« 皆既日食! | トップページ | 家畜人ヤプー »

いきてみれば、わかるとおもう

NHKBS『小公女セーラ』の放送が、ついに最終回を迎えました。

(関連記事はこちら

毎回なにかと涙を滲ませつつ観ていた『小公女セーラ』ですが、特に印象深かったエピソードを2つだけ挙げてみたいと思います。

まずは第18話『悲しいメイポール祭』でのエピソード。
カーマイケル弁護士の息子ドナルドが、お腹をすかしてボロボロのセーラを街で目撃し、「可哀想な人には親切にしてあげるようにってママから言われているんだ」と言って銀貨を差し出します。
自分よりも小さな子供に憐れみを受けるような身分になってしまったことに心底打ちのめされ、屋根裏部屋で泣き崩れるセーラ。
ドナルド少年の無垢な行動が、ミンチンやラビニアのいじめなんかよりなんぼか深くセーラの心を傷つけたのでした。
セーラだってかつては、少年と同じように貧しさを知らない子供だっただけに辛いweep

第23話『親切なパン屋さん』の回も秀逸でございました。
セーラの一般人には理解し難い天使っぷりが際立ったエピソードです。
何食分も食事を抜かれ、お腹ぺこぺこの状態でお使いに行かされるセーラ。
いい匂いが漂ってくるパン屋さんの前で、銀貨を拾います。(また銀貨だ)
それでパンを買えばいいのに、「お客様の落とし物かもしれないから」と言ってパン屋のおばさんに預けようとするセーラ。
おばさんはそんなセーラに「その銀貨はあんたのものだから、パンを買って食べなさい」と言いますが、セーラは黙ってコインを握りしめ店を出、今度はなんと教会へ向かい、司祭様に「このお金を寄付したい」などと言うΣ( ̄ロ ̄lll)
司祭様には「それは神様の落とし物だから自由に使いなさい」と言われ、パン屋の前まで戻ると、そこには明らかに自分よりもお腹をすかしてそうなみすぼらしい女の子が。
ついにパンを買うセーラ。おばさんが1コおまけしてくれたので、全部でパンは5つ。
4つを女の子にあげて、1つだけ屋根裏部屋に持ち帰りベッキーと半分こして食べたセーラは、幸せをみんなで分け合うことができたような気がして、満ち足りた気持ちに。
パン屋のおばさんはセーラのあまりにも清い行動に心を打たれ、ラスト近くで明かされることですが女の子を引き取り面倒をみることにしたのでしたcrying
私だったら速攻でパン買ってむさぼり食ってるわ・・・

そんな調子でセーラの苦行は続いていくわけなんですが。
インドから越してきたおとなりさんが実は亡くなったセーラの父の親友で、遺産を相続させるべく一人娘を探していたことが分かり、ようやっと屋根裏部屋の少女がセーラであることが認識されついにダイヤモンドプリンセス復活crown(はよ気付けよ、お互いに)

いわゆる大団円shineなわけなのだけど、一概にハッピーエンドとも言い切れない後味の悪さもちょっと感じてしまった。
人の心の黒く卑しい部分がこれまで以上に透けて見えるラストだったなぁ・・・なんて思ってしまうのは、私がひねくれた大人になってしまったからでしょうかsweat02
何不自由ない生活から一気にどん底に突き落とされ、苦労を味わい尽くし、そしてまた唐突に超セレブリティになったセーラ。
いろいろ複雑な思いがあって当然と思うのですが、そんなものおくびにも出さず、美しいドレスを着たプリンセスセーラは、崩れ折れるミンチン院長に優しく微笑みかけます。
学院に大金を寄付して、以前のように生徒として勉学に励みたいだなんて・・・それでいいんかセーラ!?
(まぁ結局はお船でインドに行っちゃいましたけど)
ミンチンからしてみれば、立場が逆転したにも関わらずこれまでの仕打ちを全く責めないセーラって、理解不能でおそろしい存在なのかもしれません。気の毒な人です。
(放火の疑いをかけられて学院を追放されることになったセーラの「院長先生は一度だって私に親切にしてくださったことはありません」は良かった。スカっとしました)

なんだか長くなってしまったsweat02
自分でもそんなにハマるとは思いませんでした。
セーラおそるべし。名作劇場おそるべしなのだ。

1 また会う日まで・・・

|

« 皆既日食! | トップページ | 家畜人ヤプー »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

うぎゃーー私も見てました!
「ミンチン院長の後悔」のときは「ざまぁぁ~~」とか思ってました。
アメリア先生のキレっぷりがすてき。
この再放送に気づくのが遅かった私は、パン屋さんでのお話を見逃してしまいました。大好きなお話です。
なんかね・・・ほんとに・・・あれだけセーラをいじめてたくせに、最終回ではみんないい人になっちゃってさ!
♪遠い道を歩くとき 歌を歌えば近い・・・

投稿: ふぉんだ | 2009年7月24日 (金) 22時50分

ふぉんだ様

♪うーしろなーどふーりむかないでー ゆーくー

ふぉんださんも観てましたか!!
ミンチン院長、ざまーみやがれ!!ですよね〜
アメリア先生もさすがにブチ切れてましたねcoldsweats01
でもちょっと可哀想な人だなぁーとも思いました。

私も途中で再放送に気が付いたので、最初の方は観てないんです。
パン屋さんのお話には感動weepセーラってば天使すぎ。

ほんと!今までさんざんいじめてきたくせに、手のひらを返したように態度を変えちゃって。
ラビニアさんの最後の捨て台詞はなかなか良かったですけどねsmile

今は『海のトリトン』ですね♪

投稿: kenko | 2009年7月25日 (土) 18時53分

学生時代、リアルタイムで観ていた私。
ムーミン、ハイジの時代からリアルタイムですわ。
最終回があまりにアッサリしすぎて拍子抜けでございました。
アメリア先生の「あの子はあなたには賢すぎたのよ!」という
セリフが心に残っています。賢いというよりあまりに天然なんじゃ。
漫画家の吉田秋生先生も「セーラはあまりにおっとりしすぎて
イジメをイジメとして認識出来ない子だったのでは。」と
なにかのインタビューで答えておられました。
大人になった今はラビニアの方が好きです。

投稿: 奈良の亀母 | 2009年7月25日 (土) 19時34分

奈良の亀母様

亀母さま、おはようございますsun

おー!ムーミン、ハイジもリアルで!!
「山ねずみロッキーチャック」とかも大好きだったんですけど
放送時期を調べてみると観てたのはやっぱり再放送だったみたい。

最終回、あっさりしてましたね〜coldsweats01
子供の頃はそんな風には感じなかったと思うんだけど
大人になってから観ると「それでいいんか!」とツッコミたくなりました。
セーラって確かにある意味超がつく天然かも?
吉田秋生先生のお言葉にもなるほどナットクです。

いじめっ子の中でもラビニアだけは一本筋が通ってますよね。
セーラが嫌いな理由とかもハッキリ言うし。
ラストの「あなたがダイヤモンドクイーンになってる頃、私は大統領夫人になってるわ」というセリフがステキでした。

投稿: kenko | 2009年7月26日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/30641062

この記事へのトラックバック一覧です: いきてみれば、わかるとおもう:

« 皆既日食! | トップページ | 家畜人ヤプー »