« 使徒襲来 | トップページ | BILLY BAT(ビリーバット) »

それでも恋するバルセロナ

Vickycristinabarcelona

凡人には一生訪れないであろう愛のカタチを、かるーいノリで疑似体験♪
愛憎入り乱れて泥沼化してもおかしくない状況なのに、あくまでさらりとしたラブコメ風なのは、こーんな恋バナあったとさ♪ってなノリの軽妙なナレーションのおかげ?
さすがウディ・アレンというべきでしょうか。
『ノーカントリー』のおかっぱ男ハピエル・バルデムを中心に、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、レベッカ・ホールというタイプの違う美女3人が四角関係だなんて・・・なんちゅう濃いメンツcoldsweats01
スペインはむかーし一度だけ旅行したことがあるけど、ガウディの建築はおとぎの国みたいでカワイイから好き。

<あらすじ>

バカンスを楽しむためにバルセロナへやってきたヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)は親友同士だが、恋愛に対する価値観は正反対。
ヴィッキーは真面目な彼と婚約中だし、クリスティーナは常に刺激的な恋を求めている。
ある日二人はセクシーなスペインの画家、フアン・アントニオ(ハピエル・バルデム)に出会う。
クリスティーナは一目でフアンを気に入り、ヴィッキーは戸惑いながらもやがてフアンに惹かれていくのだが・・・

それでも恋するバルセロナ 公式サイト

ハピエル・バルデムが個人的に好みのタイプかどうかは別として、異様なまでのフェロモンを息苦しいほどに発散していることだけは、スクリーン越しにも伝わってきます。
単なるイケメンじゃあ、美女3人をトリコにする男として説得力ないしね。

初対面の女子2名に対し、今から僕と旅行してセックスしませんか?なーんて一般常識からすればとんでもないことを言っとるのだけど、そこが深夜のバルセロナのレストランで、そして相手が妙に自然体のラテン系の男なら、ちょっと一瞬クラっとしちゃう・・・かなぁ。どうでしょう。
スカちゃん演じる奔放娘クリスティーナとレベッカ演じる知的美人ヴィッキー、正反対のリアクションなのが面白い。
「私は保護者役よ」なんて言いながら、実はヴィッキーも最初からフアンに惹かれていたとみたcatface
レベッカ・ホールは美人だけど、『フロスト×ニクソン』の時の方がもっとキレイに見えた気がします。

『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウディ映画出演3作目のスカちゃんは、もはや定番となりつつあるエロカワイイキャラ。
せっくすする気満々だった自分よりも先に、ヴィッキーがフアンと寝てしまったことに全く気付かず延々言い訳し続けるスカちゃん・・・
才能ある画家の恋人になれてウキウキのスカちゃん・・・
画家の元妻登場で超異例のシチュエーションにも関わらず、やたらと環境適応能力の高いスカちゃん・・・
端から見ればトンデモ娘なのだけど、何か策略があるわけじゃなく、自分自身の奔放さに振り回されてるわけでもない。
とにかく本能の赴くままに行動するスカちゃんが、エロいだけでなく妙に可愛らしくて、憎めないのです。
最初は敵視されてたマリア・エレーナに、最終的には愛ゆえに本気で怒られるのもなんだか快感じゃないか。
刺激的なバカンスを思う存分満喫して、写真の腕も磨かせてもらって、なんだかんだで勝ち逃げ。
ハピ&ペネという大物カップルすらあっさり袖にするクリスティーナの飽きっぽさ、清々しくてキライじゃないのだ。
衝撃の恋バナ聞かされてる時の、ヴィッキー夫のポカンとした顔には笑った。

エキセントリックな天才肌の画家マリア・エレーナを演じたペネロペ・クルスは、この役でアカデミーも受賞してるし、途中参戦にもかかわらずさすがの存在感でした。
まくしたてるスペイン語が見事。迫力あります。彼女の美貌と才能はスペシャルcrown

しかしどんなに魅惑的な恋も命には代えられないってことで・・・
「一夏の恋だったの。もう終わったのよ」・・・さいですか(笑)ちゃんちゃん♪

|

« 使徒襲来 | トップページ | BILLY BAT(ビリーバット) »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん

3部作のどれもスカちゃん、奔放なようにふるまってるけど、
実は悪くなりきれないイイ人に描かれている気がします。
こんな恋愛、確かに訪れそうもないけど、そういう憧れ?
のシチュエーションとか、実際はどうってことないよ!
っていう皮肉的なものを感じた映画でした。そこが魅力なのかも。
いい爺さんのくせに結構女性関係派手でスキャンダルにまみれた
ウディならではの作品なのかもしれません。あんたに言われたない
わいって(笑)

投稿: kazupon | 2009年7月14日 (火) 14時12分

kazupon様

kazuponさん、コメントありがとうございます♪

奔放なスカちゃんはいかにも女性に嫌われそうなタイプなのに、
なんか憎めないのは悪くなりきれない良い人に描かれているからかぁー
皮肉的なものも少し感じたけれど、ありえないシチュエーションや
スカちゃんやペネロペの美女っぷりや、スペインの空気を楽しんで観ましたですshine

ウディ・アレンって、プライベートでのいろいろには
正直ドン引きすることもありますけど、
爺さんになってもそれくらいぶっ飛んでるからこそ
いつまでもこういう映画が作れるのかもしれないですね。。。

投稿: kenko | 2009年7月14日 (火) 20時53分

kenkoさん
おはよう〜♪


>本能の赴くままに行動するスカちゃんが、エロいだけでなく妙に可愛らしくて、憎めないのです。

そうなのよね♪わたしもスカちゃんの恋応援したくなっちゃった。
けどペネもそれを上回る姉御な役、可愛い役のペネもいいけど
こっちもいいなって思ったり☆
アレン爺さん次はやっとスカちゃんから離れて
スラムドッグミリオネアのフリーダピントや、エヴァンレチェルウッドという旬な女優起用。
楽しみでーす。

投稿: mig | 2009年7月15日 (水) 08時48分

kenkoさ~ん♪こんにちはhappy01
スカちゃんのクリスティーナは考えたら可愛いキャラでしたね。
3人でムフフに妙に適応するのも笑えたし、アッサリ去っていくのも可笑しい。

ところで、公式ページで3人の女性のキャラ診断みたいなのがありましたが、やってみました?
私はヴィッキーでした。
・・・・・おかしいなぁ~外見的にはマリアなはずなのに(大嘘です。石投げていいですpig

投稿: 由香 | 2009年7月15日 (水) 12時09分

mig様

お返事ありがとうございます♪

スカちゃん、ハピさんと付き合い始めてノリノリだったのに、
ペネロペ登場で調子狂わされ始めたあたり、「がんばれスカちゃん!」って心の中で応援してました(笑)
ペネロペクルスの役はハマリ役でしたね♪

アレン爺さんとスカちゃんのコンビはこれで最後だったんですね。
スラムドッグのフリーダピントとエヴァンレイチェルウッドとは、さすが目の付けどころがいいなぁー
早く観たいですshine

投稿: kenko | 2009年7月15日 (水) 17時56分

由香様

こんにちは♪

スカちゃん、可愛かったですよね~
あくまで自然体なところがまるで少女のようで。
結局彼女がいちばん好きなようにやって、いちばん楽しんでたような。

公式ページのキャラ診断やってみましたshine
なんとクリスティーナ。意外です。
ヴィッキータイプのはずなのに。
できるもんならクリスティーナぐらい自由人でありたいという願望もなくはないけどcatface
由香さんはヴィッキーかぁ。そして外見的にはマリアかぁheart(>大嘘です←聞いてない)
なんかいろいろ妄想しちゃいますねぇ♪

投稿: kenko | 2009年7月15日 (水) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/30445804

この記事へのトラックバック一覧です: それでも恋するバルセロナ:

» 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) [シネマ・ワンダーランド]
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台とし、同所をバカンスで訪れた2人のヘ米国人女性と地元のセクシーな男性画家、さらにはその元妻、4人が織り成す恋模様を描いている。複雑に絡み合うラブ・ロマンスはアレン映画のテーマの中核をなすものであるが、本作ではそのもの足りなさが否めない。な...... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 23時04分

» ★「それでも恋するバルセロナ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 04時28分

» それでも恋するバルセロナ [It's a Wonderful Life]
ウディ・アレンの映画はお気に入りの女優+おっこんな俳優使うの? っていうキャスティングが多いです。 これは最近のオキニ、スカーレット・ヨハンソン起用3部作の 最後なのだとか。 自由な感じの女友達二人が異国で誘われて・・ってプロットは ひとつ前の「タロットカード殺人事件」に近い感じ。 あちらはウディが出てる映画で、ウディが出ちゃうと 神経質にべらべらしゃべるウディのキャラが全面に絶対出てしまう ので、同じようなタイプの映画になってしまうのに対し、 出ない作品は出てるほうよりい... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 14時05分

» それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona [我想一個人映画美的女人blog]
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVDがコレ。 これは撮影してた頃からチェックしてたし、ジャケットが素敵なので即決め♪ ウディの映画は会話が命だし、英語で観るのは難易度高し!って分かっていながらもペネだし{/m_0139/}って買ったんだけど 偶然にも帰りの機... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 08時45分

» それでも恋するバルセロナ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリステーナは彼氏と別れたばかり。2人はセクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。クリスティーナは一目で彼に惹かれ、最初反発していたヴィッキーまでも彼に惹かれていく―ところが... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 12時02分

» それでも恋するバルセロナ [Addict allcinema 映画レビュー]
この恋、想定外 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 20時46分

» それでも恋するバルセロナ [Addict allcinema 映画レビュー]
この恋、想定外 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 20時48分

» 『それでも恋するバルセロナ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> スペインはバルセロナを舞台に、日本人ではこんな三角、いや四角関係は無理だろうとも思える関係を、ウディ・アレンが独自の“毒”... [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 17時45分

» 「それでも恋するバルセロナ」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
バルセロナを堪能いたしました [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 10時10分

» 映画「それでも恋するバルセロナ」お気軽バルセロナ観光を楽しむ [soramove]
「それでも恋するバルセロナ」★★★DVD鑑賞 ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン主演 ウディ・アレン監督、107分 、 2009年6月27日公開、2008,スペイン、アメリカ,アスミック・エース (原題:Vicky Cristina Barcelona )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ペネロペ・クルスはこの作品でアカデミー賞・助演女優賞を獲得した。... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日) 11時00分

« 使徒襲来 | トップページ | BILLY BAT(ビリーバット) »