« エアベンダー | トップページ | シドニアの騎士3巻 »

借りぐらしのアリエッティ

Karigurashi

ジブリ最有望株のアニメーター、米林宏昌氏の長編初監督作品。
宮崎駿の存在は偉大だけれど、いずれは誰かがジブリというブランドを受け継いでいかなければならない。
今回、企画脚本は宮崎氏、監督演出は・・・麻呂やってみな!(ジブリ内でそう呼ばれているとか)とゆう感じでしょうか。
ファンにとっても、米林氏の手腕がいかなるものか興味津々。

<あらすじ>

アリエッティ(志田未来)は郊外のある屋敷の床下に住む小人の女の子。
小人たちは人間の道具をこっそり借りて慎ましく暮らしていた。
ある晩、父ポッド(三浦友和)についていった初めての “借り” で、屋敷に越してきた12歳の少年・翔(神木隆之介)に目撃されてしまう。
小人たちには人間に見られてはいけないというルールがあった。
見られた限りは住処を出ていかなくてはならないが・・・

借りぐらしのアリエッティ 公式サイト

とりあえず・・・うん!合格!!(ナニサマかsweat02
大作感はないけれど、こだわりの美術、シンプルな物語、小人から見た巨大な人間世界のおもしろさ。
過去のジブリ作品を思い起こさせるシーンもたくさんあったりして、なかなかよかったです。

原作はイギリスの児童文学『床下の小人たち』だそうですが、現代の日本を舞台にしたことでより身近な物語に感じられる。
少なくとも日本人にとっては正解と思います。(まーこれも宮崎さんのアイデアらしいけど)

心臓を患う12歳の少年、翔が滞在するおばあちゃんちは古い洋館で、イングリッシュガーデンな美しい庭のイメージはそのままに、私たちが慣れ親しんだ日常の道具が、小人たちに意外な使われ方をしているのが楽しい。
お魚のカタチの醤油入れや、両面テープや、まち針や、ピアスや・・・
アリエッティの髪留めは洗濯バサミだというけれど、それにしては小さすぎると思うので文房具のクリップかなんかでは・・・と思いますが。
ローリエの葉1枚あれば1年もつとか、ティッシュ1枚とか角砂糖1コとか、小人たちの生活はささやかでほほえましい。
小さなものがどっかいっちゃったりすることってよくあるけど、きっと小人さんが借りていってるんですね。
それなら返してくれなくてもいいわ。
水の分子の大きさ、人間の生活音、サランラップの厚み、ダンゴ虫をボールのように放り投げたり・・・小さき者の世界を表現するためのアイデアはそこかしこに散りばめられていて、細かいところまでよく考えられているうえ手抜きがなくて、それはもうすばらしいです。

キャラクター的に気になったのは、アリエッティよりも翔くん。
12歳にしてはあまりにも大人っぽい。
家庭の事情は複雑そうで、死と隣り合わせでもある彼は大人にならざるをえないのだと思いますが、それにしてもちょっとコワイぐらい色気がある・・・
だからこそアリエッティも恋をしてしまったのか。
ヤンチャなガキではなくて、翔くんのような物静かで知的な少年と美少女な小人(?)のほのかな恋・・・という部分をもう少し強調してくれても、喜んで観たと思います。

などと散々褒めちぎりつつ、先日テレビでやってた『となりのトトロ』とか観てしまうと、ああもうこの日本映画史に名を刻む大傑作とは比べようもないな・・・と再認識してしまったりもするsweat02
比べちゃいけないことは分かってますが・・・ジブリには過去にこれほどの傑作があるんだもの、新作が発表されるたび、やっぱりどうしても、それなりに期待してしまうのです。
宮崎駿が築いたクオリティは受け継いでほしいけど、そこだけにとらわれない新たな傑作もいつか観てみたいです。

|

« エアベンダー | トップページ | シドニアの騎士3巻 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

>アリエッティの髪留めは洗濯バサミだというけれど、それにしては小さすぎる
私の母親も指摘してました。洗濯バサミじゃなくてクリップなんですかね?

ジブリ作品がどうもイマイチで「アリエッティってゴキブリ?」とか馬鹿にしてた私は、かなり楽しめました。深謝・・・!

投稿: ゴーダイ | 2010年7月25日 (日) 21時06分

ゴーダイ様

こんばんは!

お母様も指摘されてましたか。
洗濯バサミにしては小さすぎると思うんです。
考えたのは、なんでも手作りしていた職人、アリエッティのパパが
洗濯バサミに似せて娘のために髪留めを作ってあげたとか・・・

アリエッティがゴキブリ・・・とはどういうことでしょうか(笑)
ジブリいまいちだったけど楽しまれたんですね?あとでお邪魔しまーすhappy01

投稿: kenko | 2010年7月26日 (月) 00時03分

こんばんは~♪

私もトトロの放送を観ましたよ~(ビデオを持っているけど、放送されると見てしまう・笑)
やっぱり名作ですよね~私もつくづく思いました。
さもない物語の中にどうしてこんなに人を惹きつける要素があるのか不思議なくらいです。

アリエッティも気に入りましたが、やはり名作とまではいかないかなぁ~
何なんでしょうね?何が違うのかしら?不思議~
まぁ~それはそうと、私も小人さんたちの家の中にあるグッズにイチイチ胸がトキメキました~
メイちゃんみたいに「うききぃ~」って喜んじゃった(笑)

投稿: 由香 | 2010年7月31日 (土) 23時10分

由香様

お返事ありがとうございますー

私もトトロは何度も観てるけど、放送されるとやっぱり観てしまう。
観始めたら最後まで観ずにはいられないというか。
すべてのシーンが名シーンだと思うし、ずっと目をうるうるさせながら観てしまいます。

アリエッティも良かったですよね。
宮崎さんがいなくても、ファンのわがままなジブリ欲を満たしてもらえる可能性が感じられるというか。。。
小人さんのおうちや暮らしぶりには同じく胸がときめきましたshine
メイちゃんが小人ハウスを見つけてしまったら、それこそ小人さんの危機でしょうね(笑)

投稿: kenko | 2010年8月 1日 (日) 12時38分

kenkoさん、おはよっす。お仕事の方は順調でしょうか

そうか・・・ トトロはそんなに偉大なのか・・・ 実はまだいっぺんも通して見てなかったりするのですがcoldsweats01

わたしは十分楽しみましたけど、やっぱり絵・キャラが宮崎さんのあの絵なので、みんな彼と同じクォリティを期待してしまう、ということはあるかもしれませんね
これが全く別の絵柄だったらもっと評価は高くなっていたかな? ともあれ、一応は皆さん「まあ合格」という方が多いようですね

小人と同じサイズで暮らせたら、生活費安くて済みそうでいいなー ネズミやネコに食われる危険も大ですが
あ、この作品に出てくるあのフテ猫は実によかったです

投稿: SGA屋伍一 | 2010年9月16日 (木) 08時12分

SGA屋伍一様

はい!おかげさまで・・・新しいお仕事にもずいぶん慣れてきました。

>実はまだいっぺんも通して見てなかったりするのですが

えー!意外だ。それはもう絶対観てください。
子供の頃より、大人になってからのほうがトトロの傑作ぶりをしみじみと感じます。
とか言いつつ、私のジブリベストムービーは『耳をすませば』なんですけどね。駿じゃないし。

そうなんですよね、ジブリで宮崎さんの絵だけに、どうしても同じクオリティを期待してしまうんですよねぇ。。。
絵柄も動きも、そもそもそれは宮崎駿というひと個人の作風なのにね。
ファンのわがままな要望に、よくぞここまで応えてくれたと思います。

>生活費安くて済みそうでいいな

確かに(笑)小人さんのささやかな生活、観ててとってもあこがれました。
あのネコ、『耳をすませば』のネコにそっくりで、私もお気に入りshine

投稿: kenko | 2010年9月16日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/35862868

この記事へのトラックバック一覧です: 借りぐらしのアリエッティ:

» 『借りぐらしのアリエッティ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  宮崎さんはこの作品の出来映えに納得されたのだろうか・・・。  本当に鈴木プロデューサーは『崖の上のポニョ』超えを狙っているのだろうか・・... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 16時28分

» 『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? [映画のブログ]
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 20時08分

» 借りぐらしのアリエッティ [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  やっべ、トトロ超えた。  なんか「アリエッティって自分だったらゴキブリの話にするなあ」という記事を書いたら、実際にこの映画 [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 21時07分

» 映画<借りぐらしのアリエッティ> [美味−BIMI−]
早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>! ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たちの掟だった。 イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、 古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。 日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行され... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 17時33分

» 「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 [はらやんの映画徒然草]
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 (木) 18時56分

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) [yanajun]
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 12時56分

» 借りぐらしのアリエッティ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた―     監督 : 米林宏昌     企画 : 宮崎駿     原作 : 『床下の小人たち』メアリー・ノートン【comment】 小さな小さなアリエッティの小さな小さな物語― アリエッティは14... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 23時03分

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると [soramove]
「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床下の小人たち )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジブリ作品は最初から高いハードルが目の前にあり、 見る側もそれ相当の「何か」を求めて劇場へ行く、 いまひとつ、という感想を聞いてい... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 21時01分

» 借りぐらしのアリエッティ [Akira's VOICE]
飽きのこない「あっさり爽やか味」   [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 17時13分

» 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 19時05分

» 借りぐらしのアリエッティ [映画的・絵画的・音楽的]
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  アリエッティは両親と一緒に暮らしています。  彼ら小人たちは、家の床下に自分たちの住居をこしらえ、ただ電気とか水道、食物などは、人間のものを少しだけ“借りて”います(それで「借りぐらし」なわけです。とはいえ、むろん返すことはありませんから、... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 08時02分

» 『借りぐらしのアリエッティ』’10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ郊外の古い屋敷に住んでる小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要なだけ人間の世界から借りて生活していたが、アリエッティが初めて借りに出た夜、病気の静養... [続きを読む]

受信: 2010年9月11日 (土) 22時24分

» 床の下のチビ子 米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』 [SGA屋物語紹介所]
ぼくはあの年の夏、母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした そこでぼくは、母の言っ [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 08時13分

» 映画:借りぐらしのアリエッティ [よしなしごと]
 観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。 [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 15時30分

» 『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 17時12分

» 借りぐらしのアリエッティ [RISING STEEL]
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 22時43分

« エアベンダー | トップページ | シドニアの騎士3巻 »