« キッズ・オールライト | トップページ | 赤い靴 »

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

Xmenfirstclass1Xmenfirstclass2

Xメン代表プロフェッサーXと、宿敵マグニートーの若き日を描く。

もともと大好きなXメンシリーズ、ビギンズとも言えるお話を、『キック・アス』のマシュー・ボーンが監督するってんで期待しまくっていた作品。
前夜祭に張り切って観に行ったのに、なぜか今頃感想UPsweat02何か月前か・・・
そろそろDVDなど出ますかねー

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 公式サイト

プロフェッサー役がピカード艦長ことパトリック・スチュワートであることが、スタトレTNG好きの自分としてはこのシリーズの嬉しいところだったんだけど、そこはもう切り替え。

ジェームズ・マカヴォイとかケヴィン・ベーコンとか、有名キャストはそれくらいで、JJエイブラムスのリメイク版『スター・トレック』の若返りキャストを参考にしたという先入観のないフレッシュな顔ぶれ。
ミスティーク役ジェニファー・ローレンスのむっちり感は、かつてミスティークを演じたレベッカ・ローミンの妖艶なイメージからすれば最初ちょい違和感だったけど、そんなのすぐにどうでもよくなるくらいミスティークの複雑な心情を繊細に演じたジェニファーさんは好感度大。
実はプロフェッサー側だったミスティークが(なにげに意外な事実)、どのように転じてマグニートー側になったのか、その成り行きにはとても説得力がありました。

どっちかってーと、マグニートー=エリックに寄り添う物語。
うすうす知ってたけど彼の人生はとても不幸で、そりゃ人間を憎んでも仕方ないと思う。
エリックの能力は怒りと哀しみを起源としていて、それゆえ彼は孤独に、非情に生きてきた。
一方、恵まれた環境で育ったプロフェッサー=チャールズ。
チャールズが大学で仲間に囲まれてビールなど飲みワイワイやってる頃、エリックはドイツビールを飲みながら元ナチスのおっさんどもに復讐・・・とか、比較の仕方も小技が効いてておもしろかったです。

やがて、運命の導きにより出会うふたり。
エリックの苦しみを理解し、解放したのはチャールズ。
互いに唯一無二の存在といえるのに、やがて対立しあってしまうのもまた運命としか言いようがなく。

ド派手な能力を操る悪役を、なんだかとっても楽しそうに演じていたケヴィン・ベーコンもよかったです。
ウルヴァリンのカメオ出演「おとといきやがれ!」には笑った。
けっこう早い時期に、プロフェッサーたちと一回会ってたのね。

|

« キッズ・オールライト | トップページ | 赤い靴 »

映画」カテゴリの記事

コメント

というわけで?こちらにも
マグ二ートー演じるミヒャエル・ファスベンダー氏。恥ずかしながらわたしも最近名前知ったのですが、この作品に出てからだいぶ知名度があがったようですね~ いろいろオファーが舞い込んでるとかそんなミヒャエルさんにしろ、マカヴォイくんにしろ、キャストが実に絶妙でした。最初は「えー、マカポイ? はげてないじゃん」とか思ってたんですけど(^^;

ジェニファーちゃんはもうじきアカデミー候補になった『ウィンターズ・ボーン』が公開ですね。かわいそうな話みたいなんで、たぶん観ません

それにしてもこのチャールズとエリックの関係、こういうの観ると腐女子のみなさんは大喜びなんだろうなあ。kenkoさんはそういうのまったくご興味なさそうですが。いや、わたしもありませんよ?

投稿: SGA屋伍一 | 2011年9月30日 (金) 20時58分

SGA屋伍一様

私もミヒャエル・ファスベンダー氏の名前知ったの、この映画です。
イングロバスターズに出てたそうで、あの役かな・・・と後で思ったりしたけど
観てる間はぜんぜん気付かず。
実はマカヴォイ氏の方は、予告何度も観てたのに「マカヴォイに似た人だな」としか思ってなくて、本編観てようやく気付きましたsweat02
ちょっとフケましたかね、彼。。。
はげてないけど、はげネタはちょっとありましたよね〜
キャスト絶妙でした。ファーストクラスの若者たちもみんなよかった。

ジェニファーさんの『ウィンターズボーン』は、すごく評価が高いみたいだから
観た方がいいのかもだけど、他に観るのなかったり時間があえば観るかも。

そうそう、チャールズとエリックの腐女子的な関係。
私そっち方面、まったく興味ないですね〜(笑)

投稿: kenko | 2011年9月30日 (金) 21時40分

思想の違いとその成り立ちをしっかりと描いていた作品でしたねぇ。今回はマグニートーが払うべく犠牲を描いてただけにプロフェッサーXがただの甘ちゃんにしか見えなかったんですが、次回作では是非髪の毛がごっそり抜け落ちるだけの苦悩を見せてもらいたいもので。

投稿: たお | 2011年10月24日 (月) 00時39分

たお様

先日iTunesでダウンロードして観たばかりです。
やはりすごくおもしろい映画だったなと、再確認。
どっちの言い分も分かるんだけど、どっちかといえばマグニートー側に感情移入してしまいますね。

>是非髪の毛がごっそり抜け落ちるだけの苦悩を見せてもらいたいもので

あは(笑)そんなシーンあったら爆笑しちゃうなhappy02

投稿: kenko | 2011年10月24日 (月) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/40421535

この記事へのトラックバック一覧です: X-MEN:ファースト・ジェネレーション:

» 輝く太陽の下も、漆黒の闇の中も マーティン・キャンベル 『グリーン・ランタン』 [SGA屋物語紹介所]
輝くネオンの下も、暗闇の裏路地の中も、いかなる飲み屋も見逃さぬ… ってそりゃうち [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 21時00分

» 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 正しいスピンオフ映画 [はらやんの映画徒然草]
「X-MEN」シリーズの最新作であるこちらの作品は、プロフェッサーX、マグニート [続きを読む]

受信: 2011年10月 3日 (月) 22時41分

» X-MEN:ファースト・ジェネレーション (X-Men: First Class) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マシュー・ヴォーン 主演 ジェームズ・マカヴォイ 2011年 アメリカ映画 131分 アクション 採点★★★★ 時々、自分の思想がリベラル寄りなのかタカ派寄りなのか考えたりする私。同性婚は認められるべきだと思うし、信教や表現、中絶の権利や自由も守られるべ…... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 00時40分

« キッズ・オールライト | トップページ | 赤い靴 »