« ケンタとジュンとカヨちゃんの国 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

エアベンダー

The_last_airbender

シャマラニアン(シャマラニスト?)ってほどじゃないけど、『シックスセンス』以降劇場鑑賞は欠かしてないですし、一般的に評価の低いシャマラン映画ものきなみ気に入っているので、まあ好きなほうかと思います。
シャマランと言えばドンデン返し、オバケや宇宙人、それからマンガやゲームなものへの愛。
リアルな世界とファンタジックな世界との混じり具合が奇妙に味わい深く、その独特の作風がクセになっちゃうわけだけど、今回はそのものずばり、どストレートにファンタジー。
シャマランめ・・・ついに本性あらわしたな!というのが、初めて予告を観たときの感想。
あとで知りましたが子供向けアニメの映画化なのね。
オリジナルでやってきたシャマランが原作付きってのも意外ですね。

<あらすじ>

気、水、土、火、世界には4つのエレメントが存在し、それぞれの国があった。
エレメントを操る不思議な力を持つ者をベンダーといい、また4つすべてのエレメントを操る者をアバターという。
アバターは世界に調和をもたらす存在であり、気の国で生まれたアバターが姿を消して100年、世界で争いが絶えることはなかった。
水の国のベンダー、カタラ(ニコラ・ペルツ)とカタラの兄サカ(ジャクソン・ラスボーン)はある日、氷の中に閉じ込められていた少年を見つける。
少年の名はアン(ノア・リンガー)。彼こそは、100年間行方不明だったアバターだった。

エアベンダー 公式サイト

表面的にはこれまでの映画とは毛色が違うように見えても、シャマランはどうしたってシャマラン。
今回もやっぱり評価は低そうですが、凡庸になりがちなファンタジーバトルというジャンルにおいてもシャマラン節は健在で、ちゃんとヘンな映画になっていて、やっぱり気に入ってしまいました。

もとのアニメってこんなの。

Photo

キャラクターのビジュアルなど、そこそこ忠実に再現している風ではありますね。
さまざまな文化がミックスした世界は、結果としてこれまで見たこともない世界になっていて新鮮。
といってもアジアンテイストが主で、ベンダーがエレメントを操るアクションだけ見てるとカンフー?太極拳?少林寺?って感じ。
精霊の存在を無視して世界を支配しようとするいちおう悪役、火の国の人々はインド系で、シャマランならではの顔ぶれだったりしつつ、食べてるゴハンは日本食っぽかったり。
日本といえば土の国がジャパン風味で、エレメントのVFXも絵的にいちばんおもしろい。
ILMが手掛けたというVFXはさすが一級品。

4つのエレメントを操ることのできるベンダーは世界にひとりしか存在しない。
その者を人はアバターと呼ぶ。またしてもアバター。
青くはないですが、クリリンぽいです。
4つのエレメントを操ることができるのに、なぜ “エア” ベンダーなの?という素朴な疑問。
それは彼が気の国で生まれたから。
アバターは気、水、土、火の順で、輪廻転生を繰り返す。
つまり前回はファイアベンダーだったということ。
もしもクリリン・・・アンが死んでしまったら、次回は水の国でアバターが生まれる。
100年間アバターが行方不明だったのは、アバターとしての重責に子供であるアンが耐えられず、修行から逃げ出し、事故で氷の中に閉じ込められていたから。
アンは4つのエレメントを操るという特性を潜在的に持ってはいるものの、修行を途中でほっぽり出したため、まだ気のエレメントしか操ることができない。
アバターとして世界の調和を取り戻すために、アンはまず水の国へ行き、水のエレメントを操る修行をする。
なるほど、二作目は土、三作目は火と順にマスターしていくという三部作なわけね。
土はたのしみ。火は無から生み出すことのできるあの人か、スラムドッグのあの人に教わるんだろな。

アン役のノア・リンガーがいい。
ぷっくりほっぺは子供らしくてかわいいんだけど、どこかオッサンぽくもある個性的な顔立ち。
アクションはケレン味たっぷりでキマってる。
強い子供が大人を蹴散らすというのはやっぱり快感で、頭頂部の刺青と瞳が白く光るいかにもマンガ的な表現もなんだかカッコよかったです。

アバターは家族を持ってはいけない・・・それが具体的にどういうことなのかは、最後の最後ではっきりする。
大いなる力を持つものは孤独。人々と同じ立場でいることはできないのだ。
アバターとして生き、世界を救うことを決心したアンの、哀しみをたたえつつも力強い表情が印象的。

アクションシーンがときどき間抜けに見えたりとか、ツッコミどころは随所にありますが、シャマランらしいユーモアも含めいろいろ込みでたのしめました。

|

« ケンタとジュンとカヨちゃんの国 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/35846197

この記事へのトラックバック一覧です: エアベンダー:

» 『エアベンダー』 シャマランの高度な挑戦 [映画のブログ]
 M・ナイト・シャマラン監督は、極めて難度の高いプロジェクトに挑んだ。  『エアベンダー』は、シャマラン監督にとって初の原作付きの映... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 17時25分

» 「エアベンダー」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「シックス・センス」「アンブレイカブル」のM.ナイト・シャマラン最新作。 遥か昔、気、水、土、火それぞれのエレメントが支配する王国に分かれた世界を舞台に、4つ全てのエレ... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 20時51分

» 「エアベンダー」 どうした?ナイトシャマラン! [はらやんの映画徒然草]
どうした?ナイトシャマラン! 「シックスセンス」があまりに強い印象を残したために [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 10時04分

» エアベンダー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
7月半ばから8月いっぱいは多忙です記事の更新やお返事が遅れがちになりますが、どうぞ宜しくお願いします〜【story】気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。しかし、火の王国が反乱を起こし、人々の平和が脅かされる事態に。気の王国の生き残りであり、気を操ることができる“エアベンダー”、アン(ノア・リンガー)に希望が託される。しかし、彼が世界に調和をもたらすには、気、水、土、火の4つすべてを操る“アバター”を目指さねばならず―     監督 : M・ナイト・シャマラン 『ハプニング』【comment】... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 07時21分

» 映画「エアベンダー」今年の最低点だ、3Dも効果なし [soramove]
「エアベンダー」★★ ノア・リンガー、ニコラ・ペルツ、デヴ・パテル、ジャクソン・ラスボーン出演 M.ナイト・シャマラン監督、111分 、2010年6月12日より順次公開、2009,アメリカ,FOX (原題:THE LAST AIRBENDER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「期待したけど結局またダメだった、 子供向けファンタジーってところか、 「ナルニア」を思い出した。 ま... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 07時26分

» 映画:エアベンダー [よしなしごと]
 今回は他の書込を見てもすこぶる評判の悪いエアベンダーを観てきました。  あっ、3Dではなく2Dです。たぶん、今後も2D字幕版がやっている映画は2Dで観る予定です。トイストーリー3が2D字幕版というのが近くの映画館ではやっていないので3D字幕版を観ようと思いますけど。。。... [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 23時23分

» エアベンダー [映画、言いたい放題!]
M.ナイト・シャマランが監督と聞けば 何となく観に行って、失敗! このパターンが、もうかなり続いているので 今回は止めようと思ったのですが、 おすぎさんが褒めていたので 観ることにしました。 かつて世界は“気”“水”“火”“土”の4つの王国が調和をとって存在し... [続きを読む]

受信: 2010年8月24日 (火) 20時35分

» エアベンダー [RISING STEEL]
エアベンダー / THE LAST AIRBENDER 火の国、水の国、土の国、気の国という4つの王国によって成り立つ世界。 それぞれのエレメントを操る者”ベンダー”により均衡は保たれていたが ある時、火の国が反...... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 20時26分

« ケンタとジュンとカヨちゃんの国 | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »