« ネコカフェ♪まねき猫 | トップページ | 懐かしPV♪ »

空気人形

Kukiningyou

是枝裕和監督の最新作は、持ってはいけない心を持ってしまった人形のお話。
原作は業田良家の短編マンガ集『ゴーダ哲学堂 空気人形』の表題作。
日本映画ですが、この物語の主人公である<空気人形>を演じるのは、『リンダリンダリンダ』『グエムル 漢江の怪物』の韓国女優ペ・ドゥナ。
とにかく彼女の演技が絶品。
表情、動き、言葉、吐息・・・そのすべてに強烈に引き込まれます。
正直言ってそんなに美人とは思わないし、もっと人形っぽい顔立ち、人間離れしたスタイルの女優さんはいくらでもいそうだけど、ペ・ドゥナの空気人形を観た後では、彼女以外のキャスティングなんて考えられません。
カタコトの日本語も、まっさらな状態でこの世に生まれたばかりのお人形、ならば全く違和感なし。
むしろそのカタコトが愛おしい。

<あらすじ>

冴えない中年男・秀雄(板尾創路)は、ラブドールにのぞみという名をつけパートナーに見立て、古びたアパートで一人暮らしをしていた。
ある朝、秀雄が出かけた後、突然心を持ってしまった人形(ペ・ドゥナ)。
人形は町へ繰り出す。見るものすべてが初めての人形にとって、世界は美しく刺激的だった。

空気人形 公式サイト

人形と言ってもいろいろで、空気人形は子供の玩具ではなく、ぶっちゃけて言えば成人男性が性欲を処理するための道具。
いわゆるダッチワイフってやつです。
最近はかなり精巧に作られているものもある・・・のかどうかさすがに詳しくないですが、空気人形はその名の通り、空気を入れて膨らますだけのビニール製の安物。

メイド服を着たキュートなビジュアルのお人形が心を持って動き出しちゃうなんて、今回かなりファンシーなお話?と思いきや、板尾創路演じる人形の持ち主・秀雄と、彼が<のぞみ>と呼ぶ空気人形とのセックスシーン(厳密にはセックスとは言えないけど)のあまりにリアルで容赦ない描き方に、初っ端からガツンとやられました。
そして翌朝、人形が内側の空洞に無垢な魂を宿す・・・その奇跡の瞬間のなんと美しいこと。

町へ出た空気人形は好奇心のかたまり。
その様子はコミカルで可愛らしいけど、端から見ればちょっとアブナイ人かも?coldsweats01
純一という青年に恋をした空気人形は、彼が働くレンタルビデオ店でアルバイトを始めます。
メイド服じゃない服を自分で選び、髪型を変えメイクもして・・・どんどん普通の女の子らしく、魅力的になっていく空気人形。
昼間の彼女はとても幸せそう。恋する女の子の瞳に映る世界はキラキラと光り輝きます。
しかし夜の彼女は、以前と変わらず<性欲処理の代用品>に過ぎない・・・という残酷な現実。

ある日お店で空気人形の空気が抜けてしまうという事故が起きるのですが、このシーンにおけるペ・ドゥナの熱演、エロスといったらもう。
愛する人の息でカラダ中を満たされるということ。
それは空気人形にとって初めて経験する悦びだったのでした。

純一も空気人形と同じくらい、彼女のことを好きでいてくれたらよかった。
純一が空気人形に望んだのは、彼の中にも歴然とある空虚を浮き彫りにするような思いがけないこと。
繰り返されるその行為は、なんだか一方的でとても虚しく、繰り返せば繰り返すほど、空気人形があの日感じた悦びが薄れていくような気がする。
だから空気人形は、純一にしてもらって嬉しかったことを彼にもしてあげたのでした。

愛するゆえの行為が、知らないうちに相手を傷つけていることってある。
しかもそれが取り返しのつかないことだったり。
「取り返しがつかない」ということにすら気付けなかったり。

空気人形が出会う人々は皆、心にぽっかり穴が空いているような寂しい人ばかり。
高橋昌也さん演じる元教師のおじいさんが彼女に教える詩は、この物語を象徴していて印象深いです。
それは吉野弘の『生命は』という詩。以下ざっくり抜粋。

 生命はすべて そのなかに欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ
 世界は多分 他者の総和
 しかし互いに欠如を満たすなどとは知りもせず 知らされもせず
 ばらまかれている者同士 無関心でいられる間柄
 ときにうとましく思えることさえも許されている間柄・・・
 花が咲いている すぐ近くまで 虻の姿をした他者が光をまとって飛んできている
 私もあるとき 誰かのための虻だったろう
 あなたもあるとき 私のための風だったかもしれない

この詩がラストシーンで生きてきます。
世界は哀しくて残酷で、孤独な人で溢れているけれど、本当はみんな誰かに満たされていることを知らないだけ。
空気人形が軒下の雨のしずくに触れた瞬間、命を宿したように、まるでかげろうのように儚い人形の心は風になり、誰かの元へ届くのでした。

まるで映画全体が一編の美しい詩のよう。見事な作品でした。

|

« ネコカフェ♪まねき猫 | トップページ | 懐かしPV♪ »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
刺激的な題材でしたが、なかなか素敵な映画でしたよね。
作品を満たす詩的な表現に、いろいろと思いを巡らせたくなる映画でした。
やりきれないラストに胸が痛くなりますが、公開中にもう一度ぐらい観に行きたいです。

投稿: かみぃ@未完の映画評 | 2009年10月14日 (水) 22時08分

かみぃ様

コメントありがとうございます!
こちらからはTBのみで失礼いたしました。

思った以上に刺激的な内容で、胸が痛くなるシーンもたくさんありましたが
映像もペ・ドゥナの演技も素晴らしく、深い余韻を残す素敵な映画でした。
吉野弘の詩をもっと読んでみたくなったり。

私も時間が許せばもう一度劇場でこの世界に浸りたいですshine

投稿: kenko | 2009年10月15日 (木) 11時49分

kenkoさん、こんにちはん。
ペ・ドゥナちゃんのカタコト日本語、かわゆかったですねぇ。
官能とヘンテコの両方を表現できるってすばらしー。
イタオさんのいたすシーンや筒状のものを洗うシーンの容赦なさにドキリとしつつも、キレイなファンタジーですまさないところにこそ、味わい・感銘がありましたよね~。
ぶらぼー

投稿: かえる | 2009年10月16日 (金) 09時08分

かえる様

かえるさん、こんばんわんdog

ペ・ドゥナちゃんのカタコト日本語あってこそ!の空気人形でした〜
(カタコトっつっても実際じゅうぶん上手な日本語でしたけどね)

人形をまるで生身の女性のように扱っておきながら、
いたした後には筒状のものを自分で洗うしかないという虚しさ。
冒頭から、ただのファンタジーに留まらない容赦のなさを見せつけられた感じでした。
ついペ・ドゥナちゃんばかり褒めちゃったけど、イタオさんもかなり良かったです!

投稿: kenko | 2009年10月17日 (土) 00時29分

kenkoさん

自分が男性だからか、きれいだけど重い映画だなーと思いつつ
ひきこまれておりました。そうですね、この役日本だったら誰が
やれるか。。。観た後考えてましたけど、ふさわしくて、なおかつ
やれそうな人っていないかも・・・と思いました。
しかし深いですね。自分かなりボンヤリ観てたなぁ今回。;;

投稿: kazupon | 2009年10月25日 (日) 18時44分

kazupon様

空気人形ごらんになったんですね( ^ω^ )
ほんと映像とかすごく透明感があってキレイなのに
ずっしり重い内容の作品でした。
男性より女性がハマる映画なのかもしれないです。

日本の俳優なら誰でしょうねぇ。
ビジュアルだけならいくらでもお人形っぽい人はいそうだなーと思ったんですけど
脱がなきゃいけないし、なかなかふさわしい人っていそうでいないですね。

投稿: kenko | 2009年10月26日 (月) 19時08分

kenkoさん、おはよっす
原作者の方はあの名作『自虐の詩』の方ですよね。あのギャグっぽいお話とこちらのみずみずしいイメージがどうも重ならないのですがcoldsweats01 かなりのアレンジが加えられているのでしょうか?

シュールなタイトルとか、奇抜なアイデアとか、ユーモラスだったり物悲しかったり、フェチっぽいエロチシズムなんかは、乱歩の世界によく似ていると思いました。ただ乱歩の世界が夜中心なのに比べると、こちらは明るい昼のイメージですけどね

最後、わたしも人形が風になった・・・と信じたかったのですが、ゴミ捨て場でうつろな目をしている彼女を思い出すとそうは思えず、ちょっと暗い気分になりました(笑)でも記事に引用されている詩を見て、「ああ、そういう風に思ってよかったんだ」と。よかったhappy01

投稿: SGA屋伍一 | 2010年1月29日 (金) 07時43分

SGA屋伍一様

こんばんはhappy01

そうそう、原作は「自虐の詩」の人。
「自虐の詩」しか読んだことがないのでなんとも言えませんが、
あの4コマ以降ずいぶん雰囲気の違う作品を描かれているみたいです。4コマでもなく。
短編らしいし、是枝監督なりのアレンジはかなりありそうですね?

乱歩ですかぁ。なるほど。
板尾さんの変態ちっくなプレイや、オダジョーが出てくる人形工場のあたりはそれっぽいかも?

