« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

トイストーリー3

Toystory3

ようやく。
「さよならなんて、言えないよ・・・」
キャッチコピーだけで泣かせるんだから。
ラスト10分で涙と鼻水ダダ漏れ。3Dめがねが曇るんだっつの。

<あらすじ>

アンディは17歳になり、おもちゃで遊ぶ歳ではなくなった。
大学進学にあたり家を出ることになり、かつて遊んだおもちゃの中でウッディだけを大学に連れていくことにし、他のおもちゃは屋根裏にしまうことを決めるが、手違いでおもちゃたちは保育園に寄付されてしまう。
子供がたくさんいる保育園はおもちゃにとっての天国のような場所。
ウッディはアンディのところへ帰ろうとするが、アンディに捨てられたと勘違いしたバズたちは保育園に残ることを決める。
しかし天国のように思えた保育園は、新しく来たおもちゃはおもちゃを乱暴に扱う小さな子のクラスに割り振られる、クマのぬいぐるみのロッツォの独裁により牢獄と化していた。

トイストーリー3 公式サイト

続きを読む "トイストーリー3"

| | コメント (12) | トラックバック (8)

ベスト・キッド

Karatekid

オリジナルは子供のころテレビで何度も観ました。
だからって特別好きな作品というわけではありませんが、ミヤギさんと鶴の舞が懐かしくはある。
ヒラリー・スワンク主演の4があったことは忘れてたなぁ。

<あらすじ>

父を亡くした少年ドレ(ジェイデン・スミス)は、母の転勤でデトロイトから北京へ引っ越す。
引っ越したその日に、自宅アパート近くの公園で出会った少女メイ(ハン・ウェンウェン)に心をときめかせるドレ。
しかしそのことがきっかけでチョン(ワン・ツェンウェイ)をリーダーとしたいじめっ子グループに目をつけられてしまう。
ある日ドレはいつものようにチョンたちに追われ、危機一髪のところをアパートの管理人ハン(ジャッキー・チェン)に助けられる。
ハンは実はカンフーの達人だった。
ドレはカンフー大会でチョンと対決することになり、ハンからカンフーを習い始める。

ベスト・キッド 公式サイト

続きを読む "ベスト・キッド"

| | コメント (5) | トラックバック (6)

仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ

Riderw

毎夏恒例、ライダー祭りshine
ダブルはやっぱりおもしろい!

<あらすじ>

密かに製造されていたAからZの26個の次世代ガイアメモリが風都の街にバラまかれ、人々が突如ドーパントに変身してしまう事件が発生した。
ふたりで仮面ライダーダブルに変身する左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)、仮面ライダーアクセルに変身する刑事・照井竜(木ノ本嶺浩)はただちに捜査を開始する。
彼らは捜査の途中、国際特務調査機関員マリア(杉本彩)に出会い、事件の影にある邪悪なテロリスト集団の存在を知る。

仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ 公式サイト

続きを読む "仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

Doodleコレクション

祝日や記念日に変わるグーグルトップのロゴのことをDoodle(ドゥードゥル)と言うそうですが、これがけっこう好きで、気に入ったのがあると画像保存してコレクションしてます。
(たまに微妙なのもある・・・)

Oz_2

続きを読む "Doodleコレクション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺のネコ一家

以前こちらの記事こちらの記事こちらの記事でご紹介した、
広島市南区元宇品に生息するノラニャンコさんたち。
よたび会いに行ってまいりました。

写真は、望遠レンズで撮ったいい感じのがダンナ撮影で、
なんかテキトーに撮ってる風なのがワタシによるものです。

凛としたまなざしの先にあるのは・・・

Ujinaneko1

続きを読む "海辺のネコ一家"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キャタピラー

Caterpillar

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の若松孝二監督作品。
主演の寺島しのぶさんがベルリン映画祭で最優秀女優賞を受賞したことで話題の戦争映画です。
タイトルは、戦車のキャタピラーではなく芋虫の意。
江戸川乱歩の『芋虫』から着想を得ていることを当初ははっきり言っていたようですが、日本文藝家協会にタイトル使用の許可を求めたところ150万の使用料を請求され、若松監督が断ると今度は「では50万でいいので」と言ってきたんだとか。
協会の対応にあきれた若松監督は、邦題も英訳のキャタピラーで行くと決めたらしい。
なるほど、だからクレジットにも乱歩の名前は出てこないのね。
乱歩のエログロなイメージって強烈だから、この映画の反戦というスタンスとしてはよかったのではと思います。

 いろいろ書いてたらなんだかとっても長い感想になってしまいましたので、あらすじは端折ります。
 あと、わりとネタバレです。。。

キャタピラー 公式サイト

続きを読む "キャタピラー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイマイ新子と千年の魔法

Maimai

昨年末くらいだったかな・・・ノーマークだったんだけど、お世話になってるブログさんで推してて気になってた作品。
しかし観たい!と思い立ったときには既に遅し、近隣での上映は終了していて、劇場鑑賞は諦めてしまったのでした。
あれから数ヶ月。
しょっちゅう行ってる映画館、広島サロンシネマにて一週間限定上映が決定shine
大人800円、子供500円ですぜ。夏休みだからこそのセレクション、さっすがサロンシネマ様。
DVDも出ているみたいだけど、映画館で観られるものは当然、映画館で観るのです。

<あらすじ>

青い麦畑が広がる、昭和30年代の山口県防府市国衛。
おでこにマイマイ(つむじ)のある小学3年生の女の子・新子(福田麻由子)は、おじいちゃんから平安時代の国衛の話を聞いては、かつてあった都やそこに住んでいた人々を想像していた。
ある日、新子のクラスに東京から転校生がやってくる。
貴伊子(水沢奈子)はどこか元気がなく、クラスにもなかなか馴染めない様子。
新子はそんな貴伊子に興味を持ち、二人はやがて仲良くなり、貴伊子も新子と一緒に千年前を想像したり、男の子たちとダムを作って遊ぶようになる。

マイマイ新子と千年の魔法 公式サイト

続きを読む "マイマイ新子と千年の魔法"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »