« シャッターアイランド | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

ウルフマン

The_wolfman

けっこう前から楽しみにしていたベニチオ・デル・トロの『ウルフマン』がようやっと日本公開!
張り切って初日に観てきました。

<あらすじ>

19世紀。アメリカで舞台俳優として活躍するローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)はある日、兄の婚約者であるグエン・コンリフ(エミリー・ブラント)から兄が行方不明になったという手紙を受け取り、25年ぶりに英国ブラックムーアへ帰郷する。
しかしローレンスがタルボット城に着いたとき、既に兄は無惨な死体となって発見されており、ローレンスは自ら犯人を突き止めることを決意するのだった。
ブラックムーアには満月の夜に現れるという異常者の伝説があり、村人は殺人事件をこの伝説と結びつけて噂していた。
満月の夜、ローレンスが事件を調べるため訪ねた流浪民のキャンプが襲撃され、ローレンスは重傷を追ってしまう。
一命を取りとめたローレンスの身体に、やがて異変が起きはじめる。

ウルフマン 公式サイト

これまで幾度となく映像化されてきた狼男伝説。
個人的にはニール・ジョーダン監督『狼の血族』と、ジャック・ニコルソン主演『ウルフ』がお気に入りですが、今回のは1941年の古典ホラー『狼男』のリメイクゆえか、かなり正統派狼男な印象。

とくにそう感じたのが、どこか懐かしくて味わい深い、見ようによっては愛嬌もある狼男のビジュアル。
本作の最大の見どころはやはり、『狼男アメリカン』などで知られる特殊メイク界の重鎮リック・ベイカーが手掛ける、CGに頼り切らないコダワリの本物メイク&デザインと思われますが、ベイカー氏はオリジナルに敬意を払い、可能な限りそれに近い造型を心がけたのだそうです。
ぶっちゃけ完全に変身した姿よりも、グロテスクかつリアリスティックな変身過程の方にときめいてしまったけど、41年『狼男』のファンにはそれこそ懐かしの狼男なのかも。
(未見なので比べられませんが)

骨がゴキュゴキュ変形していく感じは斬新!
明るい場所でたっぷりと見せてくれて満足。

The_wolfman2_2

狼男が村人を惨殺していくシーンも、思った以上に血沸き肉踊るスプラッタでよかったです。
カメオ出演ベイカー氏も瞬殺!

Rick_baker

とまあ、ビジュアル面はかなり満足だったのですが。
お話の方がなんだかいまひとつ、というか登場人物のやってることが時々よく分からなくて、どうもスッキリしませんでしたsweat02
たとえばアンソニー・ホプキンス演じるローレンス父。
「王国を継いでほしかった」らしいけど・・・なぜにそんな回りくどいやり方を?
エミリー・ブラント演じるヒロインが呪いを解く方法をジプシーの人にわざわざ聞きに行ってたけど、結局そんな方法なかったってこと?
最後の彼女の行動こそが、ある意味、愛の力で彼を呪いから解き放った、ということなのかもしれないけど、解き放つのならいっそ野生の本能を解き放ってほしかったです。
(で、ガブリといってほしかった)
ヒューゴ・ウィービング演じるアバライン警部がビックリするほど役立たず・・・なのはまーいいとしても(最後に一応お役目あったし)、切り裂きジャック事件のアバラインが実は狼男も追っていた!という映画ならではのコラボを喜ぼうにも、いかんせん描き方が中途半端な気がしました。

辛口っぽくなっちゃいましたが、とにかく変身シーンだけは何度でも見たい!
がっつりツボにハマることはなかったものの、全体的にはそこそこ楽しめました。

おまけ。ベニチオウルフマンに襲われるリック・ベイカー↓

Rick_baker2

おちゃめなふたり(笑)てゆーかベニチオさん、ほぼノーメイク?たのしそうcatface

|

« シャッターアイランド | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん
こんばんは★

二つもコメありがとー!なんかねーな脚本でしたよね。
というか、わざわざリメイクするならもっと面白くして欲しい〜。

映像は良かったケドオリジナルもあの時代にしてはかなり良く出来てましたもんね!

最後の写真、ウルヴァリンみたい 笑!

投稿: mig | 2010年4月29日 (木) 22時53分

mig様

リメイク元の映画を実は観てないので・・・比べられないんですけど
お話的にもあんまり変えてないのかなと想像しながら観てました。
変身シーンとかゴシックな雰囲気はよかったんですけどね。。。

ベニチオ・デル・トロの狼男はハマリ役ですよね〜
ほんとだこれ、どっかで見たと思ったらウルヴァリンですね(笑)

投稿: kenko | 2010年4月30日 (金) 14時58分

こんばんは~

ほんと,ヴィジュアルは文句なしだったんですけど
みなさん感じておられるように
お話や人物描写が浅かったですね。
説明不足のまま終わった伏線もいっぱいだし。

わたしも過去の狼男もので
一番印象に残ったのはジャック・ニコルソンでした。
ま,彼はもともと狼っぽい顔なんですが
あの作品はストーリー的にも優れていたような気が。

投稿: なな | 2010年5月 7日 (金) 00時16分

ゴメンネ~お邪魔するのが遅くって。

で、、、この映画の情報はkenkoさんに教えてもらったのよね~
同じくデル・トロさんの狼男を楽しみにしていたわ~

でもね~雰囲気は良かったけれど、お話がイマイチなのが残念だったよね?もしかして少し端折ったのかな?意味不明のところが多々あったし。

>ベニチオウルフマンに襲われるリック・ベイカー↓
あはは、、、凄い顔だよね?(笑)
メイクバッチリの時よりも迫力あるかも(笑)

投稿: 由香 | 2010年5月 7日 (金) 11時29分

なな様

もうちょっと人物描写を掘り下げてほしかったですよね。
せっかくアンソニー・ホプキンスやベニチオ・デル・トロという
いい役者さんを起用しているのに。
結局、予告篇で観た変身シーンのインパクト以上のものがなかったんですよねぇ。。。

私もジャック・ニコルソンの狼男は印象深いです。
ニコルソン大好きだしheart
といいつつ細かいストーリーは忘れちゃいましたが
ラストはすごく覚えてて、最後ミシェル・ファイファーも狼女になっちゃうんですよね。
そんな野生バンザイ!な終わり方が好きだったのでした。

投稿: kenko | 2010年5月 7日 (金) 15時14分

由香様

いえいえ!ほんとに気にしないでくださいましね。

予告を初めて観たときは、これはかなり期待できそう!!と思ったんだけどなぁsweat02
変身シーンはすばらしかったけど、やっぱお話やキャラクターがちゃんとしてないとダメですね。
ローレンス・タルボットはどうやら子供時代に精神病院に入れられてたみたいだけど
そのへん微妙に説明不足でしたよねぇ?

最後に貼ったこの写真だけ見ると、まるでコメディみたいと思いました(笑)
ほんとメイクバッチリより迫力あるかも(笑)

投稿: kenko | 2010年5月 7日 (金) 15時26分

こんばんはっす。ウチのほうでも書きましたけど、あのやるせない結末はシェイクスピアを意識したんじゃないでしょうかね
『ロミオとジュリエット』とかもうまくいきそうだった駆け落ちが、結局ささいなすれちがいで悲惨なことになったりしたじゃないですか
まあわたしもできればローレンスさんには助かってほしかったですけど

わたしに印象に残っている狼男は、平井和正氏の『ウルフガイ』(若い方)と『仮面ライダーキバ』の次狼さんかなー

投稿: SGA屋伍一 | 2010年5月17日 (月) 20時31分

SGA屋伍一様

確かに悲劇の結末はシェイクスピアぽかったですね。
あんまりしっくり来ない結末だったんだけど・・・
そこに至るまでの二人の恋の盛り上がりにノレなかったからかなー
ローレンスには狼男であってほしかったんですよね。まことに勝手ながら。

そうか!仮面ライダーキバの次狼さんもとってもステキな狼男だった!
『ウルフガイ』は知りません・・・すみませんsweat02マンガですよね?

ところでライダーと言えば、今度映画が3本もあるでしょ?
SGAさん全部観に行くんですか?

投稿: kenko | 2010年5月18日 (火) 15時52分

こんばんはー♪
「狼男の映画作るんだったら、俺が行かなきゃ話になんないだろ!」と自ら出向いたリック・ベイカーの仕事は見事でしたねぇ。
話は言葉足らずでしたが。
すっぴんでも大丈夫そうなトロの狼男も良かったですねぇ。
話は言葉足らずでしたが。
個人的には、いつトロが「そうでがんす」と言い出すか、ハラハラしてましたw

投稿: たお | 2010年11月12日 (金) 02時34分

たお様

そうなんです、ベイカー氏のお仕事はすばらしく、
特殊メイクなど施さなくても狼男なトロさんもハマっててよかったんですけどね。
いかんせん、お話が言葉足らずで。。。
けっこう前から楽しみにしてて期待してたやつだったから残念でした。
変身シーンだけなら何度でも観たいくらいお気に入りなんだけどな。

日本人にとって狼男といえば、語尾は当然「がんす」ですよね(笑)

投稿: kenko | 2010年11月12日 (金) 21時57分

当然「がんす」です!
で、当ブログの“ほぼ一方的にお世話になってます”リストに、こちらをリンクさせていただいちゃってますので、ほぼ一方的にご報告までに。

投稿: たお | 2010年11月13日 (土) 03時30分

たお様

一方的なリンク&報告、ありがとうございますshine
うちではリンクを貼るようにしてなくて、本当に一方的に貼っていただくばかりですが
とっても嬉しいです。
今後もどうぞ、よろしくでがんす!

投稿: kenko | 2010年11月13日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/34357403

この記事へのトラックバック一覧です: ウルフマン:

» ウルフマン [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ウルフマン10:米◆原題:THE WOLFMAN◆監督:ジョー・ジョンストン「ジュラシック・パークIII」「遠い空の向こうに」◆出演:ベニチオ・デル・トロ 、 アンソニー・ホプキンス 、 エミリー・ブラント 、 ヒューゴ・ウィーヴィング◆STORY◆19世紀、イギリス・ブラック...... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 21時44分

» ウルフマン /THE WOLFMAN [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デルトロが狼男ってそのままでもイケそう!?失礼{/m_0162/} 1941年に製作された古典ユニバーサル・モンスター映画「狼男」をベニチオ・デルトロ主演、 「ジュラシック・パークIII」のジョー・ジョンストン監督でリメイク{/atten/} 試写で観てからけっこう経っちゃった。 新作続々押し寄せて来るのでこの辺で書... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 22時51分

» ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=20 -7-】 昨日、ふら〜っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う〜んと・・・ よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろうけど・・・ 夏場はたくさんの死傷者が出そうな気がする・・・気をつけて・・・  19世紀、イギリス・ブラックムーア。舞台俳優のローレンスは兄ベンが行方不明になったと知り、久々に実家の城に帰ってきた。しかし到着早々、無残に引き裂かれ... [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金) 10時48分

» ★「ウルフマン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 03時19分

» 「ウルフマン」 凶暴なチューバッカ!? [はらやんの映画徒然草]
かつてのユニバーサル映画と言えば、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「狼 [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 09時29分

» ウルフマン [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 12時35分

» 映画「ウルフマン」この特殊メイク大画面で見るともっと凄い! [soramove]
「ウルフマン 」★★★☆ ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント主演 ジョー・ジョンストン監督、102分 、 2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:The Wolfman )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ドラキュラと同じ様に古典的な怪物映画の主人公が 現代の特殊メイクで蘇った、 主演のベニチオ・デル・トロは人... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 09時33分

» 「ウルフマン」鑑賞 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 22時44分

» ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=20 -7-】 昨日、ふら〜っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う〜んと・・・ よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろうけど・・・ 夏場はたくさんの死傷者が出そうな気がする・・・気をつけて・・・  19世紀、イギリス・ブラックムーア。舞台俳優のローレンスは兄ベンが行方不明になったと知り、久々に実家の城に帰ってきた。しかし到着早々、無残に引き裂かれ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 09時41分

» ウルフマン [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ベネチオ・デル・トロの狼男物語。こういった19世紀のイギリスを舞台にした,古色蒼然正統派ホラーは,その雰囲気からして大変好みなので,期待大で鑑賞。 結果は・・・う~~~ん。そこそこ良かったけど,期待ほどではなかった・・・かな。この時代の英国の田舎の貴族の館を中心とした陰鬱で不気味な雰囲気はたっぷりと... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 00時17分

» ウルフマン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
べニチオ・デル・トロの狼男〜楽しみにしていました【story】19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷して無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中に怪物に襲われたローレンスは、やがてウルフマンに変身し、満月の夜になると殺人を犯すようになってしまう。そんなローレンスを父ジョン(アンソニー・ホプキンス)はわざと凶行に走らせ、警察へと引き渡すが―     監督 : ジョー・ジョンストン 『ジュマンジ』... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 11時25分

» ウルフマン [Movies 1-800]
The Wolfman (2010年) 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング 1941年作のホラー映画「狼男」のリメイクで、19世紀末のイギリスを舞台に、失踪した兄の捜索の為、久しぶりに帰郷した舞台役者の呪われた宿命を描く。 「シャーロック・ホームズ」と同様に、冒頭から、この時代、この地域特有の、ただならぬ出来事を予感させる雰囲気が漂い、観客を古典の世界へ誘う。 一番の見所とも言える狼男の造形もCGに頼りきるこ... [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 01時06分

» 狼男だね ジョー・ジョンストン 『ウルフマン』 [SGA屋物語紹介所]
思うんですけど狼男って英語だと「ワーウルフ(werewolf)じゃないんですかね [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 20時31分

» 映画:ウルフマン [よしなしごと]
 最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 08時06分

» ウルフマン (The Wolfman) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョー・ジョンストン 主演 ベニチオ・デル・トロ 2010年 アメリカ映画 119分 ホラー 採点★★★ イメージってのはどうも妙な所で固まってしまうようで、ドラキュラもフランケンも狼男も、それこそユニバーサルホラーからハマーホラー、新旧問わず観まくって…... [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 02時35分

» 『ウルフマン』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ウルフマン 』 (2010) 監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 01時08分

« シャッターアイランド | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »