

由香さんも金城武はいまいち好みではないですか(笑)
それなのに同じく惚れちゃった?

私「レッドクリフ」は見逃してしまったんだけど
「傷だらけの男たち」を観た時やっぱり「金城武ってカッコイイ♪」って思いました。
映画館の大スクリーンに映えますよね~
今回の金城くんはカッコ可愛かったheart

続編もありそうですよね!楽しみです♪

投稿: kenko | 2009年1月23日 (金) 18時01分

なな様

観たんですよ〜♪
トラコメ活動をすっかりサボってましたが。
あまり乗り気じゃなかったんだけど、アニメ仕立てのオープニングからして
「観にきて良かった♪」って思いました。ダンナに感謝です♪

金城武さんて、大きなスクリーンにすごく映えますよね。
たまにテレビドラマにも出るけど、テレビよりもやっぱり映画だよなぁってつくづく思います。
キレイなお顔heart
もうだいぶいい年なんじゃ?とも思うのだけど、いつまでもツルンとして印象変わらないですね。

小林少年の挙動不審ってナゾでしたよね?
なんだったの、あのニヤニヤ笑いは。
意味不明なミスリードでしたが・・・すっかり騙されちゃったbleah

ななさんも少年探偵シリーズのグロ系が好きだった?わーい♪仲間仲間♪
「道化師」、さっそく調べてみましたところ・・・
ズバリ!!ゴーストライターシリーズでしたぁhappy02

投稿: kenko | 2009年1月24日 (土) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/27142605

この記事へのトラックバック一覧です: K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝:

» 映画「K-20 怪人二十面相・伝」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね~ 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ、けれ... [続きを読む]

受信: 2009年1月17日 (土) 19時26分

» 雑技団ひとり 佐藤嗣麻子  『K-20 怪人二十面相・伝』 [SGA屋物語紹介所]
新年明けましての第1弾は、現在公開中の『K-20 怪人二十面相・伝』。江戸川乱歩 [続きを読む]

受信: 2009年1月17日 (土) 21時24分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受けるが、それは怪人20面相が仕掛けた罠だった―     監督・脚本 : 佐藤嗣麻子【comment】&nb... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 10時53分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
新春の劇場鑑賞映画第一弾に,明るく痛快なこの作品を選んで,やはり正解!お正月そうそう爽やかな笑いをいっぱいもらえた。 あらすじ: 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 20時20分

» 「K-20 怪人二十面相・伝」 懐かしの冒険活劇 [はらやんの映画徒然草]
江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ、ご多分に漏れず僕も小学生の頃、学校の図書館に [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 19時07分

» 映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [よしなしごと]
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 23時59分

» K-20 怪人20面相・伝 2009-02 [観たよ〜ん〜]
「K-20 怪人20面相・伝」を観てきました〜♪ 日本が大戦に巻き込まれずに更なる発展を遂げた帝都、サーカスの軽業師・平吉(金城武)は、見知らぬ雑誌編集者からその運動能力を活かして、探偵明智小五郎(仲村トオル)と羽柴華子(松たか子)の結納式の盗撮を依頼される・・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、怪人20面相がやってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 20時44分

« ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー | トップページ | 007/慰めの報酬 »