« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ファンタスティックMr.FOX

Fantastic_mr_fox

キツネもネズミもアナグマも、みーんなファンタスティック!
ウェス・アンダーソン監督による、ストップモーション人形劇。

ファンタスティックMr.FOX 公式サイト

続きを読む "ファンタスティックMr.FOX"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ソーシャル・ネットワーク

The_social_network

いまごろ、ようやく。
デヴィッド・フィンチャー監督、『ゾンビランド』のジェシー・アイゼンバーグ主演、フェイスブックを創設したマーク・ザッカーバーグらをモデルにした物語。

ソーシャル・ネットワーク 公式サイト

続きを読む "ソーシャル・ネットワーク"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

キラー・インサイド・ミー

The_killer_inside_me

ベン・アフレックの弟ケイシー・アフレックが、一見ものごし柔らかな紳士なのに、内側におそるべき狂気を秘めた主人公を怪演してます。
スティーブン・キングが絶賛したという原作小説『おれの中の殺し屋』は読んでないので、分かんないけど、ケイシー・アフレックの狂気の殺人者としてはあまりに普通のお兄さんな佇まいはとても、ルー・フォードという役にハマってました。

キラー・インサイド・ミー 公式サイト

続きを読む "キラー・インサイド・ミー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥルー・グリット

True_grit

ジョエル&イーサン・コーエン監督作品。
69年ジョン・ウェイン主演『勇気ある追跡』のリメイクではなく、あくまでもその原作小説を、『勇気ある追跡』よりも忠実に再映画化した作品、ということらしいです。

69年版は観たことないし、小説も読んでないので比較して語ることはできませんが・・・すんごい、よかった!
コーエン兄弟ってことでそれなりに期待はしてたけど、期待以上におもしろく、ましてやこんなにもまっすぐに胸を打たれるとは予想外だったです。

トゥルー・グリット 公式サイト

続きを読む "トゥルー・グリット"

| | コメント (8) | トラックバック (6)

英国王のスピーチ

The_kings_speech

映画ブログらしきものをやってくうえで、去年くらいから「映画館で観た映画の感想はぜんぶ書く」というのを、最低限の目標としています。
最近すっかりサボリぐせがついちゃって、宿題はたまってく一方で、このままじゃいかん!と唐突にヤル気を出してみることにしました。
どうでもいい、自己満足ですが。
自分よ、燃え尽きぬよう・・・

さて。2010年アカデミー作品賞受賞作品。
コミカルとドラマティックのバランスが絶妙な、あとあじ爽やかな逸品です。

英国王のスピーチ 公式サイト

続きを読む "英国王のスピーチ"

| | コメント (4) | トラックバック (9)

冷たい熱帯魚

Coldfish2

これも・・・えーっと、いつ?3月下旬に観たやつだ。

ウワサに違わぬ猛毒エンタテイメント。
『愛のむきだし』園子温監督、ぐっちゃりどろっとしたあたりは観る人を選ぶでしょうけど、とてつもなくおもしろい映画であることは確か。
問答無用の傑作です。

冷たい熱帯魚 公式サイト

続きを読む "冷たい熱帯魚"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白いリボン

Das_weisse_band

今年の始めに観たやつですが・・・
『ファニーゲーム』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督作品。
モノクロで語られる、第一次世界大戦前夜の北ドイツ。
平穏なはずの農村で、次々と起きる不穏な事件。
なんせハネケですから・・・不穏といったらもう、他の追随をゆるさない不穏です。

白いリボン 公式サイト

続きを読む "白いリボン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コリン LOVE OF THE DEAD

Colin

総制作費、たったの45ポンド!(5000円くらい?)
驚きの超低予算で制作されたというゾンビ映画『コリン LOVE OF THE DEAD』観てきました。

45ポンドて。それっぽっちのお金で、映画って作れるの?
当然のことながら、素朴な疑問がわきますが・・・
作れてた!とても切なくて、美しいゾンビ映画が。

コリン LOVE OF THE DEAD 公式サイト

続きを読む "コリン LOVE OF THE DEAD"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

イキウメ「散歩する侵略者」

Sanposurushinryakusya

劇団イキウメ2011年春公演『散歩する侵略者』
6月12日、北九州芸術劇場にて、観てきました。ひさしぶりのちょい遠征。

前回公演『食べもの連鎖』でファンになり、イキウメのサイトで買えるDVDはすべて買って観て(全部すばらしくおもしろい!)、前川知大さん原作のマンガ『リヴィングストン』も買って読んでみたり、イキウメビギナーではありますができる限り追っかけていきたい気持ちでいっぱい。

なんせ前回公演ではイキウメに関する知識が全くなくて、菜食主義の話がまさか吸◯鬼に結びつくだなんてあまりに予想外でびっくりしてしまったのですが、物語に必ず超自然的な何かを絡めてくるイキウメであることを心得ている今は、<侵略者>と聞けばそれはもう、いわゆるインベーダー的なものをまっさきに想像してしまう。
そしてその想像はズバリ。

といっても、でっかい宇宙船が突如上空に現れるわけじゃなく、人間が手当たり次第に捕食されるとかでもなく、人間の身体に入り込んだ彼らは町を徘徊し、出会う人々から<あるもの>を奪ってゆく。

続きを読む "イキウメ「散歩する侵略者」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザー・コスモス

Mothercosmos

最近ジャケ買いしたマンガ、杉山実『マザー・コスモス』

続きを読む "マザー・コスモス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シドニアの騎士 4巻と5巻

遅ればせながら。
5月23日、出ました!『シドニアの騎士』5かーん!

5

表紙は緑川ゆはたちゃん。緑川だけに、髪の毛の色やっぱり緑なのね。

てゆーか私としたことが・・・4巻の感想もまだ書いてなかったのだった。
忘れてたわけじゃないのだけど、書かねばなーとか思ってるうち、あれよあれよと半年が過ぎ去ってしまい・・・
今回は、4巻と5巻まとめて簡潔に。

続きを読む "シドニアの騎士 4巻と5巻"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »