« イングロリアス・バスターズ | トップページ | 《ねずみの三銃士》第2回企画公演「印獣〜ああ言えば女優、こう言えば大女優。」 »

カールじいさんの空飛ぶ家

Up

毎回良質なCGアニメーションを届けてくれるピクサーの新作。
最近、元気なお年寄りが活躍する映画をよく観る気がします。(『スペル』とか)

<あらすじ>

冒険に憧れる少年カールは、ある日空き家で冒険好きの少女エリーに出会う。
成長した二人は結婚し、二人が出会った思い出の家を買い取り修復して暮らすことに。
月日は流れ、最愛の妻エリーも他界し、カールはたった一人孤独に暮らしていた。
周囲には開発の波が押し寄せ立ち退きを迫られているが、カールはエリーとの思い出の家を離れたくない。
ついに老人ホームからの迎えが来た日の朝、カールはエリーとの約束の場所パラダイスフォールを目指し、なんと無数の風船で家ごと大空へ旅立つ。
ところがポーチに少年ラッセルがおり、いまさら地上へは戻れずカールは渋々ラッセルと共に旅することに。

カールじいさんの空飛ぶ家 公式サイト

この作品に寄せたジブリ代表・宮崎駿氏のお言葉「追憶のシーンだけで満足してしまいました」
はい!おなじくです!
今回も例に漏れずすごーく素敵な映画だったけど、特に冒頭のシーンの素晴らしさといったらもう・・・沁みた!泣いた〜!!crying
セリフ全くなしの、せいぜい10分程のシーンに人生が凝縮されておるわけですよ。
他人から見れば平凡な一生だったとしても、長年連れ添った夫婦にとっては年月の積み重ねこそがかけがえのない絆。
カールとエリーには子どもがなく、私もこのまま子どもができなかったとして人生どうなるかなぁ・・・なんてことを考えたりするお年頃なので、余計に感情移入してしまいました。
二人のような老夫婦になりたいな。

しかしめくるめく追憶のあとには抗えない現実が。
最愛の妻を亡くした孤独な老人が風船で空へ旅立つなんて、つまりはヤケになって妻のあとを追うってこと?などと悲劇的な深読みをしてしまっていたのだけど・・・
冷静に考えたらそんな悲しいお話、ピクサーでありえませんねsweat02
カールじいさんはあくまでも本気。未来を見据えたうえでの旅立ちなのだ。
子どもの頃なら誰もが一度は夢見たであろう、風船で空を飛ぶというドリーミーな発想(しかも家ごと)を実行してしまう型破りな老人、それがカール・フレドリクセンなのであるsign03

目指すべきものを見出したカールじいさんはとにかく元気!!
以前は階段降りるのもエレベーターだったのに・・・足腰めちゃ強いです。
終盤のアクロバティックな活躍なんてコナンやパズーにも負けてません。人間気力ですなぁ。
とは言えラッセルやケヴィンやダグがいなかったら、滝に辿り着いたところでカールじいさんの気力は尽きてしまったかもしれないけど、新たな出会いこそが彼に次なる冒険、第二の人生をもたらしたのだね。
それを後押ししてくれたエリーのアドベンチャーブック。人生こそが冒険なのだshine

かつてのヒーローの顛末は残念なものでしたが、風船2、3コついてたし実は無事着陸しちゃってるんじゃないでしょうか?
そしたら心を入れ替えて、彼もまた新たな冒険を始めてくれたらいいなと思います。

それからこの映画、思いがけずかなりの割り合いでワンコ映画でありましたdog
しかもワンコがしゃべるしゃべる。
ディズニーアニメ的なアレでしゃべるのではなくて、犬語を人間語に翻訳する?奇跡の発明品によってしゃべるというちょっと異色の設定。
しゃべるだけでなく料理もお掃除もするし、人間並みになんでもこなすスーパードッグ達なのですが、ワインのセレクトはできても注ぎ方はむちゃくちゃだったり、ホットドッグを勝手に食べちゃったりボール大好きだったり、ここぞというところでとても犬的なのがなんともかわいくて笑えるcatface
ワンちゃん達がカールじいさん達にとって追っ手である場合でも、一匹たりとも死なないようになってるのにはホッとしました。

最後になっちゃいましたが本編前の短編アニメ『晴れ ときどき くもり(Partly Cloudy)』も良かった♪
今まで観た中ではいちばん気に入ったかも。触ってみたくなる雲のモコモコ感がたまらないcloud
キャラクターや風景などの造型は極めてマンガ的でありながら、テクスチャーはどこまでもリアルというピクサースタイルの完成度はもはや言うまでもないですが、それでも新しい作品を観るたび映像の美しさ、面白さには感動してしまいますねー

次回はいよいよ『トイストーリー3』
半年後とは嬉しい。楽しみです♪

|

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | 《ねずみの三銃士》第2回企画公演「印獣〜ああ言えば女優、こう言えば大女優。」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

すごい量の映画観てますよね~
今、猛烈に「東のエデン」の劇場版が見たいです…

投稿: levia115 | 2009年12月11日 (金) 01時32分

levia115様

いやー、これでも観たい映画をけっこうスルーしちゃってますsweat02
今年はあと「仮面ライダー」「アバター」
余力があれば「のだめ」も観たいです。

「東のエデン」劇場版ですかぁ。
実はテレビの方ノーチェックで・・・神山監督なのに。
いずれイッキミしたいと思います!

投稿: kenko | 2009年12月11日 (金) 20時33分

kenkoさん

こんばんは♪

晴れときどきくもり の方がわたしは気に入ったんですけど
ピクサーはハズレなしですよね〜

そうそう、犬がフィチャーされてましたよね。^^
思ったより活動的で、じいさんもパワフル。

>かつてのヒーローの顛末は残念なものでしたが、風船2、3コついてたし実は無事着陸しちゃってるんじゃないでしょうか?

あはは!kazuponさんも書いてましたけど
わたしもそこがちょっと気になって、、、
あの悪役はあの人じゃなければ、、、、
最後まで悪人でしたからね〜

投稿: mig | 2009年12月12日 (土) 00時56分

mig様

お返事ありがとうございます!レスがものすごく遅くなってしまいごめんなさいbearing

晴れときどきくもり、良かったですよね!
ピクサーアニメははずれがないから安心して観られますね〜

まさかこんなにもワンちゃん映画だとは、予告編観ただけじゃ分からなかったです。
そしてカールじいさんがまあ元気元気。
いくら浮かんでるからってあんな風にロープ一本で運べるもの?なんてツッコミはピクサーでは御法度か?(笑)

悪役は最後まで悪役でしたねぇー心を入れ替えることなく。そこは残念。
でもあのまま死にそうにない気がするので、これからは平和に生きていってほしいです。

投稿: kenko | 2009年12月14日 (月) 11時42分

kenkoさん

そうそう!ワインのセレクトできるけど注ぎ方めちゃくちゃで、
あの横からパクって食べちゃうシーンとか爆笑しました。
ホントにやりそうですもん。^^ラッセルのだけにしてたのもありそうで。
考えたらマンツさんトリを探し当てるよりもあの翻訳機でひともうけしたほうが歴史に名前残ったんじゃないかと思いますけど。^^
映画はあんなに過去を大切にしてたカールがあっさり次へ進もう
する話なのが気に入ってます!

投稿: kazupon | 2009年12月15日 (火) 13時09分

こんにちは~♪

トイストーリー3は楽しみですね~happy01
トイストーリーは1番好きなピクサー作品なの。今からワクワク~heart02

カールじんさんも良かったです。
そんなに期待していなかったんだけど、まず冒頭で泣けた!
そして後半のアルバムのシーンにもねぇ~涙・涙でした。

ワンちゃんが大活躍でしたね!
あの首輪欲しいなぁ~家のワンコが何を言いたいのか知りたいもの。
3匹いるので、一日中「メシ!散歩!遊んで!なでて!」って言って五月蠅そうですが(笑)

投稿: 由香 | 2009年12月15日 (火) 13時39分

kazupon様

ワインのセレクトあたりのワンちゃんネタ、すっごく可笑しかったですよね〜
ワンちゃんてけっこう人を見るから、ラッセルのだけ勝手に食べちゃうとかいかにもやりそう(笑)
エリザベスカラーが屈辱的だったりとか。

>翻訳機でひともうけしたほうが

確かに(笑)あの翻訳機スゴすぎますもん。ネコ用も作って欲しいです。
動物好きには夢の装置ですよね〜

いくつになっても新しい人生を始められるというメッセージがこめられていて
素敵な映画でしたconfident

投稿: kenko | 2009年12月16日 (水) 15時02分

由香様

由香さんは「トイストーリー」が一番ですか〜
私は前は「モンスターズインク」か「ニモ」だったけど、今は「ウォーリー」かな♪
「トイストーリー」はピクサーの原点だし、楽しみにしてる方多いでしょうねhappy01
今度1と2の3D版も公開されるとか。

冒頭の回想シーンは素晴らしかったですねぇ〜
あのシーンだけでもう観にきて良かった!って思いました。
アルバムといい泣きポイントが随所にありましたね。

そっか、由香さんちワンちゃんいるんですよね。しかも3匹も!
マンツさんにぜひネコ用も作ってほしいけど、うちのネコ無口だから
もしかしたら付けてもつまんないかも!?(笑)

投稿: kenko | 2009年12月16日 (水) 15時15分

こんにちは

犬がしゃべる・・・ これ、『銀牙』ですよね・・・

やっまっがよっぶっ そっらっがよっぶっ なっにっかがっ とおおく まっているとっおっ

失礼しました・・・ まあでも『銀牙』のような「副音声解説」ではなく、ドラえもんの秘密道具みたいなのでしゃべってるあたりがピクサーらしいです。犬映画もいろいろありますけど、こんな強引な手段でしゃべらせてるのはこれくらいでしょう(笑) 夏にやってた『ボルト』はどうだったんだろ?

わたしはじいちゃんが主人公・子供が相棒ということで、『グラントリノ』を思い出したりもしてましたよ。明るく笑える『グラントリノ』(笑) 『グラントリノ』にも笑えるところけっこうありましたけどね

投稿: SGA屋伍一 | 2009年12月26日 (土) 13時28分

SGA屋伍一様

こんばんはhappy01

そーうさー わかさはー もえつきないー りゅうせいだー♪ by宮内タカユキ

ですね♪
銀牙の副音声解説は何の違和感もなく受け入れられましたけど、
ピクサーの強引なやり方は最初だけちょっとビックリしました。
しかしそういうのも含めてピクサーらしいというか。
ボルトはどうだったんでしょうねぇ。

私もグラントリノ思い出しましたよ。
子どもがアジア系であるところも連想させますね。
グラントリノの笑いもけっこうツボだったんですよねー
最後はガツンと重かったですけど。

投稿: kenko | 2009年12月28日 (月) 00時00分

kenkoさんこんばんは!

>つまりはヤケになって妻のあとを追うってこと?
この解釈をしている方っていそうでいなかったので、とっても笑っちゃいました(笑)。

憧れだったマンツ氏がダークサイドに落ちてしまったのも、思えば人生のシビアさを『トイ・ストーリー』からスパイスとして描いてきたピクサーなんでありかもしれませんね。

実際、未知の動物の捕獲でも徳川埋蔵金でもトレジャーハンターってどこか「狂気」が原動力となっているところがありそうなので(じゃなければいい歳した大人は馬鹿馬鹿しくて実行しないと思います)、かえってリアルだったように思えましたね。

憧れの人物は憧れのまま合わない方がいい。
長生きするとそれだけがっかりすることにもたくさん出会うって意味では、ラッセル少年との出会いとの対比もあって巧いと思いました。

投稿: ゴーダイ | 2010年8月 7日 (土) 22時17分

ゴーダイ様

こんばんは!

>この解釈をしている方っていそうでいなかったので、とっても笑っちゃいました

ははcoldsweats01ふつうに考えたら自殺行為そのものですよね、風船で家ごと飛ぶなんて(笑)

マンツ氏がダークサイドに堕ちてしまっていたのは、カールじいさんの子供の頃のヒーローだっただけに
ちょっと残念だったのですが、おっしゃる通り、マンツ氏のように夢を追い続けてる人って
狂気を感じる変人が多い気がする。。。その点はリアルだったかも。
ああいう亡くなり方は気の毒なので、そこはマンガ的に生きててくれるといいなと思います。

なんかカールじいさん、久々にもう一回観たくなってきました。
まだ『トイストーリー3』も観てないけどsweat02

投稿: kenko | 2010年8月 8日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/32556890

この記事へのトラックバック一覧です: カールじいさんの空飛ぶ家:

» カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) [yanajunのイラスト・まんが道]
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 22時11分

» カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよいよ来週から日本公開★試写にて鑑賞{/hikari_blue/} 妻に先立たれたカールじいさんの、想い出を解き放つ大冒険{/hikari_blue/}{/... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 00時54分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み [はらやんの映画徒然草]
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 19時25分

» 【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家 [未完の映画評]
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 07時17分

» 【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家 [未完の映画評]
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 07時20分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [It's a Wonderful Life]
数か月前にあちらのサイトでふと見つけて 原題「Up」ってタイトルに惹かれてサイト見てみると、 ピクサーの新作ではないですか。 なんだか大量の風船がぼわわーんと家を持ち上げてる。面白そう。 評価もかなり高そうで楽しみにしてました。 と思ったら「カールじいさんの空飛ぶ家」ですよ。 あまりいいタイトルでなくないすか? ピクサー作品にはあんまり大きなハズレは絶対ないという 安心感があるんですが、今回も良作でした。 監督は「モンスターズ・インク」のピーター・ドクター。 ただ後で... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 13時12分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク』【comment】偏屈そうなおじいさんが主役―ということで、イマイチそそられないなぁ〜というのが正直なところだったのですが、去年のPIXAR作品『WALL・E/ウォーリー』に続いてとてもいい映画でした〜一緒に観た子どもともども満足して鑑賞を... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 13時30分

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 [おそらく見聞録]
監督:ピート・ドクター(モンスターズ・インクの監督さん)ボブ・ピーターソン  出演:エドワード・アズナー ジョーダン・ナガイ ジョン・ラッツェンバーガー  出演:エリー・ドクター ジェレミー・リアリー クリストファー・プラマー  最愛の妻とともに南米の秘... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 19時17分

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」いくつになっても旅に出る理由はあ... [soramove]
「カールじいさんの空飛ぶ家」★★★★オススメ ディズニー/ピクサー製作 ピート・ドクター監督、103分 、公開日:2009-12-5、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 12月6日公開オープニング2日間の成績は、動員44万人、興収約6億円と、 初登場首位を獲得! 「2012」のオープニングにも負けない出足。 興収50億円が当面の目標... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 00時34分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Akira's VOICE]
喪失と再生の優しい人間ドラマ。   [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 12時10分

» ★「カールじいさんの空飛ぶ家」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。 [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 03時42分

» 天まで上がる ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 [SGA屋物語紹介所]
ピクサー総括記事で予告してから、はや一年・・・ ようやくこの映画について語ること [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 13時29分

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP [ゆるーく映画好きなんす!]
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 19時26分

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 12時49分

» カールじいさんの空飛ぶ家−(映画:2009年鑑賞)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 20時43分

» 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけどねぇ{/face_ase2/} 数日前にちょこっと書いた“悪い情報” また子供の頃の友人(後輩)の訃報が入ってしまいました。 昨年末に倒れてお正月にお亡くなりになったとか…彼とは2年前に亡くなった別の後輩の葬儀... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 01時38分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1軒の空き家で同じく冒険好きな少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、”伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 01時15分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [HEAVEN INSITE's Blog]
「面白い度:☆☆☆☆☆ 好き度:☆☆☆☆☆」  泣いた。  ふ、深い…!あいかわらずピクサーは深い!娯楽映画として楽しませてくれると同時に、ここまで深い人間ドラマを見さ [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 22時18分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [RISING STEEL]
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 10時53分

« イングロリアス・バスターズ | トップページ | 《ねずみの三銃士》第2回企画公演「印獣〜ああ言えば女優、こう言えば大女優。」 »