« 2008年劇場公開映画☆ベストテン | トップページ | K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝 »

ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー

Hellboythegoldenarmy

2009年1本目!
『ブレイド2』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督による『ヘルボーイ』の続編です。
いきなり本命キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

<あらすじ>

遥か昔、人間とエルフ族は地球を巡って壮絶な争いを続けていた。ある日エルフ族の王は、鍛冶屋のゴブリンに不死身の軍団“ゴールデン・アーミー”を作らせ人間を攻撃させるが、そのあまりの非情さに王は心を痛め、ゴールデンアーミーを操る王冠を3つに分け自ら封印、人間と休戦協定を結ぶ。しかしエルフ族のヌアダ王子は休戦協定を良く思っていなかった。時は流れ、マンハッタンのオークション会場が何者かに襲撃される事件が発生する。超常現象捜査防衛局のエージェントであるヘルボーイ(ロン・パールマン)たちはすぐさま駆けつけるが、そこには凶暴なトゥースフェアリーたちが潜んでいた。ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー公式サイト

前作はあくまでもマイク・ミニョーラの原作コミックをベースにしたお話だったみたいだけど、今回のはデルトロオリジナルキャラが多数登場、ストーリーもほぼオリジナルでデルトロ色かなり強し!
私のようなオバケ好き、デルトロ好きにとっては、新年にふさわしいクリーチャー祭りshine
至福のデルトロワールドでございました。

画面いっぱいところ狭しと蠢く、奇妙で不気味で、どこかユーモラスなクリーチャーたち。
ブルックリン橋の下のトロール市場なんて、1体1体クローズアップして紹介されないことがもったいないくらい、魅力的なキャラクターが隅々まで贅沢に使われています。
『スターウォーズ』で初めてジャバザハットの店のシーンを観たときのような、新鮮な驚きとワクワク感・・・という例えは、このあまりにもダークネスな世界に対して健全すぎるかしら。

とにかく、デルトロのクリーチャー愛は本物。
バケモノをただ理解不能で恐ろしい存在として描くのでなく、そこにはバケモノに対する歴然たる愛がある。
見た目がどんなに恐ろしく、人間とかけ離れたものであっても、彼らの心はピュアで、時に哀しい。
エルフ、トロール、ゴブリン、エレメンタル・・・消えゆく種族たちそれぞれの物語を想わずにはいられないのです。

なかでも今回、いちばん気に入ったのはこの子↓

Hell2 キシャーーannoy

デルトロの手にかかると、歯の妖精さんもこんなにキモカワイくheart
襲われるのはごめんだけどね。なんか憎めないの。
トゥースフェアリーの背後にたたずむこの人もかなりナイスなキャラ↓

Hell4 プシューーdash

こう見えて中身ぜんぶケムリ・・・いや失礼、エクトプラズムです。レトロなスーツもステキだ。

もちろん主人公である“ヘルボーイ”ことレッド、またの名をアヌン・ウン・ラーマ氏のユーモアも健在。
誰よりも人間くさくて皮肉屋で、おまけに猫ちゃん好きcatともなれば、好感を持たずにはいられません。
戦闘はド派手だけれど、恋愛となると繊細で奥手・・・というギャップがイイんです。
酒に酔ったレッドとブルーがラブソングを歌い、「女ってやつぁ~」とグチを言い合うあたりはほとんど電王イマジンズ的なノリだし(笑)
ちなみにエイブ役でおなじみのスーツアクター、ダグ・ジョーンズ氏は今回、エイブの他に死の天使、エルフ族の家臣?(ヌアダ王子に「武器をお渡しください」と言って怒られる人)の3役を演じてます。
素顔が全く出ないのに、ここまで注目せずにはいられない役者さんも珍しい。
もはやデルトロの映画には欠かせない人材ですね。

それから、これはもうデルトロ映画の特徴と言ってもいいと思うのだけど、彼の映画の中で描かれる“死”って、とても美しい。
けして絶望の果ての終わりではない。美しさの中に、かすかな希望があるのです。
今回も、レッドたちにとってはいちおう敵であるはずのエルフやエレメンタルの死に様が、たいへん見事に描かれていて素晴らしかった。

原作者のミニョーラさんにしてみれば、トンデモ展開なのではないかと思われるsweat02、あからさまに続編を予感させるラスト。
ふたりがいったいどんな家庭を築くのか楽しみnotes

|

« 2008年劇場公開映画☆ベストテン | トップページ | K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

こちらにも!まだご覧になってないのかなと思ってましたがやはり!
自分「1」観てなかったんで、
すぐさまDVDを観たくらい気に入りました。
結構同じポイント気に入ってるなーと記事拝見させていただい
てうなずき多数。
もう出てくるキャラ全部イイですよね。トゥースフェアリーとか
ブホー!って煙上げてる上司とかレトロSFチックだし。
あのポスターの見てくれとかで敬遠されてしまいそうな映画・・
自分もギレルモを知ったから観たようなもんで、もっと上手
に宣伝してもいいのになーと思ってます。娯楽映画としては
大変よくできてると思いしたです?

投稿: kazupon | 2009年1月13日 (火) 13時18分

kazupon様

こっちにもありがとうございます!
これはもう一刻も早く観たかったやつなので、どようびの朝イチで観てきました。

kazuponさんと気に入ったポイントがちょっとビックリするくらいかぶってて嬉しいです♪
私も昼間そちらへちょろっとお邪魔して、うなずきまくりながら読ませていただきました。

そうそう!出てくるキャラ全部いいんです!
いちいち挙げてるとネタばれにもなっちゃうから、なかなか書けないけど
「ぼく赤ん坊じゃないよ、コブだよ♪」とかそんなちょっとしたキャラにいたるまで楽しすぎるhappy02
レトロSFチックって正に。
これまで見たこともないようで、どこか懐かしいような感じもするんですよねぇ。

2作目だし、「パンズラビリンス」の後のデルトロだし
けっこう観る人多いのかと思いきやそうでもないようで。。。
マニアうけするだけでなく、娯楽映画としてもよくできてましたよね!

投稿: kenko | 2009年1月14日 (水) 00時13分

こんにちは!
歯の妖精が一番のお気に入りですか?
ほんの一瞬は可愛くみえたけど、
ワラワラと湧いてくるのは私はやっぱダメです~~(><)

双子ちゃんがどんな子になるのか、
さらなる続編がみたいですねw

投稿: たいむ | 2009年1月16日 (金) 17時44分

このあとホビット?を監督するので俄然注目を浴びているデル・トロ監督ですが、ヘルボーイ2も凄い面白いみたいですね(^◇^)
なんとかして映画館で見たいものです~(^o^)丿

投稿: コン猿君 | 2009年1月17日 (土) 10時08分

私も凄く気に入りましたよ〜!DVDが出たら買いたい!
だって、トロール市場のフリーチャーをしげしげとチェックしたいですもん^^

ヘルボーイ、見かけはああなのに、恋には奥手で純で、ギャップ萌え〜ですよ(笑)

投稿: あん | 2009年1月17日 (土) 14時32分

たいむ様

>歯の妖精が一番のお気に入りですか?

はい♪
たいむさんは虫っぽいのはダメなんですよね。
私も基本的にはダメなはずなのだけど、
トゥースフェアリーは妙に愛嬌があってかわいく見えました♪
ネコが大好物のおばちゃんも良かった。
ネコ好きとしては許せないはずなのに(笑)

双子ちゃんの活躍も楽しみですねhappy01

投稿: kenko | 2009年1月18日 (日) 00時59分

コン猿君様

ヘルボーイ2凄く良かったんですよ〜(≧m≦)
観てる人が少ないことが、意外なくらいです。
「パンズラビリンス」でかなりメジャーな人になったと思ってたのに。
コン猿君さまにもぜひ映画館で観てみてほしい!

次回作は「ホビット」なんですよね!
これは注目されるでしょうね〜
本家とは一線を画すビジュアルになりそうですごく楽しみですshine

投稿: kenko | 2009年1月18日 (日) 01時08分

あん様

あんさーんshineお久しぶりです!

あんさんも気に入られたのですね♪かなり良かったですよね!
私もDVD出たら欲しい〜
映画館にももう一回行きたい欲にもかられているのだけど、
他にも観たいのがいろいろあるのでガマンしてますsweat02

ヘルボーイは見かけだけだと女の子受けしないけど、
いったん彼の繊細さを知ってしまったらトリコですよね。
女子はギャップに弱いのですheart

投稿: kenko | 2009年1月18日 (日) 01時18分

おはようございます! ようやく記事書きました!
画面の隅から隅まで面白い作品でした

本当にデルトロさんのクリーチャー愛はすごいですね。先日の新聞記事で「毎日何かしら思いつく」と語っておられました
自分が今回特にはまったのは空気男さん。この人面白すぎです。最初と最後で性格全然違うし(笑)
前半に出てきたロケットパンチャーも良かったです

主人公に関しては、同僚が何人も死んでるのにのんきにテレビ観て笑ってて「ひどいヤツだなあ」と思いましたが、「ネコを食うなんて許せん!」の一言で許すことにしました(笑)

ミニョーラさんは映画にも関わってるので、「これもありか」と思ってるんじゃないでしょうかね。あと今回の流れ、『シュレック3』とよく似てました

投稿: SGA屋伍一 | 2009年1月21日 (水) 07時59分

SGA屋伍一様

こんばんは!
隅から隅までおもしろかったですよね(笑)
字幕読むのがまどろっこしかったくらい。

デルトロ、毎日何かしら思いつくんだ。すごっ
彼の頭の中ってどうなってんでしょう。
私も空気男さんかなり気に入りましたよ〜
今回登場のニューキャラの中では、いちおう彼のみ原作オリジナルなんですよね?
原作でもあんな面白い人なんですか?
ロケットパンチャーも良かったし、ヌアダ王子もかっこよかったし、
とにかく出てくるキャラぜんぶ良かった!

いくら名もなき同僚とはいえ・・・薄情なヤツですね、ヘルボーイ。
でもネコちゃんには優しいからなぁ。
リズは嫌がってたけど、新居にもネコちゃん連れてってあげてほしい。
ミニョーラさんも祝福してくれるかな。

確かに「シュレック3」と流れ似てますね〜
続きはホビット2部作の後らしく、待ちきれないですbearing

投稿: kenko | 2009年1月21日 (水) 23時24分

>いちおう彼のみ原作オリジナルなんですよね?

たしか原作には出てこない、映画オンリーのキャラクターだったと思いました

BPOのメンバーには他にもフンドシ締めただけのホムンクルスがいて、今回そいつが出てくるかとも思ったんですが、空気教授で正解だったと思います

kenkoさんは原作は読まれたことありましたっけ?

投稿: SGA屋伍一 | 2009年1月24日 (土) 07時50分

SGA屋伍一様

あら?空気教授は原作キャラじゃないんですね。
あれもデルトロオリジナルキャラなのか。さすがだ。
ふんどししめただけ(笑)のホムンクルスってのも見てみたいです。

原作は「魔界の種子」(だったかな?)っていうのだけ
図書館で借りて読みました。
SGAさんのレビュー拝見すると、他にもいっぱい邦訳されてるんですね。

投稿: kenko | 2009年1月24日 (土) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/26999290

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー:

» ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー [It's a Wonderful Life]
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。 自分は1作目観てないので果たしてついていけるのか? と思ってましたが、いやいや面白かった! ハッキリ言ってここ数年沢山あったヒーロー娯楽もの の中ではずっと楽しくて娯楽度一番高い映画じゃないかと思いました。 面白くて帰り際にすかさず「1」のDVDを借りてきましたが、 個人的にはほんわかギャグの多い「2」の方が好みかも。 ギレルモ監督、いいですねやはり。 音楽はダニー・エルフマン!初組み合わせかな? こういう映画はエル... [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 13時18分

» ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
愛すべきオタク監督、ギレルモ・デル・トロがマイク・ミニョーラの原作を受けて作り上げた、異色のコミック・ヒーロー映画の第二弾。 アメコ... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 23時56分

» ★「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末ナイトショウ鑑賞は、 金曜日から公開の本作。 前作に当たる「ヘルボーイ」はDVDで鑑賞済み。 [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 02時37分

» 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」地獄のヒーロー、恋路で悩む(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ヘルボーイ/ゴールデンアーミー] ブログ村キーワード   前作「ヘルボーイ」公開時に『多分、“パート2”出来るぞ~!』って、密かに予想してたら本当に出来ちゃいました!「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(東宝東和)。何と、4年も前のことなんですね!前作の公開(2004年10月)。いやあ、時の経つのは早いモンで…。  超常現象捜査防衛局(BPRD)は、常識では解明できない事件の捜査にあたるアメリカ政府の秘密機関。地獄生まれの心優しき怪物ヘルボーイ(ロン・パールマン)は、恋人で念動発火能力... [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 18時48分

» 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」 見えないものを見せる力 [はらやんの映画徒然草]
これは楽しみにしていた作品。 前にも書きましたが、マイク・ミニョーラの原作コミッ [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 20時47分

» 帰ってきた地獄くん ギレルモ・デル・トロ 『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』 [SGA屋物語紹介所]
まずはさらっと前作のあらすじから。 第二次大戦末期、ナチスは戦局打開のために、魔 [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水) 08時00分

» 「ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー(HELLBOY II:THE GOLDEN ARMY)」映画感想 [Wilderlandwandar]
最近お気に入りのギレルモ・デル・トロ監督の新作「ヘルボーイ2/ゴールデン・アーミー(HELLBOY II:THE GOL [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 18時58分

« 2008年劇場公開映画☆ベストテン | トップページ | K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝 »