« 宇宙人ポール | トップページ | 2011年に出会ったマンガ »

永遠の僕たち

Restless

映画納めはガス・ヴァンサント監督の新作。
昨年亡くなったデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』『キッズ・オールライト』のミア・ワシコウスカ。
加瀬亮さんが出演していることでも話題です。

永遠の僕たち 公式サイト

ガス・ヴァンサントの映画ってぶっちゃけ好きでも嫌いでもなかったりしますが、予告で観たミア・ワシコウスカがあんまりかわいくて、観るリストに入れました。
『アリス・イン・ワンダーランド』ではイマイチ人気なかったけど、好きなタイプ。
こんな女の子いーなーーと思います。
『キッズ・オールライト』でもよかったし。

ヘンリー・ホッパーはお父さんによく似てる。にも関わらず超美形。
デニス・ホッパーだっていい顔してたけども、顔うんぬんより怪優のイメージだったしね。
しかしヘンリー君、キレイなお顔の中にもやはり、お父さんぽいヤンチャさ、色っぽさが見え隠れする。
お父さんの存在抜きで語るべきかもだけど、映画ファンとして、お父さんが亡くなってるだけ余計に、彼にお父さんの面影を見ることは奇跡のように嬉しいことでした。
そういうの別にしても、役者さんとして輝いていたヘンリー君なので、今度の出演作にも期待したいです。

オシャレでかわいいふたりが着ている衣装がまた、着こなし含めいちいちオシャレ。
特に霊安室デートでミア・ワシコウスカが着ていた衣装、白いワンピースにダルメシアン柄のコート、赤いグローブ、ベリーショートのヘアスタイル含めカンペキといっていい、普遍的オシャレ感かもしてました。
オシャレ映画の歴史に名を刻んだと言ってもいいです。

ミア・ワシコウスカ演じるアナベルはガンで余命わずかというベタな設定のお話ですが、ジメジメしていなくて、ふたりのやりとりはユーモラスでかわいらしい。
「両親に会ってよ」からのやりとりとかね。
ちょっとときどき、年のわりに言動が子供っぽすぎるような気もするのだけど、とにかくかわいいのでよしとします。
イーノックが他人の葬式に出続けているのも、「長い話になる」事情が分かれば理解できる行動。
両親にきちんとお別れをすることができなかったイーノックは、両親の死を受け入れられないでいた。
アナベルとの出会い、別れを通じて、また臨死体験ののち見えるようになったカミカゼ日本兵ヒロシの幽霊が、ようやく前に踏み出すキッカケを与えてくれたんですね。
ラストの晴れやかな笑顔が印象的。

日本兵の幽霊というファンタジーな設定、役どころなのに、当たり前のようにそこにいる自然体な加瀬亮さん、非常によかったです。
日本の俳優さんがこうして海外の映画にいい感じで出演しているのを観るのは、単純に嬉しいことです。

|

« 宇宙人ポール | トップページ | 2011年に出会ったマンガ »

映画」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
今年は地震、台風、噴火の被害がありませんように。

例によって未見なんですが加瀬亮さんは大好きで。
「硫黄島からの手紙」でハートを打ち抜かれ、
ドラマ「スペック」は毎回録画してました。
ホッパー様のご子息と遜色ない演技を披露している
なんて、ますます将来楽しみです。

投稿: | 2012年1月 2日 (月) 09時10分

たぶん・・・奈良の亀母様

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいしますー。
これ以上の自然災害がないことを、同じく心より願っています。

加瀬亮さん、私も好きです。
やっぱり『硫黄島からの手紙』で初めて拝見して
『スペック』は『ケイゾク』の続編的なドラマと聞いて
珍しくきっちり観てました。今度映画もありますね!
ホッパー様ご子息と同じ画面にいて、まったく遜色なかったですよ、ほんと。
今後も海外の映画に出ることがちょくちょくありそう。楽しみです!

投稿: kenko | 2012年1月 3日 (火) 02時18分

すみません、亀母です。
新年そうそう名前を記入し忘れるなんて。

投稿: 奈良の亀母 | 2012年1月 4日 (水) 23時06分

奈良の亀母様

亀母さん!よかった、亀母さんでー
ちがってたら失礼ですもんねcoldsweats01
今年もどうぞよろしくです!

投稿: kenko | 2012年1月 5日 (木) 00時57分

ステキなファッション、年齢不詳な感じ、ゴースト
ふたりを「絵にする」要素が揃っていましたね。
 

投稿: ほし★ママ。 | 2012年1月20日 (金) 19時40分

ほし★ママ。様

ファッションすてきでしたー。
そうそう、イーノックはまあ高校生だったと思うけど
アナベルはもしかすると実はかなり年上なのかなーと思ったりしました。
絵になってましたね!

投稿: kenko | 2012年1月22日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/43544417

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の僕たち:

» 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 [はらやんの映画徒然草]
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 21時55分

» 映画「永遠の僕たち」生きることに実感できない毎日の空虚 [soramove]
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題:RESTLESS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 不治の病に冒された少女と、 死に取り憑かれた青年の恋の物語 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月16日 (月) 07時59分

» 映画『永遠の僕たち』@劇場 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと 加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。 『永遠の僕たち』 [続きを読む]

受信: 2012年1月20日 (金) 19時41分

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 07時54分

« 宇宙人ポール | トップページ | 2011年に出会ったマンガ »