« 悪人 | トップページ | まぼろし »

REDLINE

Redline

『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』の石井克人が原作脚本、『アニマトリックス ワールド・レコード』石井健監督によるマッドハウス製SFアニメ。
声の出演に木村拓哉、蒼井優、浅野忠信など。
全国のシネコンでひっそりと上映中でございます。

<あらすじ>

遠い未来。
宇宙中が熱狂する、妨害も武器使用もなんでもありのレース<REDLINE>の予選に、ひたすらマシンの速さのみで挑戦し続ける男JP(木村拓哉)も出場したが、あと一歩のところでクラッシュし勝利を逃してしまう。
それは長年の相棒であるメカニック・フリスビー(浅野忠信)が、ヤクザと手を組み八百長に加担していたがゆえの裏切りだった。
REDLINEの決勝戦開催地は、悪名高い軍事国家ロボワールドに決定。
命を落としかねない過酷なレースが予測され、出場者は次々と辞退、ファン投票でJPが選ばれる。
予選の優勝者である女性ドライバー・ソノシー(蒼井優)に想いを寄せるJPは、もちろん出場を決意する。

REDLINE 公式サイト

ポスターだけ見て軽く惹かれはしたものの、どういう内容かは全く知らず。
レースのお話だったのね。

コンピューターでは計算できない、手描きならではの<誤差>や<歪み>が売りの本作。
ずっとずっと未来、四輪がエアカーに代わろうとする時代に、それでも四輪にこだわる愚か者がいた・・・
それってつまり、手描きセルアニメがCGに代わろうとする時代に、それでも手描きにこだわる愚か者がいた・・・
と、置き換えてよろしいんでしょうか。

『カラフル』でも書いたけど、「アニメであるからには、アニメならではの自由な表現を楽しみたい」自分にとって、こういう作品は大歓迎shine
アメコミ風のクドイ絵面や色彩、『スターウォーズ』的クリーチャーごった煮状態の世界観(つまり『ゴールデンアーミー』的でもある。いちばん似てると思ったのは『銃夢』だけど)など、そりゃもう好み。
冗談みたいなヘンテコキャラが次から次へと、じゃんじゃか出てきます。
ロボワールドへの経由地である星の換金所のオヤジ?タバコ屋のおばあちゃん?とかウケた。
いちばんのお気に入りは、泣くとめちゃ強いレイズナ弟ですが。つか誰の弟?
気色悪い通貨とか、ミミズパスタとか、王女様の魔法とか、マシンと一体化するボルトン部隊とか、巨神兵とか(いや、あれは鉄雄か)・・・ディティールはとにかく狂ってて楽しいのだけど、いかんせんそれらの強烈な個性が渾然一体としすぎてて、ひとつひとつを生かしきれてないのがもったいないと思いました。
結果として、なにがなんだか分からない画面になってます。
公式サイトのキャラクター紹介のページとか見ると、それぞれにおもろいキャラ設定があるのだけど、映画を観ただけじゃイマイチ・・・てゆーか、ほとんどわかんない(笑)
マシンの原型もわかんない。歪みすぎでsweat02
この混沌こそが表現したかったものなのかもしれないし、イマジネーションのおもむくままにうねるドラッギーなアニメーション、腹の底に響く重低音は大画面で体感してこそなので、まあ楽しめたんですけども、もうちょっと整理して、お話的にもスピードバカたちのやむにやまれぬ事情をもうちょっとエモーショナルに掘り下げてくれたら、がっつりハマれたような気がします。

それにしても、いちおう悪役的立ち位置の軍事大国、ロボワールドの大統領閣下は少々気の毒でした。
うちでやんないでって言ってるのに。許可してないのに。
勝手に開催地を決めちゃうREDLINEの人たち。

JP役はできれば関俊彦さんに「なんぴとたりとも俺の前は走らせねぇぇ!!」的なノリで演じてほしい・・・とちょっとだけ思いましたが、キムタクも上手いんだよねぇ。
スウィートな純情恋愛物語でもあるので、キムタクの甘いささやきが合ってた。
なんせ、LOVEheartですもの。
蒼井優ちゃんもキュートでよかったです。

|

« 悪人 | トップページ | まぼろし »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

あえて誤差や歪みを強調したデフォルメはとても魅力的でしたし、重低音も心地よかったです。
でもそれを楽しめたからいいやっていうにはちょっともったいない設定がたくさんありましたよね。
特に各キャラはおっしゃるようにもっと掘り下げて描いてほしかったと思います。

投稿: SOAR | 2010年10月16日 (土) 20時25分

SOAR様

コメントありがとうございます。
そうなんです、映像や音楽がすごくよかっただけに
もうちょっと、物語やキャラクターの見せ方を整理してほしかったなーと思いました。
レースのメンバーとか、ソノシーが見てたテレビの紹介だけじゃなにがなんだかsweat02

投稿: kenko | 2010年10月18日 (月) 18時52分

>マシンの原型もわかんない。歪みすぎで
ええええ(爆)

私はカートゥーン・ネットワークで放送されているような欧米の子供向けアニメが大好きです。バットマンやスパイダーマンなどのアメコミではなく、あくまでピンクパンサ―のようなカートゥーン。
特にマッチョなマザコンが主人公の「ジョニー・ブラボー」は馬鹿馬鹿しくて好きです。実写映画化の話もあったようですが・・・
ああいうカートゥーンの線は練習しても引けないんです!国民性でしょうか?

このREDLINEの画風はどうやらアメコミに近いみたいですね!
ちなみにバットマンは私も結構好きです。アメコミってコマ割りは日本に比べて単調ですが、美術的な画力は日本のものより高いと思っています。なにしろすっごい分業して制作しているんですよね。

それと突然ですみませんが、この「Cnote」のブログ、うちのサイトとリンクしてよろしいでしょうか?

投稿: ゴーダイ | 2010年10月19日 (火) 15時57分

ゴーダイ様

うーんsweat02
あんまり歪んでない絵もあったと思いますが
いかんせん、歪んでるうえスピーディーな画面が多くて。
私の動体視力では追いきれませんでしたcoldsweats01
でも基本的には楽しめたし、気に入ってるんですよ。
ゴーダイさんの意見も聞いてみたい作品。
アメコミ風なんだけど、女の子のかわいさは日本的でもあり
ヨーロッパのマンガに近いかも・・・とちょっと思いました。
アメコミ、あんまりたくさん読んでないですが
絵がちゃんとアートしてますよね。色付きだし。

カートゥーンネットワークは以前スカパにしてたときはたまにつけてたけど
今は解約しちゃいましたー
『パワーパフガールズ』とか。
『ジョニーブラボー』も絵は分かります。あのキャラ、マザコンなんだ(笑)
実写映画のはなしもあったんですね。

リンク、光栄でございますshine
うちではリンク貼るようにしてなくて、貼っていただくばかりですが
どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

投稿: kenko | 2010年10月19日 (火) 22時57分

リンクさせていただきました!
ありがとうございました。
こちらがリンクのページになります。
http://dario.gloomy.jp/tt/link.html

バナーや紹介文等、何か御都合の悪い点がありましたら遠慮なく仰っていただければ嬉しいです。

REDLINE・・・私もkenkoさんと同じ感想になりそうです。
以前実写映画版『トランスフォーマー』を観てロボット同士の取っ組み合いがあまりにゴチャゴチャしていて(メカが細かいから・・・)、何をしているのかが分かりませんでしたからw・・・

投稿: ゴーダイ | 2010年10月19日 (火) 23時21分

ゴーダイ様

さっそくリンクしていただき、ありがとうございますー
バナーや紹介文まで。うれしいですshineご都合わるくないです!

実写版『トランスフォーマー』も無駄にごちゃごちゃしてましたよね(笑)
でもその無駄さが好きでした。確かになにがなんだか分かんないシーンもあったけどsweat02
『インディジョーンズ』のトラバもありがとうございます。
あとでおじゃましますねhappy01

投稿: kenko | 2010年10月20日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/37180222

この記事へのトラックバック一覧です: REDLINE:

» 『REDLINE』 アニメーションのシズル感とは? [映画のブログ]
 あなたには、お気に入りの画家やイラストレーターがいるだろうか。  いるならば、その作品の中でも飛びっ切りな絵を思い浮かべてみて欲し... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 17時47分

» 「REDLINE」 激速のチキチキマシン猛レース [はらやんの映画徒然草]
「チキチキマシン猛レース」って言っても若い人にはわからないだろうなあ・・・。 で [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 19時02分

» REDLINE・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
宇宙最速の座を賭けた究極のレース、「REDLINE」を描くアクションアニメ。 内容を一言で言えば、昔懐かしいタツノコプロの「マッハGo Go Go」の現... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時36分

» 『REDLINE』・・・詰め込み過ぎが惜しまれる [SOARのパストラーレ♪]
重低音の効いた4ビートが生み出す迫力のグルーヴ。そのサウンドの中を猛スピードで駆け抜ける熱きレーサーたち。絶妙のタイミングでめまぐるしく切り替わっていく“カメラワーク”に瞬きする暇もない。 描かれる人やマシンには極端なデフォルメが施され、遠近感、立体感、距離感がその辺の3Dアニメとは全く違うアプローチで表現されていく。... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 20時24分

» 「REDLINE」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 構想7年、総作画枚数10万枚以上。CG全盛の時代に、あえて手描きにこだわった意欲作。 遠い遠い未来。宇宙最速を決める5年の一度の祭典「レッドライン」を舞台に、超リーゼ... [続きを読む]

受信: 2010年10月19日 (火) 18時42分

» 『REDLINE』 [だらだら無気力ブログ]
『鮫肌男と桃尻女』の石井克人監督の原作を、『PARTY7』『茶の味』 ではアニメ・パートの演出を手掛けた『アニマトリックス ワールド・ レコード』の小池健監督で映画化したマッドハウス制作のSFアクション・ アニメ。 遠い未来を舞台に、宇宙最速を決めるカー…... [続きを読む]

受信: 2010年10月31日 (日) 18時56分

» 『REDLINE』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじずっとずっと未来の話、四輪がエアカーに代わろうとする時代にそれでも四輪にこだわる愚か者がいた・・・。解説ドズル・ザビ、バスク・オム、ロビンマスクアシュラマン、牛... [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 21時17分

» 『REDLINE』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじずっとずっと未来の話、四輪がエアカーに代わろうとする時代にそれでも四輪に [続きを読む]

受信: 2012年8月 5日 (日) 21時17分

« 悪人 | トップページ | まぼろし »