« 息もできない | トップページ | 告白 »

パーマネント野ばら

Nobara

『女の子ものがたり』に続き、西原理恵子原作映画2本目の鑑賞。
例のごとく、原作は読んでおりません。
菅野美穂さんは『Dolls』以来8年ぶりの主演映画なんだそうで、『Dolls』のときもまービューティーでしたけども、8年経ってもあいかわらずの透明感で美しいshine
すっぴんにしか見えないもんなー

<あらすじ>

離婚し一人娘を連れて海辺の町に帰ってきたなおこ(菅野美穂)。
実家では、母・まさ子(夏木マリ)が“パーマネント野ばら”という小さな美容室を切り盛りしており、なおこも店を手伝いながら静かに暮らしていた。
店では町の女たちが男のグチを赤裸々に言い合う。
なおこの幼馴染みであるみっちゃん(小池栄子)ともちゃん(池脇千鶴)も男運は最悪。
なおこは高校教師のカシマ(江口洋介)と密かに愛を育んでいた。

パーマネント野ばら 公式サイト

danger以下ネタバレ!これから観る方はご遠慮くださいdanger

いやあ、そういうオチとは思いもよらずビックリ。
母親らしくないフワフワした少女っぽさ、みんなには内緒で付きあってるカシマとはまるで理想のカップルで、互いを想い合うとても親密な関係のようなのにどこか遠い。その違和感。
そういうことかと、すべてがすとんと腑に落ちました。
なるほどこれは菅野美穂さんハマリ役。
同時に、くわえこむだのはたきこむだの、あけすけな下ネタトーク炸裂のパンチパーマのおばちゃんたちはじめ、男運の悪い女友達や町のみんなが、どれだけ懐深くなおこを受け入れ包み込んでくれていたかが分かり、じんわりあったかい気持ちになりました。

原作を読んでないので分からないけど、短いエピソードをつないでる感じなのかな。
なおこの母、幼馴染みのみっちゃん、ともちゃん、山奥のあばら屋に住んでるおばあちゃんまで、それぞれの恋のカタチはシャレにならない悲惨な一面はありつつも、愛すべきおかしみに満ちています。
おばあちゃんですら現役だなんてアッパレすぎる。
あの草ボーボーの丘にはネコやコインだけじゃなく、町中の女たちの恋が埋まっているに違いない。

キャストは女も男もみんないいんだけど、特にみっちゃん役の小池栄子さんがすばらしかったです。
初登場シーンの衣装メイクはあまりにあんまりで衝撃でしたが(笑)すぐに野ばらさんでばっちりセットしてもらえたし。
みっちゃんのダンナは最低のヒモ。でもちゃんとみっちゃんのことを愛してた。
だからこそみっちゃんも全身全霊でダンナに恋したわけで。
それは他人がとやかく言うことじゃなく、二人にしか分からないことだけど、ムスッとしたみっちゃんの頬をつねって「なんちゅう顔や」とつぶやくシーンが切ないです。
チェーンソーで電柱切り倒しちゃうお父ちゃんも最高。

吉田大八監督の映画は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』とか『クヒオ大佐』とか、観たいと思いつつ観てない作品ばかりで、とっとと観なきゃと思いました。

|

« 息もできない | トップページ | 告白 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/35043113

この記事へのトラックバック一覧です: パーマネント野ばら:

» 『パーマネント野ばら』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ハードパンチャーのオバチャンたち、○んこ、○んこ言うな(笑) 西原理恵子原作のものを観るのは『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』に続きこれが3度目(の正直) これはもちろん菅... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時29分

» 映画「パーマネント野ばら」を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 01時02分

» パーマネント野ばら [物語の裏庭]
ひさーしぶりに、じつはほとんど見ない邦画観ました。 菅野美穂8年ぶりの主演「パーマネント野ばら」 原作が「毎日かあさん」の作者の西... [続きを読む]

受信: 2010年6月29日 (火) 00時59分

» 『パーマネント野ばら』 [シネマな時間に考察を。]
忘れられない記憶の海で、 永遠に続くものをさがしていた。 『パーマネント野ばら』 2010年/日本/100min 監督:吉田大八 出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ 構成の行き届いた作品だった。 ストーリーが予め用意されている原作の映画化というのは... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 17時55分

» ■映画『パーマネント野ばら』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
西原理恵子の名作コミックを、菅野美穂主演で映画化した『パーマネント野ばら』。 高知県の港町に生きる女性たちの、おかしくも悲しく、でも力強い生命力に驚かされる一作です。 何と言っても、出て来るおばちゃんたちが強い強い! きっついパンチパーマをあてて(あえて、... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 17時25分

« 息もできない | トップページ | 告白 »