« ココ・シャネル | トップページ | グッド・バッド・ウィアード »

愛のむきだし

Mukidasi

DVDで観た映画の感想って滅多なことじゃ書かないのだけど、これは書いておきたいです。
劇場公開時に見のがして以来、ずっと心に引っかかってた作品。
園子温って、つい最近まで<えんしおん>だと思ってた。<そのしおん>さんだったのねsweat02
<むきだしの愛>ではなくて、<愛のむきだし>ってところがまずイイと思う。

<あらすじ>

ユウ(西島隆弘)は敬虔なクリスチャンの家庭に生まれた。
幼い頃に母を亡くしたユウは、「マリアさまのような人を見つけなさい」という母の言葉を胸に、神父である父テツ(渡部篤郎)と二人つつましやかに暮らしていた。
ある時カオリ(渡辺真紀子)という女がテツの愛人になり家庭に入り込んでくるが、カオリはたった3ヶ月でテツを捨て若い男と去ってしまう。
それ以来優しかった父は変わってしまい、ユウに懺悔を強要するようになる。
ユウは懺悔するために罪を作る。
罪はエスカレートし、ケンカ、万引きを経て女性の股間ばかりを狙う<盗撮>に。
盗撮を懺悔したとき、それまで息子のどんな罪にも無反応だった父は顔色を変え、ユウを殴る。
それを愛だと感じたユウは、ますます盗撮にのめり込んでいくのだった。
そしてある日、<奇跡>は起きる。

愛のむきだし 公式サイト

先日『インスタント沼』を観た後、久しぶりに『時効警察』が観たくなり、手持ちのDVDBOXで観まくってたんだけど、園子温が監督した回って改めてつくづく異色だなと思い(オダジョー監督の回ほどじゃないけどcoldsweats01)、そうそう『愛のむきだし』観なきゃ!ってな流れでレンタルしてみました。

上映時間なんと4時間。DVDでは上下巻の2枚組。
なんていうかこの映画、映画製作に対する、このバカバカしくも美しい愛の物語に対する、監督スタッフ及び役者陣の並々ならぬ本気が漲っています。
『チェイサー』を観たとき「この熱さ日本映画にはないなー」なんて思ったけど、あるじゃんここに。
韓国映画に負けない情熱が。

ユウ、ヨーコ、コイケ、物語の中心となる3名を演じる若手俳優たちがそれぞれスゴすぎる。
宗教のハナシだったりするわけですが、お三方とも演技が神懸かってます。
まずはユウ役・AAA(トリプルエー)西島隆弘。
映画初出演かつ初主演にして、従来の爽やかなイメージからはあまりにもかけ離れた過激な役です。
なんせクリスチャンでありながら盗撮のプロ。
時には女装し、ユウにとってのマリア・ヨーコのパンチラを思い浮かべては勃起する役ですからねぇ。
盗撮シーンにおける決めポーズ、決め顔とか最高すぎる。
パンチラを盗撮というセコい犯罪にも関わらず、西島くん、なんでそんなに爽やかなのさ。
女装も似合いすぎ。『女囚さそり』が観たくなってしまった。
なんでもAAAって<Attack All Around>の頭文字を取ったグループ名で、<すべてのことに挑戦する>という意味だそうですが・・・
むちゃくちゃ挑戦してるよ。アッパレだよ。まさに♪いーじゃんすげーじゃん♪だよー

それからヨーコ役・満島ひかり。初登場シーンのなんと鮮烈なことか。
アクションはむちゃくちゃ決まってるし、パンチラを恥じらう姿はやたら可愛いし、時折とてつもなくエロいし、彼女のめまぐるしく変わる表情に魅了されない人はいないでしょう。
新約聖書のコリント第13章を叫ぶように暗唱するシーンの、怖いくらいキラキラと輝く瞳が忘れられません。
マジに神が降臨してます。

そして新興宗教ゼロ教会の幹部コイケ役・安藤サクラ。
奥田瑛二、安藤和津ご夫妻の娘さんです。お母さんに似てるかな?
『罪とか罰とか』で初めて彼女の存在を知りましたが、若いのに恐ろしいくらいの演技派。
男性が観たらトラウマになりそうなエログロシーンもサマになりすぎ。
こんだけ狂気と血しぶきが似合う人もなかなかいないと思います。

どちらかというと、3人のヒトトナリが紹介される前半の方が面白かったなーとは思うんですが、メインのお話はやはり、ヨーコがゼロ教会に捕われてからなんだよね。
そもそもこの映画って「園監督の知り合いの盗撮のプロが妹を新興宗教から救った」という実話をもとに作られているらしいし。
愛を知らずに育った子供たち。
涙、汗、血、叫び・・・ありとあらゆるものを噴出しながら、全身全霊で<むきだす>姿から一瞬たりとも目が離せない。
いやー、スゴイもん観ちゃいました。

音楽もすっごく良かった。
<愛のむきだし>と<ゆらゆら帝国>は切っても切り離せないです。
『空洞です』が頭から離れない。めっちゃ良い曲です。

|

« ココ・シャネル | トップページ | グッド・バッド・ウィアード »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんや。
これ、面白かったですよねー。ながーいけど。
私なんて最初、「園子温」は、「ソノコ・アツシ」かと思ってました・・・。
それが観れば観るほどにハマっていく、注目邦画監督の一人でっす。
検索ワードに「愛のむきだし パンチラ」ってのが時々あるのだけど、ちょっと嬉しくなってしまう私ですー。
園作品といえば、いつもは安藤玉恵に目がいってしまうのだけど、今回は安藤サクラにびっくりー。

投稿: かえる | 2009年9月 9日 (水) 01時10分

かえる様

かえるさん♪こんばんみ♪
4時間という長さを感じさせないおもしろさ!これは映画館で観ておきたかったです〜

ソノコアツシ(笑)
かえるさん、ナイス読み間違いgood斬新です!
名前からして謎めいてる人だなぁ〜

実は私、園子温さんの映画を観たのってこれが初めてなんです。
他のも観てみたいなー。
安藤玉恵さんがよく出演されてるんですね。彼女もインパクトのある女優さんですよね。
安藤さんが所属していたポツドールという劇団のお芝居を2作だけ観たことがあるんですが(テレビでだけど)、
観たあとどっちもしばらくトラウマでしたsweat02

うちでも昨日UPしたばかりだというのに早くも「盗撮」というワードが急上昇してます・・・むふふcatface

投稿: kenko | 2009年9月 9日 (水) 22時57分

へえー この映画の主役のコってAAAのあんちゃんだったんだ・・・
ちなみに満島ひかりちゃんも『電王』に何度かゲスト出演してるのですが、kenkoさんお気づきになったでしょうか

彼女も『デスノート』の時はあんなに初々しかったのに、最近ではこの映画とか『プライド』とかですごい役やらせれてるみたいでおじさんは少し心配です・・・・

園子監督はパンチラなんか撮ってるくせに、彼女に「お前全然かわいくねーから」とか暴言を吐いたそうで。とりあえずわたしのマスト・キル・リストに加えておきました♪

投稿: SGA屋伍一 | 2009年9月11日 (金) 13時31分

SGA屋伍一様

そうなんですよ〜AAAのあんちゃんだったの。
まさかいーじゃんすげーじゃんの人がこんな映画に出ていたとは。

ええーー!!満島ひかりちゃんが電王に!?知らなかったです。どんな役で?
満島ひかりちゃんは『時効警察』のソノコ監督の回にもちょい役で出てて
それも最初観たときは全然分かりませんでした。

そうそう『デスノート』にも出てるんですよね。観てないんだけどsweat02
『プライド』もちょっと凄そうな映画ですよね〜
劇場公開時はスルーしちゃったけど、むきだしてる満島ひかりちゃんに魅了された今は観てみたい。

ソノコ監督!なぜにそのような暴言を!?
こんなにも可愛らしく魅力的に彼女を撮っておきながら。
もう断然わたし彼女のファン。要注目の女優さんです〜

投稿: kenko | 2009年9月11日 (金) 18時47分

こんばんは。はじめまして。
僕的にも「愛むき」今年観た映画の中では、ドップランクです。

確かに「女囚さそり」観たくなりますね。
そして「空洞です」が頭から離れない。
全く同じ現象に囚われた次第です ww

投稿: himagine | 2009年9月13日 (日) 01時56分

himagine様

himagineさま、はじめまして!コメントありがとうございます♪
「愛むき」凄まじかったです!
映画館で観なかったことに後悔しまくりdespair
DVD鑑賞だけど今年のベストに入れちゃおうかしらと今から考えてますsweat02

「女囚さそり」観たくなりますよね〜近日中に観る予定です。
「空洞です」はもうずっとヘビロテ。「美しい」も♪

投稿: kenko | 2009年9月13日 (日) 13時39分

遅レスですいませんcoldsweats01

『電王』に出てきたのは17、18話くらい。4イマジンがそろってゼロノスが出てくる直前のあたりですね。良太郎のかつての彼女?で、夢を追って留学したけれど挫折して・・・ みたいな役でした。ホントーに普通の女の子の役柄でしたね

時々いますよね・・・ 主演女優をネチネチといじめる監督(笑)。そうやって追い込んで、女優の底力を引き出そうというハラなんでしょうけど
DVDの特典映像では台本を読みながら「ソノコアツシには負けない」とつぶやくひかりちゃんが見られるみたいです(笑)
まあこないだブログのぞいてみたら、「(賞を取れたことを)監督に感謝してる」と書いてたので、監督の思いは伝わったようですが

投稿: SGA屋伍一 | 2009年9月15日 (火) 20時49分

SGA屋伍一様

レスありがとうございます♪

>良太郎のかつての彼女?で、夢を追って留学したけれど挫折して・・・

いましたね!そんな子。思い出しました!
けっこうカワイイ子だったことは覚えてるけど、それ以上の印象ではなかったなぁsweat02
あの子が満島ひかりちゃんだったのか。

ソノコアツシめ〜
ひかりちゃんを相当ネチネチいぢめたのね〜
しかしその結果ひかりちゃんのあの奇跡のような演技を引き出せたのなら
まあ良しとするか。(←何様?)
DVDの特典映像観たい!
レンタル用のDVDって特典映像とか入ってないんですよね。

SGAさんにもいつか時間のある時に観てみてほしい。
ながーいけど一見の価値アリです!

投稿: kenko | 2009年9月16日 (水) 21時38分

はじめまして。つい先週みた映画『愛のむきだし』をみたばかりでゆらゆら帝国解散、のニュースをみて、「愛のむきだし」「ゆらゆら帝国」で検索したらここにたどりつきました。すると昨日みたばかりの映画『チェイサー』にもふれているではありませんか!何か偶然の一致をかんじ、思わず書き込んでしまいました。『愛のむきだし』『チェイサー』とみたあと、次にみる映画となると・・・何かおすすめはありますでしょうか???

投稿: もうり | 2010年3月31日 (水) 22時53分

もうり様

はじめまして!コメントありがとうございます!
レスがこんなに遅れてしまってごめんなさいm(_ _)m

「愛むき」検索でたどりついていただけて嬉しいです!
ゆらゆら帝国解散!?知らなかった・・・
「チェイサー」もご覧になったばかりなんですね。

「愛むき」「チェイサー」の次に観る映画ですかぁ。難しいなぁ・・・
気に入った映画があると監督や出演者などを辿って観ることが多くて、
それでいくと満島ひかりちゃんが出てる「プライド」はよかったです。
「チェイサー」をきっかけに韓国映画も最近ようやく観るようになったのですが
「殺人の追憶」「復讐者に憐れみを」はどちらもかなり見応えありました。
「母なる証明」もおすすめですがまだDVD出てなかったsweat02

あとこれは自分が未見なのでオススメしていいかどうか分かりませんが
園子温監督の「自殺サークル」や「紀子の食卓」など評価高いですし
「愛むき」が気に入られたなら楽しめるんじゃないかなと。。。
自分も近いうち観ようと思ってます。

すでにご覧になってる作品や、観て合わなかった作品だったりしたらすみません。
またコメントいただけると嬉しいですshine

投稿: kenko | 2010年4月 3日 (土) 12時11分

 紀子の食卓みましたが、物語の設定に途中から「ちょっと展開に無理があるのでは」と思えてしまって共感できず、血がとびちるのもリアリティがないなと冷めてしまい、それ以来、園子温監督の映画は敬遠してしまっていたのです。それで「愛のむきだし」もしばらく見てなかったのですが、町山智浩さんが2009年年間1位で面白かったとTBSラジオで語っていたので、それならみてみようと考えを改めてみたら面白かったというわけです。おそらく園子温監督の他の映画は「愛のむきだし」ほど見応えのある映画にはめぐりあえないだろうと思い、「紀子の食卓」にハマれなかったのもあって、今後の新作以外はみないでいようかなと思ってます。
 殺人の追憶はみました。チェイサーに近いといえば近い韓国映画ですね。復讐者に憐れみを までみると似たような映画ばかりみてると飽きてしまうので、これもしばらくみないでいようかなぁと思ってます。
 それで、プライドをみてから書き込もうかなぁと思ってたんですが、ツタヤディスカスで予約リストにいれるも、いつも違うDVDばかり届いてまだみれてません。ずっと書き込まないのも悪いナァと思って、また書きこまさせていただきました。
 私からのおすすめは日本映画「太陽を盗んだ男」「青春の殺人者」、ブラジル映画「シティ・オブ・ゴット」、アメリカ映画「現金に体を張れ 」あたりでしょうか。もうみてるかもしれませんが、おすすめです。。

投稿: もうり | 2010年5月16日 (日) 11時08分

もうり様

コメントありがとうございますshine

「紀子の食卓」は既にご覧になってたんですね。
私、近いうち観るとか宣言しておきながら実はまだ。。。
ディスカスの予約リストにはずっと入れてるんですけど、
つい他のを優先させちゃったりとかしてsweat02
「愛のむきだし」は町山さんの09年ベストでしたか。
園監督は去年の「ちゃんと伝える」もまだ観てないんですが、どうなんでしょうね。

似たような映画ばかり観てると飽きるって分かります。
韓国映画にハマっていろいろ観て、評価の高いものをチョイスすれば
どれも面白いし、見応えがあるんだけど
しばらくはいいかなって感じになるときありますね。
と言いつつ、今は「息もできない」が観たい。。。

「プライド」はなかなか届きませんかぁ。人気のわりに在庫が少ないのかな。
もうりさんがおすすめしてくださった映画の中では
「シティ・オブ・ゴッド」しか観てませんsweat02が、大好きな映画です!
「現金に体を張れ」はキューブリックですね。観なきゃ。

投稿: kenko | 2010年5月16日 (日) 15時40分

おひさしぶりです。「復讐者に憐れみを」はちょっと前に、「プライド」は昨晩みました。「チェイサー」と「愛のむきだし」を先にみてただけに、こちらを上回る感動はなかったのですが、順番を逆にみればよかったのかもしれないですねぇ。
kenkoさんは映画の選択からして男だと思ってたら、今日、プロフィールをみてそうではないとわかりビックリしました。「プライド」をみながら、男が薦める映画かな??と思ってたら、そうではなかったんですねぇ。。こちらがお薦めした映画も男性向きで考えてしまったかもしれないですが、女性がみても悪くないはず、っと思います。
映画を闇雲にたくさんみていると、ハズレにであう確率も高くなってしまうと思うのですが、どうやって見る映画は選択していますか?たくさん映画をみていくとだんだんとまわりより詳しくなってしまって、参考にできる方がいなくなってしまうのです。今、公開中の映画だといろんなところで評判が聞けるかもしれないんですが、昔の映画だと、たくさんある中でいい映画を探し出すのはとても大変。いい方法ってありませんかねぇ。。

投稿: もうり | 2010年7月 8日 (木) 15時56分

もうり様

おひさしぶりです!コメントありがとうございます。
「復讐者に憐れみを」と「プライド」ご覧になりましたか。
「復讐者〜」はパク・チャヌクの復讐三部作のなかではいちばん気に入ってて
「プライド」は気の強い女同士のバトルが楽しかったのでした。
少女マンガ的なドロドロした世界ってけっこう好きなんですよねぇ。。。

>映画の選択からして男だと思ってた

あら、そうだったんですね(笑)
こんなんですがいちおう女子のはしくれ、現在は専業主婦というポジションで生きてます。
おそらく私の中に歴然とある男の子魂がもうりさんにそのような印象を与えたのだと思われます。
男性向き映画ぜんぜんOK!むしろ歓迎。
と言いつつ、以前おすすめしていただいたのまだ観てないし!んもー
たった今ディスカスの予約リストに入れました。どんくさくてごめんなさいsweat02

>どうやって見る映画は選択していますか

ふむむ、公開中のものなら評判だったり出演者や監督、あとはほとんど感覚的なもので
選びますが、昔の映画は膨大すぎて難しいかもですね。
私の場合、こうしてブログを通じて教えていただくことが多くて
ブログ前より確実に観る映画の幅は広がりました。
あとは自分にとって信頼できる批評家さんのイチオシ映画なら当たる確率高いかも?

えらそうに映画の感想など書いてますが、過去の名作で未見のもの、いっぱいあります。
少し前にアメリカのヤフー映画で発表されてた「死ぬまでに観たい映画100本」てのがあって、
ここ20年くらいの作品からチョイスされてるので新しめだし、かなりベタなラインナップなんですが
そこから選んで観てみたビル・マーレイ主演の『恋はデジャブ』がすっごくよかったです。
あとで調べてみたら町山さんが褒めてる映画でしたし、どうでしょう。既にご覧になってるかもですが。
長くなってしまったうえ答えになってないsweat02
これに懲りずまたお気軽にコメントくださいまし。

投稿: kenko | 2010年7月 9日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/31222396

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のむきだし:

» 『愛のむきだし』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
むきだそうぜ。 神父である父テツのもとにサオリという女が現れてから、ユウと父の間がギクシャクとし始め・・・。透明感のあるみずみずしい邦画が最も好きだって思っている私なのに、その真逆にあるような激しくて粘度の高い園監督作品には何故かいつも心掴まれてしまうんだよね。そして、今回も圧倒されちゃった。237分っていうのは長すぎるよって思うのだけど、その長さゆえのボリュームが圧巻なのだった。キテレツにエネルギッシュに突っ走り続けるのだからアッパレ。ようやるよ。園子温監督はホントにオモシロイなぁ。 ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 01時10分

» 映画「愛のむきだし」 [おそらく見聞録]
監督:園子温(その しおん) 出演:西島隆弘(最高)満島ひかり(最高)安藤サクラ(怖ええ) 出演:渡辺真起子 渡部篤郎 板尾創路  盗撮に明け暮れ、罪作りに励む、神父を父に持つ主人公。 そんな男が、ある日、生まれて初めて恋に落ちる。 そして「愛のむきだし... [続きを読む]

受信: 2009年9月13日 (日) 01時57分

» mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。カリスマロックバンドのゆらゆら帝国が、初めて映画に楽曲を提供しているのも話題だ。[もっと詳しく] 園子温監督の総決算とされる力作なのだろうが、もう僕は食傷気味だ。 2009年... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 11時48分

» 愛のむきだし [映画的・絵画的・音楽的]
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。  この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ、とうとう劇場公開は終わってしまい、そうなるとまあいいやとなって、DVDもそのまま見ずに終わるところでした。 (1)園子温監督の作品は、映画館では『ちゃんと伝える』しか見たことがありませんが、その映画のAKIRA(EXILE)といい、この... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 17時20分

« ココ・シャネル | トップページ | グッド・バッド・ウィアード »