« 男と女(午前十時の映画祭) | トップページ | REDLINE »

悪人

Akunin

モントリオール映画祭で、深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞した作品。
原作小説に思い入れはないし、やるせない気持ちになりそうだしでスルーするつもりだったのだけど、ほし★ママさんの感想を読ませていただき観る決心をしました。
満島ひかりちゃんや松尾さんなど、気になるキャストもいっぱい出てるしね。

<あらすじ>

清水祐一(妻夫木聡)は長崎のさびれた漁村で祖父母に育てられた。
土木作業員として働き、祖父母の面倒をよくみる無口な男。
祐一はときどき、出会い系サイトで知り合った博多に住む保険外交員、石橋佳乃(満島ひかり)と会っていたが、佳乃は祐一と約束していた日の夜、目の前で増尾(岡田将生)という大学生の車に乗って行ってしまう。
祐一は怒りにまかせ増尾の車を追いかける。
翌日、佳乃は死体で発見される。
長崎で変わらぬ生活を送る祐一の携帯にメールが届く。
それは以前、出会い系サイトでやりとりをした馬込光代(深津絵里)からのメールだった。

悪人 公式サイト

非常に見応えのある作品でしたです。
なんといっても、主要キャストの渾身の演技が光る。
日本映画界を代表する名実揃った役者さんばかり、というだけでなく、なにげに九州地方出身者が多かったりもする気合いの入ったキャスティング。
深津絵里さんはもちろんすばらしかったですが、驚いたのは妻夫木聡さん。
あのかわいいブッキーとは思えないくらい、ブッキーオーラを完全に消して、暗い目をした、さえない、孤独な青年を演じていました。
「光代に出会うまでは生きているのか死んでいるのか分からなかった」と言っていた祐一の目が、ある衝撃的な行動の瞬間、こわいくらいにキラキラと輝いて生気を宿す。
それはきっと、光代のことを本気で守りたいと思ったからこそ。
ふたりの物語をただ見つめるしかない側としては、光代にだけは祐一の本心を知っててほしい、と願ってしまうけれど・・・それは祐一が望んだことではないんだよね。

タイトルの悪人という言葉について考えてしまう。
祐一は悪人? 柄本明演じる父親にとっては、愛する娘の命を奪った憎き犯人。
(とはいえ柄本父が祐一を責めるセリフやシーンは一切なく、父としての怒りのすべては増尾にぶつけられる。物語の傍観者である私たちと違って、祐一の人柄を知らないはずの父。しかし父には直感的に、向かうべき相手が分かるのだろう、と思いました。娘を奪われた悲しみが一層感じられる。原作ではどうなのでしょうか)
殺人という行為自体は、言い訳のしようのない絶対的な罪だと思う。
でも祐一は・・・どん詰まりの人生の中で不器用にあがいて、ひたすら温もりを求めて彷徨う寂しい、心の優しい青年だった。
そのことを私たちは知っている。
増尾のような男には心底腹が立つけど(岡田くんは大好きだけど)、かといって悪人という言葉はやはり当てはまらず、憐れなほどに小心で薄っぺら、凡庸な若者にすぎない。
殺された佳乃(満島ひかりちゃん)もけして褒められた子ではなく、自業自得じゃん!と言ってしまいたくもなるけれど、最悪の状況においても祐一に悪態をつき続ける、その姿はあまりに痛々しく虚しい。
松尾スズキ演じる悪徳商法の男すら所詮せこいワル。どこにもほんとうの悪人はいない。
つまりこれは、孤独を抱える人々の愚かな行為の連鎖が生んだ悲劇。とか考えはじめると、なんだかやっぱり、やるせない気持ちになってしまったのでした。

しかし、モロ師岡演じるバス運転手さんの一喝、それを受けての樹木希林ばあちゃんの行動、増尾の友人にマトモな感覚の若者(『罪とか罰とか』の永山絢斗くん)がいてくれたことや、ラストシーンの祐一の微笑みには、ささやかな希望とやすらぎを感じることもできる。
なにより二人の純愛ゆえの逃避行に心奪われたし、愛し合うシーンではすっかり感情移入してしまい・・・涙がこぼれました。
美しく、切なく、狂おしく、とてもいいシーンでしたです。
光代はずっと、冷えきった身体をあたためてくれる誰かを求めてた。
誰でもよかったわけじゃない、孤独を理解しあえる誰か。
ようやく出会えたのに一緒にいられないなんて悲しすぎるけど、愛する人と同じ思いを分かちあった瞬間の朝陽の美しさとあたたかさが、せめて二人の心に在り続けてくれたら、と思います。

|

« 男と女(午前十時の映画祭) | トップページ | REDLINE »

映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
深津絵里さんは大好きな女優さんです。
興味はあったのだけど『悪人』観て見たくなりましたhappy01

投稿: 島っ子 | 2010年10月 1日 (金) 23時28分

鳥っ子様

はじめまして!コメントありがとうございますhappy01

私も深津絵里さん大好きですshine
記事の中であまり書いてませんが、深津さんすばらしかったです。さすが最優秀女優賞☆
ぜひご覧になってみてください。

投稿: kenko | 2010年10月 1日 (金) 23時37分

あっ・・・ごめんなさい!
鳥じゃなく・・・島っ子さんですね!
アバターのページにおじゃまして気がつきましたsweat02
たいへん失礼いたしましたm(_ _)m

投稿: kenko | 2010年10月 2日 (土) 01時06分

「記事を読んで観てきた」
~こんな風に言ってもらってすごく嬉しいnoteです。

ブッキーは、本当に素晴らしかったsign03ですね。
目も腫れぼったくて、肌も荒れていて~
深っちゃんはもちろんですが
ひかりちゃんのあのウザい感じと
お父さんのイメージに出てくる純真な笑顔の演じ分け
やっぱりすごい女優さんだなぁ、と…
ブッキーに首を絞められるシーンでも
顔がうっ血するようにガチsadだったそうです。

私からもTB送らせて下さいね。

投稿: ほし★ママ | 2010年10月 2日 (土) 18時44分

ほし★ママ様

ほし★ママさんちで記事を読ませていただかなかったら
たぶんスルーしてたと思うし、
とてもいい映画だったから、映画館で観ることができてよかったです。
ほし★ママさんのおかげ。ありがとうございますhappy01

ブッキーすごかったです!
演技うまいとは思ってたけど、自分の中ではどうしても
かわいいブッキーのイメージがあって、あまりの別人ぶりに驚きました。
ひかりちゃんも毎度のことながらすばらしく。
そうそう、首をしめられるシーン、顔が真っ赤になってた!
あれ、ガチだったんですね・・・女優魂だわ。
柄本父のイメージの中のひかりちゃんもよかったですよねぇ。

投稿: kenko | 2010年10月 3日 (日) 22時18分

ご無沙汰しておりました。相変わらず素晴らしいレビュー!ワタシも見習わなくては。

>あのかわいいブッキーとは思えないくらい、ブッキーオーラを完全に消して、暗い目をした、さえない、孤独な青年を演じていました。

そなのよ!妻夫木くんが凄かったの!!ワタシ、あまり妻夫木くんの出てるのって観てないんだけど、あまりの表情の無さがすごいな~と。

個人的には柄本さん。もともと大好きな役者さんなんだけど。あ「ケンタとジュンとカヨちゃん」にも出てましたね~。
主役の二人もさることながら、ワキがきちんと固めていて、どっしりとした映画でした。

ていうか、ダメですねえ、ワタシ。早め早めに文字にしていかないと忘れていってしまう。せめて「スープオペラ」と「NECK」を書かねば。

投稿: とも | 2010年10月 4日 (月) 12時26分

とも様

お返事がおそくなってしまってごめんなさいbearing
すばらしいだなんて、めっそうもござらんです。もったいないお言葉。

妻夫木くん、すごかったよねぇ!
かわいいだけじゃなく、演技もうまいという認識はあったものの
同じく出演作はあまり観てなくて、
本作における別人ぶりはまったくもって予想を越えておりました。
増尾の車を追う直前、一瞬めちゃ恐い表情をしたのとかゾクッとした!

そうそう、柄本さんは『ケンタとジュン』にも出てましたねー
ケンタとジュンには、めきめき活躍中の息子君、柄本祐さんも出てたけど
最近かなり気になってます。確か初めて観たのは『グミチョコパイン』で
そのときは柄本息子とは知らず。
『悪人』はとにかく、役者さんがみなさんすばらしかったです。

『スープオペラ』は私もちょっと気になってます。
『NECK』・・・は、『BECK』?
ともさんの夢十夜、なにげにファンなのですが
最近はシュールな悪夢、ごらんになってないでしょうか。

投稿: kenko | 2010年10月 6日 (水) 20時48分

いやいや、「BECK」じゃなくて「NECK」てのが同時期にやってて。相武紗季主演の超B級ホラー。久々に鈴木一真観られて嬉しかったです♪。

映画自体はホントどーでもいいおバカ映画だと思いました(笑)。

柄本佑はホント最近いろいろ出てますね~~ある意味注目の役者さんです。

でも個人的には熊本出身「高良健吾」くんよろしくんです♪今度「ノルウェイの森」にも出ます~~。

投稿: とも | 2010年10月11日 (月) 20時21分

とも様

あ、NECKはNECKなんですね(汗)
こりゃたいへん失礼をいたしましたbearing
首がどうかなっちゃうホラー?こっちの方にもそのうちくるかしら。
おばかホラーはけっこう好きなんです。

柄本佑さんは予想外のセリフ回しとかがツボです。
高良健吾さんは熊本出身だったんですね。ノルウェイの森にも出てるのか。そりゃ観ないと。
ノルウェイの森、日本人キャストでも監督が外国の方だと雰囲気がだんぜん違ってて
気になります。

投稿: kenko | 2010年10月11日 (月) 23時15分

おばんです。この映画、わたしも見る気なかったのですが、少し前につきあいで観てきました。うーん、やっぱり少しへこみましたが(笑)、評判に違わぬ力作でした
「悪人」って残酷な言葉ですよね。しかしそう呼ばれるようになった責任は、当人にも少なからずあるような気もしますし・・・ むずかしいなあ

祐一と光代はたぶんこのあともう会うことはないんじゃないかな、と思います。でも祐一くんはあの時光代が灯台に戻ってきてくれた、そのことだけで十分満足してこの先生きていくのでは

投稿: SGA屋伍一 | 2010年12月15日 (水) 21時28分

SGA屋伍一様

おばんですー
ヘコむ映画だったけど、最後のブッキーの笑顔に救われた気がします。
役者さんがとにかくみなさんすばらしくて、映画館で観れてよかった作品。

ブッキー演じる清水祐一にどうしても感情移入してしまって
彼を「悪人」と呼ぶのには抵抗を感じてしまいますが
まごうごとなき罪人なんですよね。だって人を殺したんだもの。

わたくしごとでアレですが少し前空き巣に入られまして、
犯人つかまったんだけど刑事さんから事情を聞くといろいろ気の毒な人で、
つかまる前は憎たらしくてしょうがなかったのに
そういうの聞くと急に可哀想になってしまったり。なんだかな。

私もふたりがこの先また会うことはないだろうと思う。
それは祐一が光代を守るために望んだことで、だから祐一はそれで満足なのだろうけど
やっぱり切ないですweep

投稿: kenko | 2010年12月16日 (木) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/36839863

この記事へのトラックバック一覧です: 悪人:

» 映画『悪人』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
春先に、原作[E:book]を読みました。 『パレード』の原作を読み、映画を観て 吉田修一氏の描く現代人の「心の闇」の世 [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 18時45分

» 悪人 [to Heart]
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 23時43分

» 映画『悪人』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
春先に、原作[E:book]を読みました。 『パレード』の原作を読み、映画を観て 吉田修一氏の描く現代人の「心の闇」の世 [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 14時06分

» 「悪人」 無表情の感情 [はらやんの映画徒然草]
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 19時19分

» 灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』 [SGA屋物語紹介所]
もう公開されてだいぶ経っちゃってますけど、先日ようやっと見ました。三つの賞に輝い [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 21時30分

« 男と女(午前十時の映画祭) | トップページ | REDLINE »