私も観た直後はちょっと暗い気分だったかなぁ。
しかし今思い返してみると、いちばんに浮かぶのはふわふわトコトコと歩く
ペドゥナちゃんの可愛らしさだったりして、
残酷で切ないけど美しい映画だったなーと思いますshine

投稿: kenko | 2010年1月29日 (金) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/31766185

この記事へのトラックバック一覧です: 空気人形:

» 【映画評】空気人形 [未完の映画評]
心を持ってしまった空気人形が“孤独”の息づく街・東京で繰り広げるラブ・ファンタジー。 [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 21時22分

» 映画「空気人形」 [おそらく見聞録]
監督:是枝裕和(昔の作品も観てみようと思いました) 出演:ぺ・ドゥナ(☆)ARATA 板尾創路(◎)高橋昌也(◎)余貴美子(何気に効いていた) 出演:岩松了 星野真里 寺島進 柄本佑 オダギリジョー 丸山智己 奈良木未羽  中年の男が所持していたラヴドールが... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 23時10分

» (映画)空気人形 [ゼロから]
何処かのblogで、オジサンが多かったと書いていましたが場所のせいなのか、若い女性同士とか男同士が多かったです。空気人形役に起用されたペ・ドゥナ。この起用は、いいところを付いていますね。... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 23時23分

» 空気人形 [いい加減社長の映画日記]
ポイントが溜まっていたので、土曜日の9時半の回で、「空気人形」を鑑賞。他に観たい映画の公開もなかったので、予告編でちょっと興味を惹かれただけで、あまり期待は大きくなかったんだけど。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「空気人形」は、中くらいのスクリーンで、5割程度。【ストーリー】古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない“心”を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。メイド服を着て、おぼつかない足取りで街に出た彼女... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 05時33分

» 映画「空気人形」 [飴色色彩日記]
「空気人形」 監督 : 是枝裕和原作 : 業田良家「ゴーダ哲学堂 空気人形」 出 [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 21時16分

» 空気人形・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているの... [続きを読む]

受信: 2009年10月16日 (金) 22時39分

» 『空気人形』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
空気の空は空虚の空、空疎の空?空気は風になり、息になる。人々も街も地球も呼吸をするのだ。2009年の日本映画のベスト1ほぼ確定。今年も是枝! 秀雄と暮らす空気人形ののぞみは、「心」を持ってしまう。 原作は、業田良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂空気人形」是枝裕和監督は現代日本の中ではマイ・フェイバリットのNO2に位置する映画監督なので、当然のことながら楽しみにしていた今作なんだけど、期待どおりのとてもステキな映画であった。いつもオリジナルものを手がけていた是枝監督が、今回は初めて原作のあるもの... [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 02時11分

» 『空気人形』 [・*・ etoile ・*・]
'09.10.09 『空気人形』@新宿バルト9 これは見たかった。ペ・ドゥナは好き。板尾さんも出てるし! オダジョーも出てるので、オダジョーファンのbaruを誘って行ってきた。 *ネタバレありです。 そして熱弁です 「"男性の性の処理をする代用品"の空気人形ノゾミは、ある朝心が芽生えてしまった。一人街へ出た彼女は様々な体験をする。ふと立ち寄ったレンタルビデオ店の店員純一に恋をした彼女は、店で働き始めるが…」という話。これは良かった。是枝監督の作品は『花よりもなほ』しか見ていない。史... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 01時43分

» 【映画】空気人形 [新!やさぐれ日記]
▼動機 掘り出し物感 ▼感想 絵本のような世界 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決める。 ▼コメント しっとりとした大人のおとぎ話。 いや「絵本」のような映... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 23時10分

» 空気人形 [It's a Wonderful Life]
是枝監督の作品はミニシアターでかかる事が多いんで いつも惹かれながらもタイミング逸してしまうことが多く、 観た事あるのはシネコンでもやってた「花よりもなほ」 オンリーかも。 別の映画観にいってひときわ印象に残る予告編だったのと、 「リンダリンダリンダ」のペ・ドゥナがかなり良かったので 久々に梅田ガーデンシネマへ。相変らず駅から遠いです。 ポスターや予告のオシャレ?な雰囲気はそのままに、 やはり題材が題材だけに、カップルなんかだと 人によっては気まずくなるかも・・・と... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 18時40分

» 『空気人形』  [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「空気人形」□監督・脚本 是枝裕和 □原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」) □キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里丸山智己、奈良木未羽、柄本佑、寺島進、オダギリジョー、富司純子■鑑賞日 10月25日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 是枝裕和脚本・監督作品 前作の『歩いても 歩いても』では、ある家族が息子の死を中心に据え、 家族のそれぞれの持つ内面的な苦悩と表情を、まるで... [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 12時30分

» もしもノゾミがかなうなら 是枝裕和 『空気人形』 [SGA屋物語紹介所]
これがホントの空気ヨメ・・・・ って、このネタ絶対誰かがやってるよな。都心より三 [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 07時44分

» mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナが空気人形役を熱演。共演者も『蛇にピアス』のARATAや『ニセ札』の板尾創路ら個性派が顔をそろえる。国際的撮影監督、リー・ピンビンのカメラによる情緒豊かな東京の風景と、人形の純粋さに夢中になる。[もっと詳しく] ペ・ドゥナな儚げな「空気人形」を、優しく抱きしめてあげたい。 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 02時26分

» 『空気人形』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじレトロなアパートで秀雄と暮らす空気人形にある日思いがけずに、心が宿ってしまう・・・。感想ダッチワイフに心が宿るってのは、古くから『やけっぱちのマリア』なんてのも... [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 09時25分

« ネコカフェ♪まねき猫 | トップページ | 懐かしPV♪ »