« 英国王のスピーチ | トップページ | キラー・インサイド・ミー »

トゥルー・グリット

True_grit

ジョエル&イーサン・コーエン監督作品。
69年ジョン・ウェイン主演『勇気ある追跡』のリメイクではなく、あくまでもその原作小説を、『勇気ある追跡』よりも忠実に再映画化した作品、ということらしいです。

69年版は観たことないし、小説も読んでないので比較して語ることはできませんが・・・すんごい、よかった!
コーエン兄弟ってことでそれなりに期待はしてたけど、期待以上におもしろく、ましてやこんなにもまっすぐに胸を打たれるとは予想外だったです。

トゥルー・グリット 公式サイト

最初に示される真の勇気、馬に乗ったまま川を渡るマティの勇敢さにまずグッときた。
誰に対しても、どんな状況でも物怖じしない、大人顔負けに弁の立つ少女マティ。
演じるヘイリー・スタインフェルドちゃんがすばらしく。
ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパーと名だたるオッサンたちにぜんぜん負けてない。
クロエ・グレース=モレッツちゃんにも並ぶ天才子役ぶりで、ただかわいいだけじゃない個性的な顔立ちも魅力的と思いました。

父を殺した悪党を追って、マティ一行が向かう先住民居留地は、なにが飛び出すか分からない異なる世界。
大いなる荒野、熊の皮をかぶった歯医者(笑)とか出てくるし、そこはまるでおとぎ話の世界。
そして「おとぎ話は信じない」と言っていたコグバーンこそが、この世界での振るまい方を誰よりも知っている。
異界ならではのわけの分からないことが起きたときのコグバーンの判断および行動は、初心者には計りしれないものがあり、マティがいくら気丈とはいえやっぱ女の子だし、初めての冒険だしで、コグバーンを信じてついていくしかないわけですが、どうやらこのオヤジここでは頼りになりそう、信じてもよさそう、と思わせます。

コグバーンは人の世の裁判では殺しすぎ!と責められていたけれど、マティのお尻をたたくラブーフや、馬をいじめる先住民の子供に対する行動などから察するに、弱き者への暴力を黙って見てはいられない、注意する前に手が出ちゃう、そんな人物。たぶん。
いいかげんなようで、彼なりの正義がそこかしこに見受けられる。
ジェフ・ブリッジスがとてもいいです。

物語はわりと淡々と進んでゆきますが、マティが話せば分かる悪党、ネッドに捕えられてからの盛り上がりといったら半端なく、まさに手に汗握る西部劇。
コグバーンとラブーフのヒーローそのものの活躍に、胸が熱くなりました。

それから観てて、樹なつみ先生の『OZ』を思い出した。
『OZ』は『オズの魔法使い』をモチーフにした近未来SFなので、要するに『オズの魔法使い』ってことなのかもだけど、『オズの魔法使い』よりも『OZ』に近い印象。なんとなく。

|

« 英国王のスピーチ | トップページ | キラー・インサイド・ミー »

映画」カテゴリの記事

コメント

今日はわたしもミッドナイトにお邪魔します
kenkoさん、ずいぶんヘンリーちゃん(というかマティちゃん?)気に入られたんですねー 最近ハリウッド映画でこういう「戦う少女」ものが目立ちますね。シアーシャ・ローナンちゃんも近々あの歳で殺人マシンの役をやるとか。恐ろしい世の中になったものです・・・

>マティのお尻をたたくラブーフや、馬をいじめる先住民の子供に対する行動などから察するに、弱き者への暴力を黙って見てはいられない、注意する前に手が出ちゃう

この辺見落としてました。まだ最初の悪印象をひきずってたんだな、わたし
まだまだ人を見る目ができてません

『OZ』はタイトルしか知りませんがそういう話なのでしょうか。とりあえずヘンリーちゃんはドロシー役も似合いそうです

投稿: SGA屋伍一 | 2011年7月 2日 (土) 23時54分

SGA屋伍一様

お返事どうもです

ヘイリーちゃん、気に入りましたー。今後の活躍も楽しみshine
シアーシャ・ローナンちゃんが殺人マシンの映画も、いっぷう変わった感じで
おもしろそうですね。
戦う少女、はやってるんですかねー?
ハリウッドの天才子役の早熟ぶりにいつも驚くけれど
先日観た『スーパー8』のエル・ファニングちゃんもすばらしかったです。

>まだ最初の悪印象をひきずってたんだな、わたし

私はたぶん、最初から好印象で観てるから。ジェフ・ブリッジス好きだしheart

『OZ』の主人公も大人顔負け天才少女なのですが
伝説の都市オズへ行くために、傭兵を強引に雇って行くあたりがぽいなーと。

投稿: kenko | 2011年7月 4日 (月) 20時35分

マティに14歳独特の小生意気さを感じて大いに苛立たせてもらったのも、きっと彼女の表現力の賜物なんでしょうねぇw
私はもう、西部顔した役者がずらりと美しい荒野に立ってるだけでほぼ満足だったんですが、どうにもコーエン兄弟の作品が肌に合わないので、作品そのものに関してはまぁ。。。^^;

投稿: たお | 2011年10月13日 (木) 05時24分

たお様

この映画、コーエン兄弟作品の中ではいちばん好き!というくらい気に入ってるのですが
コーエン兄弟らしくないとか言われたりもしてる本作を好きということは
やはりさほどコーエン兄弟映画を好きでもないのかもですsweat02

小生意気なマティちゃんもお気に入りですshine

投稿: kenko | 2011年10月14日 (金) 00時38分

すでにDVDになってるのに気付かず、今頃の鑑賞となってしまいました^^;
いや~、グッとくるシーンばっかりでとっても良かったなぁgood
ジェフ・ブリッジス大好きだし、ほんと渋くてかっこいいオヤジでしたね!
「勇気ある追跡」の再映画化って知りませんでした(見てないけど--;)
西部劇って割と好きなんですよね~
アウトローとか保安官とかって言葉聞くとわくわくしちゃう、みたいな^^
それから、コーエン兄弟の作品ってことで、私が見た映画調べてみたら(余計なお世話だけど^^;)
「ミラーズ・クロッシング」「ファーゴ」「バートン・フィンク」「ビッグリボウスキ」「バーンアフターリーディング」だけ見てました。
「カントリー」はパッケージ怖いので見れません(爆)
コーエン兄弟っていうと何となく構えて見ちゃうところがあるかも、ですが、
昔過ぎて内容忘れちゃったけど「ミラーズ~」はクールでかっこいい~って思った記憶があるし、
「ビッグリボウスキ」はジェフに大笑いした大好きな映画だし、
コーエン作品、割合好きかも、私(笑)
話がそれちゃいましたが、映画の結末も私の予想を裏切る、味のある終わり方で良かったです。
マットも年をとるにつれていい味出て来ましたね^^


投稿: ちー | 2012年1月14日 (土) 21時41分

ちー様

コメントありがとうございます!

いつのまにかDVD出てますよねー
賛否あるみたいですが私は昨年のベスト3にしたくらい好きな映画ですshine
地元のミニシアターでの上映をスルーしてしまって、
劇場鑑賞は諦めていたところ忘れた頃に別のシネコンでひっそりやってたのを観に行ったんでした、確か。
ジェフ・ブリッジスかっこよかったですよね、特に最後のほう。ぐっときました。

コーエン兄弟の映画では他に、『未来は今』が好きです。
『ノーカントリー』は確かに怖いけど、すごくおもしろくていい映画だから
機会がありましたらゼヒに・・・って最近、ちーさんに無責任にいろいろ薦めてる気がするsweat02

マット・デイモンてあまりタイプじゃなかったのですが
最近いい役者さんだなーと思えてきましたconfident

投稿: kenko | 2012年1月15日 (日) 14時55分

カントリーだって(ーー;) ノーカントリーでしたね(笑)
私もマット、タイプじゃなかったですが、役によって変わります^^;
色々お勧め頂いて、いつも感謝ですよん(^-^)/ 自分で選ぶとなると、偏っちゃうし、最近はジェイばっかりになってしまってるから(爆)

投稿: ちー | 2012年1月15日 (日) 15時23分

ちー様

そうそう、ノーカントリー(笑)
いいんですよ、わかるから。
マット・デイモンは最近の出演作だと『ヒアアフター』がすごくよかったですー

こちらこそ、ちーさんにいろいろオススメしていただいていて感謝です!
レジェンド関連や、海洋天堂もだしhappy01

投稿: kenko | 2012年1月15日 (日) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/40028253

この記事へのトラックバック一覧です: トゥルー・グリット:

» マティよ銃をとれ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 『トゥルー・グリット』 [SGA屋物語紹介所]
まだアメリカを馬が走り、無限の荒野が広がっていた時代。父をならず者に殺された少女 [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 23時58分

» ■映画『トゥルー・グリット』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。 ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで小生意気... [続きを読む]

受信: 2011年7月 9日 (土) 08時24分

» 「トゥルー・グリット」 見方を間違えた・・・ [はらやんの映画徒然草]
「バートン・フィンク」、「ノーカントリー」などの奇才コーエン兄弟の西部劇です。 [続きを読む]

受信: 2011年7月19日 (火) 19時07分

» トゥルー・グリット (True Grit) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演 ジェフ・ブリッジス 2010年 アメリカ映画 110分 西部劇 採点★★★ 批評家やマニアの受けはすこぶる良いコーエン兄弟。何かしらの映画祭で話題になりますよねぇ。「映画祭向けに作ってんじゃないのか?」って思…... [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 05時21分

» 『トゥルー・グリット』'10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ14歳のマティは、父親を殺して逃走したトム・チェイニーに復讐する為、隻眼の保安官コグバーンに協力を求めるが・・・。解説『華麗なる賭け』が『トーマス・クラウン・ア... [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 19時46分

» 『トゥルー・グリット』'10・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ14歳のマティは、父親を殺して逃走したトム・チェイニーに復讐する為、隻眼 [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 19時47分

« 英国王のスピーチ | トップページ | キラー・インサイド・ミー »