« ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | カラフル »

オーケストラ!

Le_concert

数ヶ月前に観たやつなんですが・・・

ハラショー!トレビアン!すばらしー!
ゲラゲラ笑って観てたのに、ラスト10分で号泣。
笑って泣いてハッピーエンドはやっぱり気持ちがいいですねぇ。

<あらすじ>

ロシアのボリジョイ交響楽団で清掃員として働くアンドレイ(アレクセイ・グシュコフ)。
彼は30年前、ボリジョイで活躍していた天才指揮者だったが、ある事情により楽団を追われその後復帰できないままでいた。
ある日、劇場に1枚のファックスが届く。
それはパリの劇場からの出演依頼で、たまたまファックスを見つけたアンドレイはとんでもないことを思いつく。
それはかつての楽団員たちを呼び戻し、ボリジョイ交響楽団になりすましてパリでコンサートをすることだった。

オーケストラ! 公式サイト

ボリジョイバレエでもサーカスでもなく、交響楽団のお話。
クラシックなんてのだめ以前はとんと聴かなかったし、オーケストラに興味もなかったですが、のだめ効果でオーケストラというものの在り方、指揮者やソリストの役割など多少は免疫がついたような気がしてて、おかげで物語に入り込みやすかったです。
基本はコメディであるところ、しかし演奏シーンはとてつもなくエモーショナルなところものだめっぽい。
しかし楽団員たちのはちゃめちゃぶりは、のだめどころじゃありません。

なりすましオーケストラの民族大移動に爆笑。
パスポートもビザも空港で堂々と偽造、パリに到着するやいなや強引にギャラを奪い取り、あとは野となれ山となれ。てゆーか、不法移民。
持ち込んだキャビアをレストランに売り込みに行ったり、アダルトビデオを仕入れたり、さっそく通訳の仕事を始めたり。
まったくもって収拾がつかず、ありえないことにリハーサルすらもすっぽかし。
ロシアの人ってそんな国民性ですか・・・?自由すぎます。
しかしそんな彼らにも音楽への愛は歴然とあり、かつて仲間を失った悲しみを忘れてはいない。
「レアのために」そのひとことで、彼らは集まるのです。
トランペット奏者のおじいちゃんの息子が、クレバーなアイデアで持ち込んだ携帯電話がちゃんと役に立つのがいいね。

しかしブランクがある上ろくな練習もしてない彼らに、そう簡単に立派な演奏ができるはずもない。
魔法をかけるのは、かつての天才指揮者アンドレイではなく、母レアの注釈入りの楽譜を手に入れたアンヌマリー。
母に生き写しであるアンヌマリーの奇跡の演奏により、楽団員たちは一瞬のうちにかつて本気で取り組んだ音楽への情熱を取り戻す。
楽団員だけじゃない、劇場のオーナーも、チャイコフスキーは嫌いだという批評家も。
舞台下の共産主義者も。もちろん映画を観ている私たちも。
みんな一瞬で、その情熱に魅入られてしまう。
極上の演奏シーンの合間に、その後の彼らの成功っぷりまで惜しみなく見せてくれて、もう最高にハッピーでございましたshine

アンヌマリーはてっきりアンドレイとギレーヌの不倫の子かと思ってたけど、真実はもっと悲しいものだった。
けれど後味はあくまでもさわやか。きもちよく予想を裏切ってくれました。
知ってる俳優さんはイングロのメラニー・ロランとミュウミュウくらいでしたけども、なんといってもロシアの俳優さんたちがみんないいキャラしてて楽しかったです。
とくにKGBのおじさん、イワンが好きだなぁ。
ロシア語での言い争いってなぜか笑えるcatface
アンドレイと目標は違えど、イワンもかつての夢を追っていたのだね。
30年前の演奏の邪魔をしたのはイワンだけど、彼は彼なりに一生懸命で憎めない。

|

« ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | カラフル »

映画」カテゴリの記事

コメント

よく考えてみれば、突っ込みどころ満載の前半でしたが
演奏シーンからのラスト10数分の素晴らしさに
すべてを忘れて感動しましたcrying
マエストロとソリストのアイコンタクトがよかった!

そうそう!
私も絶対「あ~、彼女と彼が…」と思い込んで観てたので
真実が明かされた時は、口をあんぐりしながら号泣でしたhappy02

投稿: ほし★ママ | 2010年9月15日 (水) 08時36分

ほし★ママ様

そうそう、ツッコミどころ満載のコメディとして楽しんでいたら
ラスト10分にすっかりやられましたcrying
アンヌマリーが演奏しながらどんどんノッてきて
みんながひとつになっていくのが、とっても気持ちよかったです。
これぞ大団円。

マエストロと奥さんはすごく仲のいい夫婦に見えたから
彼女と彼が・・・じゃなくて、ほっとしつつ、やっぱり号泣coldsweats01

投稿: kenko | 2010年9月15日 (水) 20時57分

そうでした!
前半の感動ポイントは、奥さんの
派手な「内助の功」でしたよねhappy01

投稿: ほし★ママ | 2010年9月16日 (木) 08時04分

ほし★ママ様

そう!派手な内助の功(笑)さいこーでしたねshine
ヤクザな結婚式でのアネゴっぷりとか・・・
自分大好きなスポンサーのテレビ中継のおかげで
奥さんもコンサートを見ることができてよかった♪

投稿: kenko | 2010年9月16日 (木) 23時39分

kenkoさん、こんばんは。思うままに感想書いたら、kenkoさんのレビューといろいろかぶっておりました。そしてコチラの方が深かったりしてwobbly まいったなー

わたしも中盤の「ご一行さま大暴れ」みたいなところが特に印象に残りましたかね。彼らを見ていると最初は変人に思えたアンドレイさんが、どんどん普通の人に見えてきました(笑) 旅の恥はかきすて、とはよく言ったものです

メラニー・ロランは『イングロリアス~』でも見てましたが、なぜかこちらのほうが1.5倍増しくらいおキレイに見えました。衣装効果か、性格に可愛げがあったからか。『イングロリアス~』の時はおっかない役柄でしたもんね

あと最後の演奏シーンでは、ジャケさんの育ての親が客席でこっそり涙してるところにもらい泣きしちゃいましたweep 最初はきついオバサンだな~と思ったけれど

投稿: SGA屋伍一 | 2010年10月 4日 (月) 20時44分

SGA屋伍一様

お返事がたいへん遅くなりました!ごめんなさいbearing

あらー、カブっちゃいました?(笑)たまにありますよねsmile
しかし私のレビューのほうが深いなんてことはありえないです!

御一行様大暴れは予想を越えてました。
もうちょっとマジメな映画だと思ってたのに(笑)あの中ではアンドレイって影薄い。
ふつうはあんな状態で、マトモな演奏なんてできるはずないと思うけど
そこは映画ならではのマジック&エモーションで、すごくよかったですshine

メラニーロランちゃんは、私もこっちの方がキレイと思った。
イングロのときとはまた違う美しさで。
ジャケさんの育ての親を演じたミュウミュウって、
私が中学生くらいのとき、ガールの間で流行った『読書する女』という映画に出てた人で
なつかしかったです。
だいぶ年とったなーとは思ったけど、フランスの女優さんて
年を重ねてもナチュラルな魅力がありますね。

投稿: kenko | 2010年10月 6日 (水) 21時07分

>ゲラゲラ笑って観てたのに、ラスト10分で号泣。
笑って泣いてハッピーエンドはやっぱり気持ちがいいですねぇ。

本当ですよねえ。私は泣かなかったのですが、今まで見た映画でトップクラスにいい映画でした。あったかいですよね。

>アンヌマリーはてっきりアンドレイとギレーヌの不倫の子かと思ってたけど

>とくにKGBのおじさん、イワンが好きだなぁ。

どちらもまったく同感です!イワンさんいいキャラしてましたよね!アンドレイの奥さんがサクラを送り込んでくれないと集会がガラガラって言うのがもう哀愁がすごくて・・・
ハリウッド映画では東側陣営って完全な悪でアメリカにボコボコにされますけど、そんな単純な話じゃないですもんね。

投稿: ゴーダイ | 2010年11月28日 (日) 06時29分

ゴーダイ様

おー!こちらもご覧になったのですね!
これはよかったですー 私は今まで観た中でトップクラスに入るかどうかは
数年経ってみないと分からないけど、今年のベストムービーには入れるつもりです。
やたらバイオレンスだったり、後味悪かったりする映画を選んでしまいがちですが
たまにこういうあったかい映画に出会ったときこそ、映画ってすばらしい!とあらためて思います。
だからって前者のような映画を観るのもやめられないけど(笑)

イワンさんはいちばんお気に入りのキャラ。
憎めない人でしたよね。最後絶対、ああしてくれると信じてたしcatface
ハリウッド映画なら何かと悪者である側の人を、哀愁たっぷりに描いていて新鮮でしたね。

投稿: kenko | 2010年11月28日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/36052531

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ!:

» オーケストラ! [風に吹かれて]
チャイコフスキーを弾いて公式サイト http://orchestra.gaga.ne.jp監督・脚本: ラデュ・ミヘイレアニュ 「約束の旅路」 ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く、冴えな [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 08時19分

» ロシアから愛をこめちゃったりして ラデュ・ミヘイレアニュ 『オーケストラ!』 [SGA屋物語紹介所]
毎度おなじみ遅れ単館系映画のご紹介。パリーで『THIS IS IT』を抑えてオー [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 20時45分

» オーケストラ! [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  言葉がなんになる?言葉は裏切るし、汚い。  本当に美しいのは音楽だけだ。  本当だよね。言葉がなんになるって言うんだ。偉そ [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 06時30分

« ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い | トップページ | カラフル »