« BILLY BAT(ビリーバット) | トップページ | ディア・ドクター »

ワイルドマウンテン6巻と7巻

ひさびさのマンガ2scissorsなのだーーー!!!
(『ハリポタ』はまだ観てないのだーー)

本秀康さんの『ワイルドマウンテン』は大好きなマンガなのですが、ずいぶん前に5巻が出たっきり音沙汰がなく、もしかして打ち切り!?とか思ってたら・・・
(『俺と悪魔のブルーズ』は打ち切りみたい・・・ブルーーズーー!!crying
先日、6巻と7巻が同時に発売されておりました。

Wild6Wild7

<香港編>の上下巻、という位置づけらしい。
舞台はワイルドマウンテン町を離れ香港へshine

本秀康的不思議キャラてんこもり♪
ナレーション担当のワニグチ開夫氏、いい味出してます。
アタマ・ヒラベッターも好きだわん。
本秀康さんの描くキャラクターって、なんでこんなにキュートで楽しいんでしょう。
カワイイだけじゃなくちょっとイジワルだったりするところがたまらなくツボです。

でもやっぱり菅彦が活躍しないとちょっと物足りないかな・・・とか思いつつ読みすすめていたら、7巻の後半で大ドンデン返しが。
そういうことでしたか。だから2巻同時発売なのね。
ずいぶん長い前ふりでしたsweat02

次回よりワイルドマウンテンの物語は最終章に入るとのこと・・・
個人的にはエノキ君の復活を信じてやみません。
妄想パンダにもまた出てきてほしいなー

Cocolog_oekaki_2009_07_16_22_51

|

« BILLY BAT(ビリーバット) | トップページ | ディア・ドクター »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

これこないだ渋谷に行った時パルコ(笑)地下の本屋で平積みになってました
ポップなロボットのイラストに思わずジャケ買いしてしまうところでしたが、少し前『バットマン:ロング・ハロウィーン』に大枚はたいたばかりだったので、辛うじて衝動を抑えました

あそこってマニアックな本よくおいてあるんですよね。これのとなりには唐沢なをきとかおおひなたごうとかが並んでました

『俺と悪魔のブルーズ』ってあのおゲレツマンガ『アゴなしゲンとオレ物語』の人が描いてたマンガですよね? 『ゲン』と違ってかなりシリアスな内容だったそうですが・・・

投稿: SGA屋伍一 | 2009年7月17日 (金) 21時53分

SGA屋伍一様

こちらにもありがとうございますheart
実は映画ネタが尽きちゃって・・・

『ワイルドマウンテン』は、ぱっと見は女子ウケしそうな可愛さだけど
実は男子にこそオススメしたいマンガですよん。
渋谷パルコ地下の本屋さん、行ったことあります♪
広島パルコにもおんなじ本屋さんがあって、規模は小さいですけど
マニアックなラインナップで好きな本屋さんですbook

アメコミ本は高いもんー
もうちょっと安かったらもっと読んでみたいけど
なんせ今無職だしなぁ・・・

>『アゴなしゲンとオレ物語』の人が描いてたマンガ

そうそう!
私はそのアゴなしゲンは読んだことないんですけどね。
これもしばらく続きが出ないなぁーと思って調べてみたら
打ち切りになってました。
悪魔とか好きな方だから残念weep

投稿: kenko | 2009年7月19日 (日) 11時34分

ご無沙汰してます。
のっけから「俺と悪魔のブルーズ」打ち切りのニュースに
大ショック!えええー。どっかで再開してくれないでしょうか。
「アゴなしゲン」の方は物凄いお下劣マンガです。
ワイルドマウンテンは大丈夫なんですね。
イッキを置いてある本屋さんが近くに無いもので。
薄型テレビの上に装着する木彫りの熊!

投稿: 奈良の亀母 | 2009年7月19日 (日) 21時15分

奈良の亀母様

ご無沙汰です!コメントありがとうございます♪
お元気でしたでしょうか?

「俺と悪魔のブルーズ」、打ち切りなんですって・・・
私も大ショックですweep
かなりダークなお話だったから、描くのイヤんなっちゃったんでしょうか。
「アゴなしゲン」の方も今年に入ってから?連載終了したみたいですね。

「ワイルドマウンテン」は大丈夫!なはず〜
次の8巻がラストになりそうではありますけど。
薄型テレビの上に装着する熊!薄熊!いいですよねheart

投稿: kenko | 2009年7月19日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/30552471

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドマウンテン6巻と7巻:

« BILLY BAT(ビリーバット) | トップページ | ディア・ドクター »