« プレデターズ | トップページ | フローズン・リバー »

星匠

Hoshijo

『夢師アリス』といっしょにジャケ買いしたマンガ。
こういう深々としたメルヘンの世界を愛でるモードも確実に私の中にあり、スクリーントーン画というものに興味を惹かれたのもあって購入してみました。

表紙からしてブルーというより藍色、夜のイメージだけど、中の印刷カラーもすべて青であるところがいいですね。
美しいスクリーントーン画がより映える。

読んでて思い出したのは、むかーーしハマって読んだ長野まゆみさんの小説。
あと坂田靖子さんの『パパゲーノ』という短編集。
坂田さんのマンガはこれしか読んだことありませんが。
かわいらしい絵で、そのままポストカードにできそうなくらいオシャレで、メインキャストがほぼメンズであるせいか、オシャレBLマンガ家オノナツメさんの作品も連想させます。
特に「ネムノキ」という作品・・・途中までてっきりそっち系だと思ってたわsweat02

現実世界とあっちの世界の境界線をさらりと越える独特の作風は、最初はとまどったけれど慣れてしまえば心地良い。
とくに「一夏」という話がお気に入り。
ある日、部屋の中にみっしりひょうたんが生えて、ひょうたんの中からひょうたん小僧が出てくるという・・・(笑)
それをなんとなく受け入れ暮らしてしまう主人公。
日本の妖怪話みたいなノリなんですね。水木的。
ほんわかした話に油断していると、ふっとコワイ世界に連れていかれたりする。
そういうところも好きです。

|

« プレデターズ | トップページ | フローズン・リバー »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/35752462

この記事へのトラックバック一覧です: 星匠:

« プレデターズ | トップページ | フローズン・リバー »