« ハート・ロッカー | トップページ | 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 »

NINE

Nine

上半期ぜったいに見のがせない映画のうちの一本。
『シカゴ』のロブ・マーシャル監督の新作は、フェデリコ・フェリーニの名作『81/2』を元にしたブロードウェイミュージカル『NINE』の映画化。

<あらすじ>

イタリアの映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)。
新作映画のタイトルは決まっており記者会見も開かれるが、実はまだ脚本は1ページも書けていなかった。
あまりのプレッシャーに逃げ出すグイド。
やがてグイドは、愛する女たちとの妄想の世界へ入り込む。

NINE 公式サイト

ちょっとありえないくらいの超豪華キャスト!
なんてったって、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ファーギー、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン&ソフィア・ローレンcrown ですから。
美しい女優がきらびやかな衣装を身にまとい、歌って踊る。
圧倒的な魅力でスクリーンを支配する。
それがどれだけ観る側に夢と感動を与えるか。
マーシャル監督の映画はいつも、ミュージカルのすばらしさを再認識させてくれます。
ジュディ・デンチのパートがお気に入りなのだけど、「小難しいテーマなんていらない。映画は笑いと愛と夢!これぞエンターテイメント!」という歌詞(確かそんなんでしたよね?)が強烈に心に響きました。
ペネロペのなんというエロさ、かわいらしさ。
ファーギーはド迫力!ソフィア・ローレンのとてつもない存在感。
7人の女神を相手にする男、ダニエル・デイ=ルイスがまたかっこいーのなんのって。
生半可な男じゃ説得力ないけど、ダニエル・デイ=ルイスなら納得。

スランプに陥った天才映画監督の妄想と現実を行き来しながら進むストーリー。
それはグイド・コンティーニの心の旅でもある。
そもそも映画なんて監督の妄想なのに、勝手に期待され、期待に沿わなければ酷評され、本人の気分が乗ろうと乗るまいと次回作を求められるって大変ですね。
だけど・・・グイド!マーシャル!私たちはそんなあなたの妄想を愛してるんです!
映画は人生そのもので、監督は人生を背負い、人生をけずって映画を創る。

ケイト・ハドソンの曲をベースにした派手な予告編の印象が鮮烈で、全編あのテンションなのかと思ってたけど、なかなかどうしてしっとりほろ苦い大人の味わいだったりもしました。

|

« ハート・ロッカー | トップページ | 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪

おお~!!kenkoさんもお気に召したご様子。
私も気に入りました~好き・嫌いが分かれているみたいですが、、、断然好きでした~♪

>生半可な男じゃ説得力ないけど、ダニエル・デイ=ルイスなら納得
まずそこなのよね。ダニエルがスゴク良かったと思う。
彼の才能あるマザコン男(笑)が魅力的でした~

そして女優さんたちは皆カッコ良かった!!
個人的にはファーギーとケイトのパートが好きですが、ジュディも良かった!!あんなに歌やダンスがお上手だなんて、、、年とっても頑張るぞ~~~って思ったわ(笑)

投稿: 由香 | 2010年3月28日 (日) 16時04分

kenkoさんこんばんは♪

不幸あって札幌帰ってたのでバタバタしてました。
こめTBありがとうheart01

わたしもこれはキャストで気にいった感じ。
オリジナルはオシャレだけど(モノクロだし音楽も)
内容はないから(笑)
こちらも覚悟してたけどぺネはセクシーだしケイトやマリオンも可愛いし。
もう1回観たいけど時間とれないなー

投稿: mig | 2010年3月28日 (日) 16時59分

由香様

好き嫌いがけっこう分かれてるんですね。
私も断然好き♡です♪

ダニエル・デイ・ルイスってのがまた絶妙な人選。
ただハンサムなだけの人じゃ絶対ダメだし。
女にだらしないマザコン男なんだけど憎めない!
彼みたいな人がなぜかモテるの分かります。
(あ、でも奥さんに愛想つかされるエピソードはかなりダメダメだったけどcoldsweats01

女優さんたちはみんなかっこよかった!
私もファーギーとケイト、それからペネロペとジュディのパートがお気に入りです♪
ジュディデンチ、あんなに歌が上手だなんて知らなかった〜
みなさん芸達者ですよね〜
とりあえずペネロペの股開きから練習しよう!(←本気)

投稿: kenko | 2010年3月28日 (日) 20時21分

mig様

まあ、御不幸で帰られてたのですか。
お忙しい中、お返事をありがとうございます。

オリジナルは実は未見なんです〜
そちらでコメントに入れ忘れてしまいましたがmigさんは
ちゃんと予習されてましたね。
観てみたいけど、内容ないのか(笑)

これだけ豪華なキャストの歌と踊りを堪能できて満足♪
気がついたら「シネマイタリアーノ」を口ずさんでます。
マリオンの♪マイハズバン〜 やファーギーの♪ビーイタリアン〜 もnotes

投稿: kenko | 2010年3月28日 (日) 20時37分

たびたびすみません。

>ジュディ・デンチのパートがお気に入りなのだけど、「小難しいテーマなんていらない。映画は笑いと愛と夢!これぞエンターテイメント!」という歌詞(確かそんなんでしたよね?)が強烈に心に響きました。

同じく!です。

超豪華なキャストで、でもデンチが一番お気に入りでした。

連続カキコすみません。

投稿: とも | 2010年4月29日 (木) 00時43分

とも様

こちらにもありがとうございます!

ジュディ・デンチ素敵でしたよね〜 かっこよかった!
ミュージカル映画って大好きなので、デンチの歌にグッときてしまいました。

ともさん、また気軽にいつでもコメントいただけると嬉しいですhappy01

投稿: kenko | 2010年4月29日 (木) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/33916272

この記事へのトラックバック一覧です: NINE:

» NINE [★YUKAの気ままな有閑日記★]
そろそろ春休み〜観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分の弱さを抱きとめてくれる女たちとの幻想の世界へと陥っていく―     監督 : ロブ・マーシャル 『シカゴ』 『SAYURI』 *フェデリコ・フェリーニ監督『8 1/2』を元にしたブロードウェイミュージカルの映画化―【comment】 華麗なる映... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 15時41分

» 「NINE」 遅すぎた成長 [はらやんの映画徒然草]
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 16時39分

» NINE / NINE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} 豪華キャストで贈る話題のミュージカル{/kirakira/} 最近豪華キャスト競演!ってすごく多いな〜。 本作、その競演が最大の見どころって言... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 16時57分

» 「NINE」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 20時03分

» 豪華キャスト競演♪ ロブ・マーシャル ☆ 映画 『NINE』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
ミュージカル『CHICAGO』を映画化して私を感動させてくれたロブ・マーシャル監督が、トニー賞受賞の大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル作品を、またまた映画化してくれた♪♪ だからずぅ〜〜〜と公開が楽しみで、楽しみで――!! その『NINE』がいよいよ公開。早速観...... [続きを読む]

受信: 2010年3月29日 (月) 23時54分

» 『NINE』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン■鑑賞日 3月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ロブ・マーシャル監督がこの映画を撮るからといって、『シカゴ』のような映画を想像してはいけません(笑) で... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 12時48分

» NINE [映画、言いたい放題!]
元々は、1963年にイタリア映画の巨匠、 フェデリコ・フェリーニが製作した「8 1/2」を、 1982年にブロードウェイでミュージカル化されたのが「NINE」。 タイトルが「2分の1」だけ増えて「9」になったのは、 歌と踊りの要素が増えたからだそうです。 数年前にこの作品を日本... [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 23時44分

» 豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)> [美味−BIMI−]
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。 見終わった後、踊りだしたくなる映画でした! 歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEMA ITARIANO」! <映像の魔術師>と呼ばれた監督のイタリア&フランス合作映画 【8 1/2(はっか にぶんのいち・Otto e mezzo 1963... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 12時17分

» 映画:NINE [よしなしごと]
 ミュージカル好きとしてはこの映画ははずせません。と言うわけでNINEを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 20時58分

» 「NINE」 [シネマ・ワンダーランド]
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的な映画監督が新作の撮影で行き詰まる中、妻をはじめ彼を取り巻く女性らと繰り広げる混乱や、混沌の世界を華麗で幻想的な歌や踊りで描く。監督は舞台振付出身で、ミュージカル映画「シカゴ」でオスカーを受賞したロブ・マーシャル。... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 14時55分

» 【映画】NINE(ナイン) [★紅茶屋ロンド★]
<NINE(ナイン) を観ました> 原題:Nine 製作:2009年アメリカ、イタリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 豪華女優人が共演するミュージカル映画として、公開当時から気になっていたんだけど、結局時間の都合が付かず観にいけなかった作品…(この時期は見たい映画も沢山あったうえに、バイトが激務だった…) とは言っても、監督ロブ・マーシャル作品は観た事が無かった!「シカゴ」すら見ていない。だけど、なぜか気になる作品だったんだよなぁ~。 さて内容。映画監督のグイドはスランプに陥っ... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 22時47分

« ハート・ロッカー | トップページ | 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 »