« 蘇りの血 | トップページ | 月に囚われた男 »

レギオン

Legion

あちらのサイトで予告をチラ見したときから、うっすら気になってた映画。
DVDスルーかもと思ってたら、地味~にシネコンで上映されてるし。

<あらすじ>

ボブ(デニス・クエイド)とその息子ジープ(ルーカス・ブラック)が経営する、砂漠の真ん中の寂れたダイナー。
にこやかな老婆がやってきてステーキを注文するが、突然人間とは思えない動きで暴れだし、店内の人間を襲う。
客としてたまたまそこにいたカイル(タイリース・ギブソン)が持っていた銃で老婆を殺し、負傷したハワード(ジョン・テニー)を病院へ運ぶため連れ出すが、店の外にはハエの大群が迫っており移動することはできなかった。
そこへ一台のパトカーがやってくる。警察がやってきたことに安心するダイナーの人々。
しかし乗っていたのは、大量の銃器を持った謎の男。
彼は大天使ミカエル(ポール・ペダニー)で、神が人間を滅ぼすのに遣わした天使軍団レギオンと戦うため地上へ降りてきたのだった。
ミカエルは、ダイナーのウエイトレス・チャーリー(エイドリアンヌ・パリッキ)のお腹の子こそ人類の希望となる救世主であることを告げ、チャーリーを守るためダイナーに立てこもりレギオンに立ち向かう。

レギオン 公式サイト

意外なひろいもんであってくれることを期待しつつの観賞でしたが・・・
基本的にはこういうB級感好きなんだけど、あまりに多くあるツッコミポイントやおバカエピソードのすべてに目をつぶってしまえない何かがある(笑)そんな映画です。

ある日、神はとうとう愚かな人間に愛想を尽かし、天罰を下すため天使軍団レギオンを地上に送り込む。
しかし大天使ミカエルだけは神の命令に背き、自ら天使の羽根を切り落とし人間側につく。
天使軍団VSチームミカエル、人類の存続をかけたガチンコバトル!!

・・・という、非常にスケールの大きなお話なのですが、決戦の舞台はなぜか砂漠のダイナーでこじんまり。
天使軍団は天使のままで人間を攻撃した方が効率よさそうなのに、なぜかいちいち人間に乗り移りゾンビ化してちまちまとダイナーを襲う。
てゆーか神様、いつぞやのように洪水起こした方が手っ取り早いでしょうよ。
ミカエルも翼を切り落としちゃったとはいえ、ふつーに銃で応戦するばかり。
ダイナーの人たちは、おバカ発言やマヌケな行動がやたら目につく。
歯を見せろ!とか、居眠りしちゃったりとかさぁ。あ、主にデニス・クエイドか。

エクソシストばーちゃん登場シーンまではカンペキだったと思うので、全編そのイキオイでいっちゃってくれてればB級おバカホラーの傑作になったかもしれないけど、微妙~なマジメっぽさが中途半端な印象を残します。

人間の弱い部分をついてくる天使のやり口がまるで悪魔のようだったり、生まれてしまった救世主にはなんにもできなくなっちゃうゾンビな天使さんたちの様子がちょっとおもしろかったり、いいところがいっぱいあるだけにもったいない。
剛鉄の翼、トゲトゲ付き棍棒で攻撃してくる武闘派ガブリエル(ケヴィン・デュランド)もなかなかの迫力でかっこよかったし。
憂いを帯びた表情がまたよくて。

妻の反対にあいながらもなぜか砂漠のど真ん中のダイナーを買ったボブ、チャーリーを守らなければいけないという強い衝動にかられるジープは、その想いのワケを説明することはできないけれど予知夢的な悪夢を見ていたようだし、客のBMWを修理するよりベビーベッドを優先させてしまったりとか、まるで赤ん坊を守るという運命に導かれて行動している風なんですよね、分かりづらいけど。
彼らがその日その時、ダイナーにいたことは偶然のようで実は運命だった、という設定をもっとうまく強調すれば、よりおもしろいお話になったかもしれないと思います。

ちょっと嬉しかったのは、ギレルモ・デル・トロ作品でお馴染みのスーツアクター、ダグ・ジョーンズがアイスクリームマンの役で珍しく顔出しで出演していたこと。
ただでさえながーい手足が登場するなりニョキニョキ伸びるやいなや、あっというまに退場しちゃったけどね。

|

« 蘇りの血 | トップページ | 月に囚われた男 »

映画」カテゴリの記事

コメント

なんともキテレツな映画ですね~(^◇^)
B級テイスト+日本の漫画みたいなストーリー、DVDの月額レンタルをしようと思っているので借りてみます~(^o^)丿

投稿: 猿吉君 | 2010年6月 5日 (土) 11時36分

猿吉君様

キテレツな映画なんですぅcoldsweats01

ほんと日本のマンガみたいな話で、ツッコミどころだらけですが
こういうの私は好き。
猿吉君さんもきっと好きだと思う!
DVD化されたらゼヒ観てみてくださいね♪

投稿: kenko | 2010年6月 5日 (土) 23時54分

こんばんわ。
まだ産まれていない救世主と、その母を守るというには
ターミネーターみたいですね。
天使モノではゴッドアーミーが好きです。
あと、五巻が発売されたばかりの聖お兄さんに出てくる
天使さん達も可愛い。

投稿: 奈良の亀母 | 2010年6月 6日 (日) 01時35分

奈良の亀母様

こんにちは!happy01

そうそうこれね、思いっきりターミネーターを連想させる映画です。
ゴードアーミーは観てないんです。観たい!
天使ものと言えば「ドグマ」がちょっと好き。
あと天使ものかどうか微妙だけど「コンスタンティン」も好きです。

「聖お兄さん」5巻出てますね!実は2巻までしか読んでなくて。
天使さんたちがカワイイのかぁ。
最近あんまりマンガ読んでないんですが、先日久しぶりに出た
「ヒストリエ」6巻が嬉しかったです。

投稿: kenko | 2010年6月 7日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/34800183

この記事へのトラックバック一覧です: レギオン:

» 「レギオン」(LEGION) [シネマ・ワンダーランド]
神と天使軍団(レギオン)の脅威から、人類を救おうと立ち上がった1人の大天使を主人公にした異色のSFアクション「レギオン」(2010年、米、100分、スコット・スチュワート脚本・監督、SONY映画配給)。この映画は、人類を見限り堕落した世界を一掃しようと神が放った天使の大群「レギオン」に対し、唯一神の命に背いた大天使ミカエルが人間の味方となり繰り広げる壮絶な戦いと、人類の存亡の行方をスリリングに描く。... [続きを読む]

受信: 2011年8月 8日 (月) 22時38分

« 蘇りの血 | トップページ | 月に囚われた男 »