« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

Princeofpersia

元ネタであるゲーム『プリンス・オブ・ペルシャ』は、初代のスーパーファミコン版をむかーし超ハマってやった記憶があります。
当時としては気持ち悪いくらいリアルな動きをするキャラクター、足場の悪いところを走ってジャンプして掴まってよじ登って!という一連のアクションが、画期的に気持ちのいいゲームでした。
ときには抜き足差し足。
失敗するとギロチンとかトゲトゲのトラップとかで嫌な死に方をするの。

<あらすじ>

古代ペルシャ。両親のいない貧しい少年ダスタンは、友達を救うためにとった勇気ある行動が王の目に止まり、3番目の王の子として育てられることになる。
時は流れ、ダスタン(ジェイク・ギレンホール)は逞しい戦士に成長した。
ある日、聖都アラムートが強力な武器を敵国に輸出しているという叔父ニザム(ベン・キングスレー)の情報から、王子達は独断でアラムートに攻め入り、ダスタンの活躍により見事征服する。
勝利に沸くペルシャ軍だったが、王は聖都に攻め入ったことを良しとせず指揮をとったタス王子を責めた。
ダスタンはタス王子に代わり、勝利の証しとしてアラムートの法衣を王に贈る。
ところがその法衣には毒が塗ってあり、王は苦しみ死んでしまう。
ダスタンは王殺しの犯人にされてしまうが、捕虜となっていたアラムートのタミーナ王女(ジェマ・アータートン)の助けにより、なんとか逃げのびる。
タミーナ王女の目的は、アラムート征服の際にダスタンが手に入れていた美しい短剣にあった

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 公式サイト

懐かしの名作アクションゲームがジェイク・ギレンホール主演で映画化ってことで、これは観なきゃ!と思いつつ、ポスターなどで見る限りなーんかイメージと違う。
なんていうか、ロンゲのジェイク・ギレンホールがかっこよすぎるんです。

私の中のイメージ、これだもん↓

5

せめてジェイクにはターバンくらい巻いてもらわにゃ。

全然知らなかったんですが、『プリンス・オブ・ペルシャ』には続編がいっぱいあって、最近の3Dのやつとかはyoutubeなんかで動画を観るともうめちゃカッコよくて、ジェイクのビジュアルはむしろそっちのイメージに忠実なのねsweat02

まーどっちにしろ、大味なアクション映画っぽいな・・・とあまり期待せず初日に観てきましたが、なかなかどーして、とってもおもしろかったですshine
久々にいい意味でハリウッドらしいアクション超大作を観た!って感じ。
さすがブラッカイマー印。

まずはゲームのいちばんの持ち味を彷彿とさせるアクションシーンの素晴らしさ。
複雑怪奇に入り組んだペルシャの町を、まるでニンジャのように走って飛んで掴まって!が、すっごく楽しい。
『プリンス・オブ・ペルシャ』というタイトルだけでゲームとは別物かなーとなんとなく思ってたけど、ちゃんとゲームをプレイしてるときのワクワク感を呼び起こしてくれました。

エキゾチックな世界観も魅力的だし、時間の砂がもたらす魔法を最大限に生かしたテンポのいい脚本の中で、主人公ダスタンと勝ち気な王女様の運命的な恋とか、サブキャラの心理描写とか、血が繋がっていないからこそより感動的な兄弟愛などを、キレイにまとめていたと思います。
舞台はいちおう古代ペルシャだけど、現代的でノーテンキなノリ、ちゃんとめでたしめでたしで終わってくれるところがイイのだ。

この役のためにビルドアップしたというジェイク・ギレンホールをこんなにステキと思ったのは初めてだし、タミーナ王女役のジェマ・アータートンは『タイタンの戦い』のときよりずっとキュートでビューティフル。エキゾチックな衣装やメイクが似合ってた。
昔のゲームではお姫様は囚われの身で主人公の助けを待つばかりだったけど、イマドキのお姫様はウェイトレスもやっちゃう。
悪役ベン・キングスレーはもちろんのこと、ダチョウ好きおじさんアルフレッド・モリーナもいい味だしてました。

| | コメント (10) | トラックバック (16)

フェーズ6

Carriers

これまでにも何度か<全世界感染>したことはありますが、今回のウイルスは、ゾンビ化した人間が人肉を貪り喰ったりはしません。
感染した者はただ苦しみ、弱り、歩くことさえままならなくなる。
マスクを血だらけにし、醜い姿に変貌し、孤独に死を待つだけ・・・という設定が、映画的に新鮮かつゾンビ化するよりも悲惨。

<あらすじ>

兄弟であるブライアン(クリス・パイン)とダニー(ルー・テイラー・プッチ)、ブライアンの恋人ボビー(パイパー・ペラーポ)、ダニーの女友達のケイト(エミリー・ヴァンキャンプ)は、ベンツに乗り荒野を走っている。
目的地は、兄弟が子供の頃に過ごしたことのあるメキシコ湾のビーチ。
全世界に広がったウイルスの脅威から逃れるため、そこへ向かっていた。
彼らが走る道の途中に一台の車が停まっている。警戒する4人。
車の持ち主である男(クリストファー・メローニ)がガソリンを分けてくれと言う。
車中にいる少女が感染しているのを確認した4人は、男の要求を拒否し置き去りにするが・・・

フェーズ6 公式サイト

監督脚本はスペイン出身のアレックス&ダビ・パストール兄弟で、これが長編映画およびハリウッドデビュー作なんだそうです。
兄弟監督だからこそ、兄弟のこんな救いのない顛末を描くのか・・・
『28日後…』的なノリのパンデミックホラー?とはちょっと違う、異色の人間ドラマ。
これまでにはない感じでおもしろかったけど、感染者に襲われるスリルや血みどろな演出を期待するとガッカリするかも。

恐ろしいウイルスが蔓延してしまった経緯が描かれることはなくて、既に世界が死にかけているところから物語は始まります。
平和な時代のルールは守る必要がなくなっており、盗んだベンツでメキシコ湾のビーチへ向かう4人の若者。
そのビーチは兄弟であるブライアンとダニーが子供のころ過ごした思い出の場所で、4人はそこでウイルスが死滅するのを静かに待つつもりだった。
唯一のルールは、感染者と接触しないこと、感染者が触った場所は徹底的に消毒すること。
それだけ。

以下ネタバレ!

そんなに強力なウイルスならその程度じゃ防げないんじゃないの?と最初は思うんだけど、どれだけ厳密にやっても感染するときはしてしまうようで(詳しい説明がないので想像ですが)、おそらくあらゆる方法は既に試された。
そして今、人間は死滅しかけている。
血清が作られているという噂の場所に行ってもほとんど人はいないし、ラジオから聞こえてくるのはどこかの町の最後の生存者のメッセージ。
ブライアンが定めたシンプルなルールは「それを守れば感染しないかもしれない」という程度のものでしかないのだけど、僅かな希望に向かって生きるためにはそれに依存するしかない。

本当はみんな心のどこかで「いずれ感染して死ぬ」と悟っているのに、ドボドボと消毒液をぶっかけながら、けして取り戻せない、いちばん幸せだった時代の思い出に向かってひた走るという虚しい逃避行。
道すがら出会う生存者と助け合う?自分を犠牲にして愛する者を守る?
恋人だろうが感染すれば置き去りにする。まだ生きていた両親ですら見捨てたのだから。

危機的状況に陥ったとき人はどうするか、というのがこの手の映画のテーマだったりするけれど、この映画の登場人物たちの行動は、ある意味とってもリアル。
ブライアンとおばちゃんが撃ち合うシーンとか、ちょっとスゴイです。
自分だったらどうするか・・・考えちゃいますね。

兄弟を演じるのは『スタートレック』のクリス・パインと『サムサッカー』(未見)のルー・テイラー・プッチ。
若手俳優さんが頑張っている映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追憶(午前十時の映画祭)

Thewaywewere

シドニー・ポラック監督、1973年の名作でございます。
DVDも持ってるけど、どちらかというと映画そのものよりもバーブラ・ストライサンドが歌うテーマ曲“The way we were”が好きすぎる。

ええ曲やー

映画と音楽は切っても切り離せないものだけど、ここまでテーマ曲がもたらす感動が大きい映画も少ないのではないでしょうか。
(『時をかける少女』とか・・・考えればけっこうありそうな気もするけど今はあえて考えない)
オープニングにもハミングで流れるし、途中アレンジされた曲も流れるけど、有名なラストシーンにかぶさるようにして流れ始める“The way we were”
これを聴くために、この映画のドラマはあった。と言っても過言ではありません。
(少なくとも、私にとっては)

あとロバート・レッドフォードね。
この頃のレッドフォードはとにかく麗しいです。
白い軍服を着て、バーカウンターで居眠りしているハベル。
そりゃケイティじゃなくても、お持ち帰りしたくなりますわよ。
ハンサムで頭が良くてお金持ちでスポーツマンで才能もある上、けして驕り高ぶったりしない、内面的にも完璧な男。
一方ケイティは凡庸ではない強烈な魅力を持った女性だけれど、いかんせんガムシャラすぎる。
なにごとにも屈することのない女性。

真逆なふたりだからこそ惹かれ合ったのだと思いますが、正直言って、もし自分が男だったらケイティみたいなエキセントリックな女性は無理だなぁ・・・なんて思ったりもする。
ケイティにどっぷり感情移入して観る女性も多いと思うけど、私の場合、気がつくとハベル目線で観ているのでした。

幸せの絶頂にあった二人。
でもケイティにとって見過ごせない出来事が起きたとき、彼女は自分を偽ることはできなかった。
ハベルが友人の映写室で、大学時代のケイティがスピーチする懐かしい映像を観るシーンがありますが、このときハベルは、カーリーヘアで熱弁するケイティを魅力的に感じたこと、間違ったことと闘うケイティが輝いていたこと、そして今、二人はお互いに心から愛し合っているけれど、このまま一緒にはいられないこと・・・二人が重ねた日々、さまざまな想いが心をよぎり、結末を悟ったのではないかと思います。

それから『追憶』で思い出すのが『セックス・アンド・ザ・シティ』
4人が『追憶』について話すシーンがあるんです。シーズン2の最終話。
別れたビッグが付き合って間もない若い女(ナターシャ)と結婚することを処理できないでいるキャリー。
ビッグのプラザホテルでの婚約パーティーの当日、いつものように4人でダベっている。
キャリーは言う「ビッグと友達になるなんて無理。あれだけ愛し合ったのに。なんであの子なの
ミランダ「答えはひとつ。ビッグはハベルだからよ
キャリー、ミランダ、シャーロットは『追憶』が大好きらしく「ハベル!」を連呼して盛り上がるのですが、サマンサだけはキョトンとしている。「ハベルってなによ?
ミランダ「『追憶』観たことないの?信じられない!あの映画を観ないでいられるなんて!
ハッとするキャリー「そうか!私いま悟った。世の中にはケイティみたいな女と、そうじゃない女がいるのよ。私はケイティなんだわ
ここで3人で“The way we were”を熱唱する(笑)
サマンサ「くだらない」(と言いながらも、ちょっとお母さんみたいな優しい目で3人を見ている気がします)

みんなと別れたキャリーはプラザホテルの前を通りかかり、ビッグに会う。
キャリー「これだけは聞いておきたいの。なんで私じゃなかったの?
ビッグ「分からない。僕も頑固だったし・・・
キャリー「そう・・・かわいい人ね、ハベル
ビッグ「どういう意味だい?
キャリー「分からなくていいのよ
そしてビッグに背を向け去っていく。
ひゅ〜う♪カッコイイぜ、キャリー!
(でも結局くっつくし。この二人sweat02

ほぼ半分SATCのネタバレをしてしまいました。もうすぐ映画も公開!楽しみー♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギレルモ・デル・トロ プロデュース“Los ojos de Julia”

ギレルモ・デル・トロがプロデュースするスパニッシュホラー
『Los ojos de Julia(ジュリアの目)』の予告編。

主人公を演じるのは『永遠のこどもたち』のベレン・ルエダ。
ゆっくりと失明していくヒロインが、双子の妹の死の真相を探る。というお話らしいです。
監督はギエム・モラレスという人で、2004年の作品『El habitante incierto(招かれざる客)』はハリウッドリメイクの予定もあるんだとか。
これは観たい!
スペインでの公開は今年10月。日本はずっと先だろなsweat02

Los_ojos_de_julia_2

ちなみに今ギレルモっちの小説『ザ・ストレイン』を読んでいます。
読み終わったら感想を書きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『TRICK 新作スペシャル2』と『警部補 矢部謙三』

スペシャルの放送から二日経っちゃいましたが今頃。

禁じられた村祭りに響く、死を呼ぶ子守唄・・・

2
(なぜか人物相関図)

あのう・・・・・・映画よりおもしろかったんですけど!!
悪魔の手鞠唄をまるっとパクった内容でしたが、後味悪い結末で小ネタだけじゃないトリックらしさがあって良かったです。
宮崎吐夢にも、のど自慢大会で歌を披露してほしかったわ。
瑛太の弟である永山絢斗くんは、『罪とか罰とか』の印象が強くまたしても殺人犯?と思ったけど・・・
メーテルな浅野ゆう子さんの怪演、光ってましたね。

そして前日に最終回を迎えた『警部補 矢部謙三』
本編後のオマケコーナー<第九取調室TORIKU>に・・・・広島弁を操る、あの伝説の男が!!
満を持してカムバック!!

いやあ・・・感動した!
本編にもときどき、石原らしき人物がチラリと登場していたけど、顔は映らなかったし、どうせファンを喜ばすためのサービスで中身は違う人だろうと思ってた・・・まさか本人とは!!
石原カムバックを強く望んでいた時期もあったけど、諦めてからずいぶん経ちます。
でも忘れてたわけじゃない。
矢部の部下は、やっぱり石原がイチバンだもの。秋葉もいいセンいってるけどさ。
生瀬さん演じるヅラ刑事・矢部はどうやったっておもしろいけど、謎解き担当の新キャラコンビにはいまひとつ乗れん・・・なんて思いつつ最後まで観た甲斐ありました。
やっぱ石原はサイコーshine

「わしはみんなの思い出の中で生きれればそれでええんじゃよ」

泣かせるじゃんかーweep

本編のラストも思いのほか切ないオチで、矢部がかわいそうだったな。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

iPadの説明するけぇ、よう聞きんさい。

あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃhappy02
笑い死ぬ〜〜〜
これは広島ネイティブにはたまりません。吹き替えた人、天才!!

ipadが発表されたとき、スタトレファンが連想したスタトレに出てくるアレ↓

3

大きさも機能もそっくりじゃけぇー

ipadにはCaptain's Logという、ipadの見た目をスタトレpadに見せかけるアプリもあるそうです。

4_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

タイタンの戦い

Clashofthetitans

予告篇でちらりと映る怪獣の造型に激しく惹かれながらも、あちこちで聞く不評に観る意欲をすっかり無くしていたのですが、やっぱり怪獣が気になって観てきました。2D字幕。

<あらすじ>

神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)と人間の子供であるペルセウス(サム・ワーシントン)は、赤ん坊のころ漁師に拾われ人間として育てられ、逞しい若者に成長した。
ある日、人間はついに神に逆らいはじめた。
神は怒り、ペルセウスの家族は冥界の王であるハデス(レイフ・ファインズ)と人間の戦いに巻き込まれて死んでしまう。
ハデスは自らを神と名乗り始めた人間の王妃に、日蝕までに王女を生け贄にしなければ、人間界にクラーケンという魔物を解き放つというのだった。
復讐に燃えるペルセウスはクラーケンとハデスを倒すため、腕の立つ兵士たちと共に旅に出る。

タイタンの戦い 公式サイト

ハリーハウゼンが特撮を手掛けたという81年版は観てません。
ギリシャ神話としては知ってるような知らないような。

事前情報では脚本がいまひとつとのことでしたので、そのへん全く期待しなかったおかげかけっこう楽しめました。
確かにお話はなんてことないんだけど、元の映画のテイストを大事にしているのかいないのか、神々のキラキラエフェクトとか天界の様子とか、やけにショボいB級感がおもしろい。
演じてるのはレイフ・ファインズやリーアム・ニーソンという立派な俳優さんなんですけどね。

そしてもちろん盛り上がったクリーチャー祭りshine
怪獣さんの写真をどんどん貼ってくよー

Witch
魔女3姉妹。ペイルマンぽい。

Boatman
三途の川の船頭さん。
突っ立ってるだけなんだけど、造型的に弐瓶っぽくて好き。

Calibos
いちおう元は人間の王様ですが、ハデスと契約を交わしたことによりほぼクリーチャー化。
最後のセリフにきゅんときた。

Medusa2
メドゥーサ。
今回の神と人間の戦いには無関係ですよねぇ?一方的に巻き込んだあげくヒドイ仕打ちだ。

ちなみに81年のメドゥーサはこんな。
Medusa
あらコワイ!

Kraken3
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!クラーケン!!
もっと暴れてるとこ見たかった。

こちらも81年版
Kraken2
あらカワイイ!話せば分かってくれそうな気がします。

あとはハデスの分身のコウモリみたいなのとか、でっかいサソリもよかったです。
まさかサソリを乗り物にしちゃうとは!
楽できるぜ!と大喜びの狩人兄弟と一緒に乗ってみたいscorpius

最後に忘れちゃいけないこの人。
Sheikh_sulieman
見ため怪物だけど実はいいヤツという、こういうキャラには弱いよなぁー

とまあ、怪獣関係は概ね満足だったのですが、気になったのはいちおう主人公であるペルセウスはじめ、人間キャラがあまり魅力的とは言えず、それぞれの個性がうまく描き分けられていなかったこと。
メドゥーサとの戦いで旅の仲間が次々と命を落としていくんだけど、「えーと・・・いま死んだの誰?」とゆう感じだったんですよねsweat02
マッツ・ミケルセン演じるドラコくらいは分かりましたけども。
ペルセウスもさあ、「あくまでも人として戦う!これは俺の信念だ!」などとカッコイイことを言って、森の中に落ちてたパパからの贈り物を断固として拒否していたくせに、結局やむなく使用することになり、最後はパパともなんとなーく仲直り・・・ってそれでいいんかい!
ギリシャ神話の神様って基本的にやってることむちゃくちゃだから、そりゃ反抗したくもなるよね・・・とは思いました。

| | コメント (16) | トラックバック (13)

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

Trick

卵から◯◯◯◯で、ざわめく劇場内。前回ヒヨコだったもんねchick

<あらすじ>

中森翔平(佐藤建)という若者が上田次郎(阿部寛)を訪ねてやってきた。
翔平の故郷である万練村では、村を守ってきた霊媒師カミハエーリが亡くなり、次のカミハエーリを選出するために全国から霊能力者を集め戦わせるらしい。
翔平も候補者のひとりなのだが、実は翔平の能力はただのマジックだった。
だが村人たちは翔平がホンモノだと信じて疑わない。
霊能力などこの世に存在しないことを証明し、無益な争いをやめさせるために、翔平は上田に村にきて霊能力者たちのトリックを暴いてほしいという。
一方、売れないマジシャン山田奈緒子(仲間由紀恵)はあいかわらずの貧乏暮らし。
遊園地の興行主に万練村の話を聞いた山田は、霊能力者になりすまして村人からの貢ぎ物を得るため村へ向かうのだが・・・

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 公式サイト

トリックシリーズの大ファンですが、劇場版第3弾をやると知ったときは「まだやるの!?」と正直あきれました。
だってドラマも3までやってですよ。
映画もテレビスペシャルもやって、大好きなのでもちろんその全てに付き合いましたけども、とうの昔に『トリック』は、上田&山田およびトリック世界のおかしな住人たちによるお決まりのギャグを笑い、くだらない小ネタを笑うだけのものでしかないんです。
トリックはもういいだろう、もうじゅうぶんやったよ!というのが正直な気持ち。大好きだけど。
とか言いつつ、映画の宣伝以外のなんでもないスピンオフドラマ『警部補 矢部賢三』をしっかり毎週たのしみ(生瀬さんもよくやる)、おかげであまり乗り気じゃなかった気分もあっさり乗っちゃって、映画も初日に観に行ってしまったチョロくて律儀な私なのであった。

そこそこ笑えればいいやという程度の期待でしたが、前作に比べ原点回帰というか、初期トリックに近いノリが感じられて思ったよりも良かったです。
上田&山田コンビが、偽能力のトリックを暴くという基本に戻ろうとしているし、佐藤健と夏帆というかわいい二人のあまりにも残酷すぎる、悲劇の結末は、小ネタの応酬だけにとどまらない初期シリーズのテイストを思い起こさせました。

山田奈緒子が対決する霊能力者を、戸田恵子、片瀬那奈、藤木直人、松平健が演じてますが、ラスボスはもちろん松平健。
なんてったって山田は時代劇好きの暴れん坊将軍好きですから、満を持しての登場と言っていいでしょう。
松平健が松平健というキャラそのままに『トリック』に出演している。それだけで笑えるのに、暴れん坊ネタもサービス満点で楽しませてくれます。
予告でも流れてるけど、独特の言い回しで「霊能力者、バトルロイヤル!」とキメるだけで映画的に非常に盛り上がる感じはさすが。

しかし!そんな松平健が演じた鈴木玲一郎という男。
死んだ恋人と交信したくて本物の霊能力者を探してたらしいけど、だからってなんで、いたいけな少女の命を奪う必要があるの?やりすぎでしょうよー
お馬さんでかっこよく走り去ってんじゃないよ!佐藤くんがあまりに救われない。
鈴木にはもちょっと罪を悔い改めるとかなんとかしてほしかったです。
てゆーか、愚かな風習にとらわれて未来ある若者に悲劇をもたらした村人もどーなんだ!と、いつになくマジメにつっこみたくなったのでした。トリックなのに。

あとアダモちゃん全編にわたって出すぎ(笑)一度でじゅうぶんだから。
いろいろ文句を言いましたが15日のスペシャルも楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (10)

“Splice”のポスターと最新予告

先日キニナルムービーとして取り上げた遺伝子操作系SFホラー『Splice』の最新ポスターが発表されたのですが、
あまりにもきもちわるくてステキすぎるので、さっそく貼っておきます。

Splice

どうよ、このビジュアル。
ベビーの名前はドレンちゃん。

最新予告も。

やっぱりこれおもしろそう!早く観たーい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »