« TIME/タイム | トップページ | ピラニア リターンズ »

捜査官X

X

微妙な邦題にダマされてはいけない!必見!傑作!
『捜査官X』観てきましたー!

捜査官X 公式サイト

原題はズバリ『武侠』なのだから、この映画の何がいちばんの見所なのかは明白。
それがなんで『捜査官X』なのかといえば、金城武演じる捜査官シュウ(Xu)のイニシャルからということらしいですよ。
私なんかドニーさん出てるってだけで無条件で観に行くからいいけど、そうでもない人にも映画館へ足を運んでもらうためにはもうちょっとダサくないタイトル付けたほうがよくないかしらー。とか思ってしまうよね・・・

ま、それはさておき。
ドニーさんと金城武が共演って以外、あらすじすら知らずに観に行ったんですけどね。

舞台は1917年、中国雲南省の小さな村の、美しく牧歌的な風景にまずとても和みます。
目覚ましの仕掛けや、牛さん親子を二階のベランダで飼ってたりするドニーさんちの佇まいとか素敵だし、村人たちがなんかミュージカル気質でおもむろに歌い始めるのとかほのぼのしてて超ウケる。
(ドニーさんに梨を剥いてあげる歌や、ドニーさんを苛める金城武を村から追い出す歌など・・・このミュージカル気質、村人に限らないことが後半判明しこれまた爆笑)

村の両替店を襲った凶悪犯二人が、ごく普通の村人であるジンシー(ドニー・イェン)との乱闘中に死んでしまうという奇妙な事件の捜査にやってきたシュウ(金城武)。
偶然の事故としか思えないが、シュウはジンシーが実は武術の達人で、善人に見えるけど恐ろしい殺人犯なのだ!と中国医学などさまざまな観点から推理していきます。

この推理の見せ方がまた変わってておもしろい。
シュウという人物はいわゆる金田一耕助的な名探偵で変人、『スリーピー・ホロウ』なんかも連想したけど、ホラー風味のグロテスクな絵が多いのも相まって、ますますそのような趣きであるのも嬉しい。
猟奇殺人大歓迎だぜ!
しかしシュウの妄想としか思えない仮説に基づく捜査は時にやり過ぎで、そりゃドニーさんだし達人に決まってる、でも悪人じゃないよドニーさんは!といろいろ混同しつつツッコミたくなります。

ところがどっこい!
シュウの推理は正しく、能ある鷹はやっぱり爪を隠していたのです!
それが明白となるシーンの高揚感といったらもう・・・!音楽もすばらしいっ!
ここからはもう、工夫と外連に満ちたアクションのオンパレードで、こういうのが観たかったんじゃあああ!!!と絶叫したくなりました。

ジンシー父と母?(義母?)を演じたお二方、わたし知らなかったけど知る人ぞ知る伝説のアクションスターで映画出演はひさしぶりだったんだそうで。
しかし知らなくても伝わってくる、タダモノではない気迫と存在感!
特に有無を言わせぬジャイアン気質の父のラスボス感といったら尋常ではない。
もうね、スターウォーズなんです要するに。ダースベイダーです。
刃物も通用しない鍛えぬかれた剛鉄ボディの父、武闘派ではないシュウが自分の得意分野でバトルを支援する演出もおもしろいし(からの意外な結末ふくめ)、それこそまるでゲームなどのラスボス戦で魔法とかでバリア的なの解いてから攻撃するみたいな感じ。
王道をゆく本格カンフーアクションをこれでもかと見せつけながら、コミックやゲームを連想させる若々しい感性の味付けがとても新鮮。たいへん興奮しました。

ジンシーの嫁役、見たことあるけど最後まで何に出てた女優さんか思い出せなかった、『ラスト、コーション』の人ですね。
ドニーさん映画でよく見るファン・ビンビンみたいな絶世の美女じゃない素朴な感じがとてもよかったです。

|

« TIME/タイム | トップページ | ピラニア リターンズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

金城武好きなのでDVDで観てみたいですね~内容的にも凄く面白そうです~(^o^)丿

投稿: 猿吉君 | 2012年5月 6日 (日) 19時26分

そうそう、タイトルが「捜査官X」って決まった時はショックでした(笑)
「武侠」そのままでいいのにって!
この映画、わが街では上映されないので、上京して観にいきましたよ^^
私もあらすじとか、ほとんどわからない状態で見たので、次の展開が予測できなくて、
バサッ、グサッとか、ちょっとグロいシーンは完全に目を覆ってました^^;
金城クンの、真剣なのかふざけてるのかわからない、天然ぽい雰囲気が可笑しくて、
しつこくて嫌われる役柄なのに、何故か感情移入して観ちゃってました^^
金城クンの映画は、いつも客観的に観れなくてこまります(笑)
DVDが出たら、今度はしっかりジックリ観るつもりです!

投稿: ちー | 2012年5月 7日 (月) 19時23分

猿吉君様

金城武もドニーさんも素敵でした!
内容も私はめちゃツボで。ぜひDVDで観てくださいhappy01

投稿: kenko | 2012年5月12日 (土) 10時40分

ちー様

この映画、ちーさんが教えてくれたんですよね、邦題が微妙って(笑)
ほんと『武侠』のままでいいのにね〜〜bearing

私も内容は全く知らずに観て、予想できない展開を楽しみました!
ちょっと不思議な映画ですよね。でもそこがよくて。
グロいシーンも私は好みでbleah
今年のベスト入り決定かも?

金城くんも天然キャラにハマってましたね〜笑いました!
今いくつなのかな?相変わらず美形だなーと。メガネとお髭もよかったheart

投稿: kenko | 2012年5月12日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/45137669

この記事へのトラックバック一覧です: 捜査官X:

» 映画「捜査官X」ドニー・イェンと金城武の見せ場を公平に用意 [soramove]
「捜査官X」★★★★ ドニー・イェン、金城武、 タン・ウェイ、ジミー・ウォング出演 ピーター・チャン監督、 115分、2012年4月21日公開 2011,香港、中国,ブロードメディア・スタジオ (原題/原作:武侠/WU XIA ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ドニー・イェンと金城武の共演を楽しみに劇場へ、 強盗殺人事件の... [続きを読む]

受信: 2012年5月10日 (木) 07時16分

« TIME/タイム | トップページ | ピラニア リターンズ »