« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 捜査官X »

TIME/タイム

In_time

『ガタカ』のアンドリュー・ニコル監督による、オリジナル脚本のSF映画。
時間が通貨として流通している世界、まさしくTime is Money.

TIME/タイム 公式サイト

すべての人間の成長は25歳でストップし、腕に表示される「体内時計」が刻む残り時間はそのまま、その人間の余命をあらわす。
時間=お金がゼロになるということは、すなわち死。
スラム層で暮らす貧しい者の残り時間は大抵は一日程度しかなくてその日暮らし、富裕層の金持ちは、ほぼ永遠といっていい時間を生きる。
また時間は、手のひらを合わせるだけで簡単に相手に譲ったり譲り受けたりすることができる。

まず、このような独創的な設定を考えただけでエライです。
ここからいくらでも、今までにないシチュエーションや物語や絵面が生まれるもんね。
画面に登場する人間がすべて見た目25歳前後というのは、想像以上に奇妙な光景。
なんせジャスティン・ティンバーレイクのお母さんがオリヴィア・ワイルドなのだから。
富裕層では、実は年齢100歳以上という人間も珍しくはない。

こう見えて、三世代↓

Time1

ある日、ジャスティン・ティンバーレイク演じるウィルは、バーで出会った男に100年以上もの時間を譲り受ける。
男は永遠に続く時間に虚しさを感じており、ウィルにこの世の真実を匂わせ自ら死を選んだ。
ウィルは母が理不尽な事故により死んでしまったことに怒りを覚え、手に入れた時間を使って富裕層へ。
そこで出会った富豪の娘シルビアと共に、貧しき者から時間を搾取する世界の仕組みそのものに挑む。

といっても、彼らがするのは時間銀行強盗で、まるでボニーとクライド。
ヘアメイクでイメチェンしたアマンダ・セイフライド演じるシルビアが超キュートなんだけど、いかんせん、お金持ちのお嬢ちゃんの気まぐれにしか見えないのが難点。
結局、なぜこのような世界になったのかも、よく分からないままだったし。
設定等とてもおもしろいだけに、惜しい気がする作品でした。

|

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 捜査官X »

映画」カテゴリの記事

コメント

ウィルのママが時間切れになってしまうシーンはドキドキだったけれど、その他はわりと普通に見ることができましたね。
ギャング役の俳優さんがかっこよかったわぁ。

投稿: AnenMarie | 2012年3月23日 (金) 11時49分

AneMarie様

そうそう、ウィルのママが時間切れになるシーンはすごくおもしろかったし
あのへんまではよかったんですよね。
キャストもいいし。ギャング役の人かっこよかったですね!
でも最終的にはなんだか物足りなさが残りました〜despair

投稿: kenko | 2012年3月24日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/44345321

この記事へのトラックバック一覧です: TIME/タイム:

» TIME/タイム(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
劇場予告を観て「おもしろそう!」と思った「TIME/タイム」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド、アレックス・ペティファー、キリアン・マーフィ、ヴィンセント・カーシーザー 上映時間:109分... [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 11時45分

« ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 捜査官X »