« 子猫物語2 | トップページ | マイティ・ソー »

ジュリエットからの手紙

Letters_to_juliet

舞台はイタリア、ヴェローナ。
むかーし訪れたことのある町で、例のジュリエット像のテカテカおっぱい私もおさわりしましたが、ジュリエットレターには気がつかなかった。
人でごった返していたからか、既にお手紙回収されたあとだったのか。
とにかく、そのときの私は、おっぱいをさわることに夢中だったのでした。

ジュリエットからの手紙 公式サイト

いつの日からか、世界中の女性がヴェローナへやってきて、恋愛に関するあれやこれやをジュリエット宛のお手紙にしたためジュリエット生家の壁に貼っつけていくようになったという。
その数、なんと年間5000通。
それらすべての手紙に、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちが返事を書いているのだとか。

ニューヨーク在住、ライター志望のソフィ(アマンダ・セイフライド)は、イタリアンレストランオープン間近で大忙しのフィアンセ、ビクター(ガエルくんheart)とのプレハニムーンでこの地を訪れた。
しかしフィアンセは仕事絡みのあれこれでやっぱり大忙し、やむなくひとりでヴェローナ観光していたソフィは、ふとしたことからジュリエットクラブの存在を知る。
ソフィは、ジュリエット生家の壊れた壁から、50年前にクレア(ヴァネッサ・レッドクレイヴ)というイギリス人女性が書いた手紙を見つける。
そこには、ロレンツォという男性との駆け落ちに応じることができなかった当時のクレアの切ない想いが綴られていた。
ソフィはクレアに手紙の返事を書く。そこから始まる、真実の愛の物語!

で、手紙を受け取ったクレアとその孫、チャーリー(クリストファー・イーガン)がヴェローナへやってきて。
ロレンツォ探しの旅が始まります。
きっとソフィはビクターというフィアンセがありながらチャーリーに惹かれちゃうんだろなーとか、この手のラブロマンスとしては予想通りに物語は進んでゆく。
なんせロミオとジュリエットですから、ラストをどうキメるかも最初から分かってる。
しかし、思いがけない展開ではないからつまんない、なんてことはけしてなくて、収まるべきところにすべてきちんと収まるというのも、ときに非常に心地よかったりするのです。

この映画はその、収まるべきところに収めていく演出がとてもうまい。
50年前の駆け落ち相手を探すだなんてバカげてる・・・現実主義の感じ悪い男として登場するチャーリーの言い分もよく分かります。むしろ私、こっち側。
まんがいち見つけられたとしてもお互いもう年だし、再会したところで苦い思いをするかもしれない。
なんなら死んじゃってるかもしれない。
チャーリーは、女性主体のロマンチックな物語に「んなわけねーだろ!」と物申すツッコミ担当。
しかし不思議なことに、実はそんなにカタブツでもないチャーリーがソフィに惹かれていくにつれ、気がつけば運命、真実の愛・・・あるかも!いやあってほしい!とか思いはじめている私がいる。
フランコ・ネロ演じる、お馬さんに乗ったロレンツォ(ジャンゴで、王子様!)登場シーンあたりでもう、気持ちMAX。胸キュンキュンshine
クレアとロレンツォ、それぞれのパートナーは既に他界していて、邪魔するものはなにもない。
ご都合主義?いえ違います。運命です!
ソフィはビクターと婚約したからこそヴェローナへやってきた。そしてチャーリーに出会った。
運命なんです!!

「ロレンツォさんいっぱい」が、最後の最後でもうひと押し伏線になってたりとか、チャーリーが言うところのソフィの書いた「あんな手紙」がどんな手紙だったのか、最後まで引っ張って結婚式で読み上げたりとか、いろいろ気がきいていてお話を盛り上げます。
ソフィとチャーリーの切ないすれ違いも、ちゃんとロミオとジュリエットに重なるし。

アマンダ・セイフライドの主演映画を観るのって実は初めてで、きれいなお嬢さんという程度の認識でこれまであまり興味なかったのですが、すごく感じのよい女優さんだなと思いました。
自然体なところがなんかステキ。はしゃぎすぎも落ち込みすぎもせず。
こういう映画のヒロインって、こういっちゃなんだけどちょっとウザい・・・タイプだったりすることもあるかと思うのですが、アマンダさんにはそれがない。ぜんぜんウザくない。
アマンダさんの主演映画を観て初めて分かった、彼女の魅力。それは感じのよさ。
タンクトップなどのシンプルな衣装がとてもよく似合って、かなり豊かなお胸だったりもしながら、けしてエロすぎない健康美。
お父さんお母さんにもきっと気に入られるに違いない、どこに出しても恥ずかしくない、まさしくお嫁さんにしたいタイプですね。

ヴァネッサ・レッドクレイヴとフランコ・ネロ、並んだところが映画とはいえめちゃくちゃしっくりお似合いだなーと思ったら、なんとおふたり実生活でもご夫婦なんだとか。
にくいキャスティングだ。
ガエルくん演じるビクターはきっと、ソフィがチャーリーと二人で彼のレストランを訪れても、いつもの調子で陽気に迎えてくれる、そんな人だと思います。

最後に・・・こちら監督ゲイリー・ウィニック氏の遺作になったそう。
すてきな映画をありがとう。ご冥福をお祈りします。

|

« 子猫物語2 | トップページ | マイティ・ソー »

映画」カテゴリの記事

コメント

いま観終わったところでこちら見てビックリ!ヴァネッサとフランコネロがご夫婦って!(◎_◎;) 知らなかったぁ!
マンマミーアのアマンダは、あまり印象残ってないんだけど、ジュリエットはホントに可愛いかったですね(*^^*)
チャーリー役の俳優さんも、好感もてたなぁ♪

投稿: ちー | 2012年2月16日 (木) 01時06分

ちー様

びっくりでしょー、ほんとの夫婦だったの、あのふたり!
どうりで似合いのカップルなわけだ。

アマンダ・セイフライドは今週末から(明日から?)公開される
『タイム』にも出てますが、最初に予告編見たときは
アマンダさんだと気付きませんでした。
これまでのイメージとは違うヘアメイクで、すっごくキュートで。
たのしみですhappy01

投稿: kenko | 2012年2月16日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/40862873

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリエットからの手紙:

» 「ジュリエットからの手紙」 愛は決して遅すぎることはない [はらやんの映画徒然草]
このところ出演作が相次ぐアマンダ・セイフライド主演のラブストーリーです。 「赤ず [続きを読む]

受信: 2011年7月19日 (火) 18時57分

» ジュリエットからの手紙 [風に吹かれて]
愛の告白はバルコニーで 公式サイト http://www.juliet-movie.jpニューヨークで働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、記者志望だけど、今の仕事は事実調査員。イタリアレストランの [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 15時58分

« 子猫物語2 | トップページ | マイティ・ソー »