« チェンジリング | トップページ | 永遠のこどもたち »

20世紀少年<第2章>最後の希望

20thcen2

最終章は8月9日とな。それまでにもう一回、原作おさらいしておこうかな。

<あらすじ>

血の大みそかから15年後。今や“ともだち”は世界中に勢力を広げ、細菌をバラまいたのは“史上最悪のテロリストであるケンヂ一派の仕業”とされ、真実はねじ曲げられていた。
高校生になったケンヂ(唐沢寿明)の姪・カンナ(平愛梨)には不思議なカリスマ性があり、中国系・タイ系マフィアにも一目置かれる存在。
ある日カンナは、クラスメイトの小泉響子(木南晴夏)と共に“ともだち”に反発する者を洗脳するための施設「ともだちランド」に行かされることになる。

20世紀少年<第2章>最後の希望公式サイト

第1章の感想はこちら

まぁまぁ。こんなもんではないでしょうか。
1本の映画として評価するのは難しいけれど、なんせ“20世紀少年”ですから。
こんな感じで万事OK!だと思いますです。
しかし前回以上に、原作読んでない人にはついていけない空気むんむんだった。
参考になるかどうか分かりませんが、公式サイトから拝借した“2015年の人物相関図”を貼っておきます。

(クリックすると大きくなります)
1

原作読んでても、このへんになるともはや記憶もあいまいでsweat02
こんなお話だったっけ?と思いながら観てたんだけど、物語をぎゅっと圧縮するための改編がぼちぼち行われていたようですね。
ともだちの正体とか明かされちゃうのかと思いきや・・・次回に持ち越し。

後半、ともだちが神になっていく過程の盛り上がりは凄まじいものがありました。
世界規模の狂気というか、世界中の人がそれを信じてしまったらどんなに間違っててもそれが真実になってしまうことの恐ろしさに、ちょっと鳥肌立ちました。
まぁありえないんだけど・・・ってそれを言っちゃあオシマイなんだってば(笑)
カンナ役の平愛梨さんはとっても可愛らしい方なんですが、ちょっと演技が固かったような。
小泉響子役の子の方がいい味出してたな。
あとホクロの巡査役の佐藤二朗さん。『未来講師めぐる』の焼き肉屋さんの人。
マッドなポリスっぷりがハマってた。
しかし観てていちばんグッときたのは、“20th Century Boy”をBGMにしたエンドロールの子ども時代のケンヂたちの映像だったりする。。。

映画はいつもひとりで観ることが多いのだけど、今回はダンナの先輩様であるかげさん(またの名をだじゃるさん)に夫婦揃ってごちそうになったあと、二次会として観に行ったのでした。
ちなみに三次会は『メリケンサック』(2回目♪)
ほろ酔いつつの深夜の映画ハシゴ。たいへんたのしゅうございました。
かげさん、ありがとうございましたheart

|

« チェンジリング | トップページ | 永遠のこどもたち »

映画」カテゴリの記事

コメント

先日はどーもでした。
私も、飲んでから映画館に行くことなんて滅多にないので(中でビールを1本ぐらい飲むことはあるけど)、貴重な体験でしたよ、はい。
ほろ酔いで観るには、良い選択だったのではないでしょうか。少年メリケンサックも面白かったし。
また、機会をみて行きましょう。

投稿: かげさん | 2009年2月27日 (金) 11時27分

かげさん様

こちらこそどーもでした( ^ω^ )
勝手に文中リンクしちゃってすみません。

20世紀もメリケンも、ほろ酔いで観るのにちょうどいい映画でした。
メリケンの頃にはもうすっかりさめてましたけどsweat02
ぜひまた行きましょう♪

投稿: kenko | 2009年2月27日 (金) 14時32分

交換日記復活(笑)

♪おらーはしんじまっただー
おらーはしんじまっただー

この歌でこんなに盛り上がれる映画がかつてあったでしょうか?(いや、ない)

実は今回映画化された部分、原作でかなりひいてしまったあたりだったのですが(特に『ともだちランド』のあたり)、改めて見たらそんなに気になりませんでしたね(笑) 堤監督の勢いに乗せられてしまったなーという感じです

佐藤二郎さんは怖かったですね・・・ 普段はもっとコミカルな役をやってる方だと思うんですが、どうでなんでしょう

エンドロール・・・ 意味ありげでしたが、あの中に「ともだち」のヒントが隠されているような・・・

投稿: SGA屋伍一 | 2009年2月27日 (金) 23時01分

kenkoさん、こんにちは~♪
『ともだちが神になっていく過程の盛り上がりは凄まじいものがありました』
うん、凄まじかったよぉ~
世界の人々が目玉模様のマスクマンに平伏すなんて、、、私は違う地球に引っ越したくなりましたよ(笑)
まぁ~有り得無い展開で引く部分もありましたが、、、やっぱり先は気になりますぅ~
とりあえず“ともだち”の正体は何が何でも確かめたいです(笑)

投稿: 由香 | 2009年3月 1日 (日) 17時54分

SGA屋伍一様

せっかく交換日記復活したのに、お返事が凄まじく遅れてしまいましたぁーbearing
唐突ですけどSGAさん、今年の花粉の症状はいかがですか?
私はもう息をするのもままならないくらいグズグズsweat02しんどいです〜

私的に原作でいちばん引いた部分は、今回のあたりよりも「おらーは死んじまっただー」以降、
牛肉入りカレーが存在しない世界になってからでした。
ともだちランドは、ゲーム画面がちょっとしょぼかったような。。。あんなもんですかね。

堤監督、力技で盛り上げてましたね〜
前半のちょっとイマイチな流れも吹っ飛びました。

コミカルな佐藤二朗さんしか知らなかったので、今回の不気味な役はかなりインパクトありました。
ハマリ役だなぁーと思うキャストもあっという間に退場しちゃうのが残念っちゃ残念(笑)

エンドロールにヒントが隠されてた?マジで?
ぼけーっとコハナちゃんばかり見てて(笑)、気付かなかったですsweat02

投稿: kenko | 2009年3月 1日 (日) 22時11分

由香様

ご無沙汰しております!お返事ありがとうございますhappy01

別の地球に引っ越したくなっちゃいましたか(笑)
私も目玉マスク野郎が支配する世界なんてイヤですよぅ〜
原作未読の人にはついていけなくて当たり前と思うのに、
ちょっと引きながらも(笑)、しっかり楽しまれている由香さんってステキですshine

ともだちの正体・・・原作と同じかどうか分からないけど、
ここまで来たら最終章も必ず観に行きますよ〜

投稿: kenko | 2009年3月 1日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/28349273

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年<第2章>最後の希望:

» カンナさん、大盛況です! 堤幸彦 『20世紀少年 第二章 最後の希望』 [SGA屋物語紹介所]
東京が火の海に包まれた「血のおおみそか」から15年。日本は怪人「ともだち」の支配 [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 23時02分

» 20世紀少年〈第2章〉最後の希望 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました〜感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう―     監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『20世紀少年』     原作 : 浦沢直樹【comment】原作を未... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 17時50分

» 20世紀少年 <第2章> 最後の希望 [POCKET BASE]
浦沢直樹の漫画が原作の映画『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』を観てきた。全3部作の第2章。公開前日にテレビでやっていた『20世紀少年 〜もう一つの第1章〜』で前作を復習し、準備... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 18時25分

» 【映画評】20世紀少年-第2章-最後の希望 [未完の映画評]
「よげんの書」の導きで世界が破滅に向かう人気コミックの映画化第二弾。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 00時37分

« チェンジリング | トップページ | 永遠のこどもたち »