« おひっこし | トップページ | キック・アス »

悪魔を見た

I_saw_the_devil

ずいぶん前に観て放置している映画レビューが何作かたまってますが、まずは先週観たばかりのこちらから。
引っ越しの片付けが一段落して、さて、久々に映画でも行くか!で、チョイスがこれ。
我ながら懲りないやつですが、今シネコンでやってるのでいちばん観たいのこれだったし。

悪魔を見た 公式サイト

近年の韓国映画界が得意とする、猟奇殺人を絡めた復讐もの。
監督は『箪笥』『グッド・バッド・ウィアード』のキム・ジウンで、犯人役チェ・ミンシクと復讐者イ・ビョンホンの鬼気迫る演技合戦が見どころ。
残虐描写は、テキサスチェーンソー並みに容赦ないです。

せっかく犯人を追いつめても簡単にとどめを刺したりしない、ビョンホン演じるスヒョンの復讐方法が斬新といえば斬新。
しかし妻を残忍に殺された男が犯人に復讐するというストーリーはシンプルで、そんなに捻ったところはなく、物語としては王道といえる。
てゆーか、冷静に考えるとツッコミどころもけっこうあるお話で・・・しかし観てるあいだはとにかく二人の追いかけっこを楽しむ、どちらかというとエンタメよりの作品。
ミンシク演じるギョンチョルが、山道で拾ったタクシーの運転手と同乗者が偶然にも同業者であったり、鬼畜同士理解しあえるおともだちがいたりと、なんでそうなる?(笑)とつっこまずにはいられないユーモラスなニュアンスの展開も挟みつつ、二時間半という長尺を飽きることなく魅せてくれます。

ギョンチョルの殺人鬼としてのタイプも、殴って拉致して犯してバラバラにして・・・と、ある意味スタンダードな鬼畜っぷり。
イマドキの殺人鬼らしく、悲しい過去とか思いがけない殺人動機とか、映画的に犯人をかっこよく描くとかではなく、とにかく不愉快きわまりない最低の鬼畜野郎として描いているところに好感を持ちました。
スヒョンにどれだけ痛めつけられても、けして自らの行いを省みたりしないギョンチョル。
隙あらば、その悪魔のような欲望を満たそうとする懲りないヤツ。
ありえない生命力は敵ながらアッパレでしたし、演じるチェ・ミンシクには圧倒されたし魅了されました。

冗談みたいに強いビョンホンがまた、アクションキレキレでかっこいい。
危機一髪、犯行現場にあらわれて悪者をとことん痛めつける姿は、ヒーローそのもの。
でもスカッとしきれないのは、悪者をとらえては野に放ってしまうからで・・・
スヒョンのしたことは、社会のルールからは完全に逸脱してますが、愛する人を苦しめ命を奪った犯人を確実に痛めつけることのできる方法と力、そしてそれをやり抜く強い意志があるなら・・・やはり同じことをしてしまうと思う。
スヒョンは、すべて持ってた。
ラスト、笑っているのか泣いているのか・・・やり遂げて壊れてしまったスヒョンの表情が、いつまでも心に残ります。

|

« おひっこし | トップページ | キック・アス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/39159596

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔を見た:

» 映画「悪魔を見た」悪は存在する [soramove]
「悪魔を見た」★★★☆ イ・ビョンホン、チェ・ミンシク出演 キム・ジウン監督、144分、2011年2月26日公開 2010,韓国,ブロードメディア・スタジオ (原作:原題:I SAW THE DEVIL)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生し、 フィアンセを殺された国家情報院捜査官が 犯人を逮捕するという職務から逸脱して 復讐の為、犯人... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 19時34分

» 悪魔を見た [映画、言いたい放題!]
招待券を頂いていたのですが、 ずっと忙しくて行けなかったのです。 イ・ビョンホンとチェ・ミンシク二大俳優主演で、 何より、その年の私の№1になった映画「箪笥 」の監督の作品と知って、 とても興味があったのです。 楽しみでした、あの未曾有の震災が起こるまでは。... [続きを読む]

受信: 2011年4月19日 (火) 22時57分

« おひっこし | トップページ | キック・アス »