« ヨーロッパ企画「ロベルトの操縦」 | トップページ | コネコ、ひろいました »

ラビット・ホラー3D

Rabbit_horror

『呪怨』の清水崇監督、満島ひかりさん主演てことで楽しみにしていました。
清水崇監督作品の特別ファンってこともないんだけど、満島ひかりさんはファンだし、ホラーにうさぎさん絡めてくるセンスはとても惹かれます。

ラビット・ホラー3D 公式サイト

うさぎさんが出てくるスリラー系の映画と言えば、『ドニー・ダーコ』や『インランド・エンパイア』
かわいらしい存在であるはずのうさぎさんが、映画の登場人物、そしてそれを観ている我々を、シュールな異世界へ誘います。

『ラビット・ホラー』のうさぎさんも概ねそうした存在で、かわいい姿に反して信用してはいけないヤツなのですが、いかんせんうさぎさん、全く怖くない。
というか、映画が怖くない。
清水監督で、タイトルにホラーと付けば(「ホール」とかけてるの?)、それはもう背筋も凍る恐怖を期待してしまうけれど、ホラーというよりファンタジーなんですね。
しかし怖くないからつまんなかったということはなくて、3D演出もなるほどと思うシーンがいくつかありましたし、満島ひかりさんは相変わらずよくて、なかなか楽しめました。
(大悟君役の子役さんがちょっと・・・イマイチだったかな)

よかった3Dのシーンは、まず最初、血のしずくが浮かんで見えるシーン。
あと映画館のシーン。それから螺旋階段のシーン。
特に映画館のシーンは出色だったなと。
恐怖を演出するホラー映画を「楽しむ」ことができるのは、それがスクリーンの中だけで展開されるあくまで虚構のお話であるからで、3Dのホラー観てて、それが本当に現実側に実体化して飛び出してきちゃうことほど恐ろしいことはない。
そんな3Dホラー、絶対観に行かない(笑)
映画の中で、満島ひかりさん演じるキリコと腹違いの弟大悟は、清水監督の前作『戦慄迷宮3D』を観ています。
そしてキリコたちが観ている『戦慄迷宮3D』の中のうさぎさんが本当に飛び出してきて、大悟くんがそれをキャッチする。
つまり3D映画を観ている私たち、そしてその3D映画の中の登場人物もまた3D映画を観ているという入れ子構造。
映画を観ている自分と、映画の中の登場人物がシンクロする。
こういうシーン『インランド・エンパイア』の中にもあって、やっぱりこの映画インランドエンパイアぽいなと思いました。

で、リンチ映画的に、悪夢と現実の境目が曖昧で、どちらが現実でどちらが夢か、ぐるぐる混乱するシュールな内容なのだけど、リンチ映画のような絵も言われぬ恍惚感がまるでないのは残念なところ。
あと、満島ひかりさんの役が声が出ない設定で、『人魚姫』のお話も絡めてあるのだけど、そもそも『不思議の国のアリス』なので余計に混乱する。どっちかでいいんじゃないかと。

と、不満を書くと不満だったみたいですが、大悟君の正体とか全く予想もつきませんでしたし、ほんとに楽しめたのでよかったです。

|

« ヨーロッパ企画「ロベルトの操縦」 | トップページ | コネコ、ひろいました »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/42241216

この記事へのトラックバック一覧です: ラビット・ホラー3D:

« ヨーロッパ企画「ロベルトの操縦」 | トップページ | コネコ、ひろいました »