« ヒーシーイット/ブランコ | トップページ | グーグルが! »

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

20thboys3_2

ともだち最終章。

<あらすじ>

西暦2017年にあたる<ともだち暦3年>。神となったともだちが支配する世界。
殺人ウイルスが蔓延し、巨大な壁で囲われた東京で、窮屈な生活を強いられる人々。
ヨシツネが<ゲンジ一派>を率いてレジスタンス活動を続ける一方で、カンナは<氷の女王>と呼ばれゲンジ一派よりも過激なグループのリーダーとなっていた。
やがてともだちは、8月20日に世界が終わると予言する。

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 公式サイト

原作イメージ通りのキャスティングに大喜びだった前2作ですが、なんせ飽きっぽい性格なもんで、3作目ともなるとモチベーションがあんまり上がらないというか既にどうでもよくなっちゃってる今日この頃coldsweats01

しかし噂によれば、映画には原作とは違うラストが用意されているとのこと。
完成披露試写会でも、情報漏れを防ぐためにラスト10分をカットした特別編集版が上映されたとか。
そこまでやるなら・・・と、私みたいに飽きっぽく薄情なファンも、劇場に足を運ばざるをえないってわけ。
映画館の人が「エンドロール後に10分間続きがあるので席を立たないでください」と親切に教えてくれましたが、ぶっちゃけその10分のためだけに観に行ったようなもんです。

以下、大したことは書いてませんが、これからご覧になる方はご遠慮くださいまし。

正直言って、エンドロールに至るまでの本編に関しては3作の中でいちばん退屈だったと思います。。。
説明的な描写が多いぶん淡々としているんですね。何度か睡魔に襲われましたsweat02
原作とは違うラストってのを常に意識しながら観てたおかげで、ともだちがマスクを取る瞬間もそれなりにドキドキできたけど。

原作とは違うラスト・・・もしかしてともだちの正体がアイツじゃないとか?
観る前にいろいろ想像したけど、確かに触れ込み通り原作とは違ってました。
何書いてもネタバレになっちゃいそうですが・・・個人的には原作よりもずっと納得のいく結末に満足したし、原作にはない<掘り下げ>にしんみりしてしまった。
エンドロールである人物の名前に目が止まり、そんな人出てたっけ?気付かんかったなぁーとか思ってたら案の定・・・そういうことか。ってなんのことやら。
しかしこのささやかな感動は、原作を最後まで読んだあげくのあの脱力感を味わった人でないと得られないような気もします。
私がしんみりした気持ちで映画館を出たところで、とあるカップルが「こんなにつまらん映画は久しぶりだ!」という会話で盛り上がってるのが聞こえてきてちょっとヘコみました。

ともだちランドにある、ケンヂ達の子供時代を再現したバーチャルアトラクションの物語への絡み方って賛否あると思うのだけど、実はこのバーチャルアトラクション内のエピソードがけっこう好きだったりします。
登場人物が子供時代の自分と会話したり、埋もれていた記憶が呼び覚まされたり、ゲームというよりはほとんどタイムスリップで、スコシフシギでシュールで面白い。
バーチャル空間で何をどうしようと、ともだちが人類史上最悪の男であることに変わりはないんだけど、この装置の中でのみ永遠に続く20世紀は奇妙に心地良く、また少年時代を誰よりも憎み、求め過ぎてしまったともだちの底知れない孤独が感じられるような気がして切なかったです。

|

« ヒーシーイット/ブランコ | トップページ | グーグルが! »

映画」カテゴリの記事

コメント

原作を最後まで読んで脱力した口でございます。
どうしても「ともだち」の少年時代への思い入れの強さが
理解できません。普通、高校大学や社会人になってからの方が
色々な人と付き合って広い世界を知って楽しいのでは?
オイラなんざ小学校時代のことなんて殆ど覚えてないもんな。
万博への思い入れも理解不能。旦那さんは万博に行って凄く感動
したから「ともだち」の行動もわかるそうなんですが。
万博に行けなかったから夏休み中、家でお篭りですか・・・。
あと、自分は「死んじゃったキャラが実は・・・。」というのが
許せないんですわ。それも一人じゃないんですぜ。

投稿: 奈良の亀母 | 2009年9月 3日 (木) 21時40分

奈良の亀母様

あれはねぇ・・・脱力しますよね。
同じくともだちの少年時代への思い入れの強さ、ぜんぜん理解できませんsweat02
しかもそんな人になぜかカリスマ性があって世界を支配してしまうという・・・
むちゃくちゃな話ですが、もうこういう話だと思って無理矢理受け入れるしか。。。
万博の熱気をリアルタイムで知ってる旦那様がうらやましいです。

大抵の死んじゃったキャラが実は・・・ですもんねcoldsweats01
こればっかりは映画でも変わりません。。。
でもほんと映画の結末はマンガの結末より納得できました。
ともだち役の俳優さんもいい雰囲気だったと思います。

投稿: kenko | 2009年9月 4日 (金) 19時36分

こんばんは~♪kenkoさんhappy01

原作を未読なんですが、1にはハマったのよ~
“ともだち”って誰?!って。
だけど、、、2から引いちゃって、、、
だって世界が目玉マスクを信じるって変なんだもん~しかも“ともだち”って何の主義主張もない子供じみた人だしgawk
それでも3を公開日に観に行ったのは、息子たちがハマりっぱなしだったからです(笑)“ともだち”手拭い買っちゃって(目玉が書いてあるの・笑)かぶって盛り上がってるんだもん(アホ息子・涙)
でも母さんとしては3で益々引いてしまいました。説明多いし、歌も聞いていられないしcrying
“ともだち”が子ども時代に味わった苦しみには同情したけど(本当です!!)、それと世界中を巻き込んだことは、、、結びつかない気がしました~coldsweats01

投稿: 由香 | 2009年9月 8日 (火) 22時56分

由香様

1は良かったですよね♪
あの荒唐無稽な話を実写映画化ってどうなることやらと思ったけど
かなり満足のいくデキでした。
2以降の世界観はマンガ読んでてもありえねぇ〜って感じだし、
ついていけなくて当然ですsweat02
しかし息子さんたちはすっかりハマってしまったのですね(笑)
ともだち手ぬぐい!それは私もちょっと欲しいような・・・
かぶって盛り上がる息子さんたちいいなぁ(笑)たのしそう♪
ケーンジくーん あーそびーましょー
私の知り合いでともだちTシャツ持ってる方ならいます。
立派なオトナの人です。
(しかも仕事場に着ていっているらしい)

ともだちが子供時代に味わった苦しみに関する説明が、
映画ではマンガよりも丁寧になされていてなるほどなぁーと納得しました。
だからって世界中を巻き込んじゃいかんよ!◯◯◯◯くん!

投稿: kenko | 2009年9月 9日 (水) 22時40分

ども。わたしもkenkoさんと同じく、エンドロールのあとの部分が一番気に入ってしまったかなー
この三部作は、このシーンのためにあったと思ってしまうくらい(笑)
学校をバックにお面をつけてる少年がやけにシュールで、妙に心に残りました
他にも漫画家さんとオッチョの別れの場面なども少しうるっときてしまったかなcoldsweats01

自分のともだち(笑)も「原作より納得がいった」と言ってました。実はラスト5冊まだ読んでないんだけど、読む気なくなっちゃったなーcoldsweats01

投稿: SGA屋伍一 | 2009年9月15日 (火) 20時56分

SGA屋伍一様

どもども。

エンドロール後のシーンは良かったですね。
ともだち役の俳優さんの佇まいだけで何かグッとくるものがありました。
原作を読んだときのモヤモヤ感もこれでようやくケリがついたような、そんな感じ。
そういえば映画版って、漫画家とオッチョが出会うところから始まったんですよね。

「原作より納得のいく結末」を観たあとでは読む気なくなっちゃって当然sweat02
第2章の後マンガ読みなおそうと思ってたのに
結局ぜんぜん読まなかったですcoldsweats01

投稿: kenko | 2009年9月16日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/31192964

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗:

» 20世紀少年 ―最終章― ぼくらの旗 [メモ書き程度のドラマ&ゲーム分析]
オススメ度: 監督:堤幸彦 (2009年8月29日公開) ~出演者~ 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨 など ~あらすじ~ 省略(3部作なので) 今日、「20世紀少年 最終章」を見てきました。平日ということで、人は少なめだったよう... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 05時43分

» 【映画評】20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [未完の映画評]
人気コミック『20世紀少年』の大ヒット実写映画化シリーズ、“ともだち”の正体が明かされる待望の最終章。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 18時42分

» 【映画評】20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [未完の映画評]
人気コミック『20世紀少年』の大ヒット実写映画化シリーズ、“ともだち”の正体が明かされる待望の最終章。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 18時44分

» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ〜【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じる者だけが救われる。」と説いた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる― ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 22時47分

» ★「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの2本目。 いよいよ最終章のシリーズ。 原作とは別のラストシーンを用意してるらしいが・・・ 原作未読のひらりんとしては、どうでもいいけど、 一応「ウィキペディア」で「ともだち」の正体は知っちゃってるので、 それがホントかどうかが楽しみ。。。 ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 03時37分

» 『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗』 [唐揚げ大好き!]
  そうだよ、ぼくだよ。 ぼくが”ともだち”だよ   ■西暦2017年にあたる“ともだち暦3年”。世界は“ともだち”に支配されていた。殺人ウィルスが蔓延し、東京は巨大な壁で分断されていた。やがて“ともだち”は来たる8月20日に人類が滅亡すると宣言する。一方、秘... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 05時22分

» 「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 夢見る子供じゃいられない [はらやんの映画徒然草]
最近の邦画の中でもかなり大掛かりなプロジェクトである「20世紀少年」、いよいよ最 [続きを読む]

受信: 2009年9月12日 (土) 08時59分

» 21世紀中年 堤幸彦 『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』 [SGA屋物語紹介所]
♪ぐ~たらんら~ す~だらんら~ 世界中で殺人ウィルスがばらまかれ、膨大な数の人 [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 20時57分

» 20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 [yanajunのイラスト・まんが道]
『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年9月18日 (金) 00時22分

» 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 [映画、言いたい放題!]
原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反政府... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 00時21分

» 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 [青いblog]
あらすじ 世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 13時51分

» 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』’0... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじともだち復活から2年後の、ともだち暦3年こと西暦2017年、東京を囲む壁の向こう側にギターを抱えた男が現れ・・・。感想ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレー... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 08時02分

« ヒーシーイット/ブランコ | トップページ | グーグルが! »