« 私の中のあなた | トップページ | 曲がれ!スプーン »

母なる証明

Mother

『殺人の追憶』『グエムル』のポン・ジュノ監督最新作。
またも業の深すぎる韓国映画を観てしまいました。

<あらすじ>

とある田舎町。
漢方薬店で細々と働きながら、母(キム・ヘジャ)は息子トジュン(ウォンビン)と二人で暮らしていた。
トジュンには記憶がすぐにとんでしまうという障害があるものの、心優しい純朴な青年。
母は息子が町のゴロツキであるジンテ(チン・グ)といつもつるんでいることが心配で仕方ない。
ある日、町で女子高生殺人事件が起き、トジュンが逮捕されてしまう。
警察はトジュンが何も説明できないのをいいことに、犯人だと決めつける。
母は息子の無実を訴えるが、聞き入れてもらえない。
弁護士も頼りにならず、母は一人で真犯人を探すことを決意する。

母なる証明 公式サイト

ネタバレ含みます

枯れ野原をふらふらとさまよい歩く女性。
彼女はおもむろに身体を揺らし始め、やがて悲痛な表情で踊り出す。
始まりは不思議なシーンですが、女性がこの映画の<母>であることはすぐに察しがつきます。
そしてたったこれだけのシーンなのに、なぜか胸が詰まるようで目頭が熱くなる。
息子トジュンの無実を証明するため奔走する母がついに事件の核心に迫るとき、物語は冒頭のシーンにつながり、母のダンスの背後にあるものが分かってしまうという仕掛けなのですが、それだけでは終わらずさらにその先の先まで描いているところがさすがポン・ジュノ。容赦ないです。

誰ひとり味方がいなくても、無条件で子供を守ろうとするのが母だろう、と思います。
なりふり構わぬ母の愛は、母でなくとも痛いほど伝わってくる。
トジュンのような無垢な青年を狡猾なやり方で犯人に仕立て上げる警察や、金のない者に対してはロクな仕事をしない弁護士のオヤジにはとにかく腹が立つ。
この辺は少し前に観た『チェイサー』や『殺人の追憶』に似てます。
ひとりで事件を調査することを決意した母が、真相に迫っていく過程は超一級のミステリで見応え満点。
しかし見どころはそれだけじゃなく、辿り着く場所はもっと深くて恐ろしかった。
母心に寄り添う観客を何度も裏切りながら、底知れない闇にどこまでも降りていく感覚。
得体が知れないようで、よく知っている気もする、人間の狂気。
登場人物の顔が大写しになるたび、見てはいけないものを見ている気がしてゾッとする。
この恐怖は、ミステリというよりホラーだと思いました。

役者さんたちの演技とは思えないほどの名演がまた絶品。
母役キム・ヘジャには、本当に圧倒されました。
韓国人にとっては韓国の母と言われるほど母のイメージが強い女優さんなのだそうで、キム・ヘジャありきの脚本だったみたいです。
兵役を終えて5年ぶりの映画出演というウォンビンがトジュン役なのだけど、観ている間ウォンビンだなんて実は全然まったく気付かなかった私sweat02
ゴールドのアクセサリーつけたイケメンのイメージしかなく・・・演技派なんですねぇ。
真っすぐなようでつかみ所のない表情が絶妙だと思いました。
殺される女子高生役の子とか、彼女を取り巻く人たちとか、ああいうリアルな顔を持つ役者さんをいったいどこで見つけてくるんでしょう。

ラストシーンで息子が母に渡す落とし物。
意味をなしていないかのようなトジュンの言葉は、ときおり残酷すぎるほど真実を突き、母を追いつめます。
ほんとは何もかも分かってるんじゃない?と思えるくらい。
嫌な思い出を忘れさせてくれるというツボに鍼を刺したところで、罪は消えない。
母が悪夢のような日常を踊り続けるのはなぜか。息子のため?
そんな甘いもんではないような気もしました。

|

« 私の中のあなた | トップページ | 曲がれ!スプーン »

映画」カテゴリの記事

コメント

息子にはトジュンという名前があるのに
母は名無しなんですね。オンマでしかない。
記憶を消すツボは本当にあるのでしょうか。
それとも「おまじない」に過ぎないのか。
中国や韓国の鍼は日本の鍼に比べてずっと
ぶっといです。副作用は大丈夫なのかしら?
アナとサラの母親と、トジュンの母親、どちらも
子供のことでずっと苦しんできたけれど
トジュンの母親の孤独と絶望にはゾッとします。

投稿: 奈良の亀母 | 2009年11月22日 (日) 17時46分

再レスすみません。
アナとケイトのママがサラなんですね。
どっちも暴走する母のお話ですがサラには
救いがあって良かった。

投稿: 奈良の亀母 | 2009年11月22日 (日) 17時49分

奈良の亀母様

レスが遅くなってしまいすみません!
「私の中のあなた」と「母なる証明」亀母さんもご覧になったのね〜
偶然にも母を描いた映画を2本続けてUPしちゃいました。

そうそう!感想を書くときにようやく気が付いたのですが
「母なる証明」の母には名前がないんですよね。
すべての母なる者の象徴が、この映画の母なのだとすると
一見とても極端なようだけど、そうでもないのかも・・・と思ったりもして。
母の狂気が理解できてしまうからこそ恐ろしいと思いました。
ほんとサラには救いがあって良かった。

中国や韓国の鍼ってぶっといんですね・・・痛そうsweat02
例のツボを刺す肝心のシーンは映さないところがまたニクイです。
ちゃんと刺せたのか、効果はあったのか、そもそもそんなツボあるのか分からない。
母は踊っていたけれど。

投稿: kenko | 2009年11月24日 (火) 16時19分

これ観たいんですけど、こっちでかかるのは年明けになりそうなんですよね。それまでにネタバレにぶつからないようにしないと・・・

というわけで記事の方はまだ読んでません。すいませんcoldsweats01

『殺人の追憶』『グエムル』にはけっこう「ぽかーん」としちゃうようなギャグが入ってましたけど、こちらはどうでした?

投稿: SGA屋伍一 | 2009年11月26日 (木) 08時10分

SGA屋伍一様

そっか、そちらでは年明けなんですね。
これは今年のベスト上位に入れると思います。

ギャグっていうほどのギャグではないかもしれないけど、思わず笑っちゃうシーンはありましたよん。
観てのお楽しみ〜

「なくもんか」も「イングロリアス・バスターズ」も観たし、
「カールじいさんの空飛ぶ家」までしばらく観たいものがないです。

投稿: kenko | 2009年11月27日 (金) 11時39分

kenkoさん

ネタバレって書かれてたので、見ようと思ってたので読まずに
今までおりました。読まずにいてよかったです^^
いやあなんというか凄い映画でしたね。「インファナルアフェア」
みたいにあっちでパクられたりしそうな出来のよさ。
こういう映画見るともっといっぱい映画観たくなってしまう
んですよねー。でもあのオカンはやっぱり
生理的に苦手でずっと見ててしんどかったです(笑)

投稿: kazupon | 2009年12月 2日 (水) 17時53分

kazupon様

こんばんは!
基本的に全ての記事でネタバレしてるんですが、この映画はネタバレ厳禁度が高そうなので
いちおうネタバレ警告しておきましたcoldsweats01

すごい映画でしたよね!!
これはもう今年のベスト上位は決定。
韓国映画って実は最近観始めたんですが、日本映画にはない業の深さに
圧倒される作品が多いです。
オカンのキャラは男性にとっては特にキツいものがあるかもしれませんね。

「なくもんか」と「イングロリアスバスターズ」の感想もようやく書いたのですが
ちょっと今日は時間がなく。
明日以降お邪魔させてください♪

投稿: kenko | 2009年12月 2日 (水) 18時25分

kenkoさん
こんばんは★
コメありがとうです。

>
ゴールドのアクセサリーつけたイケメンのイメージ

ウォンビンってゴールドのアクセなんてつけるんですか!coldsweats01そんなイメージだとは知らなかったぁ。

とにかくお母さんのキムヘジャ、かなり良かったし
オープニングとエンディング、良かったですねー!

投稿: mig | 2009年12月 6日 (日) 22時53分

mig様

お返事どうもですー

>ゴールドのアクセサリー

いやー、たぶんこれは私だけの勝手なイメージですsweat02
どうでもいいことを書いてしまいました。
たまたまワイドショーかなんかでウォンビンの映像を見たときに、
胸元のかなりはだけたシャツにゴツいゴールドアクセだったんです。
5年以上は前の映像だけど。
韓流スターに疎い私も、ウォンビンだけはカワイイheartと思ってたので
私服のセンスのスゴさに衝撃を受けてしまったのでしたcoldsweats01
migさんとこの画像を見る限り今の雰囲気の方が好きshine

ウォンビンも良かったけど、やっぱりキム・ヘジャですね!すごかった!
オープニングから引き込まれました〜

投稿: kenko | 2009年12月 7日 (月) 12時37分

こんばんは~
この作品が結局は本年度の劇場鑑賞作の最後になりました。
あまりに深くて,意味深で,劇場に2日通って二度観てしまった作品です。

>母心に寄り添う観客を何度も裏切りながら、底知れない闇にどこまでも降りていく感覚。
>得体が知れないようで、よく知っている気もする、人間の狂気。
ほんとその通り!
そしておっしゃっているように
これはサスペンスと言うよりは心理ホラーですよね。
見てはいけないものをこってりと容赦なく見せられた気がします。
役者さんの風貌もリアルでしたよね。
韓ドラだとみんな美しい人しか出てこないのに
この作品はめちゃくちゃ「普通」に見える脇役ばかりで
そこらへんもこの監督さんのこだわりが感じられました。

ウォンビンも,イケメンオーラをあそこまで封印できるのが凄い!
顔は似てても,日本のあの方(キ●ム●ク)なら
こんな役でもやっぱりご自分のオーラは消さないだろうな~と思いながら観ました。

投稿: なな | 2009年12月31日 (木) 21時14分

なな様

あけましておめでとうございます!!
主人の実家から深夜にレスしておりますcatface

2009年の最後に凄過ぎる作品をご覧になりましたねー
すさまじい作品でした。この怖さ、完全にホラーですよね。。。

そうそう、韓国ドラマと言えば美男美女だけど
この映画に出てくる役者さんはめちゃくちゃリアル感ありましたよねぇ。
普通っぽいところがリアル。
そんな中のウォンビンって本来ならばスターオーラむんむんのハズなのに
見事なまでに溶け込んでました。
後でトジュンがウォンビンだと知ってビックリ。
確かに日本のあの方ならこうはいかないでしょうねcoldsweats01

ななさん、昨年は大変お世話になりました!
今年もどうぞよろしくお願いしますheart

投稿: kenko | 2010年1月 2日 (土) 01時02分

kenkoさん、こんばんは
自分は喜劇っぽくとらえてしまいましたが、皆さんこの作品に真剣に取り組んでおられますね

このお母さんのひたむきさには『サムライカアサン』という漫画を思い出してしまったのですが・・・ ご存知でしょうか? おすすめです

普通なら晴れて息子の無実が証明されて・・・という結末になるはずですよね。「事件の真相が必ずしも本人の望みどおりにはならない」というあたりとても現実的なお話だと思いました(おっとネタバレかなcoldsweats01

ただ最後の方で混乱するようなエピソードもあり。この辺は観客の判断にゆだねるということでしょうか?

鍼を刺したくらいでイヤなことを忘れられたらいいですよね。でも「これで忘れられる」と思えば本当に気にならなくなっていくものなんでしょうか。人間の心って、都合よくできてますからね

・・・で、全然関係ない話ですいませんけど『海街diary』の三巻出ましたよー。買いました?

投稿: SGA屋伍一 | 2010年2月13日 (土) 21時41分

SGA屋伍一様

またしてもレスが遅れました!bearing
実は今しばらく実家にいてブログ生活怠り気味です。

思わず笑っちゃう場面もあったけど、基本的には真剣に観ましたよ~
『サムライカアサン』・・・西原理恵子っぽいタイトルだなと思いつつ
今調べてみましたが違うようですね。読んでみたいです!

完全に母の気持ちに寄り添って観てたので、真相があきらかになるシーンはショックでしたねー
そこで終わってもじゅうぶん見応えのある作品でしたが、
さらにその先があるところが、観客の判断にゆだねるという終わり方も含めて
スゴイなと思いました。

おかんがあまりに気の毒なので、鍼刺して踊って忘れられるならそうあってほしいです。
罪は罪ですけどね・・・

『海街diary』出ましたか!買わなきゃ♪
『フロムヘル』はゲットできたかな?

投稿: kenko | 2010年2月16日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/32268294

この記事へのトラックバック一覧です: 母なる証明:

» 母なる証明 [It's a Wonderful Life]
好き嫌いは置いといて、映画の出来でいうと 今年見た中でも1・2を争うハイクオリティな作品で なんか圧倒されてしまった。 ポン・ジュノってすごい監督。 韓国の田舎町。 漢方薬店で働く母(キム・ヘジャ)の一人息子トジュン (ウォン・ビン)は少し頭が弱く、いつも近所のチンピラの ジンテ(チン・グ)とつるんでいるのが母の悩みの種。 ある日、近所の酒場でジンテにすっぽかされて酔っ払ってしまった トジュンは、寄った勢いで帰り道に遭遇した少女に声をかける。 翌朝、彼女は死体となって... [続きを読む]

受信: 2009年12月 2日 (水) 17時49分

» 母なる証明 / Mother [我想一個人映画美的女人blog]
「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」 でも高い評価&注目を浴びるポン・ジュノ監督の最新作。 ある罪を問われた息子を守ろうとする母親を描いたミステリーサスペンス! ってことでかなり楽しみにしてました★ NY国際映画祭やカンヌ映画祭でも上映済み! 女子高生殺人事件の謎を解いていくミステリーものではあるけど、 映画の焦点、一番のみどころとなっているのは 一心に息子を思う母親の常軌を逸した心理と行動 5年振りの復帰となるウォンビン。 子供そのまんまのような、純粋さを持つ、知的障害の青年を見事に演じて... [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 00時27分

» 「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 [はらやんの映画徒然草]
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 19時46分

» 母なる証明 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
凄い作品だ。(韓国映画の場合,開口一番は,この言葉しか出てこないことが多い。)あらゆる予想を覆す衝撃の展開と,見方によっては複数の解釈を許す描き方は,見終わった後に強烈な余韻を残し,場面場面での母と息子の表情が繰り返し脳裏に浮かんで消えなかった。 [E:danger]完全ネタばれ記事です。未見の方は... [続きを読む]

受信: 2009年12月31日 (木) 21時15分

» ダンサー・イン・ザ・カンコク ポン・ジュノ 『母なる証明』 [SGA屋物語紹介所]
このタイトルってやっぱり『人間の証明』から取ったのでしょうか。お母さん、ボクのア [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 21時42分

» 【映画】母なる証明 [★紅茶屋ロンド★]
<母なる証明 を観ました> 原題:Mother 製作:2009年韓国 ランキング参加中 「グエムル」の監督、ポン・ジュノが手がけるサスペンス。 韓国の国民的人気女優のキム・ヘジャとウォンビンが親子を演じることでも話題となった作品。 ある女子高生が殺害された。その容疑に、貧しく暮らす母子家庭の息子が警察に犯人として拘束されてしまう。息子の無実を信じる母親は、たった一人で事件の真相の探り出すのだが… 予告を見た限りだと、サスペンスとは感じにくく、ちょっと暗い雰囲気の映画だなぁという印象を持っ... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 21時01分

« 私の中のあなた | トップページ | 曲がれ!スプーン »