« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

ドリーム・ホーム

Dreamhome

香港製スプラッタホラー。
香港では一般市民の平均収入に対し、住宅価格がありえないほど高いんだそうです。
そんな事情のもと、海の見える高級マンションを手に入れることに取り憑かれたOLが繰り広げる、堂々たるグランギニョル。

ドリーム・ホーム 公式サイト

続きを読む "ドリーム・ホーム"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

Transformers_3_dark_of_the_moon

3Dって最初は立体的なんだけど、観てるうち目が慣れて、ちっとも3Dに見えなくなってくる。
しかしながら本作は、慣れた目にもときどきハッとするような3Dシーンがある。
そのへんはスゴイと思う。終盤のムササビとかおもしろかった。
でもなあ・・・ロボじゃなくムササビなんだよね。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 公式サイト

続きを読む "トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

歓待

Kantai

展開がまったく読めない不思議な映画。すっごくおもしろかったです。
八丁座にて、主演兼プロデューサーの杉野季妃さん、子役のオノエリコちゃん舞台挨拶つき。
予想を超えたコメディでホラー的な要素もあって、エンドクレジットをながめながらなぜか泣きそうにもなった。
『歓待』というタイトルを忘れるほどにのめりこんで観ていて、終わってからふと、その意味について考えたりしました。

歓待 公式サイト

続きを読む "歓待"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンペスト

The_tempest

シェイクスピア最後の戯曲と言われている作品を映画化。
てか、テンペスト=あらし、の映像化は、これでもう5、6度目くらいになるんだそうです。
仲間由紀恵さん主演のドラマとはちがうよ。

テンペスト 公式サイト

続きを読む "テンペスト"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

モールス

Let_me_in

スウェーデン製ホラー映画『ぼくのエリ 200歳の少女』をハリウッドでリメイク。
監督は『クローバーフィールド』のマット・リーヴス、エリことアビー役に『キック・アス』ヒットガール、我らがクロエ・グレース・モレッツ!
『ぼくエリ』が非常に繊細で美しい特別な作品だったので、当初ハリウッド版には懐疑的でしたが、クロエちゃんてことで俄然期待は高まり、公開されるやいなや絶賛の嵐、実際観てみてこれはどっちが優れているともいえない、どちらも稀にみる素晴らしい作品だと思いました。

モールス 公式サイト

続きを読む "モールス"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

127時間

127_hours

127時間後・・・

127時間 公式サイト

続きを読む "127時間"

| | コメント (6) | トラックバック (6)

マイティ・ソー

Thor

思っていたよりざっくりとした内容ではありましたが、まあまあおもしろかったです。

マイティ・ソー 公式サイト

続きを読む "マイティ・ソー"

| | コメント (6) | トラックバック (8)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »