« カウボーイ&エイリアン | トップページ | 恋の罪 »

風と共に去りぬ

Gone_with_the_wind

午前十時の映画祭にて。
今シーズン、結局これしか行ってないですsweat02

午前十時の映画祭 公式サイト

何度も観ている映画だけど、映画館で観るのは初めて。
これこそは大画面で観るべき、映画のすべてが入っていると言っても過言ではない名画の中の名画。
CGなどない時代の、時間とお金と労力をこれでもかとかけまくった映像の迫力はハンパなくて、カメラがぐーーっと引いていくと数え切れないほどの負傷者がどこまでも・・・という駅のシーンとか、スゴすぎて鳥肌たちました。
あとやっぱり、話が圧倒的におもしろい。
こんな名画をつかまえて、おもしろいという感想どうかと思いますがおもしろいです。

『風と共に去りぬ』が名画の中の名画なら、スカーレット・オハラはヒロインの中のヒロイン。
取り巻きたちの影から華のようなお顔がすっと現れる初登場シーンでもうノックアウト。
ビビアン・リーの銀幕のスターたる美しさ、かわいらしさといったら。
わがままで気が強いお嬢さんという枠におさまりきらないヒロイン・スカーレットは、どちらかといえば悪女の部類に入るかと思うのですが、たしか劇作家の本谷有希子さんが「悪女でない女なんておもしろくない」とかおっしゃってた気がするんですが、まったくもってその通りだなと。
フラれた腹いせに人の彼氏と結婚とか、実際こんな女が周囲にいたらたぶん迷惑なんだけど、物語においては非常に魅力的なキャラクター。

もうひとりのヒロイン・メラニーは、小公女セーラか!と言いたくなるほど非のうちどころのない聖女なのですが、ただ清く美しいだけでなくスカーレットとはまた違う強さを持った女性。
北軍の兵士が屋敷に強盗にきたときの、スカーレットのある行動を受けての彼女のリアクションで完全に一目置いてしまうし、メラニーのことを好きになってしまいます。
あとマミーも最高。大好き。

むかし観たときは、前半の盛り上がりに比べ後半いまひとつピンとこなかったんだけど、今となってはよく分かる夫婦の物語。
スカーレットが繰り返し見る悪夢、霧の中で探していたのはバトラーだった。
いつだって真実に気付くのは悲劇が起きたあとで、しかし悲劇が起きたからこそ気付くことができたとも言えるし、人生は皮肉。
再びドン底にまで落ちたスカーレットは、それでも「明日のことは明日考えよう」と驚くべき強さで立ち上がりますが、それってもはや狂気の域なのかもしれないなと今回あらためて観てみて思いました。

|

« カウボーイ&エイリアン | トップページ | 恋の罪 »

映画」カテゴリの記事

コメント

いい作品がアップされているのに未見ばかりで。
客間の緑のカーテンで舞踏会のドレスを縫ったり
飲酒をごまかすために香水でうがいしたりとムチャしよんなあ
と子供心に思いました。生活力ありすぎやて。
反対に生活力無いのはメラニーの旦那。
バトラーは現代に生まれていたらスティーブ・ジョブズ並みの
事業家になっていたりして。

投稿: 奈良の亀母 | 2011年12月24日 (土) 11時53分

奈良の亀母様

ずいぶん前に観たのばかりですが、年末かけこみレビュー続けてますcoldsweats01

そうそう、カーテンをドレスにしたり香水でうがいとか
ムチャですよね(笑)おもしろいけど。
最近、朝ドラの『カーネーション』にハマってるのですが
糸子の逞しさがスカーレットと重なります。

メラニーのダンナは頼りないですねぇー
最初から最後まで、どこがいいのかさっぱり分からん・・・
バトラーの魅力(というかクラーク・ゲーブルの魅力)も昔観たときはぜんぜん分からなかったのですが今は分かるようになりました。
現代に生まれていたら、ジョブズ並みの事業家になれそう。

投稿: kenko | 2011年12月24日 (土) 13時50分

おおお懐かしい。

私もこれ,一度劇場の大スクリーンで観ました
確か大学のとき・・・リバイバル上映やってくれてたのね。
彼氏がちょうど切れてたので姉と行きましたが
CGもまったくない時代の作品なのに
スケールの大きさと映像の美しさ
それとヒロインの美しさに圧倒されたなぁ。
いい作品は時代を超えて色あせないパワーがありますね。

投稿: なな | 2011年12月27日 (火) 00時35分

なな様

おー、リバイバル上映でご覧になったことあるんですね。
彼氏がちょうど切れてたときに・・・フムフムcatface
何度も観てる作品だけど、スクリーンで観るのはやはり迫力がぜんぜん違って
圧倒されました。これぞ映画!
本当にいい映画は時代を超えておもしろいし、
また観るたび、新たに思うことがあったりしますねー
今シーズンの午前十時、結局これしか行ってないのが悔やまれます・・・
まあまだもうちょっとあるけどsweat02

投稿: kenko | 2011年12月28日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/41601221

この記事へのトラックバック一覧です: 風と共に去りぬ:

« カウボーイ&エイリアン | トップページ | 恋の罪 »