« 現代能楽集Ⅵ「奇ッ怪 其ノ弐」 | トップページ | ピラニア3D »

スーパー!

Super

予告篇を初めて観たとき、なにこのキックアス的映画・・・キックアスの真似っこ?ぐらいに思っていた。
予告やチラシから予想される内容は、ダサいオッサンヒーローのコメディ。
我らがヒットガールちゃんに勝るはずがないじゃないか!と。
それがまさか・・・まさかです。
クリムゾンボルトことフランクは、確かにダサい。が、めちゃくちゃかっこよくもあるよ!

スーパー! 公式サイト

マヌケなコメディ笑いにきたはずが、気付いたら大泣きしてました。
『キックアス』ではヒットガールが鮮烈すぎて、いちおう主人公であるキックアスがいまいちキャラ薄というか魅力薄だった点、クリムゾンボルトはまごうことなき主人公。
個人的にはこれ、現時点でベストワン級。
これまで観た中で、もっともリアルなヒーロー映画と思います。

いつもネタバレだけど、今回は特に盛大にネタバレしちゃってる気がするので
いちおう以下ネタバレ警告danger

ヒーロー映画のお決まりのパターン、流れを踏襲しながら、それって現実に置きかえたらこんなにもヤバイことで、ヒーロー活動を本当に実行するヤツなんて完全にアタマがおかしいのだ、というのがよく分かる。
スパナで道ゆく犯罪者の頭をかち割って御満悦のクリムゾンボルトには、それってただの通り魔だから!むしろ犯罪だから!と誰もが心の中でツッコミを入れるでしょう。

物語が進むにつれ、ヒーロー活動という暴力は加速し、笑っていられなくなる。
スプラッター化していく暴力描写に唖然。
確かに相手はワルだけど、もはやひっこみのつかない事態でもあるけれど、そこまでやるのはどうなのか、一線越えて、さらにその先に行き過ぎじゃないのか・・・混乱させられるけど、そういうのもろもろ飛び越えて、フランクという男のあまりに一途な愛、この世のあらゆる罪を同列として真っ向から立ち向かってゆく狂気に、脳みそをぐらぐらと揺さぶられました。

阿鼻叫喚の果て、ジョックを追いつめたフランクの魂の叫びは言霊的な力強さで私の心を鷲掴み、それまでにも何度が泣きそうになってたのですがとうとう号泣してしまった。
フランクの叫びは、私たちが生きる現実、この世界へ向けての叫びだと思いました。
相棒が美少女だからって、現実は大目にみてくれない。頭を撃たれりゃ顔面崩壊して死ぬのが現実。
思い起こせば最初から、フランクの目には絶望がありありとあった。
笑ってる場合じゃなかったのだ。

そして切ないハッピーエンド。
「自分の相手をするなんて可哀想だ」そんな理由で飼わなかったウサギちゃんを飼うことを、フランクは自分に許した。
人生の完璧な瞬間は、今や壁一面に貼られている。
それらはよく見ると、なんでもない日常のヒトコマだったりする。
『メアリー&マックス』のラスト、思い出しちゃいました。感想書いてないけどsweat02

エレン・ペイジ演じるボルティーことリビー、彼女だけがフランクの狂気に理解を示しますが、実はフランク以上に狂っているというちょいオタクでHな女の子を好演。
オッサン相手にまさかの逆◯◯◯て(笑)つくづくスゴイ女優さんです。
エレン・ペイジってどうしても、歳のわりに大人びた聡明な女の子に見えるので、彼女のイカれた演技に感心しながらも、なんでそんなにもイカれてるのか、実はイマイチ謎なキャラだった。
突然の退場により謎は謎のまま。それも含め、おもしろいキャラクターだったなと。

オープニングのグロくてポップなアニメーションも最高。
フランクのとことんドン底シーンの直後だったからか、アニメーションがあまりにすばらしくて感動したのか、この時点で既に泣きそうだった私。
音楽もよかったし、ここだけ100回くらい繰り返し観たいくらい好きです。

|

« 現代能楽集Ⅵ「奇ッ怪 其ノ弐」 | トップページ | ピラニア3D »

映画」カテゴリの記事

コメント

こちらにもっす。kenkoさん、そんなにこの映画気に入られたんですかー もしかしたら日本で一番『スーパー!』が好きな映画ファンはkenkoさんかもね(笑) 名物評論家の柳下毅一郎氏も「『キックアス』よりこっち」と言ってたけど

オープニングのアニメよかったですけど、悪者のはずのジョックがクリムゾン・ボルトと一緒に楽しそうに踊ってて、「それは違うだろw」と思いました

フランクさんは三十代のしょぼい独身としてはとても他人事とは思えず・・・ でもスパナを振り回して誰かを殴ったりしないよう気をつけたいです
それにしてもkenkoさん、ここんとこえぐい映画の記事ばっかり書いてません?w

投稿: SGA屋伍一 | 2011年9月20日 (火) 22時45分

SGA屋吾一様

こちらにもどうもです。さっそくお返事( ^ω^ )

自分でも思いがけず気に入っちゃったんですよ。
なんなら今年の1位にしかねないイキオイですが、それって珍しい?(汗)
ヒットガールちゃん大好きだけど、映画としてはこっちの方が好きかなぁ。。。

そう、オープニングのアニメ、ジョックも一緒に踊ってるの含め、なんか好きでした。
『スラムドックミリオネア』で最後みんなで踊ってたあの感じ?というかなんというか・・・
分かんないけど、まだ本編観てもないのに、なぜか泣きそうで。

もしSGAさんがなにかに目覚めてスパナを振り回すようになったら
私が助太刀・・・したりはしないから、そうならないよう気をつけて!(笑)
おっしゃる通り、最近エグいのばかり(笑)エグくないのも観てるんですけどねー
10本以上、感想ためてます。。。

投稿: kenko | 2011年9月20日 (火) 23時09分

寒くて気分が塞ぐし週刊誌には大地震がまた来るという記事ばかり。
はっちゃけたくて「ピラニア」と「スーパー」をレンタルしました。
これはコメディじゃ無い!痛い、痛すぎるよう!
夢で頭蓋骨を切開される場面なんて「ヘルレイザー2」のピンヘッドさん
誕生シーンみたい。あとジョックの屋敷に乗り込むクライマックスの
悲壮感ときたら。そしてリビーの最期!サラが助かって立ち直り、
幸せな結婚をして子宝にも恵まれって、リビーにこそ幸せになって欲しかったのに。あとフランクはあんな無茶しても御用にならないんですね。
「コマとコマの間なのね。」の絵を見て泣いてしまいました。

投稿: 奈良の亀母 | 2012年1月30日 (月) 18時12分

奈良の亀母様

おお!!『ピラニア』と『スーパー!』すばらしいチョイス。
実は私も昨日、『スーパー!』ツタヤで借りてきました。
パッケージからしてダマされますよね(笑)ほんとコメディじゃないし。
ジョックの屋敷に乗り込むクライマックスで号泣しちゃいまして、
劇場での鑑賞後、泣きすぎて、しばらくぼーーっとしてました。
そうそう、イカれた頭蓋骨切開シーンはヘルレイザーみたい。
リビーの最後にも唖然・・・
フランクが御用にならない件に関しては、賛否あったようで
納得できないという方も多くいたようです。
私はもう全く気にならないくらい脳みそを鷲掴みされてしまいました。
コマとコマの間も、いいですよね〜〜weep

投稿: kenko | 2012年2月 1日 (水) 11時05分

いやぁ、これは面白かった!
『キック・アス』かと思いきや『アメリカン・サイコ』だったみたいな、犯罪者でしかない主人公が振るう暴力をまざまざと見せつける、爽快感ゼロの傑作で。暴力描写が生々しい割にイベントが全て都合良過ぎるチグハグさに、「もしや主人公の妄想なのか!?」と勝手に憶測。

投稿: たお | 2012年2月 8日 (水) 11時28分

たお様

おー!ご覧になったんですね!
私の昨年ナンバーワンだから、たおさんに傑作と言われて嬉しいですヽ(´▽`)/
そうそう、『キック・アス』の二番煎じかと思って油断してたら
とんでもなくて。
先日DVDで見なおして、やっぱり号泣しました。
途中ゲラゲラ笑ってるんですけどね、最後もう笑えない〜〜
なるほど!主人公の妄想・・・ありうる!!
それなら御用にならないのも納得だし。

投稿: kenko | 2012年2月 9日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/41601780

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー!:

» スパナのヒーロー、略して ジェームズ・ガン 『スーパー!』 [SGA屋物語紹介所]
おそらくかつてないほどにアメコミ映画ラッシュとなっている2011年。その中でも最 [続きを読む]

受信: 2011年9月20日 (火) 22時46分

» 映画『スーパー!』を観て [kintyres Diary 新館]
11-52.スーパー■原題:Super■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:96分■鑑賞日:8月1日、シアターN渋谷■料金:1,000円 □監督・脚本:ジェームズ・ガン□撮影:スティーヴ・ゲイナー□編集:カーラ・シルヴァーマン□美術:ウィリアム・エリオット□音楽:...... [続きを読む]

受信: 2012年1月21日 (土) 09時33分

» スーパー! (SUPER) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・ガン 主演 レイン・ウィルソン 2010年 アメリカ映画 96分 コメディ 採点★★★★ ヒーローとヴィランって真逆の存在のように思えて、法に照らし合わせるとどっちも犯罪者なんですよねぇ。ヒーローは世間的に“良い人”となんとなく認知されてるだ…... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 11時25分

« 現代能楽集Ⅵ「奇ッ怪 其ノ弐」 | トップページ | ピラニア3D »