« Doodleコレクション | トップページ | ベスト・キッド »

仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ

Riderw

毎夏恒例、ライダー祭りshine
ダブルはやっぱりおもしろい!

<あらすじ>

密かに製造されていたAからZの26個の次世代ガイアメモリが風都の街にバラまかれ、人々が突如ドーパントに変身してしまう事件が発生した。
ふたりで仮面ライダーダブルに変身する左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)、仮面ライダーアクセルに変身する刑事・照井竜(木ノ本嶺浩)はただちに捜査を開始する。
彼らは捜査の途中、国際特務調査機関員マリア(杉本彩)に出会い、事件の影にある邪悪なテロリスト集団の存在を知る。

仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ 公式サイト

ダブルを褒めちぎるまえに、まずは同時上映『天装戦隊ゴセイジャー エピック on the ムービー』の感想をサクッと。
戦隊シリーズはいっさい観てないので、毎度最初の30分はなにがなにやら?で始まります。
シンケンジャーはサムライでしたけども、ゴセイジャーは天使なのね。
星を護る天使。
だからレッドがまるで天使のように愛くるしい少年なのか。
はっきり言って、ヒロインの磯山さやかさんよりかわゆいです。
5人が走ってスローモーションになってジャンプしてピタッと止まる・・・昔のスポコンドラマみたいなラストカットsweat02『ランゴリアーズ』を思い出しました。
ちなみに、久々に会った甥っ子くん(もうすぐ3さい)がゴセイジャーに夢中で、彼にとって世界のすべてはゴセイジャー。
赤い色を見ればゴセイレッド。青い空、白い雲のむこうにはゴセイジャーがいる。
ここ数日、いっしょにいるあいだはゴセイジャー三昧でございました。

で、ダブル。どこから褒めていいやら。ほんとうにすばらしかったです。
ライダームービーという括りではなく、1本のアクション映画として最高に燃えた。
ケレン味たっぷりのアクションシーンに、いちいち鳥肌が立ちました。
特にバイクアクション。スタッフの本気が滾ってました。

脚本もよくできてる。
『ビギンズナイト』は翔太郎とおやっさんのお話メインだったけれど、今回はフィリップくんメイン。
だからといってどちらかがオロソカになっているわけではなく、前回も今回も、きちんとふたりでひとりの仮面ライダーをやっている。

ミュージアムとの因縁はテレビのほうでじっくりやるといさぎよく決めたようで、それでいて<仮面ライダーダブル>の集大成として、また1本の映画としてパーフェクトにまとめられていたと思います。
テレビ放送のゲストキャラ総出演でダブルを応援する。
風都のみんなの想いが、風になってダブルに届く。そしてダブルのあの最終形態。
そりゃ泣くさ。

テロリスト集団<NEVER>のビジュアル、キャストもすばらしくて、映画だけじゃもったいないくらい。
短い上映時間の中で彼らの物語、キャラクターがとても魅力的に描かれていました。
ヒート、ルナ、メタル、トリガー、サイクロン、お馴染みのガイアメモリを単体で使用しつつの邪悪なデザイン・・・とくにメタルが好きすぎる!
キャラ的には、須藤元気さんのカマキャラ、ルナが最高すぎる!
「ゲームスタート」しか言わないトリガーはシブイし、ヒートは片腕マシンガールだし・・・もっともーーっと、彼らを見ていたかったです。
もちろん、松岡充さんのエターナルもめちゃかっこよく、ワルにならざるをえなかった過去はあまりに哀しく。

ライダー対ドーパントの組み合わせのセンスも冴えてる。
ジョーカー(黒)対ヒート(赤)、アクセルトライアル(青)対トリガー(青)、オーズ登場シーンにはルナを合わせることで、定例の新ライダー紹介だけじゃない笑えるシーンに。
すべてが名バトルでしょうよ。てゆーかジョーカーかっこよすぎ!

ダブルはお話がおもしろくて、役者さんがみんな抜群に巧くて、ライダーシリーズに新しい風を吹き込みつつ、かつてのライダーへの熱いオマージュもひしひしと感じられて。大好きheart
テレビはあと2話くらいで終わりかなぁ。寂しいです。

|

« Doodleコレクション | トップページ | ベスト・キッド »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、おはよっす~ ようやく記事書きましたhappy01
ゴセイジャーは去年に比べると大きいお友達(笑)の支持は少ないようですが、ちびっこたちには大人気なんですね。よかったよかった
そう、今回二本続けて見て思ったのは、磯山さん、松岡くん、そして杉本綾さん、みな相応に年を取られたな・・・と。杉本さんもかつてはそのバディで日本中の男たちを悩ませたよなあ・・・などということを懐かしく思い出しました

個人的に燃えたのはオーズ登場シーンでしょうか。彼が出てくることを完全に忘れていたので(笑) まあでも本当に顔見せ程度でしたね
あとkenkoさんもおっしゃってる最後のバトルシーン。ああ、落ちていく・・・と思いきやみんなの声援に押されてなぜか風車が回りだし、キタキタキタキター!!とテンションあがりまくりでした

もう一点「すげえ」と思ったのはスーツアクターの高岩成二さん。Wにジョーカーにオーズと一人三役ですよ。そろそろ後進に仕事を譲っちゃり、とも思いますが、やはりライダーアクションにおいて彼に並ぶ人はまだいないのかな・・・と

投稿: SGA屋伍一 | 2010年9月 2日 (木) 07時38分

SGA屋伍一様

待ってた!SGAさんの記事happy01
ゴセイジャーっておおきいおともだちには人気ないんですねぇsweat02
でも分かる気がする・・・劇場版しか観てないけど、笑いどころ少なめで
物足りなく感じてしまいました。
しかし少なくとも、うちの甥っ子くんには大人気。
もうすこし大きくなったら、ライダーの話もできるようになるかな。

みなさんいい感じに歳を取られてますよねー
杉本姐さんは年を重ねてますますのお色気、相変わらずのナイスバディ。大好きです。

オーズはちょっとデザイン的にどうなのか・・・とうすうす心配だったんですけど、
だんだん楽しみになってきました。
おなじく登場シーンがあるの忘れてた。
須藤さんの「きらいじゃないわ!」がとってもツボでした(笑)

最後のバトルは見事でしたよねぇ。
風の都ゆえの奇跡。うるっときました。

スーツアクターの高岩成二さん、ひとり三役だったですか!すごい。。。
おいくつぐらいなんですかね?
ライダーアクション、すばらしかったです。

投稿: kenko | 2010年9月 3日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/36250960

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW FOREVER A to Z/運命のガイアメモリ:

» 「仮面ライダーWフォーエバーAtoZ/運命のガ... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 毎年恒例の劇場版。次世代ガイアメモリ「T2メモリ」を使い、風都を占拠・殲滅せんと企む仮面ライダーエターナル率いる不死身の特殊傭兵部隊「NEVER」に、「ハーフボイルド探偵」... [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 18時49分

» 「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」 平成仮面ライダーで最高の出来映え [はらやんの映画徒然草]
平成仮面ライダーの劇場版が作られるようになって10年が経ちましたが、その歴史の中 [続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 10時56分

» どんどんばんばんドーパント 『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』 [SGA屋物語紹介所]
夏休みは終わったけど、こっちはまだ終ってなーい! ということで、劇場版仮面ライダ [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 07時43分

« Doodleコレクション | トップページ | ベスト・キッド »