« カラフル | トップページ | 悪人 »

男と女(午前十時の映画祭)

Un_homme_et_une_femme

ひさびさに、午前十時の映画祭。
午前十時だいすきshine
1966年カンヌ映画祭グランプリ、フランス映画の名作『男と女』を観てきました!

午前十時の映画祭 公式サイト

実は観るの、まったく初めてです。
しかしそんな私でも知っている、有名すぎるテーマ曲 ♪ ダバダバダ・・・
これってこの映画の曲だったのか・・・というレベルの私が感想なんぞ述べてもいいのかどうかsweat02

パートナーを失った孤独な男女がある日出会い、惹かれ合い、ちょっとした駆け引きと、燃え上がる想いと切なさと。
お話は極めてシンプル。てゆーか、あってないようなもの。
正直に言います。
ハリウッドの分かりやすいエンターテイメントばかり見慣れているせいか・・・
ラストシーンで、( ゚д゚)ポカーン・・・としてしまいました。

しかしながら、ヒロインアンヌを演じるアヌーク・エーメの圧倒的な美しさ、セピアやブルーのモノクローム、海辺を歩く老人と犬のシルエット、大人の男女のはにかみ、浮き立つ恋心。
( ゚д゚)ポカーン・・・としたわりには、この映画のあらゆるシーンが鮮烈に心に刻まれている。
男と女、ただそれだけで、こんなにも映画になってしまうんですね。

ただわたくし・・・アンヌさんには物申さずにいられない。
モンテカルロの彼に、「愛してます」などと電報を打っておいてですよ。
有頂天で6000キロをぶっとばしてきたジャン・ルイとベッドイン、その段階で「私にとって夫はまだ死んでないの」は、ないですよ!
まるっきし『めぞん一刻』響子さんじゃんか。てゆーか『めぞん一刻』はもしやここから?
けして狙ってやってるわけではない、その都度マジであるだけにいっそうタチが悪いです。
「なぜだ・・・女心は分からない・・・」呆然とつぶやく、ジャン・ルイさんに激しく共感。
そしてラストカット。
アンヌの微妙な表情、今にも「やっぱり私・・・」とか言い出しそう、と思ってしまいました。

一方ジャン・ルイさん。
愛する女のもとへ深夜に駆ける、その車中でのリアルな妄想とか、実は遊びの女がいたりとか、ときに滑稽ですらあるのだけど等身大の男という感じがして憎めなかったです。
この映画に出てくる男たちは、スタントマンだのレーサーだの、命の危険を顧みない夢追い人ばかり。
息子君までもが消防士を夢見る。
女を泣かせる男だからこそ、魅力的なのかなぁ。

|

« カラフル | トップページ | 悪人 »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんばんは。またずいぶんと渋い作品をご覧になってますね~
『男と女』といったら、わたしが思い出すのはチャゲ&飛鳥の同名の曲。♪誰もが一度は引き返す道~ ご存知でしょうか

ううん、なんだろう。レビュー読んでみますと、どうやらストーリーよりも雰囲気とかスクリーンから漂う情感を味わうような映画のようですね。わたしの少し前までのフランス映画のイメージそのまんまであります

ちなみに先月は『オーケストラ!』『ネコを探して』『ミックマック』と、どういうわけかフランス映画を三本も見てしまいました。どれもこちらと違ってそれなりにわかりやすいお話でしたよ(笑) 『オーケストラ!』はレビュー書いたらお邪魔します~

投稿: SGA屋伍一 | 2010年10月 1日 (金) 20時02分

SGA屋伍一様

前から観たかった作品だったんですー
チャゲアスの曲は分かるような分からんような。聴いたら分かりそうな気がします。

>わたしの少し前までのフランス映画のイメージそのまんまであります

おなじくですsweat02
ブログを始めて、フランス映画もちょくちょく観るようになったけれど、
そうなる前にいだいていたフランス映画のイメージってこれだったか!と思いました。
たぶん、ヒロインに響子さんか!とツッコむような映画ではないです。
この世界にどっぷり浸るには、まだまだ修行が足りなかったようで。。。

『ネコを探して』と『ミックマック』はちょうど今こちらでやってるんですよー
明日かあさって、観れたら観ようかなー
明日からの午前十時が『羊たちの沈黙』なので、まずそちらを観てからですがsmile

『オーケストラ!』お待ちしております☆

投稿: kenko | 2010年10月 1日 (金) 23時30分

kenkoさん

またまたずうっと?ブログ記事はサボリ続けております・・・。ついったは
たまに(汗)オーケストラなてよかったんですけどねぇ。
さて、これは映画館でずっと観たいと思っていた作品だったんで午前十時で観てきました。そして過去に書いた記事をTBしてみましたが行きましたか?5年前の記事ですって自分そんな前にやってたのか(笑)
そうか!確かにこの映画の設定が「めぞん一刻」ちょっと入ってますよね。
あのピエールバルーさん、撮影時アヌークエーメの実際のダンナだったらしいです。話はどってことないけど、今観てもやはり斬新な映画だと思いました。かなり好きな作品です。実はうまくタイミング合えば●●●な予定があって
実現すればまたココに書きにきます!(笑)


投稿: kazupon | 2010年10月 7日 (木) 20時33分

kazupon様

kazuponさーん!いらっしゃいましshine
コメントいただけてうれしいですー
『男と女』はたしかkazuponさんのおすすめ映画だった・・・という記憶があり
ずっと観たいと思ってたんです。
ブログに書かれてたのって5年前だったんですね。けっこう前だなぁ(笑)
こうしてお話させていただくのも、それくらいということか。。。

こんなおしゃれなフランス映画なのに『めぞん一刻』を連想してしまいましたsweat02
んーと、ピエールバルーさんというのは、アンヌの元夫役の人でしたっけ。
ほんとに夫婦だったんですねぇ。あんな超美人の奥さん、お手柄すぎる。
役者さんの名前と役名一緒だし、架空のお話のようでどこかドキュメンタリチックでもあったりで
とてもそんな昔の作品とは思えない、映像も凝ってて独創的な映画ですね。

タイミング合えば●●●な予定・・・ってなにー!?気になる・・・

ツイッターなら、もうちょっとkazuponさんに会えるのかな。
TBちゃんと届いてます。あとでおじゃまします!

投稿: kenko | 2010年10月 8日 (金) 18時55分

kenkoさん

あけましておめでとうございます!
上のコメントにあった●●●な予定・・というのは、
映画の舞台のドービルに行っちゃたんですよ(笑)
11月頭だったんですが、いまごろ思い出したように記事書きました。
映画のように犬連れてる人結構いましたよ~
頭の中にはもちろんあの音楽鳴ってて(笑)
夏にいったらむちゃくちゃにぎやかなとこらしいので、
逆に静かな秋に行って正解かな?とも思いました。
今年もベスト記事書かれるのかな?
最近更新してなくて・・ほんとお恥ずかしいですが
ベスト記事だけはえいやって書きました。
今年もどうぞよろしくお願いします!

投稿: kazupon | 2011年1月 6日 (木) 20時40分

kazupon様

あけましておめでとうございますhappy01
今年もよろしくおねがいします!

なんとkazuponさん、映画の舞台のドービルに行かれたのですね!
そちらの記事ちらっと拝見しましたが、またしてもすてきすぎる旅!
映画の中でも季節は秋から冬ってかんじでしたもんね。
ワンちゃん連れてる人もいて、頭の中はダバダバダ〜♪で
もう気分はジャン・ルイって感じ?(笑)
いいなぁ〜いい旅してるなぁ〜うらやましい!

ベスト記事、もちろん書きます!
例年になく、ぐずぐず悩んじゃってるけど
たぶん明日か明後日には。
できたらまた持っていきますね。

投稿: kenko | 2011年1月 8日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/36960153

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女(午前十時の映画祭):

» 「男と女」 映画 [It's a Wonderful Life]
Un Homme et Un Femme (1966) 今日は曇り空なので、なんとなくこの映画の話。 1966年の作品ですから、もう40年近くも前の映画になるんですね。 今観ても新鮮な印象を受けるから不思議。 物語はタイトルの如くいたってシンプル。 フランス・ドービル地区の寄宿学校に一人息子を預けているレーサー (ジャン・ルイ・トランティニャン)が、同じく一人娘を預けている 映画スクリプターの女(アヌーク・エーメ)と知り合う。男の元妻は自殺。 女の元夫はスタントマンで映画の撮影中に事故死。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 20時26分

» "Un homme et une femme"「男と女」の港町へ [It's a Wonderful Life]
うひゃあ、どれだけ更新してないのでしょうか・・。 すいません! 年も越してしまいましたが・・。 みなさまお元気ですか? 昨年夏くらいからいつもながら結構公私バタバタしてまして、 ネタになることは山ほどあるものの、 こちらを書くのもほぼ滞ってしまいました。 その中でも久しぶりに映画に関連するひとネタ。 昨年11月頭くらいに欧州へ行ってました。 2年前にレンタカー借りた旅があまりに 楽しかっったから、またまた行ってしまいました。 そうそうTwitter始めちゃったのでリアルタイムで 旅先からつぶやい... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 20時41分

« カラフル | トップページ | 悪人 »