« 重力ピエロ | トップページ | 油断できないディスカス。 »

GOEMON

Goemon

終わりなき、強者どもの貪欲ウォーズ。
公開されてずいぶん経っちゃいましたけど・・・まだやってるかな?sweat02

<あらすじ>

1582年。織田信長(中村橋之助)が本能寺にて明智光秀の謀反に倒れ、信長に仕えていた秀吉(奥田瑛二)が光秀を討ち天下を治めていた時代。
天下の大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)は、金持ちのみをターゲットとし、庶民に盗んだ物を分け与えることでヒーローとなっていた。
ある日、たまたま盗み出し何の価値もないと思っていた南蛮製の箱を、石田光成(要潤)が必死で探していることを知るのだが・・・

GOEMON 公式サイト

紀里谷和明氏の監督デビュー作『CASSHERN』は、世間的にはあんまり褒められてなかったような記憶がありますけど、個人的にはけっこう好きだった作品shine
紀里谷印の超デコラティブな映像を眺めているだけで楽しいし、テレビなどでも見慣れた美形の俳優さんたちが、まるで絵画のようにキラッキラの映像の一部になっているのが、観てて不思議と心地良かったんす。
マンガちっくなケレン味、悲劇的なお話も好み。
難を申せば尺が長過ぎたこと、あと最後の方がちと説教くさかったこと・・・ぐらいかなcoldsweats01
しかしそれも、紀里屋氏の作品に対する深過ぎる愛ゆえと、受け止めております。

で、『GOEMON』。
ゴエモンと聞いて思い浮かぶのは・・・
まずこの人で、
Goemon2_2

次にこの人なんだけど。
3_2

江口あんちゃんのゴエモンは、オトナの男の色気ムンムンでこれまでにないカッコ良さshine
若い頃の一途なゴエモンにもけっこう胸キュンでしたけどもheart

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、石田光成など、実在の有名人がいっぱい出てくるし、いちおう史実に基づいたお話だけど、もちろん普通の時代劇なんかじゃありません。
ちょんまげ結ってる人なんて一人もいませんし、町のビジュアルはまるで押井守が描く近未来のようなアジアごった煮状態。
しょっぱなから派手な紀里谷ワールドに度肝を抜かれます。
衣装やメイク含め、隅から隅まで凝りまくった映像は健在で、相変わらずキラキラだけど、ジャポンな味付けが加わってるのがイイ感じ。
シェイクスピアと歌舞伎を足して割ったような。
外国の方にもウケがよさそうだし、こういう映画が日本発ってなんかいいなとも思う。
装飾されまくった人物はやっぱり眺めてるだけでも面白く、特に信長さまのちょっと笑っちゃいそうなほどのカッコ良さにはぶっちゃけ一目惚れしましたhappy02

やってることも言ってることも『CASSHERN』とそう変わりないような印象は受けるものの、今回のは不思議とすんなり紀里谷さんのメッセージが伝わってくるような気がしました。
いたるところにド派手な見せ場があって、エンタテイメントな見応えたっぷり。
全く飽きることなく楽しめました♪

|

« 重力ピエロ | トップページ | 油断できないディスカス。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんばん。fuji
信長さまの舞はステキでしたよねぇ。
時代劇が苦手な私もこれは楽しくて仕方ありませんでしたー。
TVドラマの映画版だとか漫画や小説の映画化だとか、そんなんばっかりな日本映画界において、ひと際光り輝くキリヤンでござります。
重力ピエロの子供時代の春も、子供時代のGOEMONも、えらくよかったですよねー。
幼年少年俳優高水準時代なのかしらんー。

投稿: かえる | 2009年6月 8日 (月) 00時39分

感想お待ちしてましたよーん。『電王』はまだかな(笑)
『ダイアナ』は今日観にいってきます
『GOEMON』の上映は大体今週いっぱいくらいのようです。すべりこみセーフ!

前にも書いたかもしんないけど、ありえねージャンプしたり、一人で千人くらいぶっとばしたりしてるアクションは、それこそ『バイオメガ』実写版のような趣があると思いませんか? もし映画化されるなら紀里谷監督にお願いしたいと思いませんか?(え? いや?)

軽いユーモアが入ってるところに、『CASSHERN』とちょっと違うテイストを感じますね。あくまでも「ちょっと」ですが。江口のあんちゃんにはぜひ「またつまらぬものを・・・」と言って欲しかった・・・


ところで由香さんと「勝手に『GOEMON』を応援する会」というのを立ち上げたんですが、いまのところ会員が約二名しかいません・・・
kenkoさん、入りませんか? 入会金は特別にロハにしときますから。あと今なら副々会長のポストも用意してあります!

投稿: SGA屋伍一 | 2009年6月 8日 (月) 08時50分

かえる様

かえるさん、おはようんsun

信長さまはかっこよすぎでしょうshine
ザ・カリスマ!って感じでした。舞ステキでしたねぇ〜。
私も時代劇ってけして得意ではないんですが、これはもうほとんどマンガなので(笑)
すごく楽しかったです。
でも秀吉とか家康とかいう名前が出てこなかったら、もはや時代ものなのかどうかすら
判別できないですけどsweat02
光り輝くキリヤン(←いいですねコレ)、もっと評価されてもいいのに・・・と思います。

そうそう、最近の邦画界は子役が粒ぞろいですねー。
少女時代の茶々は微妙でしたがcoldsweats01
(あと、どうでもいいけど広末茶々の髪型はヘンだと思った)
子どもとは思えない熱演に脱帽でございます。

投稿: kenko | 2009年6月 8日 (月) 11時23分

SGA屋伍一様

SGAさんのオススメで観たのに、感想が遅くなっちゃってごめんなさいsweat02
他にも書いてないのいっぱいあるんだけど、けしてNGだったとかではなく
単なるオサボリです。
でも『電王』は書きます!えーっと、じゃあ今日!書きます!(←ほんとか?)

確かに紀里谷映画のスピード感と退廃したムードは私の大好きな弐瓶作品を彷彿とさせますねー。
てゆーか紀里谷さん、きっと弐瓶さんのマンガ読んでると思うし大好きに違いないと思う。(勝手に断言)
ずいぶん前に『BLAME!』のアニメ化という話があったんだけど、どうやら状況はかんばしくなさそうで・・・
紀里谷さんが実写映画化してくれたら最高なのにな。

ユーモアもあって、以前よりもほんの少し肩の力が抜けた感じがするから
楽しく観られたのかもしれませんね。
「またつまらぬものを・・・」って言うべきでしたよね、あんちゃん。

勝手に『GOEMON』を応援する会ですか(笑)
そんな楽しげな会に、私も入れてもらっていいんですか?
あ、でも紀里谷さんに弐瓶マンガを映画化してもらうためにも私、入るべきかもsign02
というわけでふつつかものですがどうぞヨロシクです♪

投稿: kenko | 2009年6月 8日 (月) 11時50分

こんばんは~♪
ふふふ・・・↑で見ちゃったのですが、“GOEMONを応援する会”の会員になって頂きありがとうございます!やっと会員が3名になりました(感涙)

私、スッゴク気に入っちゃったんですよ~この映画。
自分でもビックリするくらいハマっちゃって。
思わずキャシャーンも観ちゃった(笑)意味不明の展開ながら嫌いじゃないんです、ああいうの。

江口さんも大沢さんもカッコ良かったなぁ~早くDVD買って観たいです♪

投稿: 由香 | 2009年6月 8日 (月) 21時47分

由香様

勝手にGOEMONを応援する会、SGA会長のお誘いを受け
勝手に参戦させていただきました!えへへsmile

由香さん、相当ハマりましたねぇー
実は私、SGAさんがオススメしてくれなかったら
危うくスルーするとこだったんですsweat02
観に行けてよかったです。
大画面で観るべきビジュアルでしたね。
私もキャシャーンDVDで再見してみようかなー。
ちょうど「キャシャーンSINS」という紀里谷キャシャーンのスピリットを受け継いでるっぽいアニメを
観ようと思ってたところだったしcoldsweats01

五右衛門も才蔵もカッコよかった♪
ヤングな頃の二人も良かったですねぇheart

投稿: kenko | 2009年6月 9日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/29753998

この記事へのトラックバック一覧です: GOEMON:

» 『GOEMON』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二■鑑賞日 5月31日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 紀里谷監督の前作『CASSHERN』から約5年。 いささか前作は消化不良だったのだが、この映画は巷... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 22時11分

» 『GOEMON』  [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
APPARE、エンタメ。製作費15億円。プリプロ、撮影、編集、ポスプロ、延べ制作日数3年。セット数100、CGカット数2500、エキストラ1000人、総スタッフ数300人。ですってよ。 『CASSHERN』は劇場鑑賞しなかったんだけど、DVDで観てかなり気に入ったので、今回は迷わずスクリーンで堪能。しょっちゅう言ってる気がするけど、こういう独創的な映像世界は大好きなもので。『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』みたいなアレンジにも心踊ったけど、こちらの壮大な煌びやかゴージャスな映像世界もそれはもう... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 00時39分

» がんばらないゴエモン 紀里谷和明 『GOEMON』 [SGA屋物語紹介所]
舞台は日本。てゆーかジパング。時は戦国波乱の時代。 太閤のお膝元の大阪の町を、夜 [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 08時51分

» GOEMON [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)が庶民を熱狂させていた。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが―     監督 : 紀里谷和明 『CASSHERN』【comment】  メチャメチャ好みでした〜  この... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 21時41分

» 「GOEMON」 監督のスタイルが強く表れている [はらやんの映画徒然草]
一般的にはあまり評判の宜しくない「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作です [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 22時18分

» 映画:GOEMON [よしなしごと]
 ちょっと前、テレビ朝日を見ていると、やたらと「GOEMON 5チャンネル」とうるさく、だいぶ洗脳されてしまいGOEMONを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 11時38分

» 映画「GOEMON」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組カンゴロンゴを連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・ それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 11時43分

« 重力ピエロ | トップページ | 油断できないディスカス。 »