« 羊たちの沈黙(午前十時の映画祭) | トップページ | レポゼッション・メン »

ゾンビランド

Zombieland

タランティーノが2009年ベストムービー第5位に選んだというゾンビ映画。
ずいぶん前に観たんですが、感想UPがすっかり遅くなりました。

<あらすじ>

謎のウィルスにより、世界中のほとんどの人間が人喰いゾンビと化してしまった世界。
ひきこもりのオタク大学生コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ゾンビの世界で生き残るための32のルールを作り、それを慎重に実践して生き延びてきた。
コロンバスは両親の住む町へ向かう旅の途中、抜群の射撃テクニックで生き延びてきたタラハシー(ウディ・ハレルソン)と出会い、彼の車に同乗させてもらうことになる。
タラハシーがトゥインキーというお菓子を探すため入ったスーパーで、二人はウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)という姉妹と出会うが、彼女たちは実は詐欺師で、コロンバスとタラハシーは騙され車を奪われてしまう。

ゾンビランド 公式サイト

ゾンビさんのきっちりグロイお食事シーンは最初のほうだけで(スローなゾンビ襲撃シーンがいちいち芸術的)、メインの登場人物はだれひとりとして死なないし、最後はさわやかハッピーエンド。
いっぷう変わった、はーとふるなゾンビムービーです。

謎のゾンビ化ウイルスが蔓延し、世界はゾンビだらけのゾンビランドになってしまった。
主人公は、バイオレンスともかわいい女の子とも縁のなさそうな、イマドキのひきこもり系オタク青年コロンバス。
なんで彼みたいのが凶暴なゾンビの襲撃をかわし続けてこられたのかというと、彼にはサバイブのため自分なりに定めたいくつかのルールがあり、それをきっちり守っているから。
たとえば、銃はかならず二度撃ち。車は乗るまえに後部座席をカクニンする。
走るタイプのゾンビなので、運動不足のデブからやられる。なので有酸素運動必須。などなど・・・
どれもこれも、ゾンビ映画(というかホラー映画)をあるていど観てれば深く頷く、納得のルールです。
ゾンビさんの襲撃パターンは大体きまってますからね。
しかし32はちょっと多すぎない?映画に出てこなかったルールがどういうのか気になる。

コロンバスはまず、ウディ・ハレルソン演じるゾンビハンター・タラハシーと出会い、それからエマ・ストーンとアビゲイル・ブレスリンちゃん演じる詐欺師姉妹ウィチタとリトルロックに出会う。
キャストおよびキャラクターがすごくいいです。とくにタラハシー。
タラハシーは見た目ほどワルじゃなく、トゥインキーという甘ーいお菓子に目がなかったり、今は亡き愛犬を思い出しては涙を流したり、むしろキュートなキャラクターがハレルソンにピッタリで笑える。
「ささやかなことを楽しめ」は、とってもステキなルールだしshine
てゆーか、ウディ・ハレルソンとアビゲイル・ブレスリンちゃんのツーショット、その絵面だけでたのしすぎ。

ゾンビ化した世界じゃなければ、きっと出会うことのなかった4人、とてもじゃないけど気の合いそうにない4人が旅をする。
こんな時代だからこそ、互いに適度な距離を保つため本当の名前は名乗らず、地名で呼び合ったり、ようやく仲良くなったかと思うと裏切られたり・・・コメディなんだけど、ちょっぴり切なくもある人間ドラマが秀逸。
そもそもゾンビ映画って、危機的状況における人間の本質であったり醜い部分であったりを浮き彫りにしたりするもんだけど、この映画は、危機的状況における人間のちょっとステキな部分を描いて、人間もなかなか悪くない、そう思わせてくれるところが新しいと思いました。

そしてもちろん、ビル・マーレイが本人の役で出てきたのには笑った。
BMといえば、ボブ・マーリィじゃなくビル・マーレイ!
ビル・マーレイが出てる映画って、なーんか好きな映画が多いです。
最近DVDで観た『恋はデジャブ』もめちゃよかった。
ビル・マーレイが予想通りの展開で死にゆくシーンで不謹慎ながら吹き出してしまって、するとウィチタも笑い出して、「ごめんなさい、彼ってツボなの」とな。
ウィチタとはきっと気が合うわcatface

|

« 羊たちの沈黙(午前十時の映画祭) | トップページ | レポゼッション・メン »

映画」カテゴリの記事

コメント

これも気になってるです。
行くつもりです。目を半分とじながら「続きを読む」してましたが、

>BMといえば、ボブ・マーリィじゃなくビル・マーレイ!

ワタシもです(^^;;

投稿: とも | 2010年11月 4日 (木) 11時43分

とも様

これ、めちゃおもしろかったですよんshine

決定的なネタバレはしてないと思うんだけど、ちっちゃいネタバレはけっこうしちゃってるかも・・・
ごめんなさいsweat02
BMといえばビルマーレイ派のともさんなら、きっと間違いなく楽しめるはず!

投稿: kenko | 2010年11月 4日 (木) 21時06分

ボブマーレイ、おいしかったですよね☆

どれもキャラいいし、とくにジェシーアイゼンバーグもいいし
ウディハレルソン♪めちゃカッコ良かったし〜
これもDVD買う予定ですheart
今年のベスト10入り確定です〜♪
ってもうそんな時期ですよ!!(早!)


投稿: mig | 2010年11月15日 (月) 21時11分

あは、うつってしまった!!
ビルマーレイ(笑)coldsweats02

投稿: mig | 2010年11月15日 (月) 21時12分

mig様

ボブマーレイ、違和感なかったhappy02

ジェシーアイゼンバーグって初めてだったんですけどなかなかいいですね。
デヴィッドフィンチャーの『ソーシャルネットワーク』たのしみです!
ハレルソンのキャラも最高だし、冒頭のスローモ−ションのセンスも好きだし〜
私もこのままいくとベストテン入れちゃうかも。
ほんとにもう月日の流れ早すぎ。一年があっという間すぎる。
でもベスト決めるのがいちばん楽しいんですよねsmile

投稿: kenko | 2010年11月16日 (火) 20時30分

改めまして。観てきたです。

どーしようもないおバカ映画でしたがラブです♪健康的でしたね。

BM、いい味出してましたね♪『GB』の音楽が流れたときなんか映画館でひとりノリノリでしたわ<お客さん少なかったから。

あ、この略語遊び?結構面白いかも。

投稿: とも | 2010年11月18日 (木) 01時53分

とも様

おー!観てきたんですねsmile

ゾンビ映画でこんなに健全サワヤカってなかなかないですよね〜
あ、『ゾンビーノ』もよかったけど、こっちの方が好きshine

BM笑かしてくれましたね。不法侵入するならTCじゃなくBMさんち。
私もGBの曲かかったとき思わずのってしまいました!ほとんど条件反射です。

略語だと観てない人にはネタバレにならないからいいかも?

投稿: kenko | 2010年11月19日 (金) 19時53分

こちらにもー
kenkoさんはタラハシーがお気に入りですか。わたしはどちらかといえばコロンバスの方に近いので、彼に感情移入しながら見ておりました
そんで翌日に『キック・アス』を観たら、これまた主人公が似たようなキャラで(笑) 「二日連続で童貞オタクキャラにつきあわねばならんのかーっ!!」と思いつつも、両方めっぽう面白かったです

しかし『ゴーストバスターズ』って向こうではそんなに人気あるんですかねえ。『僕らのミライへ逆回転』でも最初にリメイクされてましたし。日本ではもう私らくらいの年代でないとわかりませんよね・・・

投稿: SGA屋伍一 | 2011年1月11日 (火) 21時05分

SGA屋伍一様

こちらにもどうもです。レビューUPされたんですね!

コロンバスも好きだけどやっぱタラハシーかなー。
あとなんといってもBM♪
確かにSGAさんはタラハシーよりコロンバスのイメージ(笑)
『キックアス』は『ゾンビランド』の翌日でしたか。
原作コミック読む限りキックアスの主人公は童貞オタクキャラの中でも
かなり屈折してるイメージなのですが、映画ではどうなのでしょう。早く観たい!

『僕らの未来へ逆回転』に続き、またしてもゴーストバスターズネタでしたねぇ。
私たちくらいの年代なら誰でも知ってる映画だけど・・・
若い人は知らないのかな。リトルロックみたいにキョトンとされたらショックです。

投稿: kenko | 2011年1月11日 (火) 23時46分

こんにちは~♪
他者と繋がりを持ってこそ“人間”。それ以外はゾンビ。あぁ、久々にゾンビに意味合いを持たせたゾンビ映画を観たなぁという感慨を、あっという間に吹き飛ばすビル・マーレイの破壊力w
もう、ビル・マーレイのことしか覚えてません^^;

投稿: たお | 2011年2月 7日 (月) 14時30分

たお様

こんばんは!
ひさびさにいいゾンビ映画でした!ちゃんとゾンビ映画らしく、でも新鮮さもあって。
で、なにはともあれビル・マーレイ。
続編があるらしいけど?もう出ないかsweat02
今度こそゾンビで出てきたら笑っちゃう。

投稿: kenko | 2011年2月 8日 (火) 18時14分

こんにちはhappy01
タラハシー私も好きでした。
ラストのガンアクションはメチャメチャかっこよかったですよね!

・・・で、タラハシーの愛犬って結局「=愛息子」だったんですよね。コロンバスくんが心の声で(イヌが笑う?…ハッなんで気が付かなかったんだろう)ってつぶやくシーンがあって・・・
ああいうちょっと感動な演出が私は尾をひいちゃいましたけどねw

投稿: ゴーダイ | 2011年4月14日 (木) 16時09分

ゴーダイ様

こんばんはshine

タラハシーの愛犬って、やっぱ息子だったんですかね?
犬が笑う・・・ってのを、コロンパスが勝手にそのように解釈したのかなーとか思ったりもして。。。
息子同然にかわいがってた犬なら、タラハシーの中で美化されて犬が笑うこともあるかも・・・
とか実はあんまりよく分かってないんですけど、やっぱそこは素直に息子かcoldsweats01

なにはともあれ、タラハシーのキャラ好きでした。
コロンバス役のジェシー・アイゼンバーグは『ソーシャルネットワーク』で
大出世ですね。まだ感想書いてない私sweat02
楽しみにしてると言ってくださってるのに、ごめんなさいm(_ _)m

投稿: kenko | 2011年4月20日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/36977344

この記事へのトラックバック一覧です: ゾンビランド:

» ゾンビランド/ Zombieland [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 15時46分

» 「ゾンビランド」 ゾンビが出てくる「ミッドナイト・ラン」 [はらやんの映画徒然草]
せっかく渋谷に行ったので、「ヤギと男と男と壁と」の後にこっちでしか観れない映画を [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 08時44分

» ゾンビランド [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ゾンビランド'09:米◆原題:ZOMBIELAND ◆監督:ルーベン・フライシャー ◆出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、アンバー・ハ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 10時33分

» 生き残るためのヒント ルーベン・フライシャー 『ゾンビランド』 [SGA屋物語紹介所]
ゾンビランド ゾンビゾンビランド ゾンビランド ゾンビゾンビランド もしもぼくが [続きを読む]

受信: 2011年1月11日 (火) 21時05分

» ゾンビランド (Zombieland) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルーベン・フライシャー 主演 ウディ・ハレルソン 2009年 アメリカ映画 87分 コメディ 採点★★★★ ゾンビ映画を観ていると、生前の習慣がゾンビ後の行動に反映されてるみたいな描写がよくありますが、ということは実際に世界中がゾンビで溢れたら、市役所は…... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 14時29分

» ゾンビランド [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  人生に後悔はない?  ・・・ガーフィールドかな。    例えば萌えアニメにおいて、パンチラだったり、お色気シーンだったり、ツンデレだっ [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 16時09分

» ゾンビランド [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  人生に後悔はない?  ・・・ガーフィールドかな。    例えば萌えアニメにおいて、パンチラだったり、お色気シーンだったり、ツンデレだっ [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 16時10分

« 羊たちの沈黙(午前十時の映画祭) | トップページ | レポゼッション・メン »