« ゾンビランド | トップページ | エクスペンダブルズ »

レポゼッション・メン

Repomen

ひさびさに、ドンデン返しらしいドンデン返しあり。

<あらすじ>

人工臓器で延命が可能になった未来。
人々はユニオン社の高額な人工臓器をローンで買うが、支払いを滞納するとレポメンという臓器回収人に追われるはめになる。
ある日レポメンであるレミー(ジュード・ロウ)は、仕事中の事故で気を失う。
目覚めるとベッドの上で、ユニオン社の人工心臓を埋め込まれていた。

レポセッション・メン 公式サイト

ジュード・ロウとフォレスト・ウィテカーってちょっと不思議なコンビだなーと思ってたけど、ウィテカー演じるジェイクのレミーに対する友情と呼ぶにはあまりに捻れた思いは、彼らの過去作を連想させ(『リプリー』とか『スルース』とか『クライングゲーム』とか・・・)、なるほど納得のキャスティング。

命はお金には代えられないってことで(まあ代えてるわけだけど)、人々は高額な人工臓器を無理なローンで買う。
支払いが滞れば、たちまちレポメンこと臓器回収人のターゲットとなり、腹をかっさばかれて人工臓器を強引に回収されてしまう。
レポメンであるレミーとジェイクは、「仕事は仕事」と言って淡々と、ときにゲーム感覚でレポしていくけれど、それは結果的に殺人。
しかし彼らの感覚は完全に麻痺し、罪悪感など微塵もない。
ジュード・ロウが血みどろの仕事を手際よくこなしていく様子は映画的には楽しいのだけど、ひっかかるのは、客に安易にローンを組ませて案の定はらえなければレポって、そこに会社としてどれほどのメリットがあるのかいまいち分からないってこと。
回収した臓器を再利用するとか?
そのへん微妙にもやもやしつつも、ピンクドアの向こうに行って合点がいった。
これがやりたかったんか。
これがやりたかったがための、もろもろ強引な設定か、と。

この世界ではスタンダードらしい赤い粉を気休め程度に歯ぐきにぬりたくり、自らの腹を、そして恋人の腹をナイフで裂き、人工臓器用バーコードリーダーを傷口につっこむ。
気を失いかけながら、激しい痛みに耐えるレミーとベスってばもう、とてつもなくサディスティックかつエロティック。
そもそもセクシーなジュード・ロウだけど、このエロスは相手役アリシー・ブラガだからこそと思いました。
ピンクドア前の、糸鋸やらハンマーやらの武器を駆使した肉片とびまくりの殺陣シーンもケレン味たっぷりで燃えた。

それとどうやら物語における人工臓器とは命を長らえさせるだけでなく、ベスのように、瞳の色を自由に変えたり超人的な聴力や特別な生殖器を手に入れたり、肉体を好きにカスタマイズするためである人も少なくなさそう。
そういう人はたぶん最初からローンを完済する気なんてなく、確信犯的に借金を踏み倒すべく、レポメンから逃げ回っている。
そこらへんの人工臓器にまつわるアンダーグラウンドな問題はけっこう根が深そうなんだけど、劇中ではあまり明確には語られない。
原作小説ではもちょっと掘り下げてあるんでしょうか。

『ブレードランナー』『攻殻機動隊』的テイストの近未来風景は、いまとなってはありがちといえばありがちですが、本作におけるそれはどちらかというと過去の偉大すぎる名作へのあからさまなオマージュと思われ、むしろ好ましく感じました。

|

« ゾンビランド | トップページ | エクスペンダブルズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
すごい発想の映画なんですね・・・
こういう面白くも濃いアイディアってなかなかお話の中に組み込むのが難しくて、断念したネタ結構あります(苦笑

私が昔考えたのは、やっぱり未来の話で、アメリカの銃犯罪をなくすための銃器回収人(しかも公務員のアンドロイド)が老刑事(博物館にしかない時代遅れのリボルバーを持っている)とコンビを組むって話です。
銃の所持者の名簿を持って銃を回収したら名簿の名前に横線を入れていくという・・・これもなかなか話がまとめられなくて脳内保管しています。

全然関係ない話をすいません。coldsweats01この映画を見れば、このネタも物語としてまとめられるかも・・・

投稿: ゴーダイ | 2010年11月 5日 (金) 01時31分

ゴーダイ様

すごい発想ですよねー
なかなかおもしろかったです。
ゴーダイさんの銃器回収人の話もおもしろそう。
ちょっとこの映画と似てますねー
どうやって回収するか・・・がポイントですかね?
やっぱ銃でおどして?
この映画を参考にしたらかなりのバイオレンスになりそうだけど、
それで名簿の名前に横線を入れるという几帳面さはおもしろいかも・・・といろいろ勝手に妄想sweat02
そういえばレポメンも名簿持ってお仕事してましたcatface

投稿: kenko | 2010年11月 5日 (金) 23時56分

未来世紀ブラジルみたいですね。
ジュード・ロウは「ホームズ」みたいな近世や
この作品のような未来モノが似合います。
セクシーすぎるからかしら。
原作も読みたいです。

投稿: 奈良の亀母 | 2010年11月11日 (木) 00時06分

奈良の亀母様

そうなんです、未来世紀ブラジルっぽくもあります。
ジュード・ロウって近未来にあいますよね。
人間くささがあまりないからかなーと思います。
でもめちゃセクシーだし、どこかクラシカルな男前でもあり。好きheart
この映画、原作者が脚本にも参加しているらしいですね。
最近とんと読書してないんですよねぇ。。

投稿: kenko | 2010年11月11日 (木) 18時54分

こんにちはー♪
煮詰まっちゃった資本主義をテーマに未来世紀ブラジルをやってみました!って感じでしたねぇ。オチもまんまでしたし。
描き方の雑さにイマイチ気分がのらなかった作品でしたが、相変わらずジュード・ロウは眉から下がおっとこまえですねぇ。

投稿: たお | 2010年11月14日 (日) 15時26分

たお様

あ、こちらはたおさん的にはイマイチだったんですね。

眉から下が男前って(笑)たしかにねぇsweat02
男前なだけに、後退具合が気になって仕方ない時期があったのですが
いつの日からかその部分は視界に入らなくなりました!

うーん、同じく雑さは気になったんだけど、最後がなんかエロかったんで
まーいーやって感じで。。

投稿: kenko | 2010年11月15日 (月) 20時09分

こんばんはー♪
kenkoさん♪ コメし忘れてて飛んできました!
なのに二つも書いてくれてありがとうです、happy01

旦那様のチンチラリズムページみさせてもらいました!
くぁあわゆい!もー、チンチラ大好きheart04
昔ヒマラヤン飼ってたことがあって、
いつか飼うならチンチラって決めてるんです(でも旅行とかでおいてけないしネコちゃんアレルギー気あって無理 泣)


って
あ、これ。ジュードカッコ良かったです!!!ハナシも好き。
DVDのみが出たら買う予定heart01

投稿: mig | 2010年11月15日 (月) 21時09分

mig様

こんばんは!
お忙しいのにすばやいレスありがとうございますshine
ジュードはいつ見てもかっこいいですねheartウィテカーもけっこう好き。

チンチラリズムを見てくれたなんて!うれしすぎです!!happy02
migさんはヒマラヤン飼ってたのかぁ。ヒマラヤンもかわいいですよねぇー
どんなネコでも好きだけど、長毛種にはとくにめがないです。
今のネコ飼うまではイヌ派だったのですが、チンチラの子猫をひとめ見てトリコになってしまって。
今は完全にネコ派cat
そう、ペット飼ってるとなかなか家をあけられないんですよね。
一泊二日くらいなら平気だけど、うちのはお外も知らない人も苦手だから預けるのも無理だしsweat02

投稿: kenko | 2010年11月16日 (火) 20時20分

kenkoさん、こんばんは。早いものでもう師走でございますね
ウィテカのジュードへの思いは・・・ やはり「愛」だったのでしょうか・・・ いやん、はずかしい!
そういえばジュードさんは『ホームズ』でも甘えん坊な親友に振り回されてえらい目にあう役柄でしたね

普通に考えたらかなり暗い話なんだけど、レトロなBGMや時々入るおふざけ(ピンクドアの前のシーンなんかね)のせいで、割りと軽快に見られました
わたしはこのあと『パンドラム』を見て、今後も『デイブレイカー』『ヤマト』『ゾンビランド』とお先真っ暗な未来世界の映画を立て続けに見る予定です。今年はそうゆうの多かったな・・・ 他にも『ザ・ウォーカー』とか『バイオ4』とか

投稿: SGA屋伍一 | 2010年12月 1日 (水) 21時07分

SGA屋伍一様

ほんとにもー、はやいもので師走。はやすぎるー

ジュード・ロウだけに、ウィテカさんの愛が余計に行き過ぎた愛に思えるんですよね。
SFだけじゃなく、そういうシチュエーションにもなぜかハマってしまうジュード・ロウ。
『ホームズ』もちょっとそんな感じでしたもんね(笑)

そう、BGMもいい感じでした。
ピンクドア前のシーンとか、ピンクドア内とか、かなりエグいんだけど
PVっぽくもあり、軽快でしたよね。そして変態的にエロく。
『パンドラム』はこちらでは終わってしまいました。ちょっと観たかったんだけど。
『デイブレイカー』は今いちばん観たい!
『ヤマト』はたぶん観ないなぁー
『ゾンビランド』はすごくよかったです!
確かに今年は殺伐とした近未来映画多めでしたねぇ。
ゾンビランドはぜんぜん殺伐じゃなかったけどsmile

投稿: kenko | 2010年12月 2日 (木) 21時23分

今頃またこんなところに出没^^;
今日、レンタルショップで迷いに迷った末、断念した映画でしたsweat01
ジュード・ロウ大好きで、ほとんどの映画は観てるんだけど、
この映画が観れてないんですよね~despair
予告編だけで、わ~私には無理!って思っちゃって(笑)
でも最近、ちょっとは残酷なシーンにも慣れてきた感があるから(爆)、
大丈夫かなぁって思って、こちら拝見してました^^
で、コメ拝見してやっぱり観たくなっちゃいましたconfident
今度、近々借りて観てみようっと!

投稿: ちー | 2011年11月 8日 (火) 01時39分

ちー様

これねー、ジュード・ロウかっこいいし、すごくおもしろかったけど
けっこうなグログロですcoldsweats01
私的には見れないシーンはなかったけど・・・
『127時間』のとあるシーンの方が断然キツかったし
練習にはいいかも!?
DVDなら、キツいシーンは早送りとかチラ見でやり過ごせるし・・・coldsweats01
ぜひまた感想お聞かせください♪

投稿: kenko | 2011年11月 8日 (火) 14時15分

夜は無理かも?って思って、お休みの今日、日中観ました~^^
グロさは覚悟してたから、意外とすんなり観れました。
ジュード・ロウが超セクシーでございましたconfident
クールな男前なせいか、ほんとに近未来な雰囲気がサマになってる^^
「ガダカ」や「A.I」とか・・・また観たくなっちゃいました^^
kenkoさん仰る通り、苦痛に歪むお顔がなんとも色気たっぷりで、
タンクトップ姿の二の腕とともにに萌えでございました^^
ラストシーンは、映画全体の雰囲気に似合わず、ハッピーエンド?
なんて思ってたら、全く意表を突かれてしまいましたsweat01
夢のことなんてすっかり忘れてました(爆)

そうそう、この映画と関係ないけど、
「ホリデイ」でキャメロンが作る、クリスマス映画の予告編!
その予告編のなかの出演者が、ジェームズ・フランコだったそうで、
YOU TUBEで確認したら出てました、カメオ出演(笑)

投稿: ちー | 2011年11月10日 (木) 19時41分

ちー様

グロいのすんなり観れましたか!よかった( ^ω^ )
ジュード・ロウは近未来似合いますよねー
あと「男同士」という設定も似合うなと。。。
ジュード・ロウが出てる『スルース』ご覧になってるかな。
好きな映画です。
私もこの映画のラストは予想つかずでした!

そうそう、『ホリデイ』も大好きな映画なんだけど
そういえば出てた!ジェームズ・フランコ!予告編のなかに(笑)
カメオ出演ほんと多いですね〜

投稿: kenko | 2011年11月12日 (土) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/37374609

この記事へのトラックバック一覧です: レポゼッション・メン:

» レポゼッション・メン /Repo Men [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 15時47分

» レポゼッション・メン (Repo Men) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 …... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 15時26分

» 「レポゼッション・メン」 ご利用は計画的に [はらやんの映画徒然草]
タイトルにあるレポゼッション・メンとは人工臓器回収人のこと。 作品中で描かれる近 [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 20時21分

» ジュードのロ-ンと重労働 ミゲル・サポクニック 『レポゼッション・メン』 [SGA屋物語紹介所]
ああ、10日ぶりの映画レビューなのにこんなタイトル・・・ エリック・ガルシアのS [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 21時08分

» 『レポゼッション・メン』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 レポゼッション・メン 』 (2010) 監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...... [続きを読む]

受信: 2010年12月22日 (水) 02時13分

» レポゼッション・メン [RISING STEEL]
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 20時03分

« ゾンビランド | トップページ | エクスペンダブルズ »