« 冬の風物詩 | トップページ | ゼロ年代映画ベスト »

海外ドラマ『Dr.House』

ブライアン・シンガー製作総指揮ってのと主人公ハウスのキャラに惹かれて試しに観てみたら、すっかりハマっちゃいました。
謎解き医療ミステリドラマ『Dr.House

Housemd

グレゴリー・ハウスは、ニュージャージー州プリンストン・プレインズボロ教育病院で解析医療部門を率いる型破りな天才医師。
白衣は着ない(カユくなるから)
診察嫌い(患者を信用してない。「人はみな嘘をつく」が口癖)
そして皮肉屋で偏屈!!とびっきりの変人です。
お仕事そっちのけでゲームしたり、昏睡状態の患者の部屋で勝手にテレビを観たりとやりたい放題。(実際こんな医者いたらかなり問題かとsweat02
大学時代の友人でもある院長のカディとは、顔を合わせば言い争ってばかり。
それでもカディがハウスをクビにしないのは、どんなに捻くれた性格でも優秀な医師であることに違いはないから。

そんなハウスのところには、他の医師たちが原因を突き止められなかった難病患者が次々と運ばれてきます。
ハウスにはそれぞれ違う専門分野を持つ部下が3人(フォアマン、キャメロン、チェイス)おり、チームハウスはソクラテス式問答法を用いて病気の原因を探っていく。
ハウスは大抵の場合、部下の意見を皮肉たっぷりにこき下ろします。(そしてたまに「なかなかいい線いってるぞ」と褒める)
イチかバチかの診断で治療を進めることが多く、毎回何度かは診断ミスをしにっちもさっちもいかない状態になるのがパターンなのですが、最終的にはハウスのヒラメキにより患者の命は救われます。
ハウスの大嫌いなルーチンワーク外来診察でヒントを得ることもしばしば。
(謎は解けても患者の命は救われない回も稀にある。そこらへんはリアルです)

ハウスのセクハラ、パワハラ、人種差別満載の発言や型破りな行動に、良識ある部下3人は最初のうちこそ反感を抱きますが、徐々にあしらいにも慣れてきて負けじと皮肉で返したり、ちょっとハウスっぽくなってきたりするのが笑えるcatface
ハウスとハウスを取り巻く人達とのユーモアたっぷりでテンポのいい会話劇が面白くってクセになるのです。

実は3話くらいまではまあ面白いけどちょっと地味?という印象だったんだけど、登場人物のキャラクターが固まってきて背景にあるものも見えてくると、ドライな人間関係にもオットナーな感じの愛が感じられるようになってくる。
とは言え彼らはあくまでもプロフェッショナルであり、けして馴れ合いの関係になったりしないところはクール。
恋バナもちょっとだけありますけどね。

それからなんと言っても主人公ハウスのキャラクターが最高!!
てゆーかシブイ!カッコイイheart
ハウス役のヒュー・ローリーはこの役でゴールデングローブはじめ数々の賞を受賞しているらしい。
納得の名演技!ハマリ役です。
最初はこの人なんでこんなに協調性ないの?患者に対して失礼すぎる!なんて思ったりもしたけど、思いがけない視点からキッチリ病気の原因を突き止めてしまうのだから文句は言えません。
そして一度担当した患者を見捨てることはけしてない。
ハウスが一見メチャクチャな行動で多くの人に嫌われ孤高の存在であり続けるのは、いわゆる権力やしがらみ、大病院ならではの裏事情などに流されることなく、正しい行いを貫くためなのだ。と思います。(シーズン1第17話より)
ハウスは右足が悪くいつも杖を使用しており、シーズン1終盤の21話「3つの寓話」でようやくそうなった成り行きが紹介されるのですが、この回の脚本だけそれまでとは違う異色の構成で見応えありました。

シーズン2の6話まで観ましたが面白さが色褪せることはなく、ドラマのクオリティはさらにアップしている印象。
第5話「嘘つき親子」の回にはハウスの両親が登場!
しかもお父様はなんとこの方↓

Rleeermey

ハートマン軍曹ことホイト保安官ことR・リー・アーメイ。濃い親子だなぁー
シーズン1の12話「ドーピング」のオープニングにはブライアン・シンガーもちょこっと出てました。見逃さなかったぞい。
ハウスの唯一の友人である癌専門医ウィルソンは『いまを生きる』のロバート・ショーン・レナードだし、ちょくちょく見知った顔も出ます。

アメリカではシーズン6が放送中とのこと。まだまだ楽しめそうshine

House2House3House4

|

« 冬の風物詩 | トップページ | ゼロ年代映画ベスト »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
TVで放送されてたのをチラ観しました。(またチラ観)
これもイッキにレンタルして観ようと思ってます。
といいつつ、どれも実行できてなくて、観たいドラマリストはたまる一方。
睡眠時間ナシでも元気でいられる期間があったらいいのにー。

投稿: AnneMarie | 2009年12月21日 (月) 12時32分

AnneMarie様

こんにちは!コメントありがとうございますhappy01

そうそう!テレビでもやってる(やってた?)んですよね〜
私は近所のレンタルショップで旧作が安い日に2〜3本づつ借りて観てます♪
海外ドラマっていーーーっぱいある上どれも長いから(笑)観たいのがあってもなかなか手をつけられないですよね。
ほんと寝る時間も使えたらいいのにね。

『Dr.ハウス』は基本的に1話完結だから、次が観たくてたまらない!って感じではないけど
続けて観るうちだんだんハマってきますよ♪

投稿: kenko | 2009年12月22日 (火) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/32654332

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ『Dr.House』:

» 海外ドラマ『Dr.House』: C note [海外ドラマ]
[続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 14時32分

« 冬の風物詩 | トップページ | ゼロ年代映画ベスト »