« 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 | トップページ | ビッグ・バグズ・パニック »

バベットの晩餐会(午前十時の映画祭)

Babettes_feast

1987年に公開されたデンマーク映画で、その年の米アカデミー外国語映画賞を受賞した作品。
<午前十時の映画祭>のラインナップの中ではスルーの予定でしたが、母に強く誘われて観に行ってみました。

午前十時の映画祭 公式サイト

なんてステキな映画!すごーくおもしろかったshine
美味しい料理は人を幸せにする。そしてすばらしい映画も人を幸せにします。

この映画について何の知識もないまま、フランスとデンマークの合作映画?とか思いながら観ていたのだけど、これはデンマーク映画。
若い頃パリで育ったという監督がデンマークに戻って演技を学び、そののち役者ではなく監督として活躍するようになり撮った作品なんだそうです。
なんとなくの印象は地味な文芸作品?って感じだけど、ユーモアたっぷりで思わず声を出して笑っちゃうようなシーンもたくさんある、心晴れやかな人生讃歌。

時代は19世紀。舞台はユトランドの貧しい漁村。
敬虔なカトリック信者の老姉妹・マーチーネとフィリパ、そして二人に雇われているフランス人の召使いバベット。
若い頃から牧師である父に仕え、結婚もせず貧しく清廉な生活を送ってきた姉妹に召使いがいるのは奇妙なこと。
これには深ーい理由がある。彼女たちには秘密があるのです。
物語は、秘密の発端となる過去へ。
淡々としているけれど、ミステリアスで引き込まれるオープニング。

とにかく脚本が見事!
前半は若き日の姉妹に想いを寄せた二人の男性とのエピソードが描かれ、これは姉妹の恋の物語?と思わせますが、実はラストに向けての伏線に過ぎません。
美しく才能もあった姉妹が、村を出て華やかな生活を手に入れるチャンスを見送ったのは、厳格な父が姉妹を手放さなかっただけではなく、彼女たち自身の選択でもありました。
父が亡くなり姉妹も年老いて、若い頃の選択を全く後悔しないわけじゃなかったろう・・・と思います。

そんなある日、姉妹の家を訪れたフランス人女性・バベット。
彼女はかつてフィリパの歌声に惚れ込んだオペラ歌手アシール・パパンのもとからやってきた。
身よりのないバベットを姉妹は受け入れる。
料理の名人であるバベットは、少ないお金でやりくりし、工夫を凝らして質素でも美味しい料理を作った。
年月が過ぎ、バベットは村にとって欠かせない存在となる。
ある日、バベットのためにパリの友人が買っていた宝くじが当たったという知らせがくる。
それは1万フランという大金だった。
姉妹はついにバベットが村を去る日が来たと覚悟するが、バベットは意外な申し出をする。
バベットは牧師の生誕100周年の日に、フランス料理による晩餐会を開きたいと言うのだった。

姉妹の若いころの出会いと選択は、この晩餐会の奇跡へとつながっていきます。
バベットが仕入れてきた見たこともない食材(生きたウミガメやウズラちゃん)に恐怖を感じていた姉妹と村人たちだけど(笑いどころ)、美味しいお酒と美味しい料理、最高のもてなしは彼らの心を自然と解きほぐしていく。
かつてマーチーネを愛した将軍の、お料理への賛辞と解説も効いてます。(晩餐会のあとの愛の言葉にクラクラ)

バベットは実は、パリの高級レストラン<カフェ・アングレ>の伝説の女料理長だった。
彼女は1万フランをすべて使って村人を幸せにしたが、それは芸術家である彼女自身のためでもありました。
すべての出来事はつながっている。
人生は虚しくなんてないし、間違った選択なんてひとつもないのだ。

マーチーネが見る悪夢や、朴訥な村人たちのキャラクターはほのぼのとしていて笑えます。
耳が遠くて「ハレルヤ!」としか言わないおじいちゃんがお気に入り♪

|

« 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 | トップページ | ビッグ・バグズ・パニック »

映画」カテゴリの記事

コメント

おおお,大好きな映画です~

原作者のデンマーク人カレン・ブリクセンは
メリル・ストリープ主演の「愛と哀しみの果て」の原作者でもありますね。
バベットが無償でふるまうディナーが人々の心を癒すさまは
「神の無償の恩寵」を表しているのだと書いていたキリスト教の本を読んだことがあります。
ワインを飲みたいとき,必ずこの作品を観たくなりますね。
出てくるお料理の中で
一番食べてみたいのは「うずらの石棺パイ」と「ウミガメのスープ」かな?

投稿: なな | 2010年4月 3日 (土) 23時07分

なな様

ななさん、大好きな映画でしたか!
原作者は「愛と哀しみの果て」を書いてる人でもあるんですね〜
私はテレビでちらりと晩餐会のシーンを観たことがあるくらいでほぼ初めて。
こんなにステキな映画だったなんて全然知らなかったのでしたcoldsweats01
笑えるシーンがいっぱいあるところがいいなーと思いました!

ほー、キリスト教の本などでも取り上げられているんですね。深いですね〜
さすがお詳しいshine
私もいちばん食べてみたいのはうずらのパイ!
ウミガメのスープも興味津々〜
映画観てるとき、ウミガメちゃんのシーンで隣りの席の女性が
「ほんとに食べるの・・・?」とつぶやいてましたが。
いつかななさんとワインなど飲み交わしながら
映画のお話してみたいですhappy01

投稿: kenko | 2010年4月 4日 (日) 11時53分

kenkoさん、こんばんは
コメントしたき記事たくさんあるんですけど、今日はとりあえず二つだけ
この映画、少し前にとあるところでこんな評判を聞きまして
「途中で家族から『意味がわからないからチャンネルを変えてくれ』といわれて豪華な食事が並ぶところしか覚えておりません」

なんか・・・難しそうな話なんかな・・・ と思っておりましたが、kenkoさんのレビュー読むととっても面白そうじゃないですか!
あと操り人形がなんか関係あるんかな?と思ってましたが、タイトルをよく見たら「パペット」じゃないよ! 「バベット」だよ! とこれまた勘違い

デンマークの映画は今年始めにみた『誰がため』というのが大層よかったですよ。はい

投稿: SGA屋伍一 | 2010年4月 7日 (水) 20時07分

SGA屋伍一様

こんにちはhappy01

私もなんとなくとっつきにくそうなイメージがあったのですが
ぜんぜんそんなことないんですよ〜
難しいテーマとかでもないし。
ただラストの感動へとつながる前フリがとっても長いので、
「意味が分からないからチャンネル変えて」と家族に言われて・・・という話、よく分かりますsweat02
私も最初はパペットと思ってた(笑)マルではなくて点々です!

「誰がため」は少し前まで地元で上映してて、
いちおう自分の中の観たいリストには入れてたんだけど
なんとなく気分が乗らず、スルーしてしまいました。
もったいないことしたかな。。。

投稿: kenko | 2010年4月 8日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/33649893

この記事へのトラックバック一覧です: バベットの晩餐会(午前十時の映画祭):

» 『バベットの晩餐会』|今まで観た中でベスト1です [23:30の雑記帳]
結果からいうと、号泣した。それで二日連続で観に行った。二日目もティッシュを忘れてごまかすのに大変だった。「午前十時の映画祭」シリーズもこれで16本目となる。個人的にはこれが今のところナンバーワンだ。こんな名作がDVD発売されていないとは驚き。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 23時30分

» 【バベッドの晩餐会】 [日々のつぶやき]
  監督:ガブリエル・アクセル 出演:ステフォーヌ・オードラン、ジャン・フィリップ・ラフォン 「19世紀後半のデンマーク、小さな村に住む二人の姉妹マーチーネーとフィリパは牧師の父の元で育った。献身的に神仕えて二人は独身のまま年老いて暮らしていた。その二人に... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 08時44分

» バベットの晩餐会 [象のロケット]
デンマークの小さな漁村に住む伝道師老姉妹のもとに、パリから来たバベットがメイドとして住み込んだ。 永い年月の後、宝くじを当てた彼女は村人たちに得意の腕をふるい、豪華なフランス料理をご馳走する。... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 01時21分

» 「バベットの晩餐会」 [或る日の出来事]
静かで美しく、押しつけがましくなく。バベットの気持ちに感動。 こんなに、いい映画だとは思っていませんでした。 [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 11時09分

« 新旧☆時かけ!!シネマ尾道 | トップページ | ビッグ・バグズ・パニック »