« ディスカス♪ | トップページ | ホルテンさんのはじめての冒険 »

英国王給仕人に乾杯!

Iservedthekingofengland

英国王給仕人に乾杯!というタイトルにもかかわらず、大きすぎる勲章を斜めがけにして胸を張る小さな男ヤンは、英国王に給仕しません。
駅のソーセージ売りとしてスタートしたヤン。
“百万長者のホテル王になる”というヤンの夢は、果たして叶うのか。
観たのはずいぶん前なのだけど、すごく気に入った作品なのでちゃんと感想を書いておこうと思います。

<あらすじ>

共産主義の監獄を出所し、ドイツ国境沿いにある廃村に向かうヤン。
かつて田舎町のホテルで給仕として働いていたヤンには、百万長者になるという夢があった。
転機のたびにステップアップを重ね、ヤンはついにプラハの一流ホテルの主任給仕になるが・・・

英国王給仕人に乾杯!公式サイト

イジー・メンツェル監督の映画を観るのは初めて・・・というか名前を聞くのも初めてだし、チェコの映画自体初めてです、たぶんsweat02
観る予定リストにも入れていなかったのになんで観たのかと言うと、先に観たおともだちがすごく楽しそうに感想を聞かせてくれたから。

ナチスドイツやスターリン主義のソ連に翻弄された時代のチェコが舞台で、歴史的背景はけして明るくはないのに、映画全体から受ける印象は極めてファニーかつエレガント。
人生のわびさびを哀愁たっぷりに描きながら、まるでおとぎ話のようでもある、不思議な雰囲気を持った作品。

物語は、年老いた主人公ヤン・ジーチェが語り部となり、“幸運と不運のどんでん返しだった”という自らの波乱の人生を振り返るスタイルで進みます。
現在のヤンと、若き日のヤンはそれぞれ違う俳優さんが演じており、どちらもちびっ子で好演。

ヤンが田舎町のホテル → お金持ちの別荘 → プラハの由緒あるホテルと、なんだかんだで順調にステップアップを重ねて給仕の仕事をしていく中で出会う魅力的な人々、そして珠玉のエピソードの数々。

守護天使のおじさん始め、お金を湯水のように使って美女と戯れるおじさん、客を一目見るだけで何を注文するか分かってしまうおじさん(←この人こそが英国王に給仕した人だったりする)などなど・・・
お札を部屋いっぱいに敷き詰めてご満悦とか、テーブルに横たわらせた裸同然の美女を眺めながらごちそうを食べたりとか、男のエゴ丸出しで本来ならば不快に感じるはずのシーンも、不思議とちっとも不快じゃありません。

むしろそんなおじさんたちが可愛らしく思えてくるくらい。
彼らの幸福そうな顔を見ていると、こっちまで幸せな気分になります。
美しい女性はエロティックな女神で、お金を払うのは男だけども、その場を美しさで支配しているのはあくまでも女性のほう。だから不快じゃないのかもしれないな。

背丈が小さく中性的な印象のヤンが、あんがい美女にモテたりするのも楽しいshine
ひなぎく、お札・・・美女とベッドを共にするたび、今度はいったい何で美女の裸体を飾るのかな?と、変なところで期待してしまいますcatface

老いも若きも男も女も、貧乏人も金持ちも、床に散らばったコインを這いつくばって拾わずにはいられないすべての人間に対する、辛辣でありながらどこまでも大らかで優しさに満ちた目線。
それがメンツェル流なのかしら。
守護天使のおじさんの無事が確認できただけでほっこりハッピーな、軽やかなラストでした。

|

« ディスカス♪ | トップページ | ホルテンさんのはじめての冒険 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こちらも『ホルテンさん』も見たかったんですけどねー 見られないのが田舎の悲しさ。東京まで観にいくという手もあるんですが、公開時は残念ながらヒマがなく・・・

広島って都会ですよねええええ。羨ましい

この時代のチェコというと「プラハの春」などを思い出し、なんか暗い雰囲気ですが
この映画はなんか軽快で楽しそうですよね。予告見た限りでは映像的にも華やかそうで。「存在の耐えられないくらい」ほどの軽さではないとは思いますが

現在遅れてくる単館系の作品では『ダイアナの選択』『リリィ、はちみつ色の秘密』などを楽しみにしています。『フロスト×ニクソン』も来るんだけど、これは考え中。『ラ-スと、その彼女』は昨日見てきました

投稿: SGA屋伍一 | 2009年5月 9日 (土) 19時54分

SGA屋伍一様

こちらにもコメントありがとうございますhappy01
英国王給仕人はオススメです!
存在が耐えられないほど軽くはないですが、思った以上に軽くて楽しいです♪
おっぱいもたくさん出てくるし。
これからご近所に来ることがありましたらぜひshine

広島は田舎です。でも私が今現在住んでるところはもっと田舎〜bearing
いや別に田舎なのはいいんだけど、映画館がない!というのがなによりツライところ。。
観られるときに何本かまとめて観よう!と思うんだけど、
なかなかそうたくさんは観られなくて・・・
でも昨日は頑張って早朝9時からグレンラガンを観てきました!感想はのちほど。

「フロストニクソン」「ミルク」もかなり前に観たんですけど、なんとなく放置sweat02
遅れてくる単館系でいちばん楽しみにしてるのは「罪とか罰とか」かな。
「リリィはちみつ色の秘密」もちょっと観たいです。
「フィッシュストーリー」も観たかったんだけど、このままだと観るタイミングがなさそうで・・・
「重力ピエロ」は絶対観たいなーと思ってます!

ラースの感想、楽しみにしてますね♪

投稿: kenko | 2009年5月11日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/28866240

この記事へのトラックバック一覧です: 英国王給仕人に乾杯!:

« ディスカス♪ | トップページ | ホルテンさんのはじめての冒険 »