« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

羊たちの沈黙(午前十時の映画祭)

Silence_of_the_lambs

私の血となり肉となっている作品。(の、ひとつ。他に『ダイハード』など)
公開当時劇場で観たし、ビデオやDVDでも数えきれないくらい観てますが、あらためてスクリーンで観て、なんだかもう、観ているあいだずっと、感激のあまり涙目でございました。

午前十時の映画祭 公式サイト

続きを読む "羊たちの沈黙(午前十時の映画祭)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スープ・オペラ

Soupopera_2

あったかスープが恋しい季節です!(なんのCMか)
阿川佐和子原作、『イキガミ』滝本智行監督、坂井真紀主演で『スープ・オペラ』
金色に輝く透明なスープが、ココロとカラダにしみわたる。

<あらすじ>

大学の図書館で働くルイ(坂井真紀)は、子供のころに母親を亡くして以来、叔母のトバちゃん(加賀まりこ)と二人で暮らしてきた。
ある日、トバちゃんが年下の男性(萩原聖人)と結婚してしまい、ルイはひとりぼっちになってしまう。
が、ひょんなことから知り合った風変わりな画家のトニーさん(藤竜也)、出版社でアルバイトをしている青年コースケ(西島隆弘)がなぜかルイの家に越してくることになり、3人の奇妙で楽しい共同生活が始まる。

スープオペラ 公式サイト

続きを読む "スープ・オペラ"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

まぼろし

Sous_le_sable

オシゴトの研修で訪れた、広島県福山市の映画館<シネマモード>でたまたまやってて、空いた時間にちょうどよかったので観てきました。
フランソワ・オゾン監督、シャーロット・ランプリング主演、2000年のフランス映画。
日本公開当時、たしかママンと一緒に観に行ったんだけど、約10年前の正真正銘コムスメだった私にとっては、ぶっちゃけ「よく分からん」映画だった。
年を重ね、結婚もし、あのころより少しはオトナになったはずの今ならきっと。

続きを読む "まぼろし"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

REDLINE

Redline

『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』の石井克人が原作脚本、『アニマトリックス ワールド・レコード』石井健監督によるマッドハウス製SFアニメ。
声の出演に木村拓哉、蒼井優、浅野忠信など。
全国のシネコンでひっそりと上映中でございます。

<あらすじ>

遠い未来。
宇宙中が熱狂する、妨害も武器使用もなんでもありのレース<REDLINE>の予選に、ひたすらマシンの速さのみで挑戦し続ける男JP(木村拓哉)も出場したが、あと一歩のところでクラッシュし勝利を逃してしまう。
それは長年の相棒であるメカニック・フリスビー(浅野忠信)が、ヤクザと手を組み八百長に加担していたがゆえの裏切りだった。
REDLINEの決勝戦開催地は、悪名高い軍事国家ロボワールドに決定。
命を落としかねない過酷なレースが予測され、出場者は次々と辞退、ファン投票でJPが選ばれる。
予選の優勝者である女性ドライバー・ソノシー(蒼井優)に想いを寄せるJPは、もちろん出場を決意する。

REDLINE 公式サイト

続きを読む "REDLINE"

| | コメント (6) | トラックバック (8)

悪人

Akunin

モントリオール映画祭で、深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞した作品。
原作小説に思い入れはないし、やるせない気持ちになりそうだしでスルーするつもりだったのだけど、ほし★ママさんの感想を読ませていただき観る決心をしました。
満島ひかりちゃんや松尾さんなど、気になるキャストもいっぱい出てるしね。

<あらすじ>

清水祐一(妻夫木聡)は長崎のさびれた漁村で祖父母に育てられた。
土木作業員として働き、祖父母の面倒をよくみる無口な男。
祐一はときどき、出会い系サイトで知り合った博多に住む保険外交員、石橋佳乃(満島ひかり)と会っていたが、佳乃は祐一と約束していた日の夜、目の前で増尾(岡田将生)という大学生の車に乗って行ってしまう。
祐一は怒りにまかせ増尾の車を追いかける。
翌日、佳乃は死体で発見される。
長崎で変わらぬ生活を送る祐一の携帯にメールが届く。
それは以前、出会い系サイトでやりとりをした馬込光代(深津絵里)からのメールだった。

悪人 公式サイト

続きを読む "悪人"

| | コメント (11) | トラックバック (5)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »