« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | バイオメガ6巻! »

スラムドッグ$ミリオネア

Slumdogmillionaire

ゴールデングローブやアカデミー、そのほか各映画賞を総なめの話題作です。
ひとあし早く試写会で観させていただきました!
試写までに時間があったので、狙ったわけじゃなくインド料理のお店で食事をしたんだけど、なにげにピッタリのチョイスでしたわんdelicious

<あらすじ>

テレビのクイズ番組で、全問正解まであと一問と迫った、インドスラム街出身の青年ジャマール。
しかし、教育を受けてない彼が答えを知っているはずがないと、詐欺容疑で警察に逮捕されてしまう。
ジャマールは無実を照明するため、自分がなぜ答えを知っていたか、ストリートチルドレンとしてどんな暮らしをしてきたかを警察に語り始める。

スラムドッグ$ミリオネア 公式サイト

幼い頃に母をなくしたジャマールは、インドのスラム街で、兄ラシームと共に何度も修羅場をくぐり抜け生きてきた。
一般的な教育なんて受けていないけれど、クイズの答えはすべて、過酷な日々を生き抜く中で身をもって学んでいたのだった。
いつだってギリギリの選択をしてきたジャマール。
彼が人生において学び得たのはクイズの答えだけではない。
司会者のプレッシャーに負けない冷静さ、狡猾な大人の嘘を見抜く目、
そしてどんな時もけしてあきらめない強い心。

英米合作映画でありながら、舞台はインド。
ジャマール役のデーヴ・パテルはイギリス出身だけど、それ以外はすべてインドの俳優さんだったり、現地で見つけた演技経験のない子どもだったりするらしいです。
この子どもたちがとにかくみんなかわいいshine
映像もストーリーも、発展途上にある街特有の疾走するようなエネルギーに満ち溢れていて、雰囲気的にはフェルナンド・メイレレス監督の『シティ・オブ・ゴッド』を連想させます。
しかしこの作品が一風変わっているのは、ジャマールの波瀾に満ちた人生を、日本でもおなじみのクイズ番組“ミリオネア”とリンクさせているという点。

ミリオネアと言えば、日本人にとってはイコール“みのもんた”・・・ですよね。
最初この映画のあらすじを聞いたとき、みのもんたとダニー・ボイルがどうにも結び付かなくて首をひねっていた私・・・だがしかし!観てみて納得。
みのさんの黒光りするプレッシャーフェイスすら記憶の彼方に吹っ飛ばすパワーが、この映画にはあります。
全問正解すれば2000万ルピー!日本円にして約4000万円!がんばれ!ジャマール!!
ちなみに、劇中のクイズのうち、私にも答えが分かったのは最後の一問だけでした。
むかしNHKでアニメやってたからさ。
さんじゅううん年も生きてきて、学んだもの少なすぎsweat02

それからこの映画は、単にスラム街の少年が億万長者になるだけの話ではなくて、若者たちのピュアなラブストーリーでもありました。
物語の軸はむしろ、ラブの方だと言ってもいいくらい。
恋人たちと駅ってそれだけで絵になる。
そのベタな感じ、甘酸っぱくてキュンとする感じがイイんですheart
いかにもインドらしいエンドロールはちょいと拍子抜けではあるけれど、ジャマールとラティカがハッピーならそれでいいんじゃない♪って思っちゃいました。

最後にトリビア。
幼いジャマールがう◯こまみれになるほど憧れていたインドのスター俳優アミターブ・バッチャンは、インド版ミリオネアの初代司会者なんだそうな。へぇー。ってそれはまた違う番組ですから。

|

« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | バイオメガ6巻! »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
期待はしてたけど、裏切られずで面白かったですね〜♪
へぇー、あのインドに来てたタレントはそういう人だったんですね!
今年のベスト3入り確定です(笑)

投稿: mig | 2009年4月 4日 (土) 11時49分

mig様

こんにちはshine
面白かったですね♪
若者たちの純愛も清々しくて良かったですheart

>そういう人だったんですね!

そうらしいです(笑)
試写会でもらったパンフレットに書いてあったんですけどねsweat02
うんこまみれのジャマール、画面から臭ってきそうなほどだったけど
お気に入りのシーンです。

3位までに入賞するかどうか分からないけど私もきっとベストには入れます!

投稿: kenko | 2009年4月 4日 (土) 16時18分

こんにちは、アリゾナから来ました。

これが映画だよ、という作り手のエネルギーが伝わってくる作品でした。
間違いなく、近年ベストです。

投稿: かめ | 2009年4月19日 (日) 08時00分

kenkoさん

これは好きですねぇー。なんかこっそり自分だけ知ってる
映画にしたかったような作品です(笑)
そうそう、自分も「シティ・オブ・ゴッド」思いだしました。
あの年で子供だけになちゃうと、もう一番ダメな生き方でしのいで
いくしか道はないんですよね。そういうネガな部分を奇跡で逆転させる発想としてのクイズ番組・・という構成すごくうまいなーと思います。
でもほんとはラブストーリーという・・。基本インドミュージカルが
大好きなんで、ラストのオマケに泣けました。

投稿: kazupon | 2009年4月19日 (日) 10時04分

かめ様

なんとアリゾナから!ようこそおいでくださいましたshine

エネルギッシュでスリリングな映画らしい映画でしたね♪
で、最後は思いっきりハッピーheart
元気をもらいましたhappy01

投稿: kenko | 2009年4月20日 (月) 12時01分

kazupon様

これはkazuponさん的ワンダフルライフな映画ですものね♪
本来、自分だけのものにできそうな単館系の映画なのに
アカデミー穫っちゃったから、みんなの映画になっちゃいました(笑)

「シティオブゴッド」に似てますよね。
大好きな映画ですが、あっちはもっともっとシビアな印象。
「スラムドッグ〜」は映画ならではアイデアや夢が効果的に盛り込まれていて
クイズ番組とリンクさせるっていう発想も斬新だし、うまいなぁと思いました。

インドミュージカルってあんまりちゃんと観たことないので、
最後胸キュンのキスシーンの後ダンスがきて一瞬ビックリしてしまったんですsweat02
でも子どもたちも楽しそうに踊ってるのを見て、すぐに拍手してあげたくなりましたよhappy01

投稿: kenko | 2009年4月20日 (月) 12時25分

こんばんは

わたしも答えられたのは最後の一問だけでしたcoldsweats01
でもあれらの問題、最初の方はかなりインドの人向けだったよね。答えられなくても無理はないかと

>三銃士

NHK版はなぜかアラミスが女になってたなー 『ベルばら』を意識してたんでしょうか
あとNHK版の前に、なぜかキャラが全て犬の『ワンワン三銃士』というのもあったんだけど・・・ kenkoさんはご存知かな?

>インドのスター俳優アミターブ・バッチャンは、インド版ミリオネアの初代司会者なんだそうな

そうだったんだ! てっきり架空の人物かと!
うんこまみれの少年にも逃げることなくサインをくれたくらいの人ですから、きっといい人に違いない!

投稿: SGA屋ドッグ一 | 2009年4月27日 (月) 20時45分

SGA屋ドッグー様

こんにちは♪

>最初の方はかなりインドの人向けだったよね

ですよねぇ。
答えは全然分からなかったけど、いかにもインドらしい問題ってのが
おもしろかったです。
ちなみに一緒に観た友人は、アメリカドルの問題だけ分かったって言ってました。

>アラミスが女

そうそう!で、その実は女の子なアラミスが、やたら人気のキャラだったの。
わんわん三銃士・・・うーん、あったような気もするけど、それはたぶん観たことないですsweat02

>アミターブ・バッチャン

インドではファンが神様として祀っているお寺もあるくらいの(笑)大スターらしいですよ。
でもけっこう年配の俳優さんなのに、ジャマールみたいな若者が子どもの頃とはいえ
大ファンだったというのは、かなり渋い趣味だなぁと思いましたcoldsweats01

投稿: kenkoネア | 2009年4月28日 (火) 15時38分

今頃になってこの映画みましたsweat01
ショップでDVDジャケット、何度手にしたことだろう(爆)
でもやっぱり、みのもんたとか、余計なイメージが邪魔して見ないまま来ちゃった。
そして、見ないまま来ちゃったこと痛く後悔。
ストーリー展開が、私の予想を全く超えた映画で、ヤラレタ~って思った(笑)
逞しい子供達が可愛いかったですね^^
(お兄ちゃんは大人になるにつれて変わっちゃったけど^^;)
インドのスラム街の、あのゴチャゴチャした感がたまらないです。
むか~し、ヒュー・グラントの「ベンガルの夜」っていう映画見たけど、
あれもインドが舞台で、インド女性がミステリアスで、独特の妖しい雰囲気の映画だったなぁ。
アッ、そうそう! ラティカ演じた女優さん、「猿の惑星」でフランコの恋人演じてましたね~
駅のシーンで、ジャマールを見上げる姿がほんとに美しかったです~

クイズは、私は全然でした^^;
最後のクイズがダルタニアンではない!ってことだけわかったけど(爆)

投稿: ちー | 2011年11月 5日 (土) 11時43分

ちー様

こんばんは!
わかります、日本人にとってはミリオネアといえばみのもんたですよね(笑)
子供たち可愛かったですねー、きついシーンもあるけど。。。
ダニー・ボイルの映画って、好きだったりそうでもなかったりですが
『28日後・・・』とか『サンシャイン2057』とかは好きです。もちろん『127時間』も。
予想を越えたお話で、スタイリッシュな映像と音楽で。
最後の問題の答えは私、NHKのアニメ絡みで知ってただけsweat02

ヒュー・グラントの『ベンガルの夜』は観たことないなぁbearing
インドの女性、うつくしいですね。
そうそうラティカ役の女優さん、私も猿惑観たとき
このきれいな人は・・・スラムドッグの!!と思いました。
あいかわらずべっぴんさんで。
今週末から公開される『インモータルズ』にも出てるみたいでたのしみ♪

投稿: kenko | 2011年11月 6日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/28668779

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

» 『スラムドッグ$ミリオネア』 [ラムの大通り]
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせたいのがこの映画。 まるでメキシコ辺りの映画を観ているように 赤茶けたざらついた映像。 なんでこれがよりによってアカデミー賞候補と 思っていたら、怒濤の展開。 スリルあり、アクションあり、恋愛あり。 最後は涙、涙、また涙... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 21時15分

» スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8部門受賞{/ee_1/} ゴールデングローブ賞では4部門受賞{/atten/}などなど、数々の映画祭で賞を総なめ!それもすごいけど アカデミー賞でこんなに獲っ... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 11時50分

» 「スラムドッグ$ミリオネア」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「スラムドッグ$ミリオネア」公式サイトアカデミー賞8部門受賞のヒューマンドラマ。サクセスストーリーもラブストーリーもあって。残酷風味もあってちょい童話チック?スラム育ちのジャマールが、ミリオネア全問正解を前にイカサマ容疑で逮捕。無...... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 09時50分

» スラムドッグ$ミリオネア [悠雅的生活]
インドの現実。疾走。三銃士。 [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 16時15分

» 『スラムドッグ$ミリオネア』 [Sweet*Days**]
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 18時42分

» スラムドッグ$ミリオネア [It's a Wonderful Life]
いやいや噂通りの素晴らしい映画でした。 出来ればアカデミー賞とか余計な前知識ナシ で観たかった気もしますが、 そのお陰で全国シネコン公開で観る人が多くなるのは いい映画なんで素直に喜ばしい事だと思います。 ダニー・ボイル監督作でノースターな映画ですから 通常ならミニシアター数週間って所だったでしょうし。 スラム育ちの青年が、ミリオネア最終問題までたどり着く 番組のハラハラ感と、その答えを彼の人生に フラッシュバックして観せていく上手さ。 ムンバイをはじめインド各地でロ... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 22時16分

» スラムドッグ$ミリオネア [It's a Wonderful Life]
いやいや噂通りの素晴らしい映画でした。 出来ればアカデミー賞とか余計な前知識ナシ で観たかった気もしますが、 そのお陰で全国シネコン公開で観る人が多くなるのは いい映画なんで素直に喜ばしい事だと思います。 ダニー・ボイル監督作でノースターな映画ですから 通常ならミニシアター数週間って所だったでしょうし。 スラム育ちの青年が、ミリオネア最終問題までたどり着く 番組のハラハラ感と、その答えを彼の人生に フラッシュバックして観せていく上手さ。 ムンバイをはじめインド各地でロ... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 22時17分

» スラムドッグ$ミリオネア [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 イギリス&アメリカ  ドラマ&コメディ&ロマンス  監督:ダニー・ボイル  出演:デヴ・パテル      マドゥル・ミッタル      フリーダ・ピント      アニル・カプール 【物語】  テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマ....... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 15時11分

» スラムドッグ$ミリオネア [だらだら無気力ブログ]
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組に ..... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 01時10分

» スラムドッグ$ミリオネア [映画君の毎日]
//ストーリー//テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。警察の... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 19時38分

» クイズ百万ドルに賭けました ダニー・ボイル 『スラムドッグ$ミリオネア』 [SGA屋物語紹介所]
本日は本年度アカデミー賞作品賞、監督賞、その他もろもろに輝いた『スラムドッグ$ミ [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 21時17分

» スラムドッグ$ミリオネア [RISING STEEL]
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE アカデミー賞を席巻した作品ながら、あまり興味が無かったので見ていなかった。 見たんですが、言われるほど大したものでも無いなと思いました。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 17時56分

« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | バイオメガ6巻! »