« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

20世紀少年<第2章>最後の希望

20thcen2

最終章は8月9日とな。それまでにもう一回、原作おさらいしておこうかな。

<あらすじ>

血の大みそかから15年後。今や“ともだち”は世界中に勢力を広げ、細菌をバラまいたのは“史上最悪のテロリストであるケンヂ一派の仕業”とされ、真実はねじ曲げられていた。
高校生になったケンヂ(唐沢寿明)の姪・カンナ(平愛梨)には不思議なカリスマ性があり、中国系・タイ系マフィアにも一目置かれる存在。
ある日カンナは、クラスメイトの小泉響子(木南晴夏)と共に“ともだち”に反発する者を洗脳するための施設「ともだちランド」に行かされることになる。

20世紀少年<第2章>最後の希望公式サイト

第1章の感想はこちら

まぁまぁ。こんなもんではないでしょうか。
1本の映画として評価するのは難しいけれど、なんせ“20世紀少年”ですから。
こんな感じで万事OK!だと思いますです。
しかし前回以上に、原作読んでない人にはついていけない空気むんむんだった。
参考になるかどうか分かりませんが、公式サイトから拝借した“2015年の人物相関図”を貼っておきます。

(クリックすると大きくなります)
1

原作読んでても、このへんになるともはや記憶もあいまいでsweat02
こんなお話だったっけ?と思いながら観てたんだけど、物語をぎゅっと圧縮するための改編がぼちぼち行われていたようですね。
ともだちの正体とか明かされちゃうのかと思いきや・・・次回に持ち越し。

後半、ともだちが神になっていく過程の盛り上がりは凄まじいものがありました。
世界規模の狂気というか、世界中の人がそれを信じてしまったらどんなに間違っててもそれが真実になってしまうことの恐ろしさに、ちょっと鳥肌立ちました。
まぁありえないんだけど・・・ってそれを言っちゃあオシマイなんだってば(笑)
カンナ役の平愛梨さんはとっても可愛らしい方なんですが、ちょっと演技が固かったような。
小泉響子役の子の方がいい味出してたな。
あとホクロの巡査役の佐藤二朗さん。『未来講師めぐる』の焼き肉屋さんの人。
マッドなポリスっぷりがハマってた。
しかし観てていちばんグッときたのは、“20th Century Boy”をBGMにしたエンドロールの子ども時代のケンヂたちの映像だったりする。。。

映画はいつもひとりで観ることが多いのだけど、今回はダンナの先輩様であるかげさん(またの名をだじゃるさん)に夫婦揃ってごちそうになったあと、二次会として観に行ったのでした。
ちなみに三次会は『メリケンサック』(2回目♪)
ほろ酔いつつの深夜の映画ハシゴ。たいへんたのしゅうございました。
かげさん、ありがとうございましたheart

| | コメント (6) | トラックバック (4)

チェンジリング

Changeling

金曜の初日に張り切って観てきました。
イーストウッド監督の映画は、いつだって期待以上に骨太。

<あらすじ>
1928年、ロサンゼルス。電話会社で働くクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、7歳の息子・ウォルターと二人きりだが幸せに暮らしていた。
ある日母が仕事から帰ると、息子の姿がない。
あちこち捜しまわるが見つからず、警察に電話をしても24時間経つまでは捜索できないと言われる。
それから5ヶ月が過ぎ、ようやくウォルターが見つかったという朗報が彼女の元に届く。
イリノイ州の駅まで迎えに行くクリスティンだが、そこに現れたのは全く別の子どもだった。

チェンジリング公式サイト

事前に見聞きしていたあらすじは、せいぜい上に記したところくらいまで。
なんだか不思議なお話・・・SFもの?とか思ってた私は、大馬鹿野郎でした。
なんという凄まじい物語。
鑑賞中に飲もうと思って座席のホルダーに入れておいたドリンクを、結局一口だって飲むヒマありませんでしたもの。
このどっと疲れる感じ、最近では『闇の子供たち』以来かも。。。
子どもがつらい目に会う話はしんどいです。
これがtrue storyだってんだから、アメリカっちゅうところはまっこと恐ろしいところだ。
そして毎度のことながら、イーストウッド監督には脱帽なのです。

アカデミー主演女優にノミネートのアンジェリーナ・ジョリーも素晴らしかった。
アンジーは好きな女優さんだけれど、イースウッド映画にはなんとなく不似合いな気がしてたんす。勝手なイメージでsweat02
しかしながら実際観終えてみると、クリスティンはアンジーにぴったりの役だった。
美しくて強くて、凄みがあって、それでいていまにも崩れ落ちそうな繊細さの中にある気品、深い悲しみと息子への愛・・・時折見せる激しい感情。
彼女の一挙一動に釘付けでございました。
クラシックな衣装とメイクもすごく似合ってて、素敵だったなぁ。

それにしても、当時の腐敗しきったロス市警のやり口はあきれかえってしまうくらい強引で、あんな横暴が実際にまかり通っていただなんて信じられないです。
アンジーが精神病棟に入れられるあたりで敵方の憎たらしさはMAX。
こいつらみんな曲がる弾丸でぶっとばしちゃえよ!アンジー!
つか早く助けてマルコヴィッチ!!・・・と心の中で叫びまくっていたのでした。
スクリーンに向かって「fuck youannoy」と中指突き立てかねない心境。

そうこうしているうちに、物語は思いもかけない方向へ。。。
ゴードン・ノースコット牧場の恐怖は、ほとんどテキサスチェーンソー・・・いやそれ以上ですよ。
この鬼畜野郎の犯罪に関する描写は、映画ではかなり控え目にされていたみたいです。
ゴードンに脅されていた子の演技がまた真に迫っていて、胸を打ちました。

グスタヴ牧師の助けによる後半の展開は多少はスッキリするものの、だからと言って母の思いが報われるわけじゃない。
真実の物語はハッピーエンドとは限らないけれど、ラストシーンのクリスティンの微笑みに、少しだけ救われた気がしました。

| | コメント (10) | トラックバック (17)

少年メリケンサック

Merikensack_2

ニューヨークマラソン♪
ちょっとだけ世間の流れに追いつけたのかなっと。

<あらすじ>
メイプルレコード新人発掘部の契約社員、栗田かんな(宮崎あおい)がインターネットの動画サイトで見つけたのは、バイオレンスでデンジャラスなパンクバンド、少年メリケンサックthunder
さっそくメジャー契約を結んでアルバムを1枚だけ出すべく、ベースのアキオ(佐藤浩市)に会いに行くかんなだが、そこに現れたのは、くさくて冴えないオッサン。
かんながネットで見たのは、なんと25年前の映像だったのだった。
しかしネットではすっかり人気に火がついてしまい、メイプルレコード社長(ユースケ・サンタマリア)はノリノリ。
オッサンパンクバンドを引き連れて、かんなは全国ツアーに出ることに・・・

少年メリケンサック公式サイト

「パンクってなんすか?」などとしょっぱなかんながブチかましますが、確かによく分からんですパンク。
パンクとはなんぞや。
身近なところで思い浮かぶのは、中学の頃みんな好きだったブルーハーツかなぁ。
バンドブームだった高校時代は、よく知り合いのライブに行ったりしてましたけども。
暑苦しくハイテンションな野郎どもを、遠巻きに面白がって見てただけだったなぁ。

しかしながら、いい年こいて感情も尿意も屁もコントロールできず、口ばっかりでろくなライブもできず、20歳そこそこの小娘に仕切られるどうしようもないパンクオヤジどもはどうにも憎めなくて、時に可愛らしく、はたまたむちゃくちゃカッコ良くも見えました。
「パンクは生き様だ!」と劇中ユースケ社長が何度が言ってますが、そうなのかもなぁと思った。
かっこ悪くてカッコイイ。ノーフューチャーであればあるほどカッコイイのだ。
ヤングの「今やらなくてこの先いつやるんだよ!」とか、アキオの「今日やらねぇとなにすっか分かんねぇぞ!」とか・・・なんかジンときてしまったし。
青春映画仕立ての25年前パートは、しんみり懐かしい感じで良かったし。
ギャグやテンポのいい会話が笑えるだけじゃない。
きれいごとじゃないシビアな現実もしっかり盛り込んだ、いい映画だと思いましたです。

クドカンのバラエティ豊かな人脈によるキャスティングは、『20世紀少年』にも負けない豪華さで楽しい。
篤姫あおいちゃん率いる佐藤浩市、キム兄、田口トモロヲ、三宅弘城はもちろんのこと、脇を固めるメンツも勝地涼、ピエール瀧、田辺誠一、ユースケ・サンタマリア、星野源などなど・・・それぞれが非常にいい仕事をしてくれてます。

あおいちゃん&勝地涼君のバカップルぶり、少年アラモードのわけの分からなさも素晴らしかったけれど、やっぱりいちばんのナイスキャラは田辺誠一演じる“アンドロメダ”TELYAさまheart
田辺誠一って、かつてはモデル出身のイケメン俳優・・・だったと思うんです。
実はデキる人だったんだ!と初めて認識したのは確か、松尾スズキ監督『恋の門』だったと記憶してますが、最近はもうすっかり面白い人としてのイメージが定着しつつありますね(笑)
清純派大物女優・宮崎あおいも、顔に◯◯投げつけられるわ、オッサンに蹴られてヘラヘラ笑ってるわ・・・清々しいほどに壊れまくってる。
演じる本人たちにしてみても、役者としてのイメージがこういう形でイイ感じに払拭されるのってかなり気持ちいいことなんじゃないかなぁ・・・と、楽しそうに演じている姿を見て思いました。
クドカンの演出が冴えてるのか、壊れたら(いや壊したら?)面白い俳優を見抜くことに長けているのか。
たぶん両方+役者さんの腕なんだろなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (8)

ツタヤに行ったら・・・

でっくすがいた!!

Dex


ついに・・・・・・警察官で殺人鬼なデクスター・モーガンもレンタルされちゃうのね~(≧m≦)

『デクスター~警察官は殺人鬼』
とてもおもしろくて、見れば見るほど奥深いドラマです。
15歳未満の人は観られませんが、そうじゃない方にはゼヒ観てほしい。

ちなみに3月某日にはようやく、FOXCRIMEでサードシーズンがスタートするのだ。
楽しみ楽しみ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラースと、その彼女

Larsandtherealgirl

心優しき青年ラースが本気で恋した相手は、等身大のリアルドール。
いや、ラースにとっては“ドール”じゃないか。
彼女の名前はビアンカ。ネットで知り会った正真正銘のガールフレンドなのです。

<あらすじ>

雪の降る田舎町で暮らすラース(ライアン・ゴズリング)。いつもひとりきりでいる彼のことが、妊娠中の義理の姉カリン(エミリー・モーティマー)は心配で仕方がない。ある日「遠くからガールフレンドが来た」と言って、ラースが兄夫婦の家に連れてきたのは等身大のリアルドールだった。兄夫婦はとまどいながらも、ラースのために町中の人に協力してもらい、人形が本当の人間であるかのように接することにするが・・・ラースと、その彼女公式サイト

いいオトナがお人形ごっこを・・・なんて、萌え大国日本じゃそう珍しい話でもなく、はたまた日本でなら「キモイ!!」と一蹴されて終了するところですが、そうはならないのがこの映画の人情深いところ。
ブラックな笑いのコメディだと思って観に行ったんだけど、ちょっと違ったsweat02
これはコメディと言ってもいいのかどうか。
どっちかというとシリアスで切ないお話でした。

ビアンカを「僕の彼女ですshine」と嬉々として紹介するラースに対し、ものすごーく優しく受け入れてくれる兄夫婦、美人ドクター、町の人たち。
「あんたバカ?それ人形だよ!!」なんて言う人は一人もいません。
ラース君、お人形に恋しちゃうくらいだからさぞかしモテないのだろう・・・と思いきやそうでもなく、どうやら母性本能をくすぐるタイプ。
特に年配の女性陣の優しさには、大人の女の余裕を感じます。

ラースとビアンカの愛のカタチは、あくまでもプラトニックなイノセント・ラヴ。
それは笑えるというよりもむしろ痛々しくて見てられないほどで、なんで彼の心はこんなにも繊細で複雑になってしまったんだろう、いったい過去に何があって、いま彼の中で何が起きているんだろう・・・と、ドクターと一緒になって一生懸命考えました。

ラースを産んだことが原因で亡くなってしまったお母さんのこと。
そのショックでふさぎこんでしまった父との暮らしに嫌気がさし、早くに家を出た兄。
父と二人きりでラースはどんな少年時代を過ごしたのか。
兄嫁の妊娠にラースは母を重ね合わせ、異常なほど神経質になっている?
他人との触れ合いを心の奥底で求めつつ、そのことに過剰な拒否反応を示すラース・・・

“ビアンカ”に結びつくのかもしれないエピソードはほのめかす程度に出てくるけれど、結局謎はあきらかにされないまま・・・エンドロールに突入。えぇー

ビアンカを通じて町の人たちの優しさに触れ、悲しみを乗り越え、ラースはちょっとだけ大人になれた。
だからこれでよかったのかなぁ〜
うーん。でも正直言ってこのモヤモヤ感・・・やっぱりどうにも拭いきれんsweat02
とにかく・・・町のみんなに愛され見守られているラースが幸せものであることは間違いないなと思いましたです。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

美しい男性!

最近ハマってる番組・・・

BSジャパンにて金曜深夜0時より絶賛放送中の、松尾スズキ完全プロデュース『美しい男性!』

松尾さん作詞による美しいテーマ曲。サイコーすshine

最近この曲が頭の中をぐるぐるぐるぐる回ってる〜

『美しい男性!』のコンセプトは・・・

イケメンという言葉を安易に使うあまり、本当に美しくないものにまで、イケメンという言葉を当てはめてしまう、昨今。
その時流に対し、我々は強烈にNO!を突きつけます。
本当に美しい男性とは何か、“美”を徹底的に追求し、独自の視点で盛り上げて行くのが当番組のコンセプトです。

・・・と、公式ページのトップに書いてありますが、その“独自の視点”ってのがあまりにも個性的過ぎるんだよぅー
さすが松尾スズキ。フツーの番組をやるわけがないです。
特に“美しいカンペ相撲”“真剣美青年ぬめり場”が好きだなぁheart

出演しているボーイズは、役者志望の学生さんだったりモデルさんだったり、サラ・ジェシカ・パーカーのおともだちだったり(笑)・・・プロフィールもさまざまに美しい。
将来有望なうら若き男子がこんなことやってていいのかね?と、ぶっちゃけ最初は心配もしましたが、なんかもう慣れました。

いまのとこ、デレアヌ悟仁くんのことが気になってます。

1 世が世なら俺がウェンツ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »