« ギレルモ・デル・トロ プロデュース“Los ojos de Julia” | トップページ | フェーズ6 »

追憶(午前十時の映画祭)

Thewaywewere

シドニー・ポラック監督、1973年の名作でございます。
DVDも持ってるけど、どちらかというと映画そのものよりもバーブラ・ストライサンドが歌うテーマ曲“The way we were”が好きすぎる。

ええ曲やー

映画と音楽は切っても切り離せないものだけど、ここまでテーマ曲がもたらす感動が大きい映画も少ないのではないでしょうか。
(『時をかける少女』とか・・・考えればけっこうありそうな気もするけど今はあえて考えない)
オープニングにもハミングで流れるし、途中アレンジされた曲も流れるけど、有名なラストシーンにかぶさるようにして流れ始める“The way we were”
これを聴くために、この映画のドラマはあった。と言っても過言ではありません。
(少なくとも、私にとっては)

あとロバート・レッドフォードね。
この頃のレッドフォードはとにかく麗しいです。
白い軍服を着て、バーカウンターで居眠りしているハベル。
そりゃケイティじゃなくても、お持ち帰りしたくなりますわよ。
ハンサムで頭が良くてお金持ちでスポーツマンで才能もある上、けして驕り高ぶったりしない、内面的にも完璧な男。
一方ケイティは凡庸ではない強烈な魅力を持った女性だけれど、いかんせんガムシャラすぎる。
なにごとにも屈することのない女性。

真逆なふたりだからこそ惹かれ合ったのだと思いますが、正直言って、もし自分が男だったらケイティみたいなエキセントリックな女性は無理だなぁ・・・なんて思ったりもする。
ケイティにどっぷり感情移入して観る女性も多いと思うけど、私の場合、気がつくとハベル目線で観ているのでした。

幸せの絶頂にあった二人。
でもケイティにとって見過ごせない出来事が起きたとき、彼女は自分を偽ることはできなかった。
ハベルが友人の映写室で、大学時代のケイティがスピーチする懐かしい映像を観るシーンがありますが、このときハベルは、カーリーヘアで熱弁するケイティを魅力的に感じたこと、間違ったことと闘うケイティが輝いていたこと、そして今、二人はお互いに心から愛し合っているけれど、このまま一緒にはいられないこと・・・二人が重ねた日々、さまざまな想いが心をよぎり、結末を悟ったのではないかと思います。

それから『追憶』で思い出すのが『セックス・アンド・ザ・シティ』
4人が『追憶』について話すシーンがあるんです。シーズン2の最終話。
別れたビッグが付き合って間もない若い女(ナターシャ)と結婚することを処理できないでいるキャリー。
ビッグのプラザホテルでの婚約パーティーの当日、いつものように4人でダベっている。
キャリーは言う「ビッグと友達になるなんて無理。あれだけ愛し合ったのに。なんであの子なの
ミランダ「答えはひとつ。ビッグはハベルだからよ
キャリー、ミランダ、シャーロットは『追憶』が大好きらしく「ハベル!」を連呼して盛り上がるのですが、サマンサだけはキョトンとしている。「ハベルってなによ?
ミランダ「『追憶』観たことないの?信じられない!あの映画を観ないでいられるなんて!
ハッとするキャリー「そうか!私いま悟った。世の中にはケイティみたいな女と、そうじゃない女がいるのよ。私はケイティなんだわ
ここで3人で“The way we were”を熱唱する(笑)
サマンサ「くだらない」(と言いながらも、ちょっとお母さんみたいな優しい目で3人を見ている気がします)

みんなと別れたキャリーはプラザホテルの前を通りかかり、ビッグに会う。
キャリー「これだけは聞いておきたいの。なんで私じゃなかったの?
ビッグ「分からない。僕も頑固だったし・・・
キャリー「そう・・・かわいい人ね、ハベル
ビッグ「どういう意味だい?
キャリー「分からなくていいのよ
そしてビッグに背を向け去っていく。
ひゅ〜う♪カッコイイぜ、キャリー!
(でも結局くっつくし。この二人sweat02

ほぼ半分SATCのネタバレをしてしまいました。もうすぐ映画も公開!楽しみー♪

|

« ギレルモ・デル・トロ プロデュース“Los ojos de Julia” | トップページ | フェーズ6 »

映画」カテゴリの記事

コメント

「追憶」見たこと無いんです~~。
楽しみです。

>映画と音楽は切っても切り離せない

「ニューシネマパラダイス」を観に行った同じ日に「バグダッド・カフェ」ニューディレクターズカット版を観に行きました。

心がほっこり(^^)。

翌日はずーっと「コーリングユー」を歌ってました(^^;;;。
そして、久々にバッハの無伴奏クラヴィーアを練習しました(笑)。

投稿: とも | 2010年5月21日 (金) 09時21分

とも様

「追憶」ともさんちの方ではまだこれからなんですね~

そうか!「バグダッドカフェ」もテーマ曲が感動を呼ぶ映画の代表作ですね。
「コーリングユー」も大好きheart
ニューシネとバグダッドカフェとは、素晴らしすぎる二本立てじゃないですか~
地元でも少し前にニューディレクターズカット版やってて
超観たかったんですけど逃してしまいました。

「追憶」観たあとはきっとThe way we wereを歌っちゃいますよ(笑)

投稿: kenko | 2010年5月21日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/34626204

この記事へのトラックバック一覧です: 追憶(午前十時の映画祭):

« ギレルモ・デル・トロ プロデュース“Los ojos de Julia” | トップページ | フェーズ6 »