« マイティ・ソー | トップページ | モールス »

127時間

127_hours

127時間後・・・

127時間 公式サイト

『28日後・・・』『スラムドッグ・ミリオネア』のダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ主演、事実にもとづいた物語。

家族や友人、恋人の心配をかえりみず、週末ともなればひとりきりで大好きなブルージョンキャニオンを闊歩する主人公アーロン。
人間嫌いなのかといえばそうでもなく、どっちかってーと人なつこくて、ジェームズ・フランコのくしゃっと愛くるしい笑顔もあいまって、まるで少年のような無邪気さをかもす魅力的な男です。
ブルージョンキャニオンは俺の庭と言わんばかりのやんちゃな自由人。
しかしそのやんちゃさ、無謀さ、そんな自分大好きっぽさが、そこはかとなくムカついたのは私だけ?( ̄▽ ̄)
調子こいた彼がとうとう例の岩にはさまったとき、ざまーみろと思ってしまった自分もいたりして・・・性格悪くてごめんなさい。

はさまったところで、ようやくタイトルが出るというニクイ演出。
そこからはワンシチュエーション、ジェームズ・フランコひとり芝居なのだけど、極限の精神状態が見せる幻覚を、ダニー・ボイル的スタイリッシュな凝った映像で表現して飽きさせない。
アーロンの自分撮り用ビデオカメラがとても重要な役割を果たしていて、カメラがなかったら、モノローグやら不自然なひとりごとやらがもっと増えちゃってたかもしれませんね。

そしてついに、これ以上ないほどの絶望的な状況で、アーロンは「それ」をやり遂げる決意をする。
それってのはつまり、はさまった瞬間からそれしかないと本当は分かってた、いわゆるソリッド・シチュエーション・スリラー的な、ね。
しかしながらアーロンが閉じ込められた大自然のど真ん中には、ジグソウさんのようなノコギリ等用意しておいてくれる親切な人はいない。
ちょっとした傷をつけるのにも難儀する、中国製のなまくらナイフしかない。
そのシーンの衝撃といったらもう、ソリッドなんたら以上だったかもしれないです。
同じ状況に陥ったとして、果たして自分にできるかって無理。ぜったい無理。
じゅうぶんな時間をかけてこれまでのふるまいを悔やみ、もういちど生きて、会って、やりなおしたいと強く思うことができたアーロン。
生きることを選択した彼の精神力、成し遂げた後の思いがけないあの言葉。あっぱれすぎる。
これがほんとの話だってんだから、とんでもないレジェンドです。
上の方で書いた、「ムカつく」とか「ざまーみろ」とか、いろいろ撤回せざるをえません。

解き放たれたアーロンが出会う、幻覚ではない人々のなんと頼もしいこと。
人はひとりでは生きられない。あらためて強くそう思わされる映画でした。


|

« マイティ・ソー | トップページ | モールス »

映画」カテゴリの記事

コメント

kenkoさん、こんちは。夏ももう終りですねー
冒頭のアーロンくん、わたしはむかつきはしませんでしたが、なんというか「自分酔い」が激しくて見ていて別の意味で「痛かった」ですw

そんな痛いあんちゃんをジェームズ・フランコ君がすごく上手に演じてましたね。彼はずっとスパイダーマンの横恋慕くんというイメージでしたが、気がつけば演技派としての名声をほしいままにしていて。まあアカデミーの司会に関してはちょっとアレだったようですがw

アーロン氏のレジェンドに関してはまことに感服するほかありませんが、このちょっとあとに観たのが『ムカデ人間』だったもので、無理やりひきちぎる映画も無理やりつなげる映画も当分いいや・・・と思ってしまいました。そしてそのあと観た『コクリコ坂から』の控えめさにすごくいやされました~

投稿: SGA屋伍一 | 2011年9月 1日 (木) 16時53分

SGA屋伍一様

こんばんは!コメントどうもです( ^ω^ )
あっというまに9月。夏の終わりはなんだか寂しいですね。

アーロン君には予告篇を観たときからすでにムカついていました。
まあ彼のように自由気ままに冒険できない者のひがみですけどcoldsweats01

ジェームズ・フランコといえばやはり『スパイダーマン』のハリー。
その他にも幅広くいろいろ出ててけっこう観てるのに
演技上手いって認識したのは、この映画がはじめてだったですsweat02
彼の迫真の演技なしには、成り立たない作品でしたね。
次回公開作は確か『猿の惑星』?たのしみ。
アカデミー観てないからどんなもんだったのか分かりませんが
司会といえば近年ではヒュー・ジャックマンがすばらしすぎましたもんねぇ。。。

無理矢理ひきちぎるシーンはさすがに目を背けたくなりましたよー。容赦ないし。
その点、無理矢理つなげる方は、思いのほかグロ描写少なめで楽しく観ることができました。
コクリコも観たんですが、期待してなかっただけにかなりよかった!
そのうち感想書きますー。

投稿: kenko | 2011年9月 1日 (木) 22時40分

お久しぶりですね、ツイッターでも繋がったので嬉しいですヨ★

さて、これ二度目観ようとおもいつつ終わってしまったみたい。
ダニーボイルならではの軽快な音楽と演出で後味すっきり壮快?
実話だというのがすごいですよね。
今年の10本に選びそう私。bleah

投稿: mig | 2011年9月 2日 (金) 17時49分

mig様

コメントありがとうございますshine
ツイッターも繋がって私も嬉しいです〜
あんまりリプライとかしないけど、migさんのつぶやきいつも楽しく読んでます。

migさん確か、スラムドッグ〜もベスト10本に選んでましたもんね。ベスト1だったっけ??
実話ってのにまず驚きだし、音楽映像などダニーボイルらしい味付けで楽しめました。
例のシーンは目をそむけそうになったけど、最後は壮快でしたね!

投稿: kenko | 2011年9月 3日 (土) 21時44分

先ほどようやく観ました~^^
確かに最初のほうのお気楽ボーイ的なところは、軽薄っぽく見えたけど、
フランコだから可愛かったなぁ(笑)
で、あっと言う間に落ちちゃうんですね~^^;
そして「127HOURS」・・・ニクイですね~^^
そのあとのシーンは、フランコのドアップのお顔見てるだけで幸せ(爆)
お肌がきれい!とか、歯並びいいなぁ!とか、虫歯がないなぁ!とか(笑)
色々な表情見せてくれて、さすがにノミネートされただけありましたね!
切断シーンは、私は以外と平気だったです^^
グサッ、バサッ、より全然平気でした(笑)

投稿: ちー | 2012年2月 9日 (木) 21時35分

ちー様

おー!ご覧になったのですねー!

あ、私、ムカつくと書いてますが、あくまでジェームズ・フランコが演じてる役に対して・・・ねcoldsweats01

>お肌がきれい!とか、歯並びいいなぁ!とか、虫歯がないなぁ!

さすが、ちーさん、目のつけどころがフランコファン(笑)
切断シーンも意外と平気だったなんて!すごい・・・
私なんか今思い出しても痛覚が反応しそうです・・・
ホラー映画見慣れてても痛すぎるシーンでしたよ〜〜

それにしてもほぼひとり芝居で、様々な表情で魅せてくれる
ジェームズ・フランコの演技、見事でした!!

投稿: kenko | 2012年2月10日 (金) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/40729223

この記事へのトラックバック一覧です: 127時間:

» 127時間 (試写会) [風に吹かれて]
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア... [続きを読む]

受信: 2011年8月 9日 (火) 17時27分

» 映画『127時間』を観て [kintyres Diary 新館]
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソニー・ドッ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 23時34分

» 127時間 / 127HOURS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後hellip;」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...... [続きを読む]

受信: 2011年9月 2日 (金) 17時50分

» 映画:127時間 [よしなしごと]
 そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイント、前回の半券を持っていくと1,000円になるので、前回見たムカデ人間の半券でお得に見られるぜ!って思っていたら、半券なくしたみたい。ショック!orz... [続きを読む]

受信: 2011年9月15日 (木) 00時02分

» 127時間 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 先月はレビューが本当に少なかった。 レビューを書くために映画を見てる気になって 映画を観る気になれなかったのです。 でもそれではダメだ!と思い直しましたので、 今月は沢山レビューを書けるようにします。 とい... [続きを読む]

受信: 2011年10月 3日 (月) 21時25分

» 「127時間」 自分と向きあった127時間 [はらやんの映画徒然草]
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ [続きを読む]

受信: 2012年1月17日 (火) 19時40分

« マイティ・ソー | トップページ | モールス »