« ハウスメイド | トップページ | 宇宙人ポール »

50/50 フィフティ・フィフティ

5050

今をときめく二人、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとセス・ローゲンの共演。
27歳でガンになる。脊髄の、なんかややこしい名前の。
ネットの情報によれば、生存確率はフィフティフィフティ。
酒もタバコもやらず普通に真面目に生きてきた自分がなぜ。

50/50 フィフティ・フィフティ 公式サイト

いちおう闘病ものであるにも関わらず、かなり笑える映画です。
映画ネタもたくさんで楽しかった。
それでいて、命に関わる病気と向き合うってこういうことかもと、安易な闘病ものにはないリアルさで考えさせられたりもしました。
キャストがよくて、ほんとうにスキンヘッドになるジョセフ・ゴードン=レヴィットはガン患者としてリアルな佇まいだし、笑いの主たる部分を担うセス・ローゲンは、そのぶんギャップで涙も誘う。
アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード(好き)もいい。

いちばん大変なのは死ぬかもしれないアダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)なのに、会社の同僚、友達、恋人、母親・・・周囲は当人そっちのけで騒ぎ立てる。
大抵は涙ぐんで、きっとよくなる・・・とか言って肩をたたくんだけど、アダムにとってはなんの救いにもなりません。

その点、セス・ローゲン演じる親友カイルは、ガンをネタにナンパしようぜ!などと常識はずれな提案をします。
カイルの行動はときどき無神経すぎて腹立つんだけど、基本的にやってることはアダムのガン発覚前と変わらない。
そんなカイルはいいヤツ。
しかしナンパに成功しても健康なときと同じようにはいかないこともあって、「ガンでナンパ」で笑わせつつ、現実を突きつけてきます。

医者に紹介されたセラピストは、ドギーハウザーも知らない研修中の小娘ケイティ(アナ・ケンドリック)。
学校で習ったことをとりあえず試してみるような、アダムにとってはかなりガッカリセラピストですが、彼女だって病気で苦しむ人の助けになりたくて一生懸命やってる。
頑張るお仕事ガールがやっぱりハマるアナ・ケンドリック。

アダムにも周囲にとっても「ガン」は初めてのことで、うまく向き合えなくて当然。
アダムにはズレた対応に感じられても、みんな不器用ながら力になろうとしている。
なぜってアダムを愛してるから。
アルツハイマーのお父さんだって本当は分かってる。気持ちがついていかないだけで。
化学療法仲間のおじさんの家に遊びに行ったとき、奥さんとの仲睦まじい様子を見つめるアダムのなんともいえない表情。
同じ病で死ぬかもしれない状況にあってアダムは、自分には心から信頼し合えるパートナーがいないことを思い知った。
でもアダムにも、彼を思う、大切な人たちがいることに気付きます。
そうしてようやく病気と向き合える。
皮肉だけど、病気を通じて成長するアダムの姿はリアルで爽やか。

|

« ハウスメイド | トップページ | 宇宙人ポール »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/43318292

この記事へのトラックバック一覧です: 50/50 フィフティ・フィフティ:

» 「50/50 フィフティ・フィフティ」 ポジティブとネガティブと拮抗 [はらやんの映画徒然草]
いわゆる難病ものというのは、あまり好きじゃなかったりします。 (特に邦画の)難病 [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 23時58分

« ハウスメイド | トップページ | 宇宙人ポール »