« 夜桜にゃんこ | トップページ | バーン・アフター・リーディング »

シェルブールとロシュフォール♪

フレンチミュージカルの傑作、『シェルブールの雨傘』と『ロシュフォールの恋人たち』がデジタルリマスターされてスクリーンで観られるなんて、なんという幸せshine

私はシェルブール → ロシュフォールの順でハシゴしたんだけど、なんとなく気分でひとつの記事にまとめちゃいます。

まずはシェルブールから。

Umbrellasofcherbourg シェルブールの雨傘(1964)

世界でいちばん美しい人カトリーヌ・ドヌーヴが、世界でいちばん可憐だったころの映画!
ジュヌヴィエーヴを演じる20歳のドヌーヴは、ほんっとうに、むんぬすごく、可愛いですheart

Catherine_deneuve1 mon amour・・・
Catherine_deneuve4 je t'aime! je t'aime! je t'aime!

若いお嬢さんから年配のご夫人まで、今も昔も変わらずすべての女子の憧れribbon
実際、シェルブールを観にきている客層がそんな感じだったなぁ。

そういう私はうちのママンと一緒に観たんだけど、観終えてすぐの彼女のお言葉↓

「たったそれだけの話だったっけ?」

・・・・・おかーさぁーーんsweat02
確かにストーリーはかなりシンプル。
ものすごくおおまかに言えば、若い二人の激しい恋は戦争によって引き裂かれ、やがて別々の道を歩んでゆく・・・ってだけのお話だもの。
しかしシンプルだからこそ、人生における出会いと別れ、喜びや哀しみが際立つのだと思うし、また多くの人の共感を呼ぶのだろうと思いました。
恋愛まっただ中の女子なら「彼がいないと生きていけない」と言って泣き崩れるジュヌヴィエーヴに涙するかもしれないし、お母さん世代ならジュヌヴィエーヴママの「時間に身を任せることよ。2年後にはきっと忘れてるわ」という言葉に深く頷くことでしょう。
そしてそんなよくある母娘のやりとりすら、斬新な色使いを背景に美しい女優たちが歌うことによって、とてつもなくファンタジックでドリーミーなものになるのです。

ドヌーヴもキレイだけど、ママ役の人もマドレーヌもすごくキレイで魅力的shine 特にママが好き。
ぶっちゃけ、あくまで個人的にですけども、シェルブールに出てくる男性陣ってギイ含めどうでもいいんす、私。
ジュヌヴィネーヴに結婚を申し込むお金持ちの彼が、もうちょっと年上のシブイおじさまだったらなぁ〜なんて思うし。

そしてファッション!
ドヌーヴが着ているお洋服はどれもこれもガーリーで上品でシンプルで、今見てもとっても素敵。
影響されやすい私は、翌日ショップでたまたま見つけたキレイなグリーンのスプリングコートを衝動買いしてしまったのでした。気分はジュヌヴィエーヴだもーん♪

続きましてロシュフォール。

Demoisellesderochefort ロシュフォールの恋人たち(1967)

シェルブールから3年後、さらに美しさに磨きをかけたドヌーヴが、実姉フランソワーズ・ドルレアックと双子の姉妹を演じたカラフルでハッピーなミュージカル。

Catherine_deneuve5 美しき姉妹shine

シェルブールはセリフすべてが歌だけど、こちらは普通の会話劇のあと気持ちが盛り上がったところで歌ってさらにテンションUP♪という通常のミュージカル形式です。
ミシェル・ルグランの名曲の数々。思わずメロディを口ずさんでしまう♪

なんと言っても特筆すべきは、ドルレアックの運命の恋人役でジーン・ケリーが出演していること!
彼のパワフルなダンス、そしてあの笑顔を見てるだけで胸がいっぱいになって泣けてくるという変なスイッチが私の中にあるんだす。ジーン・ケリー大好きlovely

Demoisellesderochefort2 巴里のアメリカ人は最高の恋人heart

ドヌーヴにももちろん運命の相手がいて、お互いに出会いたい!と強く思っているのだけどなんと最後の最後までニアミス!
でも二人は運命だからこそすれ違うのだし、出会ったとたん恋に落ちるのは必然。
そんな恋の予感に心ときめかさずにはいられない演出がニクイです。

登場人物たちはみな誰かを想っているのだけど、相手に対するダメ出しの理由が「目が青くないから」とか「名前が変だから」とか、しょうもないのがちょっと笑えるcoldsweats01

シェルブールとロシュフォール。
色彩と音楽とファッションとドヌーヴ。
春にぴったりの、心躍る至福の二本立てでしたnotes

|

« 夜桜にゃんこ | トップページ | バーン・アフター・リーディング »

映画」カテゴリの記事

コメント

ロシュフォールというと『三銃士』に出てきた悪役を思い出します

あとカトリーヌ・ドヌーブは吹替え版だとよく小原乃梨子さんが声をあてているので、ついついドロンジョもしくはのび太の顔が思い浮かんでしまって困ります

時空を越える男でした

投稿: SGA屋マンハッタン伍一 | 2009年4月10日 (金) 21時32分

マンハッタン伍一様

ありー
今度は時空を越える男か。
ちゃんと服は着てくださいね。

三銃士にそんな名前の悪役がいたんでしたっけsweat02
小原さんは古い洋画だと、よくイイ女系の役をやってますもんね。
でも私たち世代だとやっぱりのび太君を思い出してしまうから
微妙に違和感を感じてしまったりすることもあります。

そういえばヤッターマン観てないや・・・
ドラゴンボールもdespair

投稿: kenko | 2009年4月12日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/28987917

この記事へのトラックバック一覧です: シェルブールとロシュフォール♪:

« 夜桜にゃんこ | トップページ | バーン・アフター・リーディング